マーケティング

マーケティング

どう対処する?WordPressダッシュボードの広告表示問題

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Is Nothing Sacred? The Pollution of the WordPress Dashboard
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

239 views

読了時間 : 約3分11秒

WordPressで好きなことはいくつもあります。オープンソースであり、好きな方法で自由に使用できるということから始まり、沢山あります。

 

ウェブデザイナーとクライアントにとっては、コストが抑えられ、一流のウェブサイトの構築を容易にしてくれるものです。プラグインとテーマの作者にとっては、巨大な市場を利用し、そこから利益を得る機会を提供してくれるものです。皆が得をしているのです。

 

ただし、そこまで単純なものではありません。WordPressに利害関係を持つさまざまな人が、意見の相違で衝突することがあるのです。今回は、論点のうちの1つをご紹介したいと思います。それはWordPressダッシュボードに関することです。

 

珍しい戦術?

 

Jetpackはバージョン7.1にあり(バージョン7.2.1の時点で削除されたもの)さまざまな機能を備えたAutomatticによるプラグインで、最近とても注目されています。プラグインはWordPressのプラグイン検索画面で宣伝され、他のものより優先されて扱われていました。

 

これにはコミュニティメンバーがすぐに気付き、ツイッター上で討論が交わされ、Gravity Formsの創設者であるCarl Hancock氏が「Automattic社は、プラグインの検索結果をハイジャックすることが、ユーザー発見に繋げ、競合他社を凌駕するための方法だと考えています。」とツイートし(発言は後ほど削除)激しい議論が湧き上がりました。

 

これは大きな反響がよびましたが、プラグイン(Jetpackを含む)が画面でアクセスを強制したのは初めてのことではないのです。たとえば、Jetpackがインストールされているサイトでは、かなり以前からプラグインのアップグレード画面にバックアップサービスの広告が表示されていました。

 

彼らだけではなく、無料と商用の両方のプラグインがダッシュボードに散見されます。メンテナンス関連の作業に関するメッセージの場合もありますが、多くの場合は、寄付、レビュー、アップグレード、その他さまざまで、煩わしいものです。「良い」ものは簡単に消え、良くないものは何度も何度も現れ続け、製品の使用さえも止めてしまうほどです。

 

しかし、だれでもが利用できるオープンなソフトウェアを入手すると、これは避けられないことのようです。

 

好機を探している

他業界と同様、WordPress市場も非常に競争が激しいです。どのテーマやプラグインにも競合会社がいくつかあるようですし、みんなが自分たちの製品を使ってもらうことを目指しています。

 

WordPressダッシュボードはメッセージを伝えるための最高の場所です。それは聴衆がすでにそこにいて、その聴衆が製品に興味を持つ可能性がある人たちだからです(サイトに少なくともそれらのうちの1つをすでにインストールしているので)。

 

完全に無料の製品を提供している人たちにとって、ダッシュボード通知は開発を前進させ続けるための収入を得る方法として役立ちます。プロバージョンやその他のアップグレードを含む製品の場合は、サイト所有者を長期にわたって維持するための道です。

 

それに対処することは確かに苛立つことです。特に使っている多くの製品がその手法を使っている場合、メッセージはしばしば継続性があり、あまりにも頻繁に表示されるでしょう。しかし、本当にこれは驚くことでしょうか。

 

すべての媒体は、どこかで同様の煩わしさに汚染されています。新聞、テレビ、ラジオも同様です。ウェブサイトはあらゆる数の邪魔な広告を表示してきました。おそらく私たちの選んだコンテンツ管理システムCMSはヒットリストのすぐ隣にあるでしょう。

 

どう対処するか

 

残念なことに、WordPressが無実と見えていたとしても、その事実はなくなりました。無料のツールであっても、私たちは何らかの形でお金を稼ぐために使っています。このように、フロントとバックエンドの両方で、お金を稼ぐために、プラットフォームを利用している人々がいるのです。

 

これに関して何ができるでしょうか?この分野での最悪の犯罪者たちを避けることかもしれません。とはいえ、避けて通ることは必ずしもサイトの機能にとって良いものになるとは限りません。残念なことに、これらの手法を使う製品が増えれば増えるほど、同じ道をたどることを余儀なくされる人が増えるからです。

 

もう1つできることは、開発者と連絡を取り、一定のメッセージングが不快であることを開発者に伝えることです。業界全体の変化はすぐには起こらないかもしれませんが、少しずつ影響を与えることができるかもしれません。(Jetpackには少し変化に影響を与えているようです)。この手法が不快であることを知ると、開発者はこれから先そこに踏み込めなくなっていくでしょう。

 

また、管理者への通知を個別に無効にするなどのプラグインが、WordPress内での多くの時間を費やして作業している人にとって必須の追加機能になる可能性もあります。広告をブロックするソフトウェアがブラウザの世界で大きな問題になっているのと同じように、CMS関連の悪化を避けるため同様の業界がポップアップして宣伝するかもしれません。

 

ここでは、私たちが何に耐えようと思っているのか(あるいは耐えられないのか)を決める必要があります。WordPressは素晴らしいもので、多くのキャリアの原動力です。多分これはこの世界に居続けるためにちょっと支払う代金のようなものでしょう。結局のところ、どうするかは私たち一人一人が決めることです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ