マーケティング

マーケティング

小売業者はFintechが秘める可能性をチャンスにせよ

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Three ways merchants can leverage fintech to reach shoppers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

398 views

読了時間 : 約5分12秒

トランザクション広告は、オンラインだけでなく、SquareやStripeなどのPOSシステムを搭載した店舗でも、販売時点で消費者にリーチし、ビジネスに対する即時の行動やインタラクションを促すことに焦点を当てています。

 

DoshやCardlyticsのようなフィンテックツールを活用して、トランザクション広告はデジタル化しています。これは、顧客が銀行に行ったり、積極的に買い物をしたり、オンラインやオフラインで商品を閲覧したりしている間に、小売業者が顧客にリーチする大きなチャンスとなっています。

 

チャネルとしてのフィンテックが、効果的なのにはいくつかの理由があります。まず、クレジットカードやデビットカードの利用が、消費者が好む支払い方法として現金に取って代わるケースが増えています。米連邦準備制度理事会の2019年の調査によると、消費者は買い物のわずか26%に現金を使用していると言われており、その内の10ドル以下の「少額」の買い物(47%)に現金払いを行なっている事が明らかになっています。

 

購買行動も変化しており、店舗からオンラインでの買い物への移行だけではありません(マッキンゼーの報告によると、オンラインで購入する消費者が15~30%増加しているとのことです)。

 

買い物客は、取引を行い、企業とつながり、最良の取引を見つけるために、フィンテックへの依存度を高めています。パンデミック以降、消費者は前例のない速さでブランド・スイッチを行っており、これは経済的なプレッシャー、優先順位の変化、店舗の閉鎖などが背景にあります。

 

これらすべての変化が、フィンテックソリューションと結びつきのある小売業者に、3つのユニークなデジタルマーケティングの機会をもたらしました。

①:カード連動型オファー(CLO)

 

キャッシュバックプログラムは、小売業や金融業の分野では何ら新しいものではありません。最初のキャッシュバック・リワード・プログラムは、1986年にモルガン・スタンレーの一部門であるディスカバー・ファイナンシャル・サービスによって開始されました。コンセプトはシンプルで、モルガン・スタンレーは年末に、ディスカバー・カードの会員に、クレジットカードの利用額に応じて小額の現金を提供したのです。こうして、クレジットカードのリワードプログラムが誕生しました。

 

30年以上が経過した現在、リワードプログラムはどこにでもあり、消費者は買い物をした場所に応じて少しずつお金を稼ぐことができるようになっています。加盟店や金融機関と提携するキャッシュバックアプリ「Dosh」のようなフィンテック・ソリューションは、カード連動型オファー(CLO)を通じてキャッシュバックやリワードのプロセスを自動化することで、小売業者と消費者の財布を直接結びつけています。

 

Doshアプリでは、消費者は自分の好きなカードや支払い方法をアプリにリンクさせることができます。ユーザーはどの小売店やブランドが利用可能なオファーを提供しているかを確認し、カードをリンクして加盟店で買い物をすると、キャッシュバックの報酬はDoshの「ウォレット」に入金され、最終的には銀行口座、PayPal、Venmo、または希望する慈善団体に送金されます。

 

これはかなり「摩擦のない」プロセスですが、アプリをダウンロードしてクレジットカードを接続する必要があります。このプロセスをさらにシームレスにするために、Doshは最近、金融サービス会社向けのリワードプログラムを強化するソリューションを発表し、”顧客に自動で即時に、カードに連動したキャッシュバック体験を提供できるようにしました。

 

このプログラムでは、金融機関のユーザーインターフェース内でキャッシュバック機能が有効になるため、消費者はDoshアプリをダウンロードする必要がありません。

 

以下、新しいソリューションについて、Doshからのコメントです。

DoshのCMOであるAmy Valeは次のように述べています。「8月以来、DoshはVenmo、Jelli、Bettermentなどの決済プロバイダーにキャッシュバックを統合しており、新しいパートナーシップを結ぶたびに、利用者は飛躍的に増加し続けています。マーケティング担当者は従来の戦略とデジタル戦略の開発に精通しており、ブランドが「ウォレット戦略」を切り開くお手伝いができることに興奮しています。今日の環境で勝利を収めるためには、マーケターは機敏でありながらも戦略的に顧客とコミュニケーションを取り、最も重要な場所である顧客の財布に付加価値を与える必要があります」と述べています。

 

様々な金融機関を通じてDoshにアクセスする消費者にリーチしたい小売業者や地元企業は、プラットフォーム上でキャッシュバックプロモーションやその他のオファーを広告することでそれを行うことができます。

 

Doshは、アプリやEメールを通じてキャッシュバックキャンペーンを推進しています。 Doshのアプリや提携金融機関を通じて、買い物客はモバイル端末でキャッシュバックオファーを検索したり、ブランドや場所別にお得な情報を見つけたりすることができます。

 

 Doshのモバイルアラートの例

 

Forrester社の調査によると、Doshを利用している小売業者は、平均48%の受注額の増加、7.9%のROASの増分を得ていることがわかりました。

 

 

②:広告プラットフォームとしてのバンキング

 

Cardlyticsは、広告プラットフォームであると同時に、銀行と直接連携してユーザーにキャッシュバックオファーを提供するカード連動型オファーでもあります。このプラットフォームは、月間1億6,000万人のアクティブユーザーを誇ります(米国と英国では、カードの全スワイプ数の60%)。小売業者や加盟店にとって、Cardlyticsは、銀行のオンライン、モバイル、電子メールの各チャネルに広告を統合することで、顧客にリーチするユニークな方法を提供しています。

 

Cardlyticsの金融パートナーのリストには、Chase、Bank of America、Wells Fargoなどが含まれています。キャッシュバックオファーは銀行のインターフェース内に表示されるので、消費者はどこで買い物をするか計画を立てることができるようになっています。

 

ウェルズ・ファーゴのクレジットカードアカウント内に表示されるキャッシュバックオファーの一覧

 

Cardlyticsは、オンラインと店舗での購入から得られるデータを活用し、プラットフォーム内のキャンペーンをターゲット化し、結果を測定します。このインテリジェンスは、小売業者がどこでシェアを落としているのか、あるいは獲得しているのか、競合他社の顧客はどのような買い物をしているのか、顧客が小売業者の店舗で特定のカテゴリーの商品を購入する頻度は全体と比べてどのくらいなのかなど、重要な課題の答えを得るのに役立ちます。

 

Cardlyticsは、銀行口座を持ち、積極的にお金を管理している検証済みのユーザーのみにリーチするという点で、アドテク業界ではユニークな存在である。すでにLowe’s、PetSmart、Krogerなど、多くのトップブランドがこのプラットフォームを利用しています。

 

 

③:デジタル取引の発見

 

DoshやCardlyticsはキャッシュバックのチャンスを重視していますが、購入時に少しでもお金を節約したいと思うときもあるでしょう。そんな時こそ、ディールファインディングアプリやプラグインが威力を発揮します。HoneyやRetailMeNotのようなディールファインディングツールは、クーポンのクリッピングプロセスを自動化することで、買い物客がお金を節約するための複数の方法を提供しています。ほとんどのディールファインディングプラットフォームには、キャッシュバック機能も搭載されています。

 

RetailMeNotは、オンラインとオフラインの両方で、小売業者がカスタマージャーニー全体で買い物客とつながることを可能にする複数のツールを備えた、デジタル取引の優れた例です。

 

RetailMeNotのモバイルアプリは、ユーザーの店舗への物理的近さに基づいて、店舗で行われているセールを買い物客に通知します。ブラウザのプラグインは、ユーザーが小売店のショッピングカートに入っているときにポップアップ表示され、クーポンを試したり、キャッシュバックを得たりすることができます。小売業者はまた、RetailMeNotのウェブサイト上で、電子メールキャンペーンで広告を配置することができます。

 

2019年には世界で310億枚以上のデジタルクーポンが利用され、90%以上の消費者が何らかのクーポンを利用したこことになります。クーポンをクリッピングし、使用するプロセスを自動化するディールファインディングプラットフォームは、買い物客にリーチし、売上を促進し、ブランドロイヤルティを育成するのに最適な方法です。

 

フィンテック広告ソリューションのトリフェクタの一部として、買い物客のモチベーションを高め、成長を生み出すための別の方法を加盟店に提供しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ