マーケティング

マーケティング

ショッパー・インサイトを活用してクリスマス休暇明けの倦怠感を回避しよう

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Use shopper insights to avoid the holiday hangover
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

304 views

読了時間 : 約4分12秒

クリスマス休暇の買い物シーズンが終了しても、12月の売り上げはすぐに収益をあげます。また、2020年に新しいキャンペーンをお知らせし、勢いを増進させる新しい顧客、データ、洞察の宝庫です。

 

・12月の売り上げは、すぐに収益を上げるだけでなく、2020年に新しいキャンペーンをお知らせし、勢いを増進させる新しい顧客、データ、洞察の宝庫です。

 

・キボ・コマースの調査によると、クリスマスの買い物をする人は翌年また戻ってきます。熱心な通常の買い物客と比較しても、平均よりもはるかに高い買い物をするのですが、こういった人たちに向けた1年間のキャンペーンを作成するマーケティング担当者はほとんどいません。

 

・クリスマス関連の小売業者にとって、12月にウィンドウ・ショッピングする人たちの間で、1回の購入者と浪費家の間には明らかな違いがあります。1月になれば、これらのグループから違いのあるメッセージを受け取るはずです。これは、ブランドのさらなる細分化に役立ちます。

 

・ブランドは、クリスマス休暇中に現れなかった通常の買い物客を分類し、ウィン・バック・キャンペーンを計画できます。 ウィン・バック・シリーズの計画を立てることで、お客様が新年に戻ってくるようになります。

 

・より背景的な顧客データを考慮することで、新規顧客から熱心な顧客へのスムーズな移行を保証できます。 誰かが休暇中に冬用のコートを買ったからといって、4月にさらに冬用衣類を購入しようとしているというわけではありません。

 

 

「アルコール抜きの1月」の決意であれ、ジムに行く決意であれ、2020年に簡単に実行できる解決策が1つあります。小売業者は第一四半期を利用して、12月に収集したショッパー・インサイトを活用できます。

 

クリスマス休暇の買い物シーズンとご自身の仕事とはあまり関係ないかもしれませんが、見切りをつけるには早すぎます。12月の売り上げは、すぐに収益を上げるだけでなく、2020年に新しいキャンペーンをお知らせし、勢いを増進させる新しい顧客、データ、洞察の宝庫です。

 

今年と来年の忠実性

キボ・コマースの調査によると、クリスマスの買い物をする人は翌年戻ってきます。熱心な通常の買い物客と比較しても平均よりもはるかに高い買い物をするのですが、この人たちに向けた1年間のキャンペーンを作成するマーケティング担当者はほとんどいません。

 

これは、新たな関係を開始し、より個々の好みに合ったキャンペーンをお知らせすることができる、買い物客の特有の違いを理解する機会です。新規顧客の場合、ブランドはクリスマス後に直接的な関係を提供するロイヤルティ・オファーを設定できます。

 

たとえば、レンガとモルタルのブランドのREIは、買い物客に20ドルを支払うことでREI協同組合の終身会員になれる機会を提供し、講義、製品情報、特別なプロモーションへの利用権を付与しています。ポイント・サービスはないけれど、販売期間中にメーリングリストのオプトインを増やすことができるブランドは、年内に見返りを得ることができます。ブランドがデータを使用して新しく細分化する機会であり、洞察をより深く掘り下げる機会でもあります。

 

たとえば、ライブイベントのチケットを販売するサイトのTicketNetworkは、イベント固有のページビューデータを内部販売データと組み合わせて、自動化されたアラートと、傾向に基づいた個人向けのメールを作成します。

 

新年の抱負:細分化

細分化することで、熱心な顧客や「その他の顧客」の売り上げを超えることができます。クリスマス関連の小売業者にとって、12月にウィンドウ・ショッピングする人たちの間で、1回の購入者と浪費家の間には明らかな違いがあります。1月になれば、これらのグループから違いのあるメッセージを受け取るはずです。これは、ブランドのさらなる細分化に役立ちます。

 

新しい顧客に対して、礼儀正しく歓迎することは忘れないでください。答えは必ずしも販売促進ではありません。 関与することで、この時期にさらに影響を与えてくる可能性があります。

 

環境に配慮した食料品の新興企業Imperfect Produceは、新年の抱負を利用して、新規顧客に廃棄物削減の目標を立てて実行するよう依頼しました。その後、誰が自分の目標にこだわり、誰が脱落して、さらに2つの魅力的なキャンペーンを開始するかが分析できます。

 

よくあることですが、クリスマスの買い物をする人は、よく他の人のためのプレゼントを買っています。ブランドは、このグループをより理解できるかを確認するために、洞察を深く掘り下げる必要がありますが、少なくともこれは有利な細分化につながる可能性があります。

 

たとえば、購入時にギフトボックス、メッセージ、領収書をリクエストした人、または別の住所に購入した人を探します。もっとたくさんの料理本やハイキング用具が引き続き必要だと思い込まず、購入者が好きかもしれないものを体験させるために、より幅広い製品を提供してください。

 

ブランドは、クリスマス休暇中に現れなかった通常の買い物客を分類し、ウィン・バック・キャンペーンを計画できます。リターン・パスは、離れてしまった顧客の4分の3がウィン・バック・キャンペーンに反応することを発見しましたが、人々を再び引き付けるには数週間から数ヶ月かかることもあります。ウィン・バック・シリーズの計画を立てることで、お客様が新年に戻ってくるようになります。

 

おそらく一部のブランドは、消費しつくした買い物客を特定できます。消費するつもりがなければ販売の役には立たちません。新製品を手入れする方法についての詳細情報や、プレゼントを楽しんでいる他の幸せな顧客のコンテンツをInstagramにまとめたほうが良いでしょう。

 

雨天または晴天(または雪)のターゲット

買い物客の細分化に加えて、ブランドは、より正確なマーケティングのために追加データを使用することを計画する必要があります。場所ターゲティング、製品ベースのターゲティング、および店舗近接ターゲティングはすべて、1月に顧客に個人向けのメッセージを配信するために使用できるデータ例です。

 

より背景的な顧客データを考慮することで、新規顧客から熱心な顧客へのスムーズな移行を保証できます。 誰かが休暇中に冬用のコートを買ったからといって、4月にさらに冬用衣類を購入しようとしているというわけではありません。

 

疲れ果てたマーケティング担当者がいたるところにいるように、買い物客にはクリスマス休暇の倦怠感があります。みな、1月の思いやりのあるメッセージに感謝します。顧客とつながる瞬間を作り、貴重な洞察を収集することにより、マーケティング担当者は、次のクリスマス休暇まで続くポジティブな勢いを作り出す機会を得ます。

 

アンドリュー・コパーワスは、キボ・コマースのプロダクト・マーケティングおよびクライアント・マーケティングのシニアディレクターです。キボ・コマースでは、eコマース、注文管理、およびパーソナライゼーションといった主要な製品のプロダクト・マーケティングおよびクライアント・マーケティングをリードしています。以前、アンドリューは2019年にキボ・コマースに買収されたモネテイトの製品マーケティングのシニアディレクターでした。モネテイトの前は、Adobeやいくつかの主要な消費者ブランドで製品を担当していました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ