マーケティング

マーケティング

7種類のMarTech (マーケティング+テクノロジー)管理ツールまとめ マーケティングの成功に不可欠なツール

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Martech management tools: Seven types of platforms critical to marketing success
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

369 views

読了時間 : 約5分12秒

アジャイルプロジェクト管理ツールを利用するマーケティング担当者は、キャンペーンで成功する確率が252%高いと言われています。 ここでは7種類の管理プラットフォームを紹介します。

 

管理ツールは、効率的にチーム運営するのに役立ち、ハイパフォーマンスのマーケティング組織を運営するためには不可欠です。 ツールは幅広いマーケティングツールのカテゴリで、予算編成からプロジェクト管理までを網羅しています。さらに、チームがより効率的に共同作業するのに役立つコラボレーションツールも含まれています。

 

すべてのツールを組み合わせるとやり過ぎに思えるかもしれませんが、マーケティング組織を運営する上では重要なのです。 ツールを正しい方法で使用すれば、プラスの影響があることがデータでも明らかです。

 

たとえば、アジャイルプロジェクト管理ツールを使うマーケティング担当者は、キャンペーンで成功する確率が使わない場合と比べて252%になっていることからも、管理ツールはマーケティング担当者にとって重要なものなのです。

 

ここでは、さまざまな管理プラットフォームがビジネス効率化にどのように役立つかをまとめています。

 

 

1. タレントマネージメント

これらは主に人事関係焦点を当て、プラットフォームは現在市場に出回っているもので50以上にものぼります。休暇申請から給与支払処理まで、 マーケティングチームが従業員関係業務を行う際に使われます。

 

中にはLinkedInやGreenhouseなどのツールも利用して、自分のチームに加わる有望な候補者を見つけることもあります。

 

もっと包括的マネジメントシステムを探しているマーケティング組織なら、DeepTalentやBambooHRのようなツールを検討してみましょう。 マーケティングリーダーはパフォーマンス管理プロセスを自動化し、従業員の個々の目標を入力することもできます。

 

必要に応じて、SAPのような他のエンタープライズプラットフォームと統合すれば、もっと多くの従業員データを組み込むこともできます。

 

 

 

2.商品管理

商品管理ツールは、マーケティングチームが自社製品の有効性を判断するのに役立ちます。 これらのプラットフォームは、一般的にデジタル製品を扱う組織で広く使用されています。

 

商品管理プラットフォームでは、ユーザーエンゲージメントから購入経路まで、商品に関するあらゆることを測定できます。 商品自体の中でファネルやマーケティングオファーを最適化するのに必要な情報をマーケティング担当者に提供することができます。

 

商品管理で一般的に使用されるツールには、AtlassianやProductPlanなどがあります。 これらのプラットフォームはソフトウェア開発プロセスを容易にし、開発サイクル中にマーケティングと共同で使用されることがよくあります。

 

これらのツールの中には、プロジェクト管理を支援し、商品開発以外の分野でもマーケティング担当者にとって便利なものもあります。 WrikeとSopheonは、プロジェクト計画プラットフォームで、マーケティング担当者とプロジェクト管理者によく利用されています。

 

 

 

3.予算と資金

これらのプラットフォームには30以上のものがあります。それらはすべて、マーケティング担当者が予算から利益を最大限に引き出す効果があります。

 

財務で頻繁に使用されていますが、予算編成ツールや財務ツールはマーケティングチームでも活用され、予算を維持するのに役立っています。ベンダーの支払、イベント予算、クリエイティブフリーランサーへの支払を管理するためにこうしたプラットフォームよく利用します。

 

昨年、27%のマーケティング担当者が、十分な予算を確保することが最大の職業上の課題であると述べています。質の高い財務ツールを持つことがよりいっそう重要であるということです。

 

単純な予算作成では、よくBudgetaのようなツールが利用されることがあります。でも、包括的にビジネスを管理したいなら、AllocadiaやLongviewなどのパフォーマンス管理プラットフォームに投資してみましょう。

 

これらのプラットフォームは、組織全体で行われている投資、投資に対してのROIを可視化することができます。これは次に戦略的に投資する分野を知るために重要です。

 

 

 

4.コラボレーション

コラボレーションは漠然とした用語ですが、これらのツールはチームがより効果的に共同作業するのに役立ちます。 マーケティング組織が新しいアイデアをブレストするのに役立つツールもあり、単にコミュニケーションを容易にするのに役立つツールもあります。

 

ZoomやBlueJeansのようなプラットフォームは、マーケティング担当者がグローバル規模でリアルタイムに連携できるという人気のあるビデオコラボレーションツールです。 ビデオチャットだけでなく、画面共有やライブチャットなどの機能もあり、共同作業を支援します。

 

ConceptboardやSlickplanなどの一部のプラットフォームは、仮想コラボレーションスペースとしても機能します。 分散したマーケティングチームが国境を越えてコラボレーションしたり、マーケティングプランや新しいクリエイティブブリーフをデザインしたりするのに役立ちます。

 

 

 

5.プロジェクトとワークフロー

マーケティング担当者の生産性の管理と向上を支援するのを目的としたプラットフォームは100近くあります。 従来のプロジェクト管理から時間、活動追跡ソリューションまで、幅広い範囲にわたります。

 

多くの組織のプロジェクト失敗率は驚くほど高い(時には最大70%)という現状からも、あらゆる作業工程を追跡するツールを用意することが不可欠です。

 

このカテゴリでは、ProofHubやBrightWorkなどのプロジェクト管理プラットフォームがほぼ独占で、すべてのプロジェクトを1か所で追跡することができます。

 

これにより、組織全体のアカウンタビリティが向上します。 ツールの多くは、チーム全体で一貫した追跡を行うために、SharePointなどの外部プラットフォームとも統合されています。 Brightpodなどの一部のプロジェクト管理プラットフォームのように、マーケティングチームを念頭に置いて設計されているものもあります。

 

 

 

6.アジャイルでリーンな管理

ある意味でプロジェクト管理ツールでもありますが、もともとはアジャイル開発とリーン開発向けのツールです。 既存キャンペーンや既存製品をすばやく反復する効率的な方法としてソフトウェア組織では当たり前のアジャイル管理は、今ではマーケティング担当者にも採用されています。

 

マーケティング担当者の37%がすでに日々の業務にアジャイルを使用していますが、その傾向は高まる一方です。

 

プロジェクト管理だけではなく、多くのアジャイル管理ツールが使用されていて、 PipefyやKantreeのようなプラットフォームでは、マーケティング担当者がプロセスやワークストリームを簡単に管理することができます。

 

アジャイル管理ツールの中には、GitHubのプロジェクト管理部分に使用できるZenHubのようにニッチな部分に焦点を当てているものもあります。

 

 

 

7.ベンダー分析

優れたキャンペーンの企画や分析の実行以外で、マーケティングリーダーにはどのベンダーに依頼するかを決めるという大きな業務があります。 そこで、ベンダー分析プラットフォームが登場します。

 

マーケティング組織があらゆるソフトウェアを1か所で追跡し、次に使用するプラットフォームを決めるのに役立ちます。

 

この分野で最大のB2BプラットフォームはSiriusDecisionsとG2 Crowdです。 どちらもベンダーの推奨をするために何千ものデータポイントを集めており、KPI設定などをする際に他のプロジェクトのマーケティング担当者と直接連携することもできます。またはTrustRadiusやCapterraなど、よりライトなWebアプリケーションも用意されています。

 

 

 

まとめ

管理プラットフォームは、マルテック分野に不可欠な要素です。 マーケティング担当者が自分の仕事を追跡し、キャンペーンを予定通りに予算内で実行できるようにしてくれます。またはマーケティングを他組織と共有する際にも重要なものです。

 

きちんと管理することは功を奏します – 実際、最近の調査によると、よく管理し組織化されたマーケティング担当者は、キャンペーンで成功する確率が397%高いことを示しています。 この統計からも、管理ツールを活用することが、成功したマーケティング戦略の重要な要素であることは明らかなのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ