マーケティング

マーケティング

【SNS戦略】「感情」を使用するベストプラクティス 感情でSNSをビジネスに活用する

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Using “emotions” in your social media strategy: Best practices
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    209 views

    読了時間 : 約3分1秒

    マーケティングにおいて心理学は重要な役割があります。SNS戦略でどのように感情を使用するのでしょうか?キャンペーンのサンプルと成功のコツをお教えします。

     

    心理学は、消費者に商品を買わせるために、重要な役割を持っています。成功するマーケターは、感情の心理学がマーケティング戦略に必要なことを知っています。SNSに関しては、マーケティング担当者は、各シェアが受けるエンゲージメントのレベルを追跡することなく、コンテンツを共有するという傾向に従います。

     

    Social Flowの調査で明らかになった、SNS投稿と結果のエンゲージメントは驚愕です。エンゲージメントというと、99%以上の投稿がゼロに近いエンゲージメントなのです。

     

    何がわかるのでしょうか?マーケティング担当者は、消費者を気にせずに自分の感情を満足させるためだけに投稿を共有しています。このニーズは、変化すべきで、マーケティング担当者は、消費者の感情を気にする心理学を取り入れるべきです。

     

    感情のタイプ

    カリフォルニア大学バークレーの Alan S. CowenDacher Keltner, PhDによると、人間の感情には27ものタイプがあるようです。27の感情によりすべての行動はできています。

    こちらが人間の感情です。

    • 感嘆
    • 敬愛
    • 感謝
    • 愉快
    • 不安
    • 恐れ
    • 気まずさ
    • 退屈
    • 冷静
    • 混乱
    • 切望
    • 嫌悪
    • 痛み
    • 羨望
    • 怖い
    • 恐怖
    • 興味
    • 喜び
    • ノスタルジー
    • ロマンス
    • 満足
    • 性的欲望
    • シンパシー
    • 勝利

    マーケティング担当者は、消費者がどのような感情を起こすのかを知りそれに従った反応をしなければいけません。

     

    例えば、「アトランタの遊園地」のキーワードを見た人の感情は「喜び」です。

    同様に、バレンタインギフトを探している人の感情は「ロマンス」です。

    調査で消費者の感情のタイプを特定し、行動を起こした後に感情を満たすコンテンツを作る必要があります。

     

    遊園地の場合、予約したら、消費者は、満足します。また、バレンタインの場合、消費者はプレゼントを購入したら満足します。

     

    絵文字の威力

    絵文字は素晴らしく、どのSNSメディアでも協力な武器になります。

     

    絵文字は、人間の思考とすぐに結びつき、文章のみのマーケティングではこれはできません。マクドナルドのgood timesキャンペーンは、絵文字を使用し、人々を惹きつけています。

     

     

    直接商品を売るよりも、消費者に商品の利点を理解してもらう

    直接商品を買ってもらおうとすると、難しくなります、その代わり、商品の利点を売り込みましょう。

     

    その後は、SNSでプロモーションし、商品の良さを徐々に理解してもらえるようになるでしょう。これは、間接的な売り込みですが、大きな販売利益を見込めます。

     

    Kitchen Cabinet Kings Plant a Tree Campaignは、商品の売り上げにつき木を植えるプロモーションで成功しました。キャビネットを買うごとに、地球に貢献できるのです。消費者を魅了し、社会問題をサポートしたい気持ちを後押ししました。全体的に、キャビネットは売り切れたのです!

     

    恐れは最も強い感情の一つで、行動に結びつく

    マーケティング担当者は、恐れは最も強い感情の一つで、人々は無視できず、行動に結びつけることも理解しなければいけません。BMWが飲酒運転を止めれた成功例を見ていきましょう。

    同様に、喫煙、地球温暖化、ドラッグ、医療機器、紅茶、病院、石油、保険、洗剤などの恐怖を見ることもできます。

     

    このリストはいくつもあります。アイディアはシンプルで、人が持つ恐怖や商品やサービスがどのように解決するのかを考えるのです。

     

    SNSで恐怖はトレンドで、この強烈な人間の感情を使用しましょう。

     

    SNS戦略で感情を作り出す方法

    • ステップ1:ユーザーの感情をリストに書き出す
    • ステップ2:感情がよく作用するように考える
    • ステップ3:ブランドの信念、感情、社会問題に結びつける
    • ステップ4:ターゲットを絞ったSNSプラットフォームに基づいた物語の力を活かした印象的なビジュアルコンテンツを作成
    • ステップ5:感情的なコピーライトの助けを借り、コンテンツをビジュアル化する。Facebookの広告にする
    • ステップ6:コンテンツに「行動」を追加し、商品を購入することで社会問題に取り組めるようにする
    • ステップ7:ターゲットとなるSNSチャンネルでコンテンツをシェアする(ヒント:人口知能の助けを借りて、より短時間で社会的エンゲージメントレベルを引き上げ、マーケティングオートメンツを使用してコンテンツをキューレットしたり、複数回ツイートしたりできます。)
    • ステップ8:A/Bテストでコンテンツをテストし、改良する

    結論

    感情がないものは存在しません!同様に、マーケティングで感情を起こせなければブランドは失敗します。

     

    ステップ通りに、SNSメディア戦略を秀逸なものにしましょう。

     

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ