マーケティング

マーケティング

映像コンテンツを効果的に変えるクラウド基盤のソフトウェアでユーザーエクスペリエンスを向上させる

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The technologies set to transform video content
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

337 views

読了時間 : 約3分8秒

過去10年の間で多くの技術的進歩がありましたが、絶えず変化し続けるビジネスにクラウドほど役立つものはありません。

 

かつては謎に包まれたコンセプトだったクラウドは今や全ての企業がファイル保存やコンテンツ管理に使うビジネスに欠かせないものとなっているのです。

 

事実、LogicMonitorの予想によると2023年には、ワークロードの83%がクラウド上で動くようになるといいます。

 

企業内外のユースケースに映像を活用している企業にとってクラウド基盤のソフトウェアは、コンテンツの効率的な保存、管理、分配に役立ちます。組織の映像コンテンツの活用法に大きな影響を与えたクラウドですが、このコンセプトはもはや「新しい」ものではなく、今後は映像の作成、保存、配信や消費に対する新しい技術が必要になってくるのです。

 

これらの技術はユーザーエクスペリエンスを向上させ、企業のデータロック解除をより簡単な方法に変える可能性を持っていますが、メインストリーム市場にはまだ普及はしていません。

 

組織がこれらの技術を活用し始める前に、適切なインフラ整備を行い、完全な基盤を構築する必要があります。

 

 

 

Renderforestの調査によれば、映像広告の視聴にユーザーにが費やす月平均時間は16分以上だと報告しています。

 

オンライン映像を通して情報を得る人が増えている今、コンテンツ戦略に影響を与える、またはすでに与えている技術をCMOくが認識することは非常に重要です。

 

初期段階のクラウドと同じく、人工知能(AI)、機械学習(ML),仮想現実(VR)のような技術も現在遂行できる、また将来できるであろうことの為に普及し始めました。

 

多くの経営幹部はこれらの技術の1つ以上認識、またすでに利用していますが、それらの技術が秘める可能性は完全には明らかにされていません。

 

AIは映像内のコンテンツを説明するために使用されていますが、それだけではありません。たとえば、組織はAIを使い、過去の検索から人々が何を求めているのかを予測することもできるのです。

 

消費者や顧客が何を閲覧しているかを知ることにより、企業はよりパーソナライズ化した関連コンテンツを共有でき、結果的にユーザーエクスペリエンスを高めるのことができるのです。映像プラットフォームシステム内でAIは非構造化データのロック解除もできます。これにより企業のデータ入力の手間が省けるのです。

 

ただし、現時点ではAIやML、またそれらの実施について不確定な部分が多いのも事実です。

 

最新のPointSource Surveyによると、AIの導入実施の検討段階の組織は半分以下だそうです。

 

 

AIに完全に飛び乗る前に、企業が忘れてはならないのは、初めに人間が様々な角度から人や物、ブランドのイメージを機械に移し込み、訓練をする必要があるということです。そうしなければ品質は認められないのです。

 

この点を視野に入れると、シームレスなAI体験の前に組織がやるべきことがまだまだあることに気付くでしょう。

 

現在マーケターの間で騒がれている技術といえば、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)でしょう。ARやVRは消費者を夢中にさせるような体験を提供しますが、日常業務にはまだ完全に溶け込んではいません。

 

ARはブランドのユーザーエクスペリエンスに活用できる可能性はありますが、一般的なビジネス手法となるにはまだ数年は必要になるでしょう。

 

クラウド基盤サービスによって、企業のAI,ML,ARやVRの使用がより簡単なものになります。そのため映像やデジタルアセット両方の作成、管理、配信の簡易化に引き続きクラウド戦略の維持や更新が重要になってきます。

 

成功に導く適切なインフラストラクチャ

 

上記の技術が一般的なビジネス手法になり、頻繁に使用されるようになると、次は映像戦略が適切な視聴者届いているかどうか、CMOのインフラストラクチャの構築が必要になってきます。

 

メディア業界のビジネスリーダーは、コンテンツの保存や管理がしやすいようにまとめる発想もつ必要があります。

 

クラウドは頻繁に使用されるため、CMOは映像管理システム内蔵のクラウド基盤ソリューションを探さなくてはなりません。

 

エンタープライスプラットフォーム市場の多くのソリューションはブランド資産の管理に優れていますが、映像管理に関しては不十分なものが多いのです。
CMOは選択されたソリューションが、大量の映像ファイル形式の処理などの映像の問題を管理できるのかを確かめる必要ああります。

 

ブランディングはCMOにとって非常に重要です。完全なフレキシビリティと自由さでITチームのリソースや日常業務の妨げにならないよう反映する映像プラットフォームのカスタマイズ化ができ、優れたユーザーエクスペリエンスを生み出せるのです。

 

テクノロジーが進化し続けるほど、コンテンツの作成と消費方法も進化していきます。そのためCMOが遅れをとらないようにすることがとても重要なポイントになってきます。コンテンツの作成や配分はインフラストラクチャと組織の運営ツールと同じくらい優れているのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ