マーケティング

マーケティング

PR

ヘルスケアとソーシャルメディアの密接な関係性

Sprout Social

本記事は、Social media and healthcare: how to prioritize what patients need
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,121 views

読了時間 : 約7分30秒

ソーシャルメディアとヘルスケアは日々密接に関係しています。人々は医療に関するニュースや情報を、ソーシャルメディア上で探します。医者のFacebookをフォローするのもそのためで、医療業界ブームと最新の情報への需要の高まりからヘルスケアに関するアカウントが最もフォローされ、人々を惹きつけるものになっているのは当然のことでしょう。

 

では1.9億人以上のフォロワーを抱えるCDCのFacebookを見てみましょう。

 

https://www.facebook.com/CDC/videos/225019405209354/

 

医療業界のソーシャルメディアはフォロワー数以上に重要視していることがあり、それは実際の治療や組織が負っている義務です。

 

例えば:

 

・ 治療やトレンドについて大衆に発信する

 

・ 既存、見込み患者を安心させる

 

・ 患者との関わりに関しては、HIPAA を順守する

 

上記の全てを実行し、オーディエンスを引き込み、増やしていくことは至難の技です。我々のソーシャルメディアとヘルスケアガイドが役立つことでしょう。

 

 

ソーシャルメディアとヘルスケアの役割とは?

人々が生きていく上で必要不可欠なもので商売を行っている医療従事者は、ソーシャルメディアに関しては独特な立場に置かれています。医療費の高騰、社会的な安定性、これらを合わせて考えるとヘルスケアマーケターは彼らの役割と責任を大枠で考える必要があります。

 

以下はフォロワーとコミュニケーションをとる戦略においての優先順位の内訳です。

 

 

医療危機をナビゲートする

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、ヘルスケアにおいてのソーシャルメディアは重要視され始めました。現在の状況がそれを顕著に物語っています。TwitterやFacebookはコロナウイルスの感染が流行し始めて以降、議論の中心の場となっています。特にTwitterは最新情報をアップデートする専門機関と化しています。

 

 

これはソーシャルメディアの影響力を示す代表例ですが、コロナウイルスに関するデマも横行しています。プロバイダーは大衆が危機を乗り越える手助けをするだけでなく、事実を確認するユーザーでもあります。

 

 

 

大衆の教育

実に3分の2の人が自己診断にインターネットを利用します。コロナウイルスのように、情報提供者はタイムリーかつ事実に基づいた情報を必要に応じて促進していかなければなりません。

 

以下を含みます:

 

・ 症状がある患者へ向けて推奨する行動

 

・ 自助、自己診断をナビゲーションする

 

・ 最新の研究と治療オプションをリンクする

 

 

 

患者に安心感に与える

事実、大半の人はあまり医者に行きたがりません。白衣性高血圧のためアメリカ人の20%が過去数年病院に行っておらず、見込み患者にとっては健康診断ですら気が乗らないことなのです。難病を抱えている人ならなおさらでしょう。患者の不安を安らげるには同調することが必要です。ソーシャルメディアは患者に安心感を与えることができる最高の場所です。

 

https://www.facebook.com/CanadianCancerSociety/photos/a.292052130211/10163260664990212/?type=3

 

 

地域にとって必要不可欠な存在になる

ヘルスケア部門においての競争はデリケートな問題です。どの専門分野でもたくさんの情報提供者が存在し、見込み患者は色々と見て回ります。ヘルスケアのマーケターは自身の専門分野のリーダとしての姿勢を見せることに意味があります。スタッフが地域の啓発活動に取り組んでいる姿を見せることで、見込み患者にとって活動がわかりやすく目に見えるパーソナルなものに感じさせることができます。

 

 

 

ソーシャルメディアとヘルスケアマーケティング: 6 つのコンテンツ戦略ガイド

ソーシャルメディアとヘルスケアの役割を考えるとコンテンツ作成はどこから始めればよいのか。業界ベンチマークによるとヘルスケアアカウントは、メッセージのやり取りやエンゲージメント数を高めること以上にコンテンツを公開することに重きを置いています。要するに、他の小売ブランドのアウントと違いDMやコメントであふれていないということです。

 

フォロワーを教育することが主な責任であることを考えると、第一に有益で説得力のあるコンテンツにフォーカスする余地が十分にあります。では、以下の事例を見ていきましょう。

 

1. 教育的なコンテンツを公開し患者と最新情報を共有する

自己診断や医者に頼らずドクター・グーグルに頼る人々の増加は、一般大衆への医療に関する教育の必要性の表れです。ブログ投稿、動画や一般的な健康法といった小さな情報でもプラスになります。

 

 

健康法についてや、”知っていますか?”といった問いかけをする形式のコンテンツはフォロワー同士の交流や話し合いを活性化します。通説を覆したり、フォロワーに質問を投げかけるかどうかに関わらず、このような投稿は健康的な討論にとって重要なのです。

 

https://www.facebook.com/ClevelandClinic/photos/a.117147798099/10157568508543100/?type=3

 

コンテンツに直接関係することではありませんが潜在的な患者に自分たちの医療行為について知ってもらうことも、大切なソーシャルカスタマーケアの一部です。もし治療方法のオプションや、あなた方の医療行為がどのように役立つのかといった質問を受けた場合は即座に対応するのが良いでしょう。

 

 

2. 感動的なコンテンツでフォロワーのモチベーションを上げる

ヘルスケア関連のソーシャルメディアは退屈で無情な、ただ事実を述べるようなコンテンツであってはいけません。進行が早い病気や危険な手術の際は、患者とその家族は様々なものにインスピレーションを求めます。

 

 

 

 

患者の成功体験の裏側をどのように患者をサポートし他との区別化を図っているのか、プロモーションに利用することができます。

 

 

 

3. エンゲージメントを高めるためにインフォグラフィックを投稿する

インフォグラフィックマーケティングはソーシャルメディアとヘルスケアに携わる人であれば知っておくべき方法です。

 

 

インフォグラッフィックとは最も人気が高いタイプのコンテンツで、一目見ただけで患者に情報を最大限共有することを可能にします。

 

 

4. 健康に関連するハッシュタグを活用する

ハッシュタグは大規模で必要不可欠な機能です。ヘルスケア会社も有効に活用する必要があり、会社独自のハッシュタグ(例:#NMBetter)や特定のヘルスケアタグ(#cancersucks)に関わらず、タグを使うことでコンテンツを広げるだけでなくフォロワーがコンテンツを共有するのを容易にします。

 

https://www.instagram.com/p/CAd7gY3HAER/?utm_source=ig_web_copy_link

 

ホリデーハッシュタグも例外ではありません。(以下のアメリカ心臓協会のの#StarWarsDayをご覧ください。)

 

https://www.facebook.com/AmericanHeart/photos/a.254785836138/10157342150816139/?type=3

 

 

5. 患者に舞台裏を紹介する

人間的な側面にハイライトを当てることで、社会における存在をもっとパーソナルなものにします。現在のこの大変な時期にジョンズ・ホプキンス病院では、医療従事者たちが現場のポジティブなシーンを投稿しました。

 

 

Instagram のストーリーズは舞台裏を紹介するのに最高のコンテンツです。例をあげると、ジョンズ・ホプキンス病院が生徒のために開催したバーチャル上での交流会です。日々の生活において、少しでもフォロワーと関係を持つことは重要なことです。

 

 

 

6. 患者の声を公開することで積極性を広げる

他者からの声が一番のアピールにつながることもあります。顧客の声やレビューといったユーザー生成コンテンツから実際にどのように患者をサポートしているのか、フィルターがかかっていない意見を提供することができます。

 

 

これはソーシャルリスニングの重要性を証明します。タイミング良く患者の声を共有することを意識しましょう。

 

 

重要: ソシャールメディア・ヘルスケア・HIPAA

最後にHIPAAについて話しましょう。ヘルスケアコンテツにおいて、患者に関する守秘義務を過小評価することはできません。患者に関するコンテンツを公開する際は細心の注意をはらう必要があります。デリケートな情報を公開することはHIPAAの規則を犯す危険性をはらんでいます。患者の情報をマーケティングツールとして利用する際には明確な書面による合意が必要であることを知っていますか?

 

HIPAAに関する様々なコンプライアンスはありますが、以下は一般的なものです。

 

・ クライアントとソーシャルでつながることはできるが、健康に関する情報について発信しすぎないこと。

 

・ 患者に関する体験談や写真を公開する際は書面での合意が必要。

 

・ デリケートかつ身元が特定される情報を投稿することはトラブルにつながる。

 

 

ソーシャルメディアとヘルスケアを一つにするには?

ヘルスケアマーケットは様々な問題に直面しています。機会を十分に活用し、意義あるものにしていくことでポジティブな影響をフォロワーに与えることができます。人々の共同意識を育てつつ、どのようにソーシャルメディアマーケティングが変化をもたらすことができるのか考えましょう。

 

最後に Sprout Social Index をダウンロードして、マーケティング戦略が効果的かどうか確認をして下さい。

おすすめ新着記事

おすすめタグ