マーケティング

マーケティング

PR

コロナ禍の年末、モバイルを中心にデジタルショッピングが急増中

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Why ecommerce marketers should look beyond Facebook & Google this holiday season
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

819 views

読了時間 : 約3分11秒

eコマースのマーケッターにとって、2020年のホリデーショッピングシーズンはかつてないチャンスです。

 

新型コロナウイルスは、アドレス可能な市場規模という点で5年後の未来に私たちを突き落とし、アマゾンのような大企業は利益を倍増させました。業界全体では、年末までに少なくとも20%の成長が見込まれており、その成長の多くはモバイルショッパーに起因しています。

 

一方で、高い失業率、大統領選挙、国の借金の増加は、伝統的に、ホリーデーシーズンを戦略的に狙う、テントポール市場である米国で、短く、変化が少ない、目先の利益のことしか考えないホリデー・ショッピング・シーズンにつながる可能性があります。

 

有料モバイル広告において、文化的、技術的、マクロ経済的要因が重なったことで、eコマースマーケティング担当者が、重要な決断を迫られています。拡大する市場を活用するために新たな機会を模索すべきか?それとも、過去に成功したことを強化するのか?

 

 

統合か多様性か

 

労働争議や政治的ボイコットは別として、FacebookやGoogleのような知名度のある企業との取引を増やすことで、需要の拡大に対応することは、客観的に見て魅力的です。

 

主に広告によって収益化されていない領域とはいえ、エンゲージメントが高まっており、主要な広告主は、複占により支出を大幅に削減し、コスト削減という困難を乗り越えようとしていますが、結果それが、広告表示回数の競争緩和になります。残念ながら、このようなメリットがモバイルeコマースのマーケティング担当者に届く可能性は低く、モバイルeコマースは、流行の影響を実際に受けている数少ない業界の一つであることに変わりはありません。

 

昨年のオンライン・ホリデー・ショッピングの前年比20%増の勢いがさらに加速し、同じオーディエンスを獲得するために競争する企業が増えることで、eコマース・マーケッターにとってはメディア・コストが上昇する可能性が高くなります。実際、Facebook全体のCPMは、2020年1月からすでに40~50%上昇しています。

 

今年のホリデーシーズンで、eコマースマーケッターにとっての真のチャンスは、ウォールドガーデンで支出を減らし、代わりにモバイルエコシステムを集合体として扱い、それぞれが独自の利点を提供する複数の解決策に投資することにあります。

 

多様性を介してのみ、マーケティング担当者は、競合他社を操り、過度に保守的な広告予算の危険性から自身を隔離することができます。

 

 

Facebook・Instagram以外のプラットフォーム

 

マーケティング担当者として、「モバイル」をFacebookやInstagramのアプリだけに限定してしまうと、非常に大きな不利益を被ることになります。何年も前に、モバイル・エンゲージメントの大部分がどこに向けられていたかを示す略語としては正確だったかもしれませんが、今日ではあえて、新しいデジタル世界が形を成しつつあるという事実から目を背けています。

 

不確かな時代に、遊び、つながり、探索、そして情報を得るために、これまで以上に多くの人々がモバイル機器に依存しているため、モバイルエコシステム全体が活気に満ちています。

 

ロックダウンにより、モバイルサーフィン時間に費やせる時間が膨大に増え、その結果、モバイルアプリのアクティビティが全体的に20%急増しました。モバイルゲームのダウンロードは前年比39%増となっており、このカテゴリーでは収益の63%が広告表示回数によって生み出されています。

 

同時に、Twitchのようなストリーミングプラットフォームでも、新たなオーディエンスや有意義なつながりを求めるクリエイターが浮上しています。TikTokのような新興のソーシャルメディアプラットフォームは、ユーザーが作成したコンテンツで溢れており、地域のニュースサイトでさえも、トラフィックレベルが季節平均を150%も上回っています。

 

 

 

先行者の優位性を活かす

 

このようにデジタル環境への大量移動が相まって、モバイルユーザーのタップ、スワイプ、スクロールが記録的な数に達していることから、パブリッシャーからの広告依頼が急増しています。あらゆる種類のモバイルパブリッシャーが、成長するユーザーベースを収益化しようと躍起になっているため、費用対効果の高いユーザー獲得の機会が無数に生まれています。

 

 

これらの機会を実現するためには、モバイルマーケティング担当者が予算をコントロールし、コンフォートゾーンの外に飛び出し、デジタル広告大手のアルゴリズムに任せるのではなく、自分たちで成功をものにする必要があります。より大きなモバイル広告エコシステムの基礎となる技術に精通することで、マーケティング担当者は成功に必要なツールを装備することができます。

 

良いマーケティングとは、リスクテイクの計算です。信じられないかもしれませんが、Facebookの動画広告に予算を割り当てることが危険であるとみなされている時期がありました。少数のリスクを取った勇敢な人たちは、結果として計り知れない報酬を享受しました。

 

今日においても状況は同じで、新しいチャネルやオープンマーケットのソリューションを取り入れることによってのみ、マーケティング担当者はメディア価格の上昇を補い、競合他社を凌駕し、今年のホリデーシーズン以降の成功に必要なリスクを取るために必要な俊敏性を身につけることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ