マーケティング

マーケティング

リマーケティングとパーソナライゼーション、2020年重要視すべきマーケティング戦略

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Marketers: Shake up your strategies in 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

272 views

読了時間 : 約3分39秒

30秒の要約:

 

リマーケティングはあなたの友人です:一般的な神話では、リマーケティングは以前にブランドとやり取りした消費者をストーカーする形式ですが、正しく行われた場合に非常に有益であり、マーケターの90%が同意するでしょう。

 

パーソナライズを超えて:プッシュ通知のタイミング、それらの広告を配信するために使用される媒体、およびより創造的なコピーを組み込むなどの努力を調整することにより、企業は消費者がブランドをより愛するようになる体験を提供し、より強いブランドロイヤルティを育むことができます。

 

2020年にブランドの型を破る:新しい10年は、ブランドがより挑戦的でより創造的になる絶好のタイミングです。企業は戦略を練り直し、競合他社と差別化して消費者にユニークな体験を提供する方法を強調する必要があります。

 

 

ブラックフライデーのかなり前から消費者は広告コンテンツで攻撃されてきましたが、その多くはショッピングエクスペリエンスとはまったく関係がありませんでした。

 

それでは、ブランドは今年どのように広告の戦略を練るでしょうか?それはすべて、消費者を第一にしながら、マーケティング戦略を揺るがすことに集中しています。

 

彼らの旅は、いつ、どこでブランドに関わるかを選択することから始まります。

 

そのデータとデジタルインテリジェンスを使用してオーディエンスを個人レベルで理解し、パーソナライゼーションと顧客エンゲージメント戦略をよりよく伝えるのはマーケティング担当者次第です。

 

2020年にマーケティングキャンペーンを開始するとき、次のヒントを念頭に置いておくと、顧客との忠誠心と信頼を築き始めるのに役立ちます。

 

リマーケティングはあなたの友達です

一般的な神話は、リマーケティングは以前にブランドとやり取りした消費者をストーカーする形式であるが、正しく行われた場合、非常に有益であり 、マーケターの90%が同意するというものです。

 

リマーケティングを使用すると、ブランドは物理的な店舗、ウェブサイト、モバイルアプリ以外のユーザーにアプローチすると同時に、コンバージョン(転向)の機会を増やすことができます。

 

問題は、リマーケティングを正しく実行しているブランドがほとんどないため、ユーザーが自分に当てはまらない広告や興味のない広告を受け取ることです。

 

新たな10年が到来すると、マーケティング担当者は、2019年にインバウンドトラフィックがどこから来たかを評価し、今年のリターゲティングの取り組みに活用する新しい人口統計セグメントを作成する必要があります。

 

消費者はあなたの広告を嫌う必要はありませんので、より良い体験を提供するために既に持っているツールを利用してください。

 

 

従来のパーソナライズを超える

今日の消費者は、1マイル離れた中途半端な売り込みを見つけられます。単に名前付けマクロを電子メールテンプレートに挿入して、それをパーソナライズと呼ぶだけでは十分ではありません。

 

私たちはより良いことをするために、ブランドはコンテンツを効果的に調整する必要があります。

 

プッシュ通知のタイミング、これらの広告の配信に使用しているメディア(モバイル、ウェブ、ソーシャル、SMS、メール、店頭など)を調整し、より創造的なコピーを組み込むことにより、企業は消費者はブランドをさらに愛し、ブランドロイヤルティを強化します。

 

Localyticsでは、これを従来のパーソナライズを超えて、顧客に次善のアクションを提供し、顧客が何を、いつ、どこでエンゲージしたいのかを選択できるようにすることを目指しています。

 

ブランドは、消費者に送信するコンテンツをコンテキスト化して、関心や好みを確実に満たすことにより、メッセージに対するエンゲージメントを高め、解約を減らします。

 

パーソナライズの取り組みについての彼らの現在の考え方を捨てることによってのみ、実際にブランドはそれを超えて移動することができ、最終的には本当に個人を対象としたコミュニケーションを提供します。そうする人は、休日広告の遺物に広告を追加することを避けます。

 

2020年にブランドの型を破る

過去数か月間、ブランドが消費者に同じマーケティングメッセージと価値提案を提供している場合、新しい年に戦術を変える時が来るかもしれません。

 

このプロセスには学習曲線がありますが、各ブランドが異なる戦略を試して、最も効果的なものを見つけることが重要です。新しい10年は、ブランドがより挑戦的で創造的になり、消費者がすぐに使用する可能性のある新しいフォーマットで広告を配信するのに最適な時期です。

 

ターゲットオーディエンスの年齢層が若い場合は、TikTokで広告を掲載することを検討してください。モバイルアプリで注目度が高い場合は、チャットボットを統合して製品の推奨事項を改善することをお勧めします。

 

小売業界の企業は、多数の視聴者要因に基づいて新しいプロモーションを試験的に実施し、それがエンゲージメント率の停滞を押し上げるかどうかを確認できますが、他の業界の企業は、プロモーションと販売を完全にカットして、代わりに利益となるような目的志向の物語にシフトすることができます。

 

マーケティング業界は何年もパーソナライズの重要性を説いてきましたが、今日の多くの消費者は今でもブランドがマークを失っていると感じています。これまで以上に、消費者を第一に考え、戦略の中心に据える時が来ました。

 

私たちは、プロファイルデータだけでなく行動データも使用して、消費者のよりカラフルな絵を描くための技術の進歩に備えています。

 

私たちは適切なタイミング、適切なチャネル、適切なメッセージで消費者を効果的な成約のための、次のアクションを提供します。

 

Jude McColganはLocalyticsの CEOです。Localyticsは、顧客エンゲージメントプラットフォームであり、ブランドに有意義で個人的な顧客体験を提供するために必要なデジタルインテリジェンスを提供します。Localyticsプラットフォームは、1日あたり1億件以上の通知がある37,000以上のアプリで使用されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ