マーケティング

マーケティング

IoTが小売業界に変革をもたらす未来【マーケティング担当者必見! 】

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The future of retail: How IoT is transforming the retail industry
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

234 views

読了時間 : 約5分12秒

小売業界では、IoT(Internet of Things)ソリューションが中心的な役割を果たすようになるという目まぐるしい変化が起こっています。豊富なアプリケーションがあるために、IoTは顧客ロイヤリティの向上、売上の拡大、個人向けにカスタマイズされたエクスペリエンスの提供、在庫管理の改善に役立ちます。ここでは、そういった実例のいくつかを調べます。

 

 

過去20年にわたり、小売業界は劇的に変化し、データを収集して分析し、さまざまなチャネルでのターゲティングを成功させる革新的な機会を企業が得るようになってきました。

 

 

顧客のロイヤルティを高め、最高の店内体験を提供する必要性が高まっていることから、小売業界ではIoT(Internet of Things)が採用されるようになってきています。 Global Market Insights, Inc.の新しい調査結果によると、小売市場におけるIoTに市場規模は2024年までに300億ドル以上に達すると予測されています。

 

 

別のレポートで、Verizonは小売店舗での様々な実用例を示しました。そして、小売企業がIoTの潜在能力を理解しており、自社のビジネスへの導入に積極的であることが分かったのです。

 

 

・小売業者の77%はIoTソリューションが顧客体験を向上させると信じています。

・いち早くIoTを取り入れた小売業者の89%が、IoTにより顧客の嗜好に関する知見を増やすことができたと回答しています。

・小売業者の77%が、IoT技術はパートナーとのよりよい協力を支援し、高品質の製品とサービスを顧客に提供することに役立っていると回答しています。

 

画像はi-scoop.euから引用しました。

 

 

小売におけるIoTの実用例

スマートな棚

革新的なビジネスモデルを生み出すスマートシェルフは、既に小売業界で活用され始めています。スマートシェルフシステムは、RFIDタグ、RFIDリーダー、アンテナの3つの要素を含みます。

 

品物に取り付けられるRFIDタグは集積回路と、RFIDリーダーにデータを送信するマイクロチップアンテナを備えています。データはRFIDタグから収集され、IoTプラットフォームに送られ、そこで蓄積され、分析されます。

 

スマートシェルフは在庫管理に適しています。これはこれまで長い間、費用がかかる面倒なプロセスでした。スマートシェルフは自動的に在庫を監視し、特定のアイテムが少なくなったり、消費期限が近付いてきたりすると、管理者に警告を送信できます。

 

したがって、接続されたデバイスは、過剰な供給や、商品の不足、および店舗内での万引きを防ぐために重要です。在庫を監視することで、ストレスを軽減し、人為的ミスをなくし、コストを削減することができます。

 

また、スマートシェルフは、顧客行動を的確に把握する上でも重要な役割を果たします。

 

在庫を監視し、アイテムの動きや所在に関するデータをIoTプラットフォームに送信することで、システムは小売業者に顧客のニーズや嗜好に関する情報を提供し、サービスを改善し、顧客とのやり取りを増やし、売上を高める方法を教えてくれるのです。

 

 

 

ビーコン

ビーコンは、消費電力の少ないBluetoothを使用し、接続域に入った購入者のスマートフォンにプッシュ通知を自動的に送信するデバイスです。

 

顧客は株主優待、割引、オファーについてリアルタイムで通知され、お店に入って商品を購入する可能性が高くなります。ビーコンは小さいので、壁やカウンターなどに簡単に取り付けることができます。

 

小売企業はまた、顧客の店内ナビゲーション、プッシュメッセージの送信、および顧客データの収集のためにビーコンを使用します。ビーコンをモバイルアプリと組み合わせることで、顧客のロイヤルティを高め、売上を高めることができます。ビーコン技術により、小売業者は簡単にオーディエンスに接近し、魅力的な体験を提供することができるのです。

 

また、ビーコンは、顧客の店舗内での道案内、およびショッピングセンターにおける最も好ましい経路、商品、および店舗などの顧客行動に関するデータを収集するためにも不可欠です。

 

現在、ビーコンは小売業界で広く取り入れられています。 Business InsiderのプレミアムリサーチサービスであるBI Intelligenceは、2015年には96,000台であったビーコンの設置台数が2018年には350万台まで増加すると予測しています。

 

 

 

ロボット

ロボットは小売業界を大きく変える可能性があります。 BI Intelligenceは、2016年から2021年の間に280万台の企業向けロボットが出荷されると予測しています。パイオニアとして、競争で優位に立つことを望む多くの企業は、すでにロボットを事業に取り入れています。

 

たとえば、アメリカの小売大手Targetは、サンフランシスコ内の拠点で、在庫管理を補助するロボットの試験的運用を行いました。

 

中国のレストランでは、ウェイターをロボットに置き換え始めています。スタートアップ企業のSimbe RoboticsとFellow Robotsは、お店にやってきた人が必要としている品物をすばやく見つけるだけでなく、在庫にあることを確認するのにも役立つサービスロボットを作っています。

 

 

 

デジタルサイネージ

デジタルサイネージは、小売企業が個人向けにカスタマイズされ、インタラクティブなショッピング体験を提供することに役立ちます。Ipadスクリーン、デジタルアウトオブホームアプリケーション(DOOH)、直感的なタッチスクリーン、店内のデジタルスクリーンなどのデジタルサイネージソリューションは、小売業者が顧客の心を動かし、売上を増やすのに役立ちます。マーケティング担当者は、デジタルサイネージアプリケーションを使用することで、従来の印刷をともなうメディアに関わるコストを削減し、顧客へのアプローチをより高度なものにすることができます。

 

デジタルサイネージソリューションは、広告を表示する魅力的でシンプルな方法としてだけでなく、IoTによって論理的に店内経験を改善することにも役立ちます。

 

たとえば、広告や価格の変化を店舗にリアルタイムでプッシュできます。また、デジタルサイネージは、顧客の文脈的に基づく合図およびパターンを蓄積し、その期待に基づいて接続を確立することによってプログラムすることができます。

 

ビーコン、センサー、またはスマートデバイスを使用して、システムは顧客データを収集し、顧客が特定の商品をまとめて購入することが多い時期、これらの商品が購入される季節などを計算します。 IoT技術を使用することで、デジタル画面にはコマーシャルやカタログだけでなく、収集されたデータに基づくパーソナライズされた商品の宣伝も表示できます。

 

スマートサイネージの素晴らしい潜在能力を理解している小売業者は、この技術を店舗、スーパーマーケット、ショッピングセンターに導入しています。 MarketsandMarketsは、2016年には196.1億ドルであったデジタルサイネージの世界市場価格は、2023年には328.4億ドルまで増加し、2017年から2023年の間に7.4%の年平均成長率を予測しています。

 

 

まとめ

IoTは今後数年間、小売業界に劇的な変革をもたらすと思われます。IoTソリューションの統合により、小売企業は顧客の行動に基づいたマーケティングキャンペーンを成功させ、質の高いサービスを提供し、在庫管理を改善し、運用コストを削減することができるようになるでしょう。

 

 

※本記事は、The future of retail: How IoT is transforming the retail industryを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ