マーケティング

マーケティング

Uberのようなタクシー配車アプリを開発するために必要なこと Uberクローンスクリプトとは?

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、How to Make An App Like Uber for a Taxi Business
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

171 views

読了時間 : 約7分32秒

未来を見据えた有能な起業家は、きっかけがあればいつでも革新的なアイディアを打ち出します。同じくUberは日々の通勤者も喜ぶ魅力的な価格設定のラグジュアリーサービスを始めました。これがオンデマンド・タクシーサービスです。Uberは以前のオンデマンド・タクシーサービスが提供したものよりも比較して価値の高いサービスを提供しています。

 

しかし予約費用を見れば非常に高いことが分かります。この原因は電話予約にありますが、現在地を教える術は他にありません。ただし事前に場所を指定している場合は例外です。

 

これこそがUberがサービス市場業界に打ち出したものです。

 

1.予約コストを調整
2.現在地追跡を導入
3.割引オファーを採用
4.タッチ一つで予約完了
5.アドオン・サービスを開始

 

 

Uberはマーケットシェアを公開していませんが、信頼性の高いソースだと70~72%のカーシェアを誇っているようです。それではアメリカで30%のカーシェアを持つ競合他社のLyftをチェックしましょう。2年前こちらの統計では20%のシェアでした。今度もLyftは成長を続けていくと考えられます。参考

 

 

あなたもUberのようなシェアビジネスを始めてみませんか?

 

同じようなニッチ産業の中でこれらのビジネス・パフォーマンスを考察してみると、カーシェアビジネスが利益率の高いニッチ産業であることに異論はありません。Uberのようなビジネスは良い例であり、地域市場に依存しています。

 

仮に地元や海外でカーシェア・ビジネスを打ち出す構想があるなら、以下に続く記事も参考にしてほしいと思います。

 

それでは、オンラインカーシェア・ビジネスに関連したビジネスモデルや必要とする人材、その他重要ポイントを探っていきましょう。

 

 

必要となるキー・パートナー

 

このようなタクシービジネスにおいて、3つのキー・パートナーは

 

・ユーザー
・タクシードライバー
・経営オーナー

 

 

技術開発面ではUberのようなアプリを開発する場合、この上記3人のキー・パートナーがアプリに必要です。

 

 

キー・タッチポイント

 

これらキー・パートナーに関連したそれぞれのタッチポイントがあります。つまりビジネス経営には3つのモバイルアプリが必要になるのです。

 

・ユーザーのためのモバイルアプリ
・タクシードライバーのためのモバイルアプリ
・アドミン専用のモバイルアプリまたはダッシュボード

 

これらアプリは、それぞれのキーパーソンに使いやすい機能と分かりやすい特徴を提供できるような環境でなくてはいけません。

 

 

主な利益モデル

 

Uberのようなシェアビジネスは、オンデマンド・デリバリーモデルにおいて機能しています。ニッチ産業ビジネスもそうですが、タクシーサービスは2通りの支払い方法を提示しています。

 

・現金支払い
・電子決済

 

電子決済は使用するメディアによって沢山のカテゴリーに分類されます。

 

・クレジットカード
・デビットカード
・PayPalといった電子マネー

 

ユーザーからの利益

 

上記の貨幣化方法においてもっとも適切な利益モデルは、取引モデルと呼ばれるものです。ユーザーは請求された運賃を払います。この場合は到着後に請求します。この重要な点は、請求金額確定をするためにドライバーとユーザー両社のアプリがリアルタイムの現在地を通知しなくてはいけないという点です。

 

この取引利益モデルはリアルタイムでの請求と請求書作成を可能にしているので、Uberのようなシェアビジネスにとって最も適切な方法なのです。

 

 

ドライバーからの利益

 

この場合適している利益モデルは、手数料が基本となる方法です。ドライバーは運転終了後にアドミンに手数料を払います。同時にユーザーからも手数料を受け取ります。このほか、手数料を差し引いた後に週、または月間の分をドライバーにまとめて請求することが出来ます。アドミンはPayPalや電子送金といったデジタル媒体を用いてドライバーからの手数料を送金します。

 

 

キャンセル料や待ち時間等から発生する追加利益

 

 

キャンセル料や待ち時間管理は、先ほど紹介したビジネスの枠組みとは全く違うものです。このビジネスに関わる3人が追加料金を知るために、この3人のタッチポイントを同期させなくてはいけません。キャンセル料に至っては、実際にキャンセルが発生してから次の乗車時に請求することが出来ます。

 

待ち時間料金ではアドミンが1分当たりの料金を設定し、その乗車時の請求を一緒にすることが出来ます。ビジネスポリシーに従い、アドミンはこの2点の利益をドライバーと共有するか選ぶことが出来ます。

 

 

 

 

 

ユーザーや消費者向けアプリの鍵となる機能

 

一般のユーザー向けにデザインされたモバイルアプリは、必ずこれらの機能を備えなくてはいけません。

 

・乗車検索
・様々な乗車オプションの選択
・利用可能な乗車の追跡
・乗車場所の選択
・降車場所の選択
・リアルタイム予約
・乗車スケジュールを立てる
・自分以外のユーザー向け予約
・マップ上のリアルタイム位置追跡
・予定到着時間
・予定降車時間
・使用する車の詳細…ナンバー、ドライバー名、電話番号、ユーザー評価
・支払い方法の選択…現金または電子決済
・乗車履歴のチェック
・レビューの書き込み
・パニックボタン
・お気に入りの目的地の保存

 

 

ドライバー向けモバイルアプリの重要な機能

 

 

カーシェア・ビジネスにとってタクシードライバーは欠かすことの出来ないパートナーです。ドライバー向けの専用アプリの提供は必要不可欠であり、このモバイルアプリには必要な機能が沢山セットされています。

 

Uberのクローンアプリについて詳しく話すとすると、Uberのように妥協点のないユーザー・エクスペリエンスを確かなものにするための以下の機能が求められます。

 

 

・乗車リクエストの承認
・プロフィール更新…指名、メールアドレス、電話番号、車のナンバー
・ドライバー用ダッシュボード…利益レポート、行き先レポートや履歴
・リアルタイム・Googleマップの統合
・ドライバーの優先目的地
・待ち時間料金を含んだ待ち時間表示
・リアルタイムで人気の高いヒートマップ表示
・現在の降車位置から近い場所の次の乗車地と時間のお知らせ

 

 

アドミン・インターフェース

 

 

需要に伴い、顧客とドライバーの管理のためのモバイルアプリとウェブベースの管理パネルの両方が用意されています。
ここでのアドミンの役割は非常に重要です。顧客とドライバーがスムーズにやり取りが出来るように責任ある行動が求められます。

 

 

Uberアドミンが求められる役割として

 

・グラフィカル分析を用いたアドミン・ダッシュボード…ユーザー、ドライバー、現在のリクエスト、利益
・様々なアクセスレベルを備えた新しいアドミンユーザーの追加
・新しいドライバーの追加
・既存のドライバーの削除
・ドライバー申請の承認または非承認
・新しいサービスタイプとカテゴリーの追加…シェア乗車、乗車依頼、長距離乗車、車種など
・サービスタイプとカテゴリーのルール追加…それぞれの料金、レンタル料、追加料金
・レートに従った手数料管理
・複数の収益モデル…代金引換、カード決済、電子マネー
・ユーザー請求書の作成
・支出に関するドライバー請求書の作成
・ドライバーそれぞれのプロフィールと市払い明細の閲覧
・ドライバーのレビューの閲覧
・評価、レビュー、場所、車種等からドライバーの並び替え
・全体または詳細に基づく収益分析…全体的な利益、アドミンの手数料、ドライバーシェア

 

 

 

 

Uberに見るタクシービジネスのアプリ構築コスト

 

もしこれが数年前なら、Uberのようなアプリ構築コストは莫大なものになっていたでしょう。3つのタッチポイントそれぞれに、少なくとも専門的な知識を持ったチームを雇う必要があります。

 

・UIとUXデザイナーを3名
・コーダーとして経験年数が2~4年の技術者を3名
・クオリティーの高いエンジニアを3名
・バックエンド開発者を3名
・プロジェクトマネージャーを3名
・経験年数2~3年のソフトウェア・テスターを3名
・経験年数1~2年のAndroid開発者を2名
・同じく経験年数1~2年のiOS開発者を2名
・マーケティング専門家を2名

 

 

これらがUberビジネスに必要な3つのタッチポイント開発に要する人数です。しかしここでマーケティング専門家を忘れてはいけません。これはアプリのみの開発を指しており、つまりユーザー向けのウェブサイトではないのです。

 

 

リソースとそれぞれの専門家への補償金を考慮すると、全体的な開発コストは9500ドルから100000ドルに上ります。この金額にはホスト及びサーバー管理費用は含まれていません。

 

 

タクシーアプリを構築する際の費用対効果の高い方法…Uberクローンスクリプト

 

 

スクリプトクローンは、ソフトウェアベンダーが使用するビジネス方法論です。ソフトウェアの開発を記した上記の内容すべてのアプローチ方法とコストをカバーしています。土台となる人気且つ類似したソフトウェアを土台にして開発されています。ビジネス志願者が簡単にこのソフトウェアの内容を理解出来るために行なわれており、クローンスクリプトと呼ばれています。

 

 

一旦環境が整えば、クローンスクリプトは規制のソリューションとして発売されます。これらのスクリプトは、ゼロからソフトウェアを開発する時間と費用を削減するためのターン・キー・ビジネスソリューションズ(turnkey business solution)と呼ばれています。

 

 

Uberクローンスクリプトの選び方

Uberクローンスクリプトも同様に開発された規制のソフトウェアで、カーシェア・ビジネスを迅速且つ費用対効果のある方法で立ち上げる企業に向けたものです。Uberクローンスクリプトを市場から購入する場合はこの2点を必ず考慮に入れなくてはいけません。

 

 

1.あなたが必要な点…ユーザーおよびドライバー向けの2つのモバイルアプリ。ウェブベースのアドミンパネルとAndroid、iOS用の別または同一アプリ

 

2. 上記で説明したキーパーソンとなる3人の持つ機能、特徴をリスト化する

 

 

これらの面をリサーチすると、カーシェア・ビジネスにおけるUberクローンスクリプトがいかに利益的なアイディアか理解出来ます。この点についてはもう少し説明を加えましょう。

 

 

Uberクローンスクリプトとは

 

1.ゼロからタクシーアプリの開発に要する莫大な時間を削減できる
2.ベンダーはスクリプトを何度も販売できるので、費用が削減される
3.ベンダーがすでにリサーチと開発を終えているので、その分の時間がかからない
4.すでに既製されているので起業のスピードが速い
5.ホワイトラベル・スクリプトとしてそれぞれの企業に相応しくカスタマイズ出来る
6.コードモジュラー・アプローチを壊さずに新しい機能を加えるようカスタマイズ出来る
7.優先サーバーをホストに設定できる
8.ベンダーは時々に応じてスクリプトのアップロード可能

 

 

まとめ

 

 

私がこの記事を書いている頃にはカーシェア・ビジネスの企業は難しいことではなくなっているでしょう。クローンスクリプトは、先ほど記した開発のための費用対効果の高い方法があることでよく知られています。

 

例えば、すでに市場に出回っているホイールを自分で作る目的はあるのでしょうか。単純にホイールを購入して自分の車を作れば終わることなのです。

 

たった一つのUberクローンスクリプトが、オンデマンドビジネスを土台にした数々のビジネス起業の足掛かりになると知っていましたか?
これによってオンデマンドの薬配達や美容サービス、整備サービス、食品配達サービス等、様々なビジネスを始めることが出来ます。

 

Uberのオンデマンド・サービスモデルで始められるビジネスアイディアはすでに膨らんでいますか?私たち読者で知識を共有していきましょう。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ