マーケティング

マーケティング

世界の市場を支配する11のプライベート・エクイティ・ファーム

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、11 Largest Private Equity Firms In The World [In 2021]
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

322 views

読了時間 : 約12分53秒

プライベート・エクイティ・ファームは、基本的には、富裕層、保険会社、年金基金、寄付金、その他の機関投資家などの投資家グループから調達した資金を用いて、非公開企業や未公開企業に投資する投資管理会社です。

 

プライベート・エクイティ業界では、このような投資家を総称してリミテッド・パートナー(LP)と呼びます。彼らは有限責任を負い、ファンドの運用方法について発言権は持ちません。プライベート・エクイティ・ファームでは、ファンドの管理や投資の実行全般は、完全な市場責任を負うGP(General Partner)が行います。

 

プライベート・エクイティの仕組みその概要

これらの企業は、直接投資を通じて、未公開企業の株式を大量に取得します。そして、これらの企業の全体的な評価を高めるために積極的な戦略を実行し、再販や、多くの場合、早期のIPOを目指します。現在、多くのプライベート・エクイティ・ファームが特殊な投資スキームを用いていますが、レバレッジド・バイアウト、ディストレスト・ファンディング、グロース・キャピタルなどの戦略は依然として注目されています。

 

運用資産(AUM)、資金調達額、投資成功数などをもとに、現在の世界最大のプライベート・エクイティ・ファームをランキングしました。

11位.ビスタ・エクイティ・パートナーズ

 

AUM: 750億ドル

これまでに調達した最大のファンド:170億ドル(2019年

注目すべきホールディングスPing Identity Corp.(アイデンティティマネジメント)、Pluralsight(教育)、Pipedrive(セールス&マーケティング

 

ビスタ・エクイティ・パートナーズは、テクノロジー分野に特化したプライベート・エクイティ・ファームとしては最大級の規模と実績を誇り、750億ドルの資産を管理しています。2000年の設立以来、ビスタパートナーズは70社以上の企業に投資し、その正味取引額は1730億ドルを超えています。2018年、PitchbookはVista PartnersをThoma BravoやKKRなどを抑えてソフトウェア業界のトップ投資家に位置づけました。同年、Buyouts誌は、VistaによるMarketoのAdobeへの47.5億ドルでの売却を「Deal of the Year」に選出しました。

 

Vista Partners社は、テキサス州オースティンを拠点とし、米国内に4つのオフィスを有しています。代表的な投資・買収案件としては、Cvent(イベント管理ソフトウェア)の16億ドル、Ping Identityの6億ドル、Pipedrive(CRM)の15億ドルなどが挙げられます。

10位.ヘルマン&フリードマン合同会社

AUM:700億ドル

これまでに調達した最大の資金:200億ドル(2021年

注目すべきホールディングスAllfunds(ファンド販売)、Edelman Financial Engines(投資アドバイザー)、UKG(人事管理

 

ヘルマン&フリードマンLLCは、カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とするプライベート・エクイティ・ファームで、主にレバレッジド・バイアウトとグロース・キャピタルに注力しています。1984年、投資銀行家であったWarren HellmanとTully Friedmanによって設立されました。同社を設立する前、ヘルマンは、ベンチャーキャピタル企業であるHellman, Ferri Investment Associates(現Matrix Partners)の設立パートナーを務めていました。タリー・フリードマンは、1997年に別のPE会社Friedman Fleischer & Lowe (FFL Partners)を共同設立しています。

 

Hellman & Friedmanは、投資から短期間でリターンを得るという実績を持っています。2000年2月、同社はフォーミュラ・ワン・グループ(FIAフォーミュラ・ワン世界選手権の持ち株会社)の37.5%を約7億5000万ドルで取得しました。同社はその株式を1カ月足らずでドイツのメディア企業に売却し、多額の利益を得ました。ヘルマン&フリードマンは、成長機会への投資を通じて、AlixPartners(コンサルタント業)、Getty Images、Goodman Global(冷暖房業)、Axel Springer(出版業)などの企業から早期に利益を得ています。

9位.TPGキャピタル

 

AUM:91億ドル

これまでに調達した最大のファンド:142億ドル

注目すべきホールディングスMcAfee、Vice Media、Energy Future Holdings (club deal)

 

TPGキャピタル(旧テキサス・パシフィック・グループ)は、プライベートおよびパブリック・エクイティとクレジット(債務)市場に従事する大規模な投資会社です。TPGは、レバレッジド・バイアウト、ディストレスト・セキュリティ、ベンチャー・キャピタル、セクター・フォーカス・エクイティなどの戦略的投資のために、複数のセパレート・ファンドを運用しています。

 

当社の最大かつ有名な取引には、1993年のコンチネンタル航空の買収、2002年のバーガーキング、2005年のニーマン・マーカス(ウォーバーグ・ピンカスと共同)、2006年のフリースケール・セミコンダクターなどがあります。

 

TPGは、信用危機が深刻化した2008年4月、貯蓄銀行会社であるワシントン・ミューチュアル社に70億ドル以上を投資しました。そのわずか数ヵ月後の9月、ワシントン・ミューチュアル社は、最大の子会社であるワムウ銀行の買収を米国政府が発表した後、破産を申請し、TPGは多額の損失を被りました。この取引は、プライベート・エクイティの歴史の中でも最悪のものの一つと言われています。

8位.トーマ・ブラボー

AUM:780億ドル

これまでに調達した最大のファンド:178億ドル(2020年

注目すべきホールディングスSophos、Imperva(ITセキュリティ)、SolarWinds(ITマネジメント)、Qlik(アナリティクス)、J.D Power(市場調査)。

 

Thoma Bravo, LPは、米国を拠点とするプライベート・エクイティ・ファームで、テクノロジーおよびソフトウェア企業への投資を専門としています。1980年の設立以来、300社以上のテクノロジー企業に投資・買収を行い、その総額は850億ドルにのぼります。2020年には、同社の主力バイアウト・ファンド(Thoma Bravo XIV)が、当時の技術系プライベート・エクイティの資金調達で最大となる178億ドルを調達しました。これは、2021年にSilver Lake Partnersが行った200億ドルの資金調達に次ぎます。

 

ダウ・ジョーンズ社とフランスの国際的な私立ビジネススクールであるHECパリが2019年に発表した共同研究では、2005年から2014年の間に調達した資金を基に集計した結果、トーマ・ブラボーは最もパフォーマンスの高いPE企業となりました。そのファンドの年間純利益は30%で、最大手のPEファームの一部よりも高くなっています。

 

Thoma Bravoは、輝かしく長い歴史を持つ会社です。Thoma Bravoは、1998年にGolder Thoma & Co.から独立したミドルマーケットの投資会社であるThoma Cressey Equity Partnerの後継会社です。ゴルダー・トーマ法律事務所(Golder Thoma & Co.(GTCR)は、コンソリデーション投資戦略の先駆者として広く知られています。

7位.ベインキャピタル

 

AUM:

これまでに調達した最大の資金:118億ドル(2007年

注目すべきホールディングスVarsity Brands, Virgin Australia, U.S. LBM Holdings

 

ベインキャピタルは、ボストンを拠点とするオルタナティブ投資会社で、ベンチャーキャピタル、フィクスト・インカム(クレジット)、プライベート・エクイティ、セクターに特化した投資サイクルを展開しています。1984年に経営コンサルタント会社のBain & Companyが独立して設立した会社です。

 

設立当初、ベインキャピタルはベンチャー企業への投資に重点を置き、オフィス用品小売業のステープルズ社やガートナーグループへの高収益の投資を行いました。(オフィス用品小売業)やガートナーグループへの高収益の投資を行いました。しかし、1980年代後半になると、ベインキャピタルの投資戦略は、グロース・キャピタルやレバレッジド・バイアウトを中心としたプライベート・エクイティに移行していきました。

 

2000年代のバイアウトブームの中で、ベイン・キャピタルは、トイザラス(玩具・ベビー用品小売業)、ダンキン・ブランズ、ホスピタル・コーポレーション・オブ・アメリカなど、いくつかの有名な取引に関与した。また、ベインをはじめとするプライベート・エクイティ・ファームによるテクノロジー・金融サービス企業SunGardの買収は、近年では最大規模のものの一つでした。

 

その間、ベインキャピタルはパートナーのPE企業とともに、米国およびアフリカの複数の大規模小売事業に総額250億ドル以上を投じました。

6位.EQTパートナー/EQT ABグループ

総AUM:800億ドル

これまでに調達した最大のファンド:187億ドル(2020年

注目すべきホールディングス。SUSE (オープンソース・ソフトウェア企業)

 

EQTパートナーズは、主に北欧・中欧、北米、中国に投資する世界最大級の投資機関です。当社は、プライベート・エクイティ・ベンチャー・ファンドを含むプライベート・キャピタルと、不動産の2つの主要事業を展開しています。EQTプライベート・エクイティは、コントロールおよび共同コントロールの投資戦略を通じて、中・大型企業への投資を行っています。また、家族経営の企業を含む中小企業に対しては、成長投資に重点を置いています。

 

この投資グループは、米国のプライベート・エクイティ・ファームであるAEA Investorsと、著名なWallenbergファミリーが支配するスウェーデン最大の投資持株会社Investor ABによって1994年に設立されました。2021年6月現在、EQTパートナーズは26のアクティブファンドを保有し、米国、欧州、アジアの約100社に投資しています。EQTのポートフォリオ企業の年間総売上高は340億ドルを超えています。

5位.ウォーバーグ・ピンカス

 

AUM:600億ドル

これまでに調達した最大のファンド:2007年と2018年に150億ドルを調達

注目すべきホールディングスアント・グループ

 

ウォーバーグ・ピンカスの歴史は、著名なウォーバーグ銀行一族が1939年にE.M.ウォーバーグ&カンパニーを設立したことに始まります。同社は、1966年に金融コンサルタント会社のピンカス社と合併し、E.M. Warburg, Pincus & Co.1966年にピンカス社と合併し、E.M. Warburg, Pincus & Co.が設立されました。

 

この新会社は、ベンチャー投資を専門としていました。1980年代から1990年代にかけて、最大規模のベンチャーキャピタルファンドを運用していました。また、ウォーバーグ・ピンカスは、米国のいくつかのベンチャーキャピタル協会の創設メンバーでもあります。しかし、1970年代以降は、より成熟した企業への投資(プライベート・エクイティ)を行う戦略を徐々に展開し、後にそれが会社の焦点となっていきました。現在、ウォーバーグ・ピンカスは、金融サービス、ヘルスケア、不動産、テクノロジー、ビジネスサービスなど、さまざまな分野の成長投資に特化しています。

 

創業以来、ウォーバーグ・ピンカスは900億ドルを投資し、世界で900社以上の企業に投資してきました。

4位.CVCキャピタルパートナーズ

プライベート・エクイティAUM:86.6億ドル

これまでに調達した最大のファンド:213億ドル(European Equity Partners)2020年

 

CVCキャピタル・パートナーズは、米国外を拠点とするプライベート・エクイティ・ファームの中でも最大規模であり、設立以来、1,140億ドル以上の総運用資産と1,100億ドル以上の資金提供を行っています。

 

当社は、1981年にシティグループの欧州におけるベンチャーキャピタル部門として設立されました。約10年間、初期段階の新興企業への投資を行った後、CVCはレバレッジド・バイアウトを中心としたプライベート・エクイティ事業に進出しました。1993年にアメリカの銀行グループから独立し、独立系のプライベート・エクイティ・ファームとして設立されました。

 

CVCは、欧州向け(CVC European Equity Partners)とアジア向け(Capital Partners Asia Pacific)の2つのサイクルで資金調達を行っています。また、米国への投資を目的としたバイアウト(成長)ファンドも時折募集しています。2000年代初頭、CVCキャピタル・パートナーズが最初に広く認知された投資先は、フォーミュラ・ワン・グループでした。同社はその後、2016年に米国のリバティ・メディア・コーポレーションによって買収されました。

 

CVCは2010年から2015年にかけて、Wireless Logic(M2Mサービスプロバイダー)、Sky Betting & Gaming、Tipco(賭け屋)、Douglas AG(ドイツの化粧品小売業)などの企業の過半数の株式を取得しました。

3位.カーライル・グループ・インク

 

AUM:1370億ドル

これまでに調達した最大のファンド:2018年に185億ドル

注目すべきホールディングスBooz Allen Hamilton社、Jagex Limited社(人気MMORPG「RuneScape」の開発スタジオ)、Nielson Holdings社。

 

カーライル・グループは、ワシントンDCを拠点とするプライベート・エクイティ・ファームで、レバレッジド・バイアウトの専門性と、非常に多様な企業ポートフォリオで知られています。プライベート・エクイティ・インターナショナルの指標であるPEI300によると、カーライル・グループは2010年から2015年の間に調達した総資本で業界をリードしています。

 

カーライル・グループは、他の大手プライベート・エクイティ・ファームとは異なり、世界最大級の防衛コンサルティング会社であるブーズ・アレン・ハミルトン社などに出資し、防衛産業において強い存在感を示しています。

 

1990年代、同グループはいくつかの注目すべき防衛関連の買収を行ったが、最も有名なのは1997年に8億5000万ドルで買収したUnited Defense Industries社です。この会社は後に株式公開され、最終的に英国のBAEシステムズ社に買収されました。カーライル・グループが既得権を持つ他の産業は、テクノロジーとビジネスサービス、ヘルスケア、メディア、金融です。

 

2005年、カーライル・グループ、クレイトン・デュビリエ・アンド・ライス、メリルリンチのプライベート・エクイティ部門のコンソーシアムは、150億ドルのレバレッジド・バイアウト取引でハーツ・コーポレーション(世界最大級のレンタカー会社)を買収しました。その翌年、カーライル・グループは、ブラックストーン・グループ、TPGキャピタルとともに、フリースケール・セミコンダクタを176億ドルで買収し、さらに大規模な取引を完了しました。これは、当時のハイテク業界では最大のレバレッジド・バイアウトでした。

 

アルプインベストは、伝統的な企業向けのプライベート・エクイティ・プラットフォーム に加えて、プライベート・エクイティの資産クラスにおける幅広い戦略を活用した、専門的な投資ソリューションを提供しています。アルプインベストは、設立以来、約600億ドルの運用資産と740億ドル以上の資本コミットメントを有しています。

 

アルプインベストは、世界最大級の年金基金や財団のプライベート・エクイティ投資マネージャーとして活動しています。その主な投資戦略は、機関投資家が企業に直接投資するのではなく、他の投資ファンドのポートフォリオを保有するプライマリー・ファンド(またはFOF)や、ファイナンシャル・スポンサーや他のPE投資家とともに企業の少数株式を取得する共同投資などです。

2位.KKR & Co.Inc.

 

AUM:2,520億ドル(2020年12月)

これまでに調達した最大のファンド:2021年に185億ドル

注目すべきホールディングスWebMD Health Corp.、Axel Springer、Coty, Inc.、Coastal GasLink Pipeline project、Ultimate Fighting Championship(クラブ契約)など。

 

KKR & Co.Incは、完了したPE案件の企業価値総額が6,500億ドル(2020年12月時点)、ポートフォリオ企業の年間売上高が2,380億ドルと、プライベート・エクイティ業界では最大級の企業です。ジェローム・コールバーグ、ヘンリー・クラビス、ジョージ・R・ロバーツの3人は、1960年代から70年代にかけて、ニューヨークの投資銀行ベアー・スターンズを代表して、一連のプライベート・エクイティ投資を行っていました。3人は1976年にベアー・スターンズから独立し、自分たちの会社を設立しました。

 

1988年、KKRはRJRナビスコの買収を311億ドルという天文学的な金額で成功させました。この買収は、2007年にKKRとTPGキャピタルのコンソーシアムによるTXUエナジーの買収に抜かれるまで、史上最大のレバレッジド・バイアウトでした。

 

KKR&Co.は、1980年代のレバレッジド・バイアウト・ブームの主なきっかけとなり、数十億ドル規模のバイアウト案件を4件(RJRナビスコを除く)手がけました。KKRは、エネルギーやデジタル関連企業に多額の投資を行っています。2014年には、再生可能エネルギーの発電施設(主に風力発電所)を世界的に運営しているAcciona Energy社の株式30%を5億6700万ドルで取得しました。2017年には28億ドルでWebMDを買収しています。

1位.ザ・ブラックストーングループ

 

AUM:1,120億ドル

これまでに調達した最大のファンド:2019年に260億ドル

注目すべきホールディングスAncestory.com LLC、Bumble Inc.、Luminor Bank(バルト地域で第3位の銀行)、Freescale Semiconductor, Inc.

 

The Blackstone Group Inc.は、1985年、厳密にはM&Aアドバイザリー会社として設立されました。しかし、アドバイザリー・サービスを開始してからわずか2年後、同社は、General Motors の年金基金や Prudential Insurance Company などの機関から6億3000万ドルの資金を調達し、プライベート・エクイティ・ビジネスに参入しました。

 

長年にわたり、Blackstone グループは、不動産、保険、ヘッジファンド・ソリューションなど、他のオルタナティブ・アセットクラスにも進出しました。しかし、企業向けのプライベート・エクイティは、その主要な焦点であり続けています。

 

2002年、Blackstone は4つ目のバイアウト・ファンドで記録的な64億5000万ドルを調達し、同年最大の PE 取引 (47億ドルでの TRW Automotive の買収) を成立させました。また、2005年には、金融サービスおよびテクノロジー企業であるSunGard の113億ドルの巨大買収にも関与しました。

 

その他、Blackstone が主導または参加したクラブディール (2社以上の PE 企業が参加するバイアウト) としては、TDC (2005年)、Neilson Holdings (2006年)、Hilton Worldwide (2007年) などが挙げられます。

 

PEに関する世界的な出版物であるPrivate Equity Internationalは、2019年の総資本コミットメントで、Blackstoneを最大のプライベート・エクイティ・ファームに位置づけました。ブラックストーンによるプライベート・エクイティ取引のほとんどは、レバレッジド・バイアウトです。

 

よくあるご質問

プライベート・エクイティ・ファンドには誰が投資するのですか?

プライベート・エクイティ・ファンドは、年金基金、寄付金、財団、保険会社などの様々な機関投資家が、投資ポートフォリオを多様化することを可能にしています。報告書によると、世界中の年金基金が2019年に米国を拠点とするPEファンドに3000億ドル以上を投資しています。大規模な機関投資家以外にも、プライベート・エクイティ・ファンドは、富裕層の個人やファミリーオフィスにとっても好ましい選択肢となっています。

 

プライベート・エクイティ・ファームが最も多いのはどこですか?

 

世界には、プライベート・エクイティ取引を行っているアクティブな企業が約7,000~8,400社あります(情報源によって異なります)。このリストに掲載されている最大のプライベート・エクイティ・ファーム11社のうち9社が米国に拠点を置いていることから、米国は世界で最も多くのプライベート・エクイティ・ファームを抱えています。

 

プライベート・エクイティ・ファンドはどのようにして投資家に利益をもたらしますか?

プライベート・エクイティ・ファームは、1つまたは複数の異なる方法で投資から利益を得ています。プライベート・エクイティ・ファームは、投資先企業の営業利益を通じて、安定した債務の返済や現金を得ることができます。事業運営の合理化や事業拡大はこの収益を高めます。

 

最終的に、プライベート・エクイティ・ファームは、投資先企業を利益のために売却するか、IPOによって企業を公開することで、しばらくして投資を実現します。これらの利益のほとんどは、プライベート・エクイティ・ファームの投資家であるLPに支払われます。

 

プライベート・エクイティ・ファームはどのようにして利益を得ていますか?

プライベート・エクイティ・ファームは、手数料とキャリー・インタレストで収益を上げています。投資家が支払う第一の手数料はマネジメント・フィーで、コミットした資本の2%を毎年支払います。この手数料は、利益が出ているかどうかにかかわらず、プライベート・エクイティ・ファームが徴収します。

 

PE会社は、投資先企業の利益を得てキャピタルゲインを得ると、その利益の一部(通常は利益の20%)を受け取ります。これをキャリー・インタレスト、またはパフォーマンス・フィーと呼びます。プライベート・エクイティ・ファームは、その収益のほとんどをキャリー・インタレストによって得ています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ