マーケティング

マーケティング

ブロガーの常識!使用できる画像とできない画像について

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Internet Images you CAN and CAN’T use on your Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

123 views

読了時間 : 約4分2秒

今回はややデリケートな話題のご紹介です。法律に違反することなく実際にWebサイトで使用できるインターネット画像について説明します。なぜこのトピックをデリケートと呼ぶのかは、実際にインターネット画像をWebサイトに掲載する上で非常に大事なことだからです。

 

・Google画像を使用すると、ブロガーに8000ドルのペナルティがかかる(ここでは名前を指定しません)

・Web所有者は、10ドルの画像をコピーするために4000ドルを支払ったケース有り

・ブロガーが画像の埋め込みで訴えられたケースはたくさんある

 

画像が訪問者を引き付けるという事実を私たちは皆知っています、そして記事をさらに説得力のあるものにするのにも役立ちます。そして、自分ですべての画像を生成することはできないということにも当てはまります。時々どこかから画像を借りることもあるでしょう。以下では、絶対に使用してはならない写真と、ブログの無料画像に使えるサイトをご紹介します。

引用:ウィキペディアコモンズ

警告: 写真のコピペNG

1.Google画像

2.ウェブサイトの所有者が許可しない限り、個人のウェブサイト

3.雑誌のウェブサイト

4.企業のウェブサイト

5.ゲームのスクリーンショット

6.有料ソフトウェアのスクリーンショット

7.映画のスクリーンショット

8.非無料のウェブスクリーンショット

9.映画のポスター

10.雑誌や本の表紙

 

もし訴えられたら、如何なる理由でもペナルティが発生する

1.写真に手を加える

2.サイトに表示されている画像が全幅ではない

3.データソースリンクの提供

4.リンクで写真家の名前の追加

5.非営利のプラットフォームでの使用

6.サイトにプライバシーポリシーまたは免責事項のページがある

7.知らずに誤って使用してしまった場合

8.電子メールで写真を手に入れた場合

9.画像がサーバーに保存されない

10.ほとんどの人と人気のあるウェブサイトはすでにこれをやっています

11.DMCAまたは著者のリクエストの直後に画像の削除
「フェアユース」のドラマは少し完成しており、国によって異なるため、避けた方が好ましい

 

では、どうすればよいか?

パブリックドメイン: 著作権、制限のない古い写真、および著作権の有効期限が切れた画像はパブリックドメインに分類されます。パブリックライセンスの下には何百万もの素晴らしい写真があります。

 

著者に許可をもらう: それほど多くはありませんが、許可を求めても否定的に答えない写真家もいます。彼らに連絡することは本当に価値があります。同時に、あなたはあなたのブランドにとって良い他者との関係を築いています。

 

ストック画像:高品質の画像を提供しているサイトはほとんどありません(無料ではありません)。必要に応じて購入できます。 iStockphoto、  everstockphoto、 Shutterstock はいくつかの例です。

 

クリエイティブ・コモンズ(CC):  3rankで使用されている画像のほとんどはクリエイティブ・コモンズです。ウィキメディアコモンズとFlickrは、CC写真を配布するための最も人気のあるプラットフォームです。ただし、これらのソースで使用されるすべての画像を自由に共有できるわけではないことに注意してください。

 

・帰属-非営利-二次的著作物なし2.0一般: 画像を共有しますが、変更しないでください。あなたは作者の功績を認めなければなりません。収益のないウェブサイトのみ。

・Attribution Noncommercial 2.0 Generic: クレジットを与える画像を共有/変更しますが、利益を上げるために使用することはできません。

・Attribution No Derivative Works 2.0 Generic: 共有しますが、画像を変更することはできません。クレジットが必要です。

・Attribution 2.0 Generic:画像を共有または変更しますが、写真家のクレジットを表示する必要があります

 

独自で画像を作成する:独自のインフォグラフィックやチャートを作成する方がよいでしょう。他のブロガーが使用できるFlickrにアップロードすることもできます。これを行うと、ブランドの認知度と自然な被リンクを獲得するのに役立ちます。

 

 

ブログ用画像のおすすめ

高品質の画像を取得できる上位10のソース:

ウィキメディアコモンズ: それらの画像のほとんどはCCライセンスに該当し、ソースをクレジットする必要があります。

Flickr: 非常に急速に成長している画像ウェブサイト。各写真を使用する前に、著作権の制限を確認してください。

Deviantart: デジタルアートのウェブサイト。すべての画像が無料ではありませんが、ここでたくさんの無料のものを入手できます。

Allfreedownload: 無料のロゴ、ウェブデザイン、漫画、クリップアート、その他の高品質の画像を無料で入手できます。

Pinterest:  Pixabayは無料の画像を提供し、作者のクレジットを表示する必要はありません。コピーして貼り付けるだけです。

morgueFile: 300,00を超える画像のコレクションがあります。それらを使用するには、ソースにリンクして戻す必要があります。

Freefoto 右下隅に透かしが入った13万枚以上の画像があります。そうです、写真家の功績を認める必要があります。

Dreamstime: ロイヤリティフリーのストック写真と、0.26ドルからの有料写真のコレクションがあります。

Fotolia:  Fotoliaには高解像度画像の大規模なデータベースがあります。XXLの場合は$ 1、中サイズの画像の場合は$ 0.5を支払う必要があります。

ShutterStock:  Shutterstockは、数百万人のクリエイティブプロフェッショナルによる2500万枚の高品質写真の本拠地です。価格は画像あたり/0.28からです。

 

Googleを使用して無料の画像を取得する

上記のすべてのウェブサイトディレクトリ内の画像を1つずつ検索する場合は、非常に時間がかかります。最良の方法は、Google画像を使用することです。

Google画像検索>>検索ツール>>使用権に移動するだけです。利用可能なすべての無料画像を1ページに表示し、アップロードする前に画像の名前を変更することを忘れないでください。
詳細については、「SEOを改善するための画像最適化のヒントとコツ」を参照してください。

 

まとめ

インターネットで写真を探すには、細心の注意を払いましょう。1つの著作権画像に数千ドルの費用がかかる可能性があります。さらに、コピーした画像を大量に使用している場合、広告アカウント(AdSense、Infolinks、media.netなどを含む)はすぐに失われます。また、DMCAリクエストの束が検索エンジンのランキングの位置を傷つけ、あなたのビジネスを傷つける可能性もあります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ