マーケティング

マーケティング

アプリの多様化でユーザーエクスペリエンスがより重要になるモバイルマーケティングのトレンドを探る

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Will 2020 be a momentous year for mobile marketing?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,433 views

読了時間 : 約3分21秒

アメリカの成人は平均1日3.5時間以上の時間を、携帯を見る時間に費やしていると言われています。この記事では、2020年に望める一握りの進展をご紹介していきます。

 

今年、アメリカの成人は1日に3.5時間以上を携帯に使用していたといわれるほど、消費者はスマートフォンに魅了されています。

 

デジタル広告のうちの約70%をすでにスマートフォンが占めているという現状からも、各ブランドがスマートフォンにかける経費を増やすことは全く不思議ではなく、2022年にはアメリカの広告のうちの約50%を占めるのではないかと想定されています。

 

アプリの多様化は続く

グーグルプレイ、アップルアップストアともに、200万を超える数のアプリがあり、モバイルアプリ市場は飽和状態になるのではないかと思われるかもしれませんが、実情は全くそんなことはありません。

 

 

ビジネスマンやディベロッパーは引き続き新しく革新的なモバイルアプリを開発しており、J.P.モーガンのオンラインバンクアプリのように、無料やディスカウント価格でのデジタル投資サービスの提供を行うものも出てきています。

 

 

開発だけではなく、既存のサービスの改善も行なっており、15秒の動画を上げるアプリ「Tik Tok」の驚異的な成功は、動画プラットフォームにまだ入り込む余地があるということを示し、最近リリースされたフェイスブックラッソは、巨大なソーシャルメディアもいまだに飽和状態ではないという事が示され、ました。

 

スマートフォンを使用している時間のうち90%以上がアプリの使用に占められており、タブレット使用に関しては77%がその時間で、アプリ市場にはまだまだ拡大と多様化の余地があり、ユーザーへ寄り添うアプリを開発する努力を続ける一方で、人々はより一層アプリに没頭していくことと思われます。

 

 

AIに基づくアプリの特定の発展を見る傾向にあり、同様に間も無く実用されるであろうARやVRもより一層注目する傾向にあります。

 

 

広告詐欺対策は極めて重要

 

携帯広告での詐欺が、2018年の初めの3ヶ月で2倍にまで増加しています。これに伴い、クリックインジェクションやソフトウェア開発キットのスプーフィング攻撃などを内包する全てに対し、教養や包括力が増してきているという事でもあります。モバイル広告詐欺がエスカレートする時にはブランドの安全性についての心配も増すために、2020年にはチェーン・トランスパレンシーの供給が広告議事録の議題の最も重要なこととなるでしょう。

 

 

トランスパレンシーへの要求は、ブランド、テクノロジー、そしてアプリ開発者間でのより良い協力体制を生み出し、広告技術業者は広い範囲のジャンルの広告出しを、継続的にサポートすることができるようになるのです。

 

 

携帯アプリに対する詐欺対策の使用は、産業全体でますます増えてきており、広告主もまた安全面での問題や詐欺を回避する方法としてアプリ内で疑わしきユーザーをターゲッティングしてから調査するよりも、モバイルネットワークオペレーターを通じて直接的に探すことをするでしょう。

 

 

各ブランドがモバイルエクスペリエンスに注目

今後は相互作用に基づくモバイル広告と消費者の再来を促し、ニーズを把握するブランドエクスペリエンスに強く注力される様子が、ますます見受けられるようになると思われます。各ブランドは既に、家具量販店イケアが、部屋に家具を置いた時の風景を再現出来るバーチャル機能を備えた結果アプリの利用数が増えた、という例に見受けられるモバイルエクスペリエンスの相互作用の検証をしているところですが、2020年にはさらにモバイル広告とコンテンツの境界線がなくなっていくと予想されます。

 

ゲーミフィケーションは、ゲームのブランドではないところさえ相互作用に置いて中心的な役割を果たしております。遊びの操作性がある広告は、ブランドとユーザー間での楽しいコミュニケーションの一環となりえ、ミニゲームを通じて楽しませることや、驚くべき結果を生む可能性がある、意味のあるユーザーエクスペリエンスを確立することができます。また遊びの操作性はデジタルの世界とフィジカルの世界を繋ぐことにとても適しています。例えばプレーヤーには特別価格でのサービス提供や、店頭で使用出来るディスカウントクーポンを配布することもできるのです。

 

 

データがパフォーマンスを左右する

ユーザー中心の広告思考へと変わり続ける2020年、ブランドとアプリ開発者はより広告収入の創出を効果的に行い、運用する方法を理解する必要性があります。ブランドはリアルタイムの結果を分析し、ユーザーがどのような広告に惹かれるかを理解、ユーザーエクスペリエンス最大限生み出すためのメディアと創造性の最適化が必要とされます。

 

 

組織内でのモバイルクリエイティブを生み出す業者との提携によって反復する連続性のある広告を作り出すブランドは、競争力での強さをほこり、リアルタイムでのイベントにより素早く反応ができるように、そして代理店に頼るよりも少ないコストで実現ができるようになります。

 

またそれにより位置情報を活用するなどといったデータの運用法の探求とパフォーマンスの限界に迫るほどの最大化を図るでしょう。

 

 

携帯はすでにデジタル広告の2/3を占めてはいますが、フォーマットはまだ広がりを見せており、限界まではほど遠いことが実情です。モバイルアプリ市場も多様化し続けており、ブランドはより優れた対策アプリの登場を望んでいます。相互性のあるモバイルエクスペリエンスへの注目度はさらに高まり、ゲーミフィケーションやメディアや創造性の最大化のためのデータ利用は、2020年にはモバイル市場で急激に、そして瞬時に増えることと思います。

おすすめ新着記事

おすすめタグ