マーケティング

マーケティング

動画マーケティング成功の5つのヒント 商品に最適な動画で注目を集め、売上げに結びつける!

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、5 ways to increase engagement and generate more leads with video
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

250 views

読了時間 : 約3分18秒

2018年には、動画はもはやマーケティング担当者の全体戦略の後付け項目ではなくなり、ほぼすべてのマーケティングキャンペーンに初めから加えられるようになりました。動画は、ブランド情報を伝え、製品の説明をし、認知度を高めるのに役に立ちます。動画でマーケティングキャンペーンを成功させるには、より多くの視聴者をの注目を集め、引き付け続けることが重要です。

 

動画は人々の間で最も好まれる媒体となりました。2021年までに動画が全オンライン項目の80%を占めると見込まれているため、企業はビデオマーケティングに注力しています。 そこで、視聴者を惹きつける、見込み客の獲得、および重要業績評価指標KPIの達成に役立つようなビデオコンテンツの作成と使用に苦心しています。

 

ニーズに合ったコンテンツを作成する

 

ターゲット顧客のニーズに合うビデオコンテンツの作成に焦点を当てましょう。人々は情報(Facebookでは1日に80億のビデオが視聴可能になっています!)と時間の不足に悩まされています。人々の注意を引いて、製品やサービスに興味を持って欲しいなら、まず、対象がどんな人たちか、動画はどこで観るのか、使用するプラットフォームとどのように使うのか、そして気になっているトピックはどんなものかを把握する必要があります。 そしてその後、興味があることを「聴くところから観ることができるところへ移動させる」必要があります。

 

理想的な長さを選ぶ

 

人をひきつけておくのに最適と言われる動画の長さについて様々な意見がありますが、視聴者に的を絞ることが、関連のあるコンテンツを適切な人たちに見てもらうための鍵です。 実際、人々は長いコンテンツも観るのです。

 

TwentyThreeの調査によると、すべての動画エンゲージメントの半分は15分以上の長さのものです。15分を超える動画が8%だったとしても、そのエンゲージメント率は50%だったのです。

 

この事実はビジネスや業界によって異なる可能性がありますが、マーケティング担当者が自らの動画エンゲージメント率を測定していない場合、どのビデオがいい結果をもたらすのか理解できないという点に注意してください。 マーケティング担当者は、動画関しては訪問者数や再生数だけには頼れないのです。

 

顧客とマーケティングの種類にビデオコンテンツを合わせる

 

消費者向けか法人向けの企業かどうかで、ビデオマーケティングは変わってきます。顧客がどこにいるのか、そして何を達成しようとしているのかについて考えてみましょう。あなたの顧客のこれからの行き先を計画し、戦略的なビデオコンテンツを準備し配置します。

 

たとえば、ある人があなたの企業をまだよく知らないという段階にある場合、短い説明動画または説明でよりよく知ってもらえるようにするでしょう。動画にウェブサイトのリンクを付け、ウェブサイトでより長いビデオコンテンツを視聴してもらいます。ソーシャルチャネルは企業を知る分には最適ですが、それは人々の購入の旅の始まりにすぎません。 動画は、テキストよりも6万倍高速に処理されるので、何かをしろうとする段階にあるときには、人々の注意を素早く捉えるのに最適です。

 

その後の興味の段階は、人々がおそらく自分が何を探しているかをきちんと理解していて、あなたの製品が自分の探しているものかもしれないと思っている段階でしょう。見込み客がウェブサイトの特定の商品ページを訪問している場合、動画の一部を再生したものの、最終的にそのページを離れたときの詳細な情報を含む自動動画Eメールを設定することも可能です。

 

ビデオコンテンツをさまざまな形式に変換する

 

人々はさまざまな方法でメディアを使います。マーケティング担当者にとっては、見込み客がコンテンツを使用するため、さまざまなオプションや選択肢を提供することが不可欠です。SparkToroのRand Fishkinは、ホワイトボードフライデーというビデオを作成し、Mozブログに上げていましたが、さらに意識を高め、エンゲージメント率を高めてより多くの人々を引き付けるために、全文をあげるようにもしました。

 

「動画全体を見ている人は半数だけ、残りの半分は文を読んでいる」とも判断したのです。それから、90日後、ホワイトボードフライデー動画がYouTubeにアップロードされ、同時に重要なビデオデータをブログに埋め込むという形式になりました。

 

より多くの見込み客を生み出すためにビデオデータを追跡する

 

単に動画のいいね数、コメント、または意見を確認することは、ランディングページ訪問だけを確認していることと同じです。 虚栄の指標バニティメトリックではない動きを測定するには、マーケティング担当者はエンゲージメント率、動画の再生時間、動画からのコンバージョンに注目する必要があります。

 

10万人があなたのビデオを観て、気に入り、コメントしているのであれば、それは大成功のように思えるかもしれません。 しかし、平均エンゲージメント再生時間が10分の長さのビデオのわずか30秒であるとしたらどうでしょうか。 動画の先頭、途中、または末尾にフォームを追加すれば、見込み客を増やすことを見込んでいるマーケティング担当者向けにも有益ですし、その動画コンテンツの実際の影響の測定も可能になるでしょう。

 

TwentyThreeの調査によると、現在エンゲージメントを測定しているのは38%のマーケティング担当者のみで、ビデオマーケティングコンテンツからリードを収集しているのは18%のみだそうです。

 

マーケティング担当者は、エンゲージメントを高めてビデオで見込み顧客を生み出す必要性を知るだけでなく、行動を起こす必要があります。それがビデオコンテンツをデータ主導型にし、何が機能し何が機能しないのかを見つけるのに役に立つのです。

 

おすすめタグ