マーケティング

マーケティング

ブランド商品化の成功のための10ヒント

envato BLOG

Read the most recent articles on creativity & design. A blog about where design is, and where it's going.

本記事は、10 Tips for Making Brand Merchandise
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

165 views

読了時間 : 約3分20秒

店舗、アプリ、製品、またはサービスを立ち上げて始めることは、決して簡単なことではありません。 ブランドを創設するために魂を注ぎ込んだ後(膨大な時間、努力、そして資金のことは言うまでもありません)、日の目を見るまでいかなくてはなりません。

 

「Envato」のTシャツ、「Coca-Cola」の帽子、「Guns n Roses」のピンなどを見たことがある人は、ブランドの商品化を経験したことがあるということです。しかし、ブランドの商品かというものが何であるかがわからないなら、ブランド商品化というのは基本的にターゲットオーディエンスが使用できる製品(Tシャツ、バッグ、鉛筆など)にブランド(例えばロゴやスローガン)を載せることだと思ってください。これはブランドが人に知られる助けになり、持っている人が見るだけでなく、その周りの人もブランドを知るようになり、ブランドの認知度を高めてくれるものです。

 

ブランドの商品化は、適切に行われれば、低コストの宣伝となります。この機会に試してみてください。

 

正しい方法でブランド商品化する

 

1. メッセージに気をつけよう

見た人が掲げられているメッセージに同意しなければ、誰もそのブランドを宣伝したくないでしょう。だからこそ、まずブランドが良い基盤、つまり品質、効率、価値などを持っていることを確認する必要があります。そうすれば顧客はあなたのアイテムを誇らしげに使うでしょう。

 

清潔で創造的でゴージャスなデザインは人々が使ってみたくなるものです。このOnline logo makerであなた自身のロゴを作ってみてください!

 

2. 戦略を持つ

 

ブランド商品化を最大限に活用するには、戦略を立てる必要があります。 ターゲットにしている人、達成したいこと、それをどのようにして得るか、そしてどれだけ投資したいと思っているかを知ることで、時間とお金を無駄にせずに済みます。成功する可能性も高まるので、戦略は良く練ってください。

 

3. 適切な製品選択

 

適切な製品を選択する際には、消費者について考える必要があります。年齢、年齢、なにが好きかなどです。これは、その人たちが実際に使用したいと思うものを作るためです。

 

それ以外に重要なことは、(ブランドがトレンドに関するものでない限り)トレンディなアイテムは避けるということです。

 

4. 小規模から始める

 

ブランド商品化への最初の試みである場合、一番いいのは、小規模から始めることです。 限られた数の製品をリリースすると、大量の注文で深海に飛び込む前に、水の状態をテストできるからです。

 

5. 良い製品を作成する

 

Tシャツがほどけていたり、トートバッグにピクセル化された画像があったりすれば、人に商品を使用させるのは難しいでしょう。それだけでなく、そのような製品はブランドの評判を下げてしまいます。常に高品質を選ぶべきであるのはこのためです。 きれいに作られたアイテムを選び、それらの上にきれいで適切なデザインを印刷してください。

 

生産開始前に製品がどのように見えるかをもっとよく知りたい場合は、Placeitを使用してリアルなモックアップを作成しましょう。

 

6. クリエイティブにしよう

 

ブランド商品化について考えたとき、最初に頭に浮かぶことは、ロゴが付いているTシャツを作ることでしょう。ただし、枕、マグカップ、タンブラー、ノート、パーカー、帽子など、人々が使いたいアイテムを作ることだけに限ってはいけません。目立つようにクリエイティブにしましょう!

 

7. 利益と見なさない

 

ブランド商品化は、時々利益を上げるものと見てしまいますが、そのためだけの方法として見ないでください。ブランド商品化の後ろにある主なアイデアは(戦略に別の何かを確立しない限り)ブランドへの認知を高めることにあります。そのことに期待しましょう。

 

8. 押し付けない

 

ブランド商品化をあまりにも強烈に扱うと、人々は不愉快なことになるかもしません。そうすると、達成しようとしているものと反対の効果をもたらすことになるでしょう。また、電話番号、ロゴ、スローガン、ウェブサイト、住所などをデザインに追加しないでください。 クリーンでよくデザインされたものの方が、はるかに効果的です。

 

9. 集中する、しかし範囲を制限しない

 

ブランドを作り上げるには、ターゲットを絞って、それに関する情報を集めます。しかし、商品をターゲットオーディエンスに提供したいときでも、制限はしないでおきましょう。結局のところ、誰が商品を身に着けるか、使用しブランドを知ってもらうことができるのかはわからないのですから。そのため、ターゲットだけでなく、より多くの人々が使いたくなる製品を作成する必要があります。

 

10. 配布方法を知る

 

商品がターゲットオーディエンスにどのように届くかわかっていますか?売りますか、贈りますか、ウェブサイトでも利用可能にしますか?それとも、誰かがあなたの商品を外に配ってくれるのでしょうか? どのような場合でも、商品を配給するためのしっかりした計画を立てることが重要です。商品がすべて地下室に保管されている箱に入っていることになれば、もったいなすぎます。

 

結論

 

商品やサービスがどの段階にあるかによって、ブランド商品化は良いアクションになる可能性があります。設定した目標を確実に達成するためには、今回ご紹介したヒントに従って目標に近づき、効果的にブランドの認知度を高めるようにしてください。

 

Placeitとそのモックアップも利用し、実際に商品がどのように見えるかも必ずテストしるようにしましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ