マーケティング

マーケティング

PR

Webデザイナーが自分自身のサイトをリデザインすべき理由 デザイン再構築の重要性を考える

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、One Designer’s Struggle to Redesign His Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

958 views

読了時間 : 約4分3秒

売れっ子Webデザイナーになることは、親になることに少し似ています。他人からのニーズ全てに注意を払うことに集中するあまり、自分のことを怠ってしまうかもしれません。

 

自分自身のウェブサイトより他に表立ったものはありません。

 

私たちはいつも、決定的なポートフォリオを作ることや、これから取り上げる素晴らしいプロジェクトなど未来のことについて話したいのですが、それほど単純なものではありません。私たちは過去の戦いの実績を、今一度知るべきなのです。私自身の再設計プロセスは2年近く続いています(私はよく分かっています!) そしてそれは永遠に続くように感じています。

 

しかし、そんな人は私一人ではないと思います。他のフリーランスデザイナーのバーチャルホームを見ると、しばしば古くなったブログ、時代遅れのデザイン、他にも放ったらかしにされている様子が伺われます。

 

私は今なぜ苦労しているのかを検証し、そしておそらく解決策を見つけられるであろうことから、時折過去の実績を調べる価値があると思っています。確かに、これは対顧客ではなく、私自身のサイトに費やす時間となります。しかし私にとって必要な時間となるでしょう。

 

おそらくこの記事を世に出すことによって、他の誰かにとって輝く新しいウェブサイトを構築するためのインスピレーションとなるかもしれません。少なくとも、私も一緒に行うことになりますが。

 

 

個人的なプロジェクト時間は確保しづらい

 

 

以前は、クライアント向けの作業が最小限で済むような期間になることがよくありました。

 

例えば、夏の終わりや冬の休暇を取り巻く期間は常に時間がゆっくりと流れていて、この期間は個人的なプロジェクトをブレインストーミングし、そして取り組めるチャンスでした。しかし、ここ数年では、時間の流れがそれほど頻繁にゆっくりになることがなく、なおかつ以前よりもその期間がはるかに短くなっているようです。これにより、通常の作業以外のことを考える時間が大幅に短縮されました。

 

もちろん、余りの時間が多すぎるよりも、少なすぎる方が良いに決まっています。しかし、あなた自身のために何かを造るという、クリエイティブな実験の機会から離れることになります。

 

私のサイトは、クライアントプロジェクトにまだ実装していない新しいアイデアの遊び場として機能していることがよくあるのですが…時間が非常に限られているので、再設計に取り組むことは、通常の営業時間外に働くことを意味します。しかし、子育て、夫の世話、そして家の中でやるべきことがすべて揃った後に、やる気は残っていません。

 

おそらくモチベーションの欠如は、状況が緊急性を欠いているという兆候なのでしょう。忙しいスケジュールに、まだ古くてもまだ機能しているウェブサイトの存在が相まって、再設計が今のやるべきことリストの中で最大のものではないのかもしれません。

 

 

 

 

素晴らしいコンテンツを目指して検討を重ねましょう

 

 

新しいデザインは常に素晴らしいのですが、私は既存のコンテンツを維持するかどうかの決定が困難だと思いました。問題は「何が最も有益な情報を提供しているか」なのです。

 

私がこれまでに提供してきたコンテンツは、私にとってよく役立っています。たぶんちょっと文字数が多すぎるけれど(それは私のスタイルなのだけど)、全体としてひどく欠陥があるとは思いません。唯一の例外はしばらく新しい投稿が追加されていない私のブログかもしれません。

 

しかし一方で、既存のコンテンツを元の状態にし続けることは、仕事の半分しか実行していないようなものなのではないかと、頭の半分では思っています。完全に新鮮なスタートのためには、見た目とコンテンツの両方をリフレッシュする必要があるようです。

 

いずれにせよ検討する意義があります。最終的に、私の状況改善のた​​めの最善の方法は、私が助けになっていると思う箇所で各々微調整をすることだと思っています。

 

たとえば、私の場合なら、コンテンツをより簡潔にしてフォローしやすくします。おそらくいくつかの視覚的ギミックを追加することになるでしょう。

 

似たような検討段階で立ち往生している人たちへの私のアドバイスとしては、あなたが現在保持している内容をよくチェックし、それらがあなたが誰であるかをよく反映しているかどうか確認しましょうということです。多少のマイナーチェンジが必要な人もいるでしょう。もしくは製図板に戻る必要がある人もいるかもしれません。

 

 

 

 

再設計はなぜ重要なのか なぜ重要ではないのか

 

 

美しく機能的なウェブサイトを持つことは、あなたのビジネスをブランディングするに当たって重要な要素です。それは私達が顧客にお勧めするものであり、デザイナーにも同様に当てはまります。

 

あなたはその才能とプロ意識を、最新の技術と共に見せたいのです。

 

あなたのポートフォリオサイトを見ることは、一部の潜在的な顧客にとって、あなたに手を差し伸べ連絡するかどうかの決定的要因になるかもしれません。要するに、これはあなたのビジネスの今と未来の両方を意味します。ただし、いったん市場に参入した後は、Webサイトを更新する頻度を見直す価値があります。現時点では、おそらく小さい規模のビジネスにおいては、より反復的な変更が求められています。

 

私は古い学校出身なので、2、3年ごとに完全な再設計をという暗黙のルールに長く従ってきました。状況によってはそれがまだ必要ですが、今はもう絶対に必要なことではありません。

 

あなたのサイトに完全な設計ミスがあるか、他の大きな欠陥に苦しんでいない限り、すでに持っているものにゆっくりと着実に改善を加える方法で問題ありません。私の自由時間とコンテンツの内容に関する問題以外で、これがまさに、私が何かを短期間で新しいものにしなくちゃ!と燃える願望を感じていないもう一つの理由なのかもしれません。

 

 

 

 

後日談とまとめ

 

 

フリーランスのデザインビジネスにおいて、顧客がコンテンツに満足しているか、きめ細かく確かめることも仕事の一部です。時にはそれはあなた自身のものを二の次にすることを意味します。

 

私自身、若い頃はそれに不満を感じていたかもしれませんが、今では貧乏くじを引いたような気はしません。私は自分のウェブサイトを再設計するのにかかった時間について、ある程度の罪悪感を感じる一方で、それが緊急事態からかけ離れていることも認識しています。

 

私はこれまで仕事をすることによって触発され、仕事を続けられてきました。確実に私はもう数回、製図板に戻ることになるでしょう。そのタイミングさえ正しいのであれば、すべての進行を止めて待つ価値があるのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ