マーケティング

マーケティング

SNSの顧客ターゲット分析でブランド認知度を高め、コンテンツ戦略に活かす

Sprout Social

本記事は、social media demographics to drive your brand's online presence
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,485 views

読了時間 : 約8分31秒

ソーシャルメディア分析を理解することは、自分のブランドをどの分野で発信するか決定する前に非常に重要なことです。どのソーシャルメディアネットワークもコンテンツ戦力やユーザー層は様々で、どれに対しても適合する万能なものはありません。仮に、あなたの顧客ターゲットがほぼいない分野に向けて発信するなんて時間の無駄ですよね。

 

それよりも、適切な分野において、販売促進に貴重な時間を使うべきしょう。例えば、インスタグラムならイメージや画像を作ってシェアすること等に時間を使います。コンテンツ戦略を顧客ターゲットがいるそれぞれの分野で適切に発信することは、顧客獲得に大きく繋がります。

 

第1ステップは、どの分野にどんなユーザー層がいるか知ることです。求めているソーシャルメディア分析を見つけるために、これから以下の分析を1つずつ見ていきましょう。

 

・フェイスブック分析

・インスタグラム分析

・ツイッター分析

・リンクトイン分析

・ピンタレスト分析

・スナップチャット分析

・ソーシャルメディア全体の分析

 

スプラウトソーシャルを使って顧客分析に取り掛かる

 

あなたの顧客がどんな人なのか具体的に知るためには?…コレです。

 

スプラウトのデータ分析とソーシャルリスニングはあなたが成功するための方法を見出します。あなたの顧客の年齢、性別、地域などがスプラウトでは簡単にアクセスできます。どのソーシャルチャンネルの使用者が多いのか、同様にどのデバイスを使って閲覧しているのかも知ることができます。

 

さらにあなたのビジネスに対して消費者はどんな反応をしているのかわかります。消費者は商品、サービス、そして競合商品にについてどんな意見を持っているのか、あなたの顧客を増やすためにも活用しましょう。

 

 

フェイスブック分析

 

フェイスブックは登場してから今までずっと1人勝ちの状態です。実際、ひと月に約20億2千7百万人のアクティブユーザーがいて、世界人口の4分の1以上が1月に1回はフェイスブックにアクセスしています。約10億5千万人が毎日アカウントをチェックしていて、約10億3千万人がメッセンジャーを使用して友達や家族と連絡を取っています。フェイスブックユーザーに大人は68%ほどいるのは確実だと思われるので、顧客を探すことは容易でしょう。

 

それではフェイスブック分析の詳細を見てみます。

 

 

 

フェイスブックユーザーの年齢と性別分析

 

65歳以上の特例を除いて、フェイスブックは幅広い年齢層で使用され、ユーザーの大多数はアメリカ人です。性別に関して見ると、真っ二つに割れていますが女性が54%、男性が46%と女性が少し多い傾向があります。

 

さらに、Pew Research Centers report によるとオンラインをする全人口のうち62%の男性と72%の女性がフェイスブックを使用しています。

 

 

 

フェイスブックユーザーは

 

・13歳から17歳までの51%
・18歳から29歳までの81%
・30歳から49歳までの78%
・50歳から64歳までの65%
・65歳以上が41%

 

フェイスブックユーザーの地域分析

 

フェイスブックは世界中で使用されていますが、89%のアクティブユーザーはアメリカとカナダ以外に住んでおり、フェイスブック上では、50パーセント以上は英語以外の言語が使用されています。このような多様性があるため、ユーザーがどこにいようとも顧客を見つけることが出来ます。

 

 

 

最もユーザー数が多い国はインドであり、今年だけで14%もユーザーが増えました。アメリカが2番目で10%、続いてブラジルとインドネシアの6%です。

 

アメリカにおける地域別ソーシャルメディアユーザーは、

 

・大都会に住んでいる75%の大人
・郊外に住んでいる67%の大人
・田舎に住んている58%の大人

 

フェイスブックユーザーの学歴分析

 

・60%の大人が中学校卒業か高校卒業
・71%の大人が大学卒業
・77%の大人が大学院卒業

 

フェイスブックユーザーの年収分析

 

・66%の大人が30,000ドル以下
・74%の大人が30,000ドルから49,999ドル
・70%の大人が50,000ドルから74,999ドル
・75%の大人が75,000ドル以上

 

 

インスタグラム分析

 

2010年の開始以来、ユーザー間でフェイスブックの画像をシェアする特徴を持つアプリとして成長しました。ここ最近、ストーリーとIGTVを追加してからはインスタグラムユーザーは増加しています。インスタグラムユーザー分析では、成人のアメリカ人35%、毎日約5億人のアクティブユーザーと毎月約10憶人のアクティブユーザーを含みます。ストーリーだけで毎日約4億人のアクティブユーザーを誇ります。

 

 

 

インスタグラムユーザーの年齢と性別分析

 

インスタグラムはフェイスブックより若い世代向けの傾向があります。ティーンズや若い世代に直接アピールしており、写真中心のデザインで簡単に使うことが出来ます。

 

インスタグラムユーザーは

 

・13歳から17歳の72%
・18歳から29歳の64%
・30歳から49歳の40%
・50歳から64歳の21%
・65歳以上の10%

 

また、男性よりも女性に人気があり、オンラインをする女性の39%、オンラインをする男性の30%です。

 

インスタグラムユーザーの地域分析

 

80%以上のインスタグラムユーザーはアメリカ以外に住んでいて、ブラジル、インドやヨーロッパ諸国が多いです。

 

アメリカにおける地域別ソーシャルメディアユーザーは、

 

・大都会に住んでいる42%の大人
・郊外に住んでいる34%の大人
・田舎に住んている25%の大人

 

インスタグラムユーザーの学歴分析

 

・29%の大人が中学校卒業か高校卒業
・36%の大人が大学卒業
・42%の大人が大学院卒業

 

インスタグラムユーザーの年収分析

 

・30%の大人が30,000ドル以下
・42%の大人が30,000ドルから49,999ドル
・32%の大人が50,000ドルから74,999ドル
・42%の大人が75,000ドル以上

 

 

ツイッター分析

 

ツイッターはユーザー間で絶大の人気を誇っています。また、ブランドのソーシャルカスタマーサービスのために使うには最適な場です。

 

 

 

ツイッターユーザーの年齢と性別分析

 

ツイッターは今も昔ながらのタイムラインシステムを使用している最後のソーシャルネットワークと言えるでしょう。ユーザーの間ではとても人気があります。20代に最も人気で、ツイッターユーザーの分析は若い世代に人気であることを示しています。

 

ツイッターユーザーは

 

・13歳から17歳の32%
・18歳から29歳の40%
・30歳から49歳の27%
・50歳から64歳の19%
・65歳以上の8%

 

驚くかもしれませんが、ツイッターユーザーの男女比率は同じくらいです。

 

・オンラインをしている女性の24%
・オンラインをしている男性の23%

 

ツイッターユーザーの地域分析

 

79%以上のツイッターユーザーはアメリカ以外に住んでいます。

 

アメリカにおける地域別ソーシャルメディアユーザーは、

 

・大都会に住んでいる29%の大人
・郊外に住んでいる23%の大人
・田舎に住んている17%の大人

 

ツイッターユーザーの学歴分析

 

・18%の大人が中学校卒業か高校卒業
・25%の大人が大学卒業
・32%の大人が大学院卒業

 

ツイッターユーザーの年収分析

 

・20%の大人が30,000ドル以下
・21%の大人が30,000ドルから49,999ドル
・26%の大人が50,000ドルから74,999ドル
・32%の大人が75,000ドル以上

 

 

リンクトイン分析

 

リンクトインは、ビジネスで使用されるソーシャルメディアです。専門家と繋がれることで知られており、約5億9千万人が登録しています。

 

 

 

リンクトインユーザーの年齢と性別分析

 

・18歳から29歳までの29%
・30歳から49歳までの33%
・50歳から64歳までの24%
・65歳以上が9%

 

リンクトインユーザーの男女比率は同じです。

 

・オンラインをしている女性の25%
・オンラインをしている男性の25%

 

リンクトインユーザーの地域分析

 

70%以上のリンクトインユーザーはアメリカ以外に住んでいます。

 

アメリカにおける地域別ソーシャルメディアユーザーは、

 

・大都会に住んでいる30%の大人
・郊外に住んでいる27%の大人
・田舎に住んている13%の大人

 

リンクトインユーザーの学歴分析

 

・9%の大人が中学校卒業か高校卒業
・22%の大人が大学卒業
・50%の大人が大学院卒業

 

リンクトインユーザーの年収分析

 

・13%の大人が30,000ドル以下
・20%の大人が30,000ドルから49,999ドル
・24%の大人が50,000ドルから74,999ドル
・45%の大人が75,000ドル以上

 

 

ピンタレスト分析

 

ピンタレストは、オンラインショッピングに革命をもたらしたビジュアル検索機能を備えています。毎月約2憶5千万人のアクティブユーザーがいて、約1憶7千5百万個以上の商品がピンされており、実際、61%のピナーがピンタレストを見た後に商品を購入しています。

 

 

 

ピンタレストユーザーの年齢と性別分析

 

若い世代に人気なのにもかかわらず、全体を見るとどの年齢層にも安定的にユーザーがいます。

 

ピンタレストユーザーは、

 

・18歳から29歳までの34%
・30歳から49歳までの34%
・50歳から64歳までの26%
・65歳以上の16%

 

女性の使用率が高いのですが、新規登録するユーザーの50%は男性です。

 

・オンラインをしている女性の41%
・オンラインをしている男性の16%

 

ピンタレストユーザーの地域分析

 

他のソーシャルネットワークと同じように、50%以上のピンタレストユーザーはアメリカ以外に住んでいます。

 

アメリカにおける地域別ソーシャルメディアユーザーは、

 

・大都会に住んでいる29%の大人
・郊外に住んでいる31%の大人
・田舎に住んている28%の大人

 

ピンタレストユーザーの学歴分析

 

・18%の大人が中学校卒業か高校卒業
・32%の大人が大学卒業
・40%の大人が大学院卒業

 

ピンタレストユーザーの年収分析

 

・20%の大人が30,000ドル以下
・32%の大人が30,000ドルから49,999ドル
・34%の大人が50,000ドルから74,999ドル
・39%の大人が75,000ドル以上

 

 

スナップチャット分析

 

スナップチャットは、メッセージや写真が自動で消えるアプリとして登場したが、すぐにティーンや若い世代の間でスナップチャットを利用することが一般的になりました。最近ではインスタグラムのストーリーズが消えるアプリとして有名ですが、スナップチャットは未だに毎日約1憶8千6百万人のアクティブユーザーがいます。

 

 

 

スナップチャットユーザーの年齢と性別分析

 

スナップチャットは、若い世代に人気なのが強みで、ユーザーは1日に何回も閲覧しています。

 

・13歳から17歳までの69%
・18歳から29歳までの68%
・30歳から49歳までの26%
・50歳から64歳までの10%
・65歳以上の3%

 

メッセージ機能では女性の使用率のほうが高いです。

 

・オンラインをしている女性の31%
・オンラインをしている男性の23%

 

スナップチャットユーザーの地域分析

 

アメリカにおける地域別ソーシャルメディアユーザーは、

 

・大都会に住んでいる32%の大人
・郊外に住んでいる26%の大人
・田舎に住んている18%の大人

 

スナップチャットユーザーの学歴分析

 

・24%の大人が中学校卒業か高校卒業
・31%の大人が大学卒業
・26%の大人が大学院卒業

 

スナップチャットユーザーの年収分析

 

・23%の大人が30,000ドル以下
・33%の大人が30,000ドルから49,999ドル
・26%の大人が50,000ドルから74,999ドル
・30%の大人が75,000ドル以上

 

 

ソーシャルメディア分析の全体を通して

 

最も人気のある6つのソーシャルメディアの背景と分析を見てきましたが、次は全体を見てみましょう。

 

・大人の68%がフェイスブックを使用
・大人の35%がインスタグラムを使用
・大人の24%がツイッターを使用
・大人の25%がリンクトインを使用
・大人の29%がピンタレストを使用
・大人の27%がスナップチャットを使用

 

フェイスブックのユーザーは2番目にユーザー数の多いソーシャルメディアユーザーと比べて2倍ほど多いです。フェイスブックの一人勝ち状態が続いていることは疑いようがありません。より多くのターゲットがいる分野を求めて、さらなる分析を行い、また、的確な販売促進を目指し、追跡と調査ができるように準備をしていきましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ