マーケティング

マーケティング

マッチングサイトの立ち上げにかかる初期コストとは?最低限必要な機能と開発費用を考える

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、How Much Does It Cost to Start a Dating Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

202 views

読了時間 : 約7分47秒

Statista.comによると、米国男性の5人に1人、また女性は10人に1人がオンラインを通じて素敵な恋愛をしているそうです。実際に登録している人はもっと多くいますが、まだ恋人が見つかっていなかったり単に友達探しになっていたりする人も中にはいます。

 

不安材料が残っているものの、開拓の余地が十分に残されているこのマーケットで勝負しないのは非常にもったいないです。この意見に同感であれば、この記事があなたの役に立つこと間違いなしです。

 

プログラマーの平均時給は、サイト関連の専門職ということで30ドルを見積もっていますが、これは提示金額であって予算ではありません。

 

 

マッチングサイトの開発にかかるコスト

MVPを利用すれば、便利な機能がすでに備わっているので、初めてサイトを構築するにはやり易いでしょう。マーケットへ進出する前に、最低限資金集めとソフトウェアのテストは行ってください。それさえ終われば、あとは自由に機能をカスタマイズ出来ます。

 

マッチングサイトに必要な機能

 

1.ユーザー登録とプロフィール設定
2.ユーザーの検索とマッチング
3.メッセージ機能(トークとビデオ通話)
4.安全面
5.課金制度
6.広告面
7.モバイルアプリ

 

プログラマーが開発からテストまで一人で行うには、3ヶ月から5ヶ月(およそ420~700時間)かかります。時給30ドルであれば、$12600~$21000のコストが最終的にかかるということです。

 

 

ユーザー登録とプロフィール設定

プロフィール画面というのは、マッチングサイトにおいて最も重要です。というのも、それを見た人がそのユーザーと連絡を取るかどうかを判断する基準になるからです。マッチングしやすいプロフィールを作ってくれるサービスも、たくさん存在します。

 

そうすれば、登録や認証処理にかける時間も少なく済みます。このように、サービス自体が我々の情報(写真、年齢、友人関係など)をサイトに公開してくれるので、そのユーザーが実味する人物かどうかの確認も出来るのです。

 

プロフィール設定には、次の機能も追加しておきましょう。

 

1. プロフィールの詳細を掲載するツール
アカウントを登録したら、氏名や性別(恋愛対象も含む)、年齢、住んでいる都市、身長と体重、配偶者の有無、宗教、飲酒と喫煙、ペットなどの追加情報を登録できます。

 

2.ソーシャルネット(Facebook、Instagram、Twitter)などの認証
LoginRadiusサービスなら、サイトに最適な情報を抜粋してくれます。

 

3. ユーザーレポート
自分自身のことや人生設計、趣味や目的について書くことが出来て、たいていの場合は2000字まで入力可能です。

 

4.マッチングに対する質問事項
これがあればよりマッチング率がアップします。、”どのくらいの頻度でスポーツをしますか?””朝何時に起きますか?””旅行は好きですか?”などの質問事項が20個以上あれば理想です。

 

Pure.datingのように、匿名性を重視しているサイトであれば、プロフィールはシンプルにした方が良いでしょう。写真の方をメインにし、公開範囲を限定することをオススメします。

 

 

ユーザーの検索とマッチング

マッチングサイトの一番の目的は、互いの男女を会わせてあげることです。フィルター機能とプロフィールを通し、ユーザーにぴったりの相手を探してくれます。例えば、ダラスに住む20?25歳の女性で、ブロンドヘアの禁煙者、という具合に範囲を絞ることも可能です。検索オプションで、恋人の理想像を再確認することも出来ますね。

 

調査によると、ZooskとMatch.comの2社は、ユーザー同士のマッチング率を上げることにとりわけ注力しているようです。”相性が良さそうなユーザー”を探すオプションまで付いているそうです。

 

そして、マッチングサイトの立ち上げには次の要素も必要です。

1.性別、年齢、住所、身長と体重、サイトの利用目的、などのフィルターによる検索
2.アンケートとパーソナル診断に基づくおすすめユーザー

データ解析の活用は、ネット社会では当たり前です。

 

 

メッセージ機能(トークとビデオ通話)

短いメッセージをリアルタイムで続けることが、マッチングにおいては重要です。テキストメッセージ、ビデオ通話、普通の電話などいろいろあるでしょう。その中でも、基本要素として備わっているのはテキストメッセージのみで、あとの二つはオプション機能です。Zooskのように、さらに便利なメッセージ機能が利用出来るサイトも最近増えています。

 

ユーザー同士のコミュニケーションには、次の機能が必要です。

・短いメッセージのやりとり
・友達リストへのユーザー追加
・顔文字などの感情を伝える手段
・最低限の文章フォーマット

 

 

安全面

マッチングサイトにおける安全面とは、二つあります。一つは、ハッキングや認可されていないインターフェースからサーバーを守ることです。もう一つは、マーケットで多発している詐欺からユーザーを保護することです。犯罪者は他人の写真やデータを不正に利用して、ターゲットからお金を巻き上げようとしています。

 

安全面では、次の機能を考慮してください。

1.携帯電話もしくは認証済みのSNSやユーザーとして同意すること
2.”ブラックリスト”を作成し、ブロックしているユーザーのプロフィールを確認しておくこと
3.偽のプロフィールデータや他人の写真を利用するアカウントを見つけたら通報すること

 

中には、評価やレビュー機能を導入しようとするサイトも見かけますが、うまくいかない場合がほとんどです。なぜなら、悪質アカウントを削除して新規プロフィールの作成を阻止し、IPアドレスをブロックした方がはるかに手っ取り早いからです。

 

そもそも、マッチングサイトにおける成功とはなんでしょうか?少なくとも、一人のユーザーだけがたくさんの人と出会ったり、会話をしたり、限られた時間の中でデートを繰り返したりすることではないはずです。

 

 

課金制度

マッチングサイトでは何百万もの収益を上げることが可能です。例えば、Zooskは2億ドル、Match.comは4.5億ドル、Tinderはなんと8億ドルもの売り上げを稼いでいます。彼らが儲かっているヒントを、ここにいくつか挙げます。

 

1.有料会員制
検索機能の利用やパートナーとの連絡をするために、ユーザーに月に5?20ドルの支払いを課しています。月額制、もしくは一括決済の両方があります。
2. プレミアム制度
課金することにより、さらに特別な機能やサービスを受けられます。Tinderであれば検索範囲を広げることが出来たり、その他のサービスであれば検索リストを上位に表示させたり、プロフィールやギフトの閲覧範囲を増やしたり出来ます。
3.便利な広告サービス
”宣伝しなくても”ユーザーがお金を払ってくれる場合もあるので、広告が上手く機能してくれるケースもあります。

 

最近は、ユーザーのデータを提供することでお金を稼いでいるマッチングサイトが増えています。それらは統計に基づくデータなので、氏名、写真、住所といった個人情報ではありませんが、ユーザーの知らないところで彼らの同意なしに行われることがほとんどです。

 

 

運営側

運営側がサイトを管理したり、ユーザーの動向や課金具合を監視したりするにはこの機能が欠かせません。画面を通じて新たな決済ルートを構築し、ユーザーの責務やアカウントの削除を行うことにより、マーケットの環境を整えています。

 

主なツールは以下の通りです。

1.ユーザーの管理、プロフィール、責務
2.解析レポート

 

サイトの運営資金や広告スポンサーを手配出来るのは、MVPテスト実施後です。必要な機能を揃えるには、あらかじめ何を追加するか決めておく必要があります。でないと、マッチングの適合にトラブルが生じる必要があります。

 

 

モバイルアプリ

マッチングサイトの立ち上げには、モバイルアプリの開発費も考慮すべき問題です。これにお金をかけてしまうと、80%もの損失が出てしまう可能性があるからです。サイト構築の初期段階から見直しを行い、MVPを作成したらテストを実施して改善し、初めて市場にそのアプリをリリースすることが出来るようになるでしょう。

自分でアプリを作成すれば管理やコントロールが自由に行えるので便利ですが、それを開発会社に外注することも可能です。後者の方が手間やコストが少なくて済み、保証も効くのでオススメです。

 

 

機能を追加した場合の開発コスト

マッチングサイトの基本要素はどれも同じです。ユーザーリスト、フィルター機能、基本的なコミュニケーションツールを備えていることは当たり前なので、違いがあるとすれば追加機能の部分でしょう。

 

 

モバイル向けのサイト

モバイルアプリへの人気が高まっていることは、無視出来ない問題です。しかも、オンラインサービスだけでなくネット全体の使いやすさにも関心が高まっているのです。それゆえ、どんな手を使ってでも他社より便利なオリジナルアプリを作ろうとする企業はますます増えています。

 

そのための改善ツールをいくつかご紹介します。

1. プログレッシブウェブアプリ(PWA)
通知の際に全画面表示でユーザーにお知らせしてくれる機能で、オフラインでも利用可能です。スマホの容量とプラットフォームをフル活用出来る、大変便利なツールです。

2. 交錯プラットフォーム
簡潔に言えば、Android、iOS、その他プラットフォームで実行可能なアプリケーションです。もう少し詳しく説明すると、GoogleやAppleのアカウントのように利用することが出来て、どんなプラットフォームからでもアクセス可能なサービスです。

3.ニッチなターゲット範囲
Zooskでは、Burrit-OHアプリというブリトー好きのカップルをマッチングさせるアプリ(メインではありません)がリリースされています。よりニッチなターゲットを特定している一つの例です。

 

PWAの価格は、70時間で2000ドル?、交錯プラットフォームは8500ドル?、ニッチなアプリを作成するには5000ドル?が目安です。今回はデザインやフィルター機能を一から作成した場合なので、すでにアプリがある場合はもう少し安価で済むでしょう。

 

 

オプション検索と選択

マッチングサイトはどれも、”公開されているデータ”を用いて人々を引き合わせているにすぎません。”この情報を見て、選択するのはあなたです”ということです。Zooskのように”パターン化されたマッチング検索”の機能が備わっていれば、プロフィール情報や質問事項、閲覧履歴を参考にして”あなたにオススメの人物”を割り出してくれます。

 

Zooskの検索メカニズムは、実はこのようになっています。

 

1.検索パターンに基づいて、可能性のありそうな人物(あなたが誰を気に入りそうか/誰から気に入られそうか)のストックがシステムによって生成されます。

2.特殊技術(特許取得済み)を用いて、マッチングパターンから作成された最初の人物のリストがユーザーに表示されます。

3.ユーザーのお気に入り、コミュニケーション、友達リクエストの履歴からマッチング機能が実行されて、ネット上のペアが誕生します。このサイトやシステムをユーザーが活用すればするほど、理論的にはその精密性も高まる仕組みです。

 

Zooskはこのマッチングシステムに4200ドルを投資し、4週間(140時間)かけて構築しました。ネットワークへの導入には、さらに2000?10000ドルものコストがかかりました。

 

 

プロモーションにかかる費用

ロゴデザイン:300ドル?
自費制作も可能ですが、ユーザーに響くデザインを熟知しているプロに任せる方がいいでしょう。キーワードからロゴ制作を手掛けているサービスも展開されています。

 

Google Adwords:月々250000ドル?
“恋人探し”をしているユーザーを新たに取り込むことも重要です。まず10000人のユーザーを確保するために、これは必要な投資です。

 

Facebook広告:月々100ドル?
ユーザーの基盤を確保することも重要です。ターゲットに特化した広告主が見つかれば、サイトにとって大きなプラスとなるでしょう。非常に大きな効果が期待出来ます。

 

バナー広告への投資:月々150ドル?
ターゲットの好みに合ったバナーをサイトに設置しましょう。フォーラム、Eコマース、ウェブサイト、旅行サイトなどがオススメです。

 

サイトコンテンツ:月々500ドル?
関連サイトのコンテンツは、検索エンジンに引っかかりやすくなります。プロの個人事業主かフリーランスの方に依頼してみましょう。

 

マーケットへの影響:月々100ドル?
2000?10000人規模の顧客でも、有名なメディアに投稿してもらうには20?100ドルかかります。掲載ページを大量に追加すれば、さらに1000ドルのコストが発生します。

 

1.ユーザーの数を増やしたいときは、標準規模の顧客を抱えるアカウントを利用しましょう。
2.メディアで大々的に告知したい場合のみ、アカウントの規模を拡大しましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ