マーケティング

マーケティング

ソーシャルメディアマーケティングエージェンシー:あなたのビジネスにぴったり合ったエージェンシーを選ぶコツとその結果がもたらす大きな利益を紹介!

Sprout Social

本記事は、How to find a social media marketing agency
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

195 views

読了時間 : 約8分57秒

あなたもSNS上での立場に苦戦していますか?一人ではありません。

 

実際、ビジネス側もソーシャルメディアや顧客満足に関することでは手がいっぱいなのです。

 

しかし最も衝撃的なのは、ブランドがいっぺに抱えるゴール数なのです。Sproutの2019年社会指標を見てください。

こんなに沢山のタスクを抱えていては、ブランドが、ソーシャルメディアの達人の手助けを求めるのも無理はありません。

 

ここで、ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーの出番です。

 

このガイドでは、ソーシャルメディアエージェンシーでどんなところに注目すべきか、あなたのエージェンシーが実証的か、確かめる方法についてわかりやすく説明していきます。

 

結局のところ、なぜソーシャルメディアマーケティングエージェンシーを雇う必要があるのでしょう?

 

これはかなり公平な質問です。

 

現代のマーケッターにとって、情報やリソースの量は一定ではありません。

 

今Sproutで提供している量を見てみてください。ソーシャルメディア管理ツール戦略ガイドだけでも、数え切れないほどのビジネスを手助けし、SNS上の存在を一から育ててきました。

 

それを踏まえて、ソーシャルメディアに対してDIYのようなアプローチは、いつでも理想的で妥当な方法というわけではないのです。どのビジネスも自社内でソーシャルメディアを管理できるということでもないし、それでもいいのです。

 

どうやって、ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーは落とし穴を見逃すことなく、あなたのソーシャルメディアとビジネスゴールに見合った戦略を、レベルアップさせることができるでしょうか?

 

エージェンシーは他に並ぶ者はいない専門知識を持っています

 

簡単に言って、エージェンシーはキャンペーンを運営し、自社内では不可能なレベルでの知識を提供する力を持っています。

 

例えば、SNS広告を運営する証明済みの経験を持つエージェンシーは、より深いレベルでフェイスブックの広告ターゲティングを学ぶ人として、確実に有利な立場に立っています。

 

そして当然ですが、その専門知識こそあなたの支払う金額を意味します。

 

ソーシャルメディアの目的は、賢いキャプションや“拡散”すること以上なのです。SNSアルゴリズムの詳細、ユーザー層の比較や単なる分析をとっても、ゴールに導くまでに高基準での知識を要します。もう一度言いますが、全てを経験してきた専門家を雇うことには、沢山の利益が存在するのです。

 

現実、彼らが幅広いクライアント層を通して経験した仕事量では、様々なタイプのSNSまたはマーケティング技法と向かってきました。エージェンシーのプロは、毎日のようにデジタルマーケティング戦略の空気を吸って生きているので、沢山のブランドにとって無限のリソース元なのです…人々が自社内でこの専門知識を複製するのは不可能に近いと言えるでしょう。

 

コミュニティや顧客との関係を育てることにも同じことが言えます。もちろん、自分でもやってみることはできます。しかし自分のチームでの時間やエネルギーを考えた時に現実的でしょうか?自社内で何か月もの準備を要するキャンペーンも、エージェンシーにとっては簡単なことなのです。

 

エージェンシーは一流のツールにアクセスを持っています

 

どんな有能なエージェンシーも、キャンペーンを管理しより早く結果を残すため、沢山のツールや分析プラットフォームを持っています。例えば、B Squared Mediaの成功した経験では、Sproutのエージェンシーツールが使用され、クライアントのキャンペーンクリック率を60%近く増やしました(エンゲージメント率は650%以上)。

エージェンシーは同時にいくつものキャンペーンを管理できます

 

よくある決まり文句ですが、時は金なりです。

 

エージェンシーは、複数のキャンペーンを同時にこなす処理能力を持っています。逆に、自社内のチームだと難航の原因になるのが多すぎるプロジェクトの同時進行です。ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーと連携することによって、自分のチームでの時間は他に有効活用し、すでにいるメンバーでできることを進めることができます。

 

エージェンシーはあなたのチーム自身のSNSスキルアップに貢献します

 

一般的な意見とは反対に、ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーと働くということは、単純に外部委託することではありません。

 

実際、エージェンシーと直接働くことは、あなたのチーム自身のSNSスキルに投資をする、最適な方法なのです。

 

考えてみてください。エージェンシーに運営されるキャンペーンは、あなたのブランドに最適な戦略、手段、チャンネルにどんなものが存在するか、アイディアをくれます。あなたのブランドを代表する各データポイントや成功ストーリーで、ソーシャルメディアで成功する/しないものについて学ぶことができます。この精神は、エージェンシーと短期間で働くにあたって特に重要なのです。

 

これらの利益に通じる共通点は何でしょう?ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーは、SNSでの努力がポジティブなROIにつながる、大切なカギとなるのです。

 

Sproutの2019年社会指標では、企業の63%がSNS上のROIについて理解したり改善したりすることに不安を感じていると示していて、その数字は将来さらに上がっていくと見られます。ソーシャルエージェンシーからの内部情報は、SNSを理解しようと未だに努力するブランドを手助けしてくれるでしょう。

 

ソーシャルメディアエージェンシーが必要かどうかどうやったらわかるでしょう?

 

自分の会社が、ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーと働くほど“大きい”かどうか不思議に思っているかもしれません。

 

逆に、そうする金銭的な余裕もないと感じているかもしれません。

 

しかし現実は?2つのビジネスが全く同じことを求めていないのと同じで、エージェンシーも彼らの活動、また提供する内容にも“ワンサイズ”誰でもぴったり合うものは存在しません。

 

大きい会社も小さい会社も、それに見合ったエージェンシーと働くべきなのです。大企業レベルのビジネスは、コミュニティー管理やSNSコンテンツ制作で助けを必要とし、小企業で個人経営のビジネスは一人操作でのSNS監査に投資するのが一般的です。

 

ここで、あなたの会社でもソーシャルメディアマーケティングエージェンシーが役に立つかどうか見極める、質問をいくつか見ていきましょう。

 

・あなたのソーシャルメディアのゴールやSNS上でのメディアキャンペーン戦略で、新鮮な観点や専門家の意見を必要としていませんか?

・あなたのSNSフォロワー数や参加率で苦戦していませんか?

・自身のSNSでの存在で、明確で確実なROIを見極めるのに失敗していませんか?

・ソーシャルメディアに自社内での時間やお金を使いすぎていると思い始めていませんか?

・ソーシャルメディア上できっかけを掴むことはできても結果に導く方法がわかりませんか?

・ソーシャルメディアに対するある程度の予算はあってもどうやって最大限に有効したらいいかわからないですか?

 

一つでもイエスと答えたなら、エージェンシーがどんな内容を提供しているのか今こそ見てみるタイミングかもしれません。

 

ソーシャルメディアエージェンシーのどんなサービスが私のビジネスには合っているでしょうか?

 

この時点で、ソーシャルメディアエージェンシーが毎日の作業で一体どんなことをしているのか、不思議に思っているかもしれません。

 

簡単な答えですか?

 

私たちの2019年エージェンシーレポートによります。現在ソーシャルメディアエージェンシーが提供する最も一般的なサービスについて見てみましょう。

・ソーシャルメディア管理。エージェンシーにあなたのSNS上の存在をコントロールしてもらうことは、あなた自身の時間節約とストレスの改善に繋がります。

・有給ソーシャルメディア。“お金を払って宣伝する”背景が大きくなる中、SNS広告に投資をするブランドは日々増えています。エージェンシーは実際に結果を残す有給キャンペーンを製作する手助けをしてくれます。

・コンテンツ開発。SNSコンテンツを製作するのは、あなたの業界によってはかなり複雑ですし時間のかかる作業です。戦略に困っているならエージェンシーに頼りましょう。

・分析。あなたのSNSメトリックを詳細的に分析することは、とても重要なROIと深い関係を持っています。エージェンシーはあなたの数字を理解しそれに従って行動を起こします。

・戦略。投稿するのはなぜでしょう?チャンネルや参加率を考えたとき、何が優先順位の高い項目でしょう?一人操作の監査であれ進行中の相談であれエージェンシーが答えてくれます。

・エンゲージメント。ソーシャルアルゴリズムは気まぐれでプラットフォームも頻繁に変化を体験しています。SNS上の参加率を上げるため最適な技法をただ考えて当てる作業より、エージェンシーは目に見える変化を実現できるかという闘いを生きているのです。

・コミュニティー管理。人々を巻き込む活発的なソーシャルコミュニティーを確立するのはやりがいのある仕事ですが、同時にソーシャルメディア関連でかなり時間のかかる要素の一つです。複数のブランドにとって、これらのコミュニティーを可能とする唯一の方法がエージェンシーなのです。

 

可能性としては、あなたのSNS上の存在には手助けを必要とする複数の側面が存在するでしょう。ありがたいことに、ほとんどのエージェンシーは、クライアントのゴール達成を手助けするため複数のサービスやパッケージを提供しています。

 

どうやってソーシャルメディアエージェンシーを選ぶのでしょう?

 

やっといいところまできました!

 

あなたもソーシャルメディアエージェンシーを選ぼうと試行錯誤している段階だとしましょう。ここで、決定に至るまでに見ておきたいメジャーな観点を紹介します。

 

彼らの実績から見ていきましょう

 

エージェンシーが提供できるについて知りたいなら、今までのクライアントにどんなサービスを提供したか見てみましょう。

 

証明済みのクライアント結果と、広範囲に亘る詳細的なポートフォリオは、最大のソーシャルメディアマーケティングエージェンシーの決め手になる要因です。

 

今まで働いてきたクライアントはあなた自身のビジネスと似ているでしょうか?どんな数字を示していますか?そしてその裏付けになる証拠はありますか?

 

理想では、実績とプロセスの詳細についてケーススタディを公開している人を探すのが一番です。例えば、ウォーカー・サンズ氏はクライアントのキャンペーンでの詳しいメトリックと結果について掘り下げていく、素晴らしいケーススタディを持っています。

 

Thin Pig Mediaにも同じことが言えます。この完全的サービスマーケティングエージェンシーは、彼らのクライアントチームに対して、本当の意味での延長線上になることを目的としています。

 

あなたの予算に合っていますか?

 

ここでエージェンシーの虜となる前に、金銭的に現実的な余裕があるのか見極める必要があります。

 

良い知らせですか?エージェンシーに投資をするということイコール銀行口座を破壊している、というわけではありません。特定のニーズやサービスによって金額はピンからキリまであります。先ほども提示した私たちの2019年エージェンシーレポートからより深く学ぶことができます。

もう一度言いますが、エージェンシーの中にはサービスをパッケージで提供するところもあれば、あなたの観衆の規模によって金額を分けているところもあります。

 

彼らの専門分野を調べておきましょう

 

ビジネスが業界スペースを占領するように、エージェンシーも同じことができるのです。

 

中には実際に存在する(従来の店舗)小売業を専門とするエージェンシーも存在します。また。大きなSaaSクライアントと働くエージェンシーもあります。

 

さらにエージェンシーの中には、コンテンツマーケティングや単なるソーシャルメディアだけでなく、それ以上を目的とするSEOなどの2次情報サービスを持っているエージェンシーもいるかもしれません。サービス自体に加えて、エージェンシーの介入とその度合いについても考えておきましょう。

 

例えば、Chatterkickはエージェンシーとしての仕事詳細だけでなく、クライアントが期待すべき関与レベルについて記された、素晴らしいサービスページを持っています。

そして、実はこれが私たちの最終論に導いてくれます。

 

ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーと働くときの期待値の大切さ

 

内容をまとめるために、エージェンシーと働くとき最も重要となる観点は、相互同調と期待値に対してのコミュニケーションなのです。

 

よく聞いてください:エージェンシーは不可能を可能にはできません。ビジネスは、エージェンシーに期待する度合いや内容に対して我慢強く現実的であるべきなのです。

 

エージェンシーの目的は、あなたを彼らの成功ストーリーに追加することでしょうか?もちろんそうです。ただ。あなたのビジネスが一夜で大成功しなかったからと言って、これはエージェンシーの失敗ではありません。これだけは確実です。

 

エージェンシーの取り組む仕事で、なぜとどうやってを理解する努力は、日々の戦略をつくる信頼と積極性に基づいたコミュニケーションを確立する手助けになるのです。あなたの資金がどんなふうに使用されているのか、暗闇の中で不思議に思っている態度では効率性に欠けます。

 

ビジネスとエージェンシーは、お互いから必要とする内容を明確にコミュニケーションしなければなりません。一方通行だと上手くいかないからです。多くのエージェンシーが、最悪なエージェンシー<>クライアント関係は、一緒に働くことに対して中途半端で不明確な期待が原因だと述べています。オープンで協力的な関係をビジネスとエージェンシーの間で築く大切さは、何度説明してもし切れません。

全ては、ビジネスがポジティブなROIを目指し、エージェンシーがそれを実現するというサイクルに行き着くのです。これこそが、全てが順調に進むために、ビジネスとエージェンシー両方がSproutのようなツールを活用して働く理由なのです。

あなたのブランドに合った適切なエージェンシーを見つける準備は整いましたか?

 

上のアドバイスで、ソーシャルメディアマーケティングエージェンシーの探求に必要なものは全て揃いました。

 

しかしその他にもそのプロセスをスピードアップさせる機能が存在します。

 

私たちは、Sproutのエージェンシーパートナーとの探索を始めることをおすすめします。私たちのディレクトリーがあなたの検索を手助けし、彼らのサービスに組み込まれたSproutのツールを持っている、公認されたエージェンシーパートナーを見つけることができるでしょう。”一流”など、特定の要素でも検索をかけることが可能です。

そしてそこのあなた―もしエージェンシーの仲間なら、私たちのエージェンシーパートナープログラムに参加してください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ