マーケティング

マーケティング

SNSを活用したソーシャルメディアブランディングのための5つの戦略 ビジュアルでブランドを確立する工夫

Sprout Social

本記事は、5 actionable strategies for social media branding
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,949 views

読了時間 : 約7分50秒

ソーシャルメディアは技術的には約40年前から存在していましたが、10年ほど前にFacebookがローンチされてから、企業はマーケティングの強力なツールとして注目を集め始めました。

 

以前は、ブランディングは印刷メディア、放送広告、ニュースレター(電子メールとチラシ)に焦点を当てていましが、ソーシャルメディアの追加により企業は消費者とつながる別の方法を手に入れることができました。

 

すべてのマーケティングタッチポイントでのブランドの一貫性は、各ソーシャルネットワークは言うまでもなく、すべての企業にとっての課題です。

 

メールマーケティングであっても、どのようにテレビ広告でのブランドの雰囲気に合ったトーンで書くとよいでしょうか?2人の聴衆に話す方法を区別する方法はあるでしょうか?ソーシャルメディアであなたに会ったのが初めてであっても、顧客があなたのブランドを認識できるようにするにはどうすればよいでしょう?

 

ブランドは、ロゴや色のセット以上のものであり、カバー写真以上のものです。ブランドとは顧客に魅力を感じさせる方法であり、あらゆるやり取りにわたって一貫したアプローチをとることによって構築されます。

 

このガイドは、複数のソーシャルメディアネットワークで一貫したブランドを確保するための戦略を明らかにするために作られました。

 

1.基本をカバーする

基本的なブランドの詳細については説明しませんが、確認したいのは、一貫したロゴ、カラーパレット、バイオ、ボイラープレート、ハンドルがあることです。

 

一部の企業は、割り当てられた写真スペースの小ささと、それらの特定の対象者の興味に応じて、ネットワーク間でロゴのスタイルをわずかに変更することを好みます。

 

どちらを選択する場合でも、最も重要なことは、ユーザーのブランドとして認識される共通のスレッドをプロファイルに持たせることです。

 

上記の例では、Burt’s BeesはFacebookとTwitterの両方に同じロゴを使用しています。バナーも同じです。2つのバナーがすべてのネットワークで同じである必要は必ずしもありませんが、バナーの色でさえロゴの色を反映しているため、このアプローチは成功しています。

 

デザイン内のテキストや画像がネットワークごとに変更された場合でも、認識可能なブランドカラーパレットを保持することで、さまざまなバナーデザインで設定できます。

 

FacebookではVideo Cover Photosを作成できるため、標準のブランドバナーのアニメーション化を検討することもできます。

 

ソーシャルプロファイルのブランディングの基本を理解したら、さらに中間的な戦略に進むことができます。基本的なブランディング戦略でさえ、四半期ごとに監査および更新する必要があります。

 

これらの次の4つの戦略は、1対1の取引ではありません。視聴者は新しいコンテンツを求めており、特にソーシャルメディアでは、ブランドもそれに合わせて進化する必要があります。

 

また、ブランディングの基本を有利に活用できる場合もあります。ハッシュタグの休日やキャンペーンの開始を顧客に知らせることも有効かもしれません。ソーシャルメディアでの存在感のブランディングには時間がかかり、投稿スケジュールと同様に、一貫性、前向きな思考を投稿する必要があります。

 

アクションステップ

・すべてのアカウントでソーシャルメディア監査を実行します。
・ロゴ、バナー、略歴、投稿リズム、ハンドルがブランドガイドラインと一致していることを確認し、定期的にチェックしてください。
・一定のスケジュールで一貫して投稿し、コンテンツが確立したブランディングイメージに合っていることを確認してください。

 

2.ビジュアルブランディングを拡張する

ネットワークアカウント間で一貫したビジュアルブランドができたので、それをさらに強化するときが来ました。これは、画像、グラフィックス、ビデオに同じ色とフォントが反映されるようにすることを意味します。

 

誰かがあなたのInstagramページを訪れたとき、彼らのフィルターや色のポップは分かりやすいでしょうか?ビデオが公開されるとき、オーバーレイテキストのフォントは、ブログ投稿の注目の画像に使用するフォントに似ていますか?

 

時間が経つにつれて、顧客は投稿の一貫性を確認し、ブランドのロゴやソーシャルメディアのハンドルを見ることなく、投稿が自分からのものであるかどうかを認識し始めます。このタイプのブランド認知は、ソーシャルメディアのブランディング活動の最終目標です。

 

 

 

人類学は、パステル調で素朴な色で知られています。一般的なブランド感覚は軽くて風通しがよく、それが彼らの衣服に反映されます。そして、季節によってはそのイメージから外れてしまう可能性がありますが、一貫性はInstagramストーリーに反映されます。単一のストーリーには、色とデザインの点で明確な始まりと終わりがあります。

 

上記の例のストーリーセットでは、ストーリー全体で特定のフォントスタイルとデザインアプローチを使用しています。このようなストーリーは、これらの認識可能な要素でブランドアイデンティティを強化するのに役立ちます。

 

ブランドのフォロワーがこれらのタイプのストーリーを長期にわたって見ると、彼らは上部のロゴやブランド名を確認しなくても、ビジュアルに対するブランドのユニークなアプローチを認識することができます。

 

アクションステップ

・フォント、その用途、色を含めた視覚的なブランドガイドを書きます。たとえば、スプラウトでは、タイポグラフィや色などのブランド要素を定義し、視覚的なスタイルガイドにその使用法の概要を示しています。
・同じ種類の発表用のグラフィックテンプレートを作成します(たとえば、新製品の発表は、フォント、色、デザインが似ているなどです)
・ブランドの美観と色の選択を念頭に置いた写真とビデオを作成します。投稿は滑らかに流れる必要があります。

 

3.マーケティングペルソナを開発する

あなたのマーケティングのペルソナは、ネットワークとの間で変化することが想定されています。TikTokの視聴者は、Facebookの視聴者よりも若いです。

 

これが現実であり、両方のネットワークで同じコンテンツを使用する場合、同じ方法で共鳴しない可能性があります。そのためには、独自のマーケティング活動のために複数のペルソナを作成するのが最善策です。

 

会社の顧客ベースから始めて、使用するさまざまなソーシャルメディアネットワークにマッピングします。

 

たとえば、Twitterアカウントは千年の親をターゲットにし、Instagramアカウントは中小企業のオーナーをターゲットにすることができます。これらの確立されたペルソナをネットワークごとに用意することで、コンテンツのアイデアを絞り込み、コメントを調整することもできます。

 

 

ChipotleはInstagramアカウントでミームを使用して、特定のタイプの顧客に接続します。彼らは通常、それらに精通している人に笑いをもたらす舌のミームです。ミームが投稿されるたびに、InstagramでChipotleのブランド認知度を確立する別のミームが期待されるようになります。

 

アクションステップ

・複数のマーケティングペルソナを作成し、一致するソーシャルメディアネットワークを割り当てます。
・視聴者を知る必要がある場合は、ネットワークのさまざまな人口統計を調べるか、リスニングクエリを設定します。
・ペルソナに一致するコンテンツを作成します。

 

4.ブランドの声とトーンを確立する

ビジュアル、キャプション、および関連するコピーは、ソーシャルメディアの投稿をブランディングする次の重要な要素です。会社のソーシャルメディアアカウントには、ある程度の個性があります。

 

一部の人にとっては皮肉、または陰気であっても、他の人にとっては有益な場合もあります。

 

あなたはすでに他のマーケティングの焦点のために確立されたブランドの「声」を持っているかもしれません。それをソーシャルメディアに拡張し、ソーシャルプラットフォームごとに特定のアプローチを開拓することを強くお勧めします。

 

音声とトーンのガイドには、ブランドのペルソナ、会社のキャッチフレーズ、性格特性、語彙などの詳細を含める必要があります。「クライアント」という用語を使用するか、「顧客」という用語を使用するかなど、詳細に決めることは、文章の一貫性を保つのに役立ちます。

 

複数の人がアカウントを管理している場合、参照用のガイドを使用することによってチームの整合性が保たれるため、さまざまな人によって書かれているようには見えません。

 

 

 

Mailchimpのスタイルガイドは、ソーシャルメディアやニュースレターなど、いくつかの分野をカバーしています。

 

操作は簡単で、アプローチと例はつながっています。独自のガイドは社内でのみ使用できますが、社内の誰もがアクセスできるようにすることで、マーケティングコピーから販売メールに至るまで何でも書くときに参照できるようになります。

 

全員が同じページにいるので、繰り返しの作業を減らすことができます。

 

アクションステップ

・音声とトーンのガイドを完全に作成して書きます。ソーシャルデータからオーディエンスについて知っていることを使用して、ライティングスタイルの決定のいくつかを検証すると更に良いでしょう。
・自分のソーシャルメディアの投稿を監査して、音声とトーンの改善点を確認します
ガイドを共有し、コピーを作成するチームを教育します。カスタマーサポートを含むソーシャルチームが、この音声およびトーンガイドを使用して新しい投稿を書いていることを確認してください。

 

5.フォーカスの異なる領域に複数のアカウントを作成します

 

会社の規模が大きい場合や、製品やサービスの多様なセットがある場合は、複数のアカウントを持つほうが良い場合があります。これらの異なるアカウントを持つことの利点は、あなたのブランディングに集中し、特定の聴衆に応え、関連するコンテンツを提供できることです。

 

このアプローチには、次のようなさまざまな方法があります。

 

・ロケーションごとのアカウント:これはFacebookで最も人気があります。Pagesのロケーション機能を提供するためです(CarmaxにはFacebookにロケーションが設定されています)
・多数の問い合わせを受けた人のために、個別のマーケティングおよびカスタマーサービスTwitterアカウント
・ナイキなどの観客によるアカウントは、取り扱っているすべてのスポーツについて
・人気のあるスポーツチームのようなマスコットアカウント
・高等教育のための部門固有のアカウント

 

GEICOは、会社の取り組みのさまざまな分野に対応する複数のアカウントを保持しています。メインアカウントでは、企業責任と一般的な発表を強調しています。Geckoアカウントでは、声はマスコットからのものであり、写真には常にそれが含まれています。GEICO Racingアカウントは、スポンサーのNASCARチームとレースの最新情報にのみ焦点を当てています。

 

アクションステップ

・あなたが提供するものを見て、焦点を分割するのが最善である場所を見つけてください。
・アカウントごとにブランド設定手順を繰り返して、すべてのアカウントで一貫性を確保します。たとえば、顧客のプロファイルに合わせて、ある場所を別の場所よりも少し皮肉にしたほうが良い場合があります。
・Sproutなどのサービスを使用して、1つの所有権の下で複数のアカウントを維持します。

 

ブランディングの取り組みの影響を測定する。

ソーシャルメディア全体でブランド認知度を高めることは共通の目標です。実際にその目標を達成するための戦略を実行するのはより難しい部分です。これらの戦略、ビジネス例、および実行可能な手順により、ソーシャルメディアでブランドを確立するための正しい方向に進むことができます。

 

ブランディングは、ロゴと色に限定されなくなりました。それはあなたの声、あなたの画像、さらには対象となる聴衆についてです。より質的であるために成功を測るのが少し難しい場合があります。

 

しかし、ソーシャルメディアでブランディングを改善し始めると、エンゲージメント、メンション、および声の共有に細心の注意を払うことで、その影響を確認できます。また、オーディエンスの定期的な調査などの手法を使用して、ブランド認知のレベルを理解し、どのオーディエンスが効果的にリーチしているかを学び、あなたのブランドをどのように見ているのかを確認できます。

 

 

Sprout Socialのグループレポートは、すべてのネットワークの全体的な傾向を示します。レポートは期間ごとにカスタマイズできるため、ブランディングの取り組みを開始してからブランドのパフォーマンスを確認できます。

 

ソーシャルメディアでブランド認知を確立するには時間がかかります。コカコーラやナイキのような今日最も有名なブランドは、時間と一貫性があるために認識できるのです。

 

ソーシャルメディアのブランディングに数十年は必要ありませんが、ある程度の忍耐が必要です。

 

上記の戦略を活用することで、オンラインでブランドを改善する道が開けるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ