マーケティング

マーケティング

ソーシャルメディアの学校教育での活用例12選!学内のコミュニケーションを活性化しましょう

Sprout Social

本記事は、12 Ways to use social media for education
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,565 views

読了時間 : 約7分0秒

ソーシャルメディアを教育のために使う方法は、たくさんあります。クラスルームには、マーケットの一助を担ったり、学校や大学を宣伝するのと同じような、様々なソーシャルメディアの用途があるでしょう。

 

 

なぜなら、ソーシャルメディアの力は、ほぼ全てのことをより簡単にすることができると信じているからです。私達は、ソーシャルメディアを教育のために使う、12の用途を特定しました。

 

 

教育における、ソーシャルメディアの利点

 

 

ソーシャルメディアとテクノロジーは、重要な日常生活の1部です。また、これらの使用をクラスルームで統合した場合、多くの生徒が使用に慣れていることを考えると、むしろ前よりも自然になるでしょう。

 

 

各ソーシャルメディアプラットフォームは、ライブレクチャーを開催するためのアナウンスを共有することから、クラスルームで使用するための異なる方法を提供します。

 

 

はじめに、生徒と先生、親が、直接質問・応答するためのコミュニケーションツールよりも、よりソーシャルメディアはスムーズです。

 

 

ソーシャルメディアでは、よりe-ラーニングの機会が増え、離れた場所での仕事とオンラインクラスは、より人気になるでしょう。離れた場所で働くためには、このレッスンが重要です。また、ソーシャルメディアはそれを助けるでしょう。

 

 

ソーシャルメディアを使用する前に、教育におけるインパクトを理解することはとても重要です。しかし、断固として私達は、学生がテクノロジーを発展させるのにソーシャルメディアが役立つと信じています。

 

 

クラスルームで活用できるソーシャルメディア

 

 

はじめに、ソーシャルメディアをクラスルームで直接使用する、様々な方法について話しましょう。小学校から大学までを通した全ての教育の場で使用できる、たくさんのソーシャルメディアツールがあります。

 

 

1.Facebookページで更新とアラートをブロードキャストしましょう

 

 

Facebookは、クラスルームに組み込むための、完璧なプラットフォームとして使用できるでしょう。従来のオンラインクラスルームダッシュボードを使う際、新しい学習曲線を通してインストラクターや生徒を配置する代わりに、誰もが既に知っていることに固執します。

 

 

生徒にFacebookページをフォローさせます。また、講師はクラスのアップデートを投稿や宿題のシェア、議論を促すことができます。

 

 

たとえ生徒がFacebookをログアウトしてアクティブでなくなっても、これらのページにアクセスすることは可能です。しかし、Facebookページは公のものであり、Facebookアカウントを持った全ての人が、投稿にコメントができるということを覚えておいてください。

 

 

 

 

2.Facebookグループでライブレクチャーとディスカッションをホストしましょう

 

 

インストラクターは、パブリック・プライベートそれぞれのクラスにおいて、Facebookグループを作ることができます。また、Facebookライブレクチャーは、ディスカッションにおける質問を投げかけ、宿題を割り当て、また、発表を行います。休憩から戻った後に再度復習する必要がないよう、リマインダー・割り当てを投稿し、休憩中も生徒を惹きつけておきましょう。

 

 

ソーシャルメディアを教育に使う時に、プロフェッショナルとの境界を明確にしておくことは重要です。Facebookグループを作る時に、教師は友達リクエストを送る必要はありません。親と生徒両方に送るEメールは、アクセス用Facebookグループのダイレクトリンクです。

 

 

グループは、特にオンラインコースのための、完璧な“ホームベース”です。簡単に生徒とつながることができます。

 

 

3.Twitterをディスカッションとメッセージに使用しましょう

 

 

Twitterは、クラスにおける素晴らしいディスカッションボード、またはメッセージボードとして使用できます。教師は、クラス毎にシングルTwitterハンドルを作ることができ、それを毎年使うことができます。もしくは、毎年新しいハンドルを作ることもできます。280文字という制限によって、生徒は簡潔で効率的なコミュニケーションに対して批判的になり、有益なスキルを発達させます。

 

 

教師は、期日の割り当てや印象的な引用、練習問題やリソースなどをシェアするなど、リマインダーとしてTwitterを使用することができます。

 

 

教師は、彼らが作った特定のハッシュタグについて、ディスカッションやチャットをすることもできます。

 

 

4.Instagramをフォトエッセイに使用しましょう

 

 

視覚的なものに重点を置くクラスでは、生徒がInstagramを使用し、フォトやグラフィックのシリーズを提示することができます。他のソーシャルメディアでは不足のためにできないような、デジタルストーリーテリングの練習を、Instagramではすることができます。

 

 

生徒は、クラスの特定のInstagramアカウントを作ることができ、また、選んだコースが終わったら削除することもできます。

 

 

 

 

5.クラスブログでディスカッションを行いましょう

 

 

ブログ記事を書くことは、クラスのソーシャルチャンネルに簡単にリンクできるデジタルコンテンツの、他の出口になります。WordPressSquareSpaceWixBloggerTumblrまたはMidiumのような、教師がクラスブログを作ることができる、様々なプラットフォームがあります。生徒は、クラスプロンプトにディスカッション投稿やコメントをするための、自分のアカウントを作ることができます。

 

 

コースシラバスやいくつかのアサインメント、アップデートやリソースは、中心地と同様のブログでシェアすることが可能です。

 

 

6.ブログをエッセイに使いましょう

 

 

生徒がエッセイや短い文章を書くためにブログを作ることは、ソーシャルメディアと学習を結合させるための、もうひとつの戦略です。学期や年で割り当てたブログは、生徒が短い文章を書くこと、批判的思考を改善します。生徒に毎週のプロンプトに返答させ、できるだけ非公式であいまいに構成させます。しかし、英語やライティングのクラスにとどまらないでください。教育でソーシャルメディアを使用することは、全ての科目に差し替えられます。

 

 

7.Pinterestボードでデジタル参考文献を整理しましょう

 

 

インストラクターは、それぞれのクラスのPrintestボードを作ることができます。また、レッスンに関連するピンの保存も可能です。

 

 

Pinterestは、教師が1つの場所におけるクラスの、リソースやレッスンプラン、ワークシートの準備や整理をするのに素晴らしいプラットフォームです。クラスやサブジェクトによってボードを作ります。また、毎週のユニットか全てのワークシートの、サブトピックボードも作ります。

 

 

Pinterestは、生徒がリサーチプロジェクトや論文、グループアサインメントなどの、デジタル参考文献を整理するのにとても便利です。生徒はウェブサイト、本またはビデオを、執筆する時の参考にするため、ひとつのトピックにピン留めしておくことができます。

 

 

ソーシャルメディアマーケティングでオーディエンスにリーチ

 

 

同じように、クラスでソーシャルメディアを使用するたくさんの方法があります。それらは、教育マーケティングのソーシャルメディアとして多く使われています。もし学校や大学のために、たくさんのオーディエンスにリーチしたいのであれば、ソーシャルメディアマーケティングが役に立ちます。

 

 

8.ソーシャルメディアリンクを学校のウェブサイトに加えましょう

 

 

ウェブサイトのメインナビゲーションにリンクを追加するか、全てが1か所にまとまったソーシャルメディアディレクトリを作ることで、親や生徒が、簡単に学校のソーシャルメディアプロファイルを見つけることができます。

 

 

多くの親や入学希望者は、はじめに興味のある学校のウェブサイトをチェックします。また、学校をフォローするための多くの方法によって、キャンパスライフについての異なる洞察が生まれます。

 

 

 

 

9.スクールイベントと写真をシェアしましょう

 

 

もし新しい生徒や親に学校をアピールしたいのであれば、期待に沿ったのことを見せるために、学校中の写真やイベントをシェアしましょう。

 

 

ハイライトイベントと課外活動によって、他の学校より目立つことができます。他の学校や大学が同じ型にはまっている間、ソーシャルメディアによって、よりユニークでカジュアルなことができます。

 

 

 

 

10.Facebookグループで生徒の交流を促しましょう

 

 

学校を去った後、特に卒業生の多くが、学校に関わっていたいと思っています。現在の生徒と卒業生のためにFacebookグループを作ることは、エンゲージメントと学校のスピリットを高めることができます。

 

 

異なるクラスや学部の卒業生のためのグループと、異なる課外活動のグループは、共通の趣味によって交流することができます。

 

 

グループをクローズ、またはシークレットにすることによって、招待者かグループ管理者に承認を得た人しか閲覧することができなくすることも可能です。またはオープンすることによって、生徒は、参加リクエスト前のものを含んだ会話や、イベントの種類もチェックすることができます。

 

 

11.ソーシャルメディアを緊急時のコミュニケーションに利用しましょう

 

 

緊急事態の時、キャンパス中でどのようにコミュニケーションをしますか?火事や竜巻、その他キャンパスでの緊急事態のために、どのように危機コミュニケーションプランとしてソーシャルメディアを組み込むかを決めましょう。危機状況や関係者が関与しているかどうか等の情報をシェアし、親や生徒に向けて情報を更新しましょう。

 

 

多くのキャンパスが、自動メッセージアラートセットアップを使っています。しかし、ソーシャルメディアを使用することによって、より多くの人が最新情報を得ることができるでしょう。

 

 

12.Sproutですべてのソーシャルメディアを管理しましょう

 

 

学校や大学のソーシャルメディアは、入学希望者やその親にとって最も良い学校に見えるよう、専ら努めなければなりません。

 

 

全ての必要なソーシャルメディアマネージメントツールは、学校のソーシャルメディアプラットフォームにコンテンツを投稿する作業を簡単にします。

 

 

単独のマーケティング担当者であるかどうかに関わらず、Sprout Socialのようなツールは、ソーシャルメディア、またはマーケティング全体の管理を簡単にします。複数のユーザーは、Sproutプラットフォームで、一貫したメッセージングとネットワーク全体のスケジュール投稿などのコンテンツを作ることができます。

 

 

 

 

また、Sproutは教育機関に最適である、様々なのネットワークをモニター・管理することができます。それぞれの部署や教師は、特定の情報のために別々のソーシャルメディアアカウントを持っています。また、ソーシャルメディア管理ツールは、それぞれのアカウントに適した投稿がされるようにします。

 

 

もし、これらの情報やコンテンツが様々な部署に関連しているとしたら、Sproutでは1回のクリックで、様々なプロファイル中に同じコンテンツをシェアすることができます。

 

 

ソーシャルメディアの教育の場での活用をはじめましょう

 

 

教育の場でソーシャルメディアを使用するにあたって、これらを試す準備はできましたか?クラスルームや教育マーケティングで、ソーシャルメディアを活用するための方法はたくさんあります。

 

 

是非、これらのアイディアを試してみてください。そして、Sprout Socialのフリートライアルに申し込むことによって、更に良い活用ができるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ