マーケティング

マーケティング

なぜデータマネジメントツールの複数利用はよくないのか?ツールを正しく使ってデータを効率よく分析する

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Why using too many data management tools is bad for strategy
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

265 views

読了時間 : 約2分28秒

何年か前は、どのウェブセミナーも会議でも「データドリブン」という言葉抜きでは進行することができませんでした。個別の内容のe-mailを顧客に送信したり、ソーシャルメディアでターゲットを絞り直したりすることにより、データは私たちのマーケティングでの課題に対する答えになり得ました。

 

そしてその何年か後に、各ツールにより私たちは求めていたものを手に入れたのです。顧客との相互発信から生まれるデータドリブンな視点です。

 

しかしマーケッターをデータベースの戦略に集中させるどころか、私たちのほとんどはたくさんの異なる競合するデータマネジメントツールに圧倒されている現状です。

 

最近ではアトリビューション分析やデータマネジメントの分野でより深い研究をすべく、Fospha社がClickZ社と提携しました。そして私たちは370ものマーケティングの専門家を、ブランドとマーケティングエージェントの両方の観点から調査しました。

 

その調査の結果は、膨大な数のデータはやりすぎになるという面白い内容となりました。

 

ほとんどの企業は莫大な数のデータに注目している

 

私たちのすべてのデバイス、アカウント、アプリは莫大な数のデータを生み出しています。圧倒的な量は印象的であるが、すべてのデータは我々が整備して理解しない限り基本的に無意味なのです。

 

一方でブランド調査結果のうち51%が、彼らはデータを整備・理解する為にテクノロジーを利用している、データから意味を見出すことに苦戦しているということがわかりました。

 

実際にブランド調査結果のうち33%は、データの複雑性はブランドにとって大きな課題であると答えていて、それは残りの64%のブランドがなぜ自社のデータの半分も有効利用できていないかの答えでもあります。

ツールを理解する為のツールを採用する

すべてのデータを分析する試みにおいて、多くのブランドはどうアクションするかを掴む為にツールごとにデータ分析ツールを採用しています。

 

研究結果としては、彼らは自社データを有効にする為に、基本的に7つの異なるツールを利用しているとわかりました。しかしこのような多数のツールを利用していると、矛盾なく計測することが難しくなり、データドリブン戦略の管理が困難です。

 

20%の企業は有効でないと回答していましたが、たった7.8%の企業が、第三者データを使用する手法はとても有効であると回答しています。

 

第三者データの有効的でない利用は、どこが問題であるかを決定する際に担当部門がミスリードしている可能性が高いと言えます。

 

調査の結果から、たった17.5%の企業がマーケティングの効果を測る共通指標を能動的に利用していて、29.2%の企業は「利用するよう試みている」と回答していることがわかっています。

 

また21.4%のブランドは「共通指標を利用していない」、18.2%の企業は「利用していないが、すべきだ」と回答しています。

 

長期的目線の戦略はより注意深い分析が必要

 

Experian社の2018年度の調査結果によると、89%の企業役員が貧弱なデータはカスタマーエクスペリエンスの提供能力を害すると答えています。

 

すべてのデータを有効活用する為には、冒頭に述べた7つのこと異なる種類のツールを導入している企業であってもさらに他のツールを導入していくできです。

 

実際43%の企業は、新しい戦略や指標、ツールを来年には導入しようと考えていると回答していますが、新しいツールの導入は、かけるコストとして間違いになることもあります。

 

加えて、新しいツールはブランドがすでに知っていることを表示してくるかもしれません。もしくは最悪、ブランドのゴールとアイディアを混同させてしまうかもしれません。

 

新しいツール導入に資金を掛けるよりは、ブランドはデータ分析のプラットフォームを確立させることで彼らのデータの潜在能力を開花させることが可能です。

 

これらのプラットフォームからの分析結果は、企業の進むべき方向をデータに裏付けされた目標や動機によって、より良く決定してくれます。これは、次のステップであり、企業の意思決定において確かな進化を提供してくれます。

おすすめタグ