マーケティング

マーケティング

ストーリー広告は広告主に新しい機会をもたらしていますが、何が良いストーリーを作るのでしょう?

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Story ads are creating new opportunities for advertisers – but what makes a good story?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

165 views

読了時間 : 約3分44秒

Smartly.ioのグローバルマーケティング担当VPであるロバート・ロスチャイルドが、ストーリー広告がソーシャル広告主に、どのように新しい機会を生み出しているかについて説明します。

 

CES 2020で、Facebookはソーシャルネットワークの700万人の広告主のうち400万人がFacebook、Instagram、Messengerでストーリー広告フォーマットを使用していることを発表しました。これは2019年4月に同社が報告した、300万人の広告主から著しい成長を示しています。

 

ストーリーズへの支出がこのように急激に増加しているため、マーケティング担当者がどのようにソーシャル広告へのアプローチを調整して、費用対効果を得るのか疑問に思うことでしょう。アドテック(広告技術)の急速な改善は、創造性を犠牲にして近年のパフォーマンスに大きな重点を置いていますが、それはまもなく変化します。

 

ストーリーズ形式に合わせて特別に設計された広告は、ニュースフィード広告を運営したり、テレビコマーシャルからカットしたりするだけでよく機能しますが、ストーリーズにおいては最高の結果が得られません。視覚的に魅力的な広告により、ブランドはより表現力豊かな方法でストーリーを伝え、近頃の注意があちこちに飛ぶ消費者の意識を、引き付けて保持することができます。

 

ストーリーズは、すべての人のフィードがプロ級の映像でぎっしり詰まっている世界で、視覚的に印象的であることの重要性をCMOたちに納得させています。もはや「まぁまぁ良い」であるだけでは十分ではありません。群衆から目立つには、広告を美しく作り上げ、数秒でメッセージを伝える必要があります。

 

要するに、「広告のように見える」コンテンツは無視されますが、消費者がすでに社会で夢中になっているコンテンツと一体となって融合しているコンテンツは、注目を集めるためのより大きな一撃を持っています。

 

造像性を活用して、ストーリー広告のパフォーマンスを向上させる

ここSmartly.ioでは、ストーリー形式コンテンツの創造的な能力が最終的にニュースフィードの消費を上回ると信じています。そして、消費者はそれに同意する傾向があります。休日に米国の1,000人の消費者を調査した結果、魅力的なビデオ(35%)がソーシャルメディア広告をとおして製品を購入するという消費者の決定に影響する最大の要因であり、その後に顧客の声(32%)とインフルエンサーの参加(26%)と続きます。

 

しかし、多くの企業がこれらの強力で創造的な広告フォーマットを活用しているため、消費者の注意を引く競争は、これまでになく高くなっています。視覚的に魅力的なストーリー広告を作成して配信できるブランド(単一またはカルーセルで、縦型フォーマット、短い動画を利用)では、キャンペーンのコンバージョンが増加し、広告費用対効果が最大になります。

 

ストーリーを開発するとき、広告主は消費者の広告疲労を念頭に置く必要があります。慎重に作成・配信されていないキャンペーンは、ターゲットユーザーから否定的な反応を引き起こす可能性があります。

 

ストーリー広告成功の基礎

強力なストーリー広告を作成するには、クリエイティブチームとパフォーマンスチームが重点的に取り組むべき3つの主要な要素があります。

 

・関連する情報には、写真の角度、フォント、アニメーション、配置、および色が含まれます。これらはすべて、ストーリーを伝える能力を制御する創造的な決定です。制作部門と連携して、広告をとおしてブランド、キャンペーン特売、または製品が消費者の注目を集めるようにします。ステッカーやポーリングなどの固有の要素を利用して、ストーリーをより魅力的にし、交流を促進すると同時に、広告に見えないようにします(そう、広告のように!)。

 

・スペースは意図したメッセージの伝達や、行動の促進のためにより多くの領域をブランドに与えます。InstagramとFacebook ストーリーの広告は、従来の正方形フォーマットを超えており、広告主は9:16の縦型画面全体を調べることができます。さらに、縦型形式であることで、ユーザーが画像や動画を見るために画面を回転させる必要がないため、コンテンツが途切れることなく配信されます。

 

・消費者の注意の範囲が短くなるにつれて、時間が重要になります。ストーリー形式は、すばやく見終えることができるように設計されています。ブランドは写真だと5秒、ビデオだと15秒で消費者の注意を引く必要があります。課題は、一時的な環境で記憶に残る指を止めるコンテンツを作成し、ユーザーのスワイプを停止させることです。

 

・広告に留まらず購入までの全経路を検討し、広告が消費者を関連するモバイルファースト・ランディングページに誘導してること、もしくは、チェックアウトに直接つながることを確実にしてください。どちらの機能も摩擦を減らし、デフォルトのホームページに消費者を直接送るよりもはるかに優れた対応です。

 

世界最大の旅行グループの1つであるTUIは、Facebook ストーリー広告を開始して、最大のキャンペーンの1つであるBig Smile Weeksを始めました。TUIは、ビデオテンプレートを使用して、目的のカタログから動的コンテンツを引き出す創造性を作成できました。100倍のバリエーションで実施する場合でも、キャンペーン全体で一貫性を確保します。

各広告には、目的や価格などの明確な価値提案があり、メッセージの邪魔にならないように十分な空白スペースがありました。その結果、クリック率は14%増加し、Facebook ストーリーは獲得単価を12%削減しました。

 

全体として消費者は、ニュースフィードを読むよりもストーリーに没頭する時間を多く費やしています。広告主にとって幸いなことに、ストーリー広告のフォーマットは他のソーシャル・フォーマットよりも多くの表示機能を提供します。

 

ストーリーがどのように見え、機能するかによって、特に飽和状態の市場で、消費者がストーリーに関与するかどうかが決まります。優れたコピーと創造性を使用し、明確な行動を促す呼びかけを使用して意図的に作成すると、投資を最大限に活用できます。

 

ロバート・ロスチャイルドは、ソーシャルメディア広告の自動化プラットフォームをリードするSmartly.ioの副社長兼マーケティング統括者です。B2Bテクノロジー、デジタルマーケティング、カスタマー・エクスペリエンス業界で25年以上の経験を持つロバートは、著名なエンタープライズ・ソフトウェアおよびテクノロジー企業向けのグローバル・マーケティングを牽引しました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ