マーケティング

マーケティング

【Instagramマーケティング】商品を魅力的にPRするマイクロインフルエンサー活用法

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The rise of micro-influencers and how brands use them
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

456 views

読了時間 : 約3分41秒

マイクロインフルエンサーのマーケティングは、人気を集め、以前より、マーケター達は、使えるマイクロインフルエンサーに予算を使用しています。マイクロインフルエンサーは、ニッチな顧客獲得に役立ちます。なぜ彼らがトレンドをつくっていくのかをご説明します。

 

インフルエンサーマーケティングは、ここ数年で一気に人気になりました。人々は、新しい商品を買う前に、有名人や有名インフルエンサーの口コミを重視するようになりました。企業は、インフルエンサーが収益につながることに気づき、キャンペーンにあったインフルエンサーを探すことに、巨大な予算を割くようになりました。

 

しかしながら、インフルエンサーが人気になるにつれて、小さなブランドは、正しいアンバサダーを探すためによりクリエイティブになる必要があります。SNSの普及が、新しいタイプのインフルエンサーを生み、誰でもインフルエンサーになれるようになりました。

 

Experticityの調査によると、82%もの人が、インフルエンサーの影響で商品を買う可能性があることがわかりました。

 

インフルエンサーの増加

インフルエンサーは、SNS上に、自分の興味のあるものの投稿を頻繁し、多くのフォロワーを持っている人のことを言います。5000人から50,000人のフォロワーがいます。芸能人が何百万人ものフォロワーがいる芸能人に比べると少し少なく見えるかもしれません。

 

しかし、ニッチな層には、強い支持を得ているという面もあります。フォロワーは、インフルエンサーから、価値や信憑性を期待しています。

 

人々は、芸能人がおすすめする商品の信憑性を疑い始めてきました。CMは、必ずしも人々のニーズを捉えていないことに気づきました。最終的には、芸能人はいくつものブランドを掛け持ちしている可能性もあり、特定のブランドに芸能人を起用するのは難しいです。

 

L2’sの報告によると、実は、フォロワーの数と、Instagramインフルエンサーとの提携の間では、相互関係があります。フォロワーの数が多いからといって、成功を約束できるわけではありません。

 

それゆえ、ブランドは、消費者との距離が近い新しいタイプの広告塔であるマイクロインフルエンサーに、目をつけたのです。

 

どのようにして、マイクロインフルエンサーから利益を生み出すのか

次のキャンペーンに、マイクロインフルエンサーを起用するのには、多くの理由があります。

 

コストパフォーマンスが良い

インフルエンサーとマイクロインフルエンサーの大きな違いは、費用です。マイクロインフルエンサーの84%が、各ブランドのInstagramの投稿で250ドル以下の報酬を請求しているという報告がある。

 

これは、費用対効果の高いだけでなく、小規模ブランドにとっては、より成功する選択肢になりえます。フォロワーの数は、必ずしも成功するのに必要ではありません。

 

事実、大きなブランドは、ターゲットに響くかを確認するためにマイクロインフルエンサーを起用します。ROIは、より多くのブランドが、上昇しているマイクロインフルエンサーを起用することを推奨しています。

 

信憑性を高める

マイクロインフルエンサーは、ブランドの信憑性を高めます。マイクロインフルエンサーによりブランドの信憑性が60%上がったと評価されています。

 

これらのキャンペーンは、より人気のインフルエンサーを起用した同じようなキャンペーンと比べ、6.7倍も効果がありました。

 

消費者との信頼性が築きやすい

マイクロインフルエンサーは、消費者との関係が近いです。マイクロインフルエンサーは、コンバーションを容易にすることで、メッセージとフォロワーのつながりができます。ブランドは、プロモーションをする必要がなくなりました。

 

ただ、正しいインフルエンサーを見つけるだけでよいのです。ニーズにあった方法を選ぶと、消費者との信頼性が築きやすいです。

 

確実性を証明することができる

確実性もマイクロインフルエンサーの魅力の一つです。人々は、日々のコンテンツと深く結びつく傾向があります。

 

芸能人は未だ、強い広告塔ですが、ターゲット層には結びつきがありません。そのため、確実性には疑問を持ちます。

 

消費者は、マイクロインフルエンサーを身近な人のように考え始めました。ブランドは、確実性を上げることもできます。

 

ターゲット層にさらに信頼される可能性があり、ブランドの親しみをあげ、コンバーションを得ることを簡単にします。

 

マイクロインフルエンサーと提携しているブランド

マイクロインフルエンサーと提携しているブランドは数多く存在します。

 

小さなブランドは人気をあげ、大きなブランドは芸能人や有名インフルエンサーを起用する必要性を感じなくなってきました。

 

Google – The Sorry Girls

Googleは新商品、 Pixelbookを宣伝するために、従来とは異なるプロモーションを行いました。DIYで影響力のある、The Sorry Girlsと提携しました。

 

投稿は、典型的な宣伝よりもさらに確実性を高め、満足のいく結果を残しました。

 

ASOS – The Insiders

ASOSは、ここ数年のインフルエンサーマーケティングでも成功しています。ファッションに興味のある人と提携し、インサイダーズと呼んで、商品の確実性を高め、プロモーションしています。

 

人々と相互作用することを確実にするために、インサイダーズに新しいハンドルなどを渡したりしました。

 

Glossier

Glossierは、何人ものマイクロインフルエンサーと提携しています。その大きな理由は、販売効果が上がったからです。

 

美容の興味を高めるのは、すべての人をターゲットにしやすいです。そしてそれが、商品を宣伝し、キャンペーンを成長することを簡単にします。

 

LaCroix

LaCroixは、炭酸飲料界で成功するために、製品をプロモーションするコミュニティに目をつけました。マイクロインフルエンサーと提携し、ブランドの価値を高めながら、サポーターを広告塔にしました。

 

ブランドは、強いコミュニティを築き、販売拡大につなげました。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ