マーケティング

マーケティング

【Youtuber必見!】SEO対策: 動画のランキングを上げる方法

Sprout Social

本記事は、YouTube SEO: How to boost your videos’ rankings
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

125 views

読了時間 : 約7分20秒

YouTubeのSEO対策に頭を抱えていませんか?

 

その気持ち、よく分かります。チャンネルを軌道にのせるのは大変です。良いニュースは、視聴者はすぐそこにいるということです。最近のYouTubeの統計によると、検索を介してコンテンツを発見する視聴者が増えています。ビデオの視聴数は今や史上最高です。動画SEOの基本を学ぶことで、動画を見つけてもらいやすくし、チャンネルの幅を拡大できます。

 

そして、一般的に考えられているのとは違い、SEOは技術的なノウハウやスパム戦術の類を必要としません。すべての動画に簡単に適用できるYouTube向けSEOの手順ガイドを読んでみましょう。

 

1. キーワード調査を行い、需要の高い動画のアイデアを見つける

まず最初に、人々が探している動画のトピックを掘り下げます。

 

デフォルトでは、YouTubeは視聴者が希望するものにクリエイターを結びつけるというかなり管理されたやり方をします。 YouTubeの検索バーにキーワードまたは用語を入力するだけで、実際の視聴者からの多数のキーワードが表示されます。

キーワード調査の目的は、すでに存在しているキーワードを真似ることではありません。代わりに、これらの用語を使用して、新しい潜在的なトピックを探し、他にどのようなキーワードのチャンスがあるかを確認できます。

 

たとえば、ユーズド加工ジーンズについての動画を作ることに興味があるファッション系YouTuberだとします。上位の結果を確認するだけで、「DIY」や「デニム」などの周辺用語が主要キーワードの横に表示されていることがわかります。

他の関連用語を掘り下げて、動画のニッチを絞り込み、「ユーズド加工ジーンズ」を超えた独自のアングルを見つけることができます。

 

たとえば、「はさみ」、「ナイフ」、「サンドペーパー」などの特定のツールやテクニックや、「大きな穴」などの特定のスタイルのユーズド加工ジーンズについて話すかもしれません。動画をニッチダウンするということは、より限定的な視聴者をターゲットにしていることを意味し、もう確立された動画やチャンネルと競争しようとする可能性が低くなります。

動画SEO調査を行うもう1つの場所はGoogleです。これは、YouTube動画がGoogleの検索結果でランク付けされているためです。つまり、検索でポップアップ表示される動画は、SEOが最適化されている可能性が高いです。これらのビデオがどのようなタイトルとサムネイルを付けているか注意して見てみてください(詳細は後で説明します)。

最後に、Googleのキーワードプランナーツールを使用してキーワード調査をしてみましょう。ビデオSEO自体には関係ありませんが、Googleを使用することのもう一つの利点は、人々が実際に使用している実際の検索キーワードを明らかにできるということです。

キーワード調査の目的は、アイデアをブレインストーミングし、視聴者が望むものを理解することです。コンテンツ全体にキーワードと関連用語を含めることによって、YouTube のSEOを完全に無視している動画よりも高いランキングを得ることができます。

 

2. YouTubeのタイトル、説明、タグ、サムネイルを最適化する

それでは、キーワードのアイデアを取り入れ、コンテンツに組み込む方法を見ていきましょう。

 

このセクションでは、クリックを量産し、舞台裏でSEOを最適化できるように、YouTube動画を最適化する方法を詳しく説明します。

 

ランキングやリーチを保証する特効薬はありません。とはいえ、以下のヒントは、YouTubeのアルゴリズムに影響し、より多くの視聴回数を記録する可能性を高めます。

 

タイトル

魅力的なタイトルは、あなたの動画を成功させたり壊したりする可能性があります。

 

従来の知識では、75文字までがタイトルとして良い文字数であるため、単語は慎重に選択する必要があります。

 

以下は、見出しの書き方の良い例に従っているタイトル形式の一例で、キーワードのアイデアをシームレスに統合できるかと思います。

 

・質問をする(「何故」や「~とは?」)

・まとめ作成(「トップ5」や「~な5つの理由」)

・ハウツーとチュートリアル(「~の方法」)

・比較と対比(「5位までランク付け」や「良いものから悪いものまで」)

DFBガイドのようなチャンネルは、ほぼ必ず上記のフォーマットに従っており、その視聴回数自体がその効果を物語っています。

制限されているタイトルはこれらだけではありませんが、人々の好奇心とキーワードの使いやすさの両方では間違いなく最も安全なオプションです。補足として、クリックベイトは書かないようにしてください。視聴者はこれらのやり方にますます慣れてきて疲れています。つまり、コンテンツへの信頼が低下する可能性があります。

 

説明文

YouTube SEOに関しては、説明文は間違いなく重要です。

 

5,000文字の場合、キーワードをここに詰め込むのは良いかもしれません。

 

ただし、それは明らかにこのスペースの目的ではありません(そして、キーワードの乱用が問題を引き起こす可能性があります)。

 

YouTubeの説明文にスパムの類を避けてキーワードを自然に組み込む方法はたくさんあります。また、説明文は、YouTubeからウェブサイト、ランディングページ、ソーシャルメディアチャネルにトラフィックを集中させるために重要です。

 

つまり、このスペースを無駄にしないでください。説明文に含める要素の組み合わせは次のとおりです。

 

・主なキーワードを組み込んだ動画の簡単な要約

・チャンネル上のキーワードに関連する他の動画へのリンク

・関連する検索用語を組み込んだ動画のタイムスタンプ

・ウェブサイト、ソーシャルチャネル、その他のプロモーションへのリンク

全くスパム行為をすることなく、YouTube SEOのベストプラクティスにちゃんと従った説明の例をいくつか見てみましょう。

このBeardbrandの説明文では、他の動画へのリンクを含め、複数のキーワードが統合されています。これにより、エンゲージメントが向上し、総再生時間が長くなります。これらはすべて動画SEOにとって良いことです。

 

Elgatoに関するこの説明では、特定の製品のキーワードをターゲットにしています。YouTubeチャンネルのROIを現場での購入に結び付けたいのであれば賢い選択です。

Food Wishesによるこの簡単な例は、説明にキーワードを含めることは複雑である必要がないことを証明しています(このビデオは「バクラバレシピ」で1位にランク付けされています)。

以下は、タイムスタンプを介して特定の製品関連のキーワードを統合するJHSペダルのすばらしい例です。補足として、動画にタイムスタンプを含めることは、視聴者が動画の最も関連性の高い部分に集中できるようにすることで視聴者が逃げてしまうのを防ぐので、エンゲージメントには最適です。

最後に、SEMrushのこの例では、キーワードの豊富な説明、タイムスタンプ、サイトの有用なリソースへのリンクを使用して、上記のすべてを実行しています。

サムネイル

サムネイルは動画のSEOに直接関連付けられているわけではありませんが、視聴者の注意を引き付け、クリックを獲得するために重要です。

 

経験則として、多くのチャンネルにおけるYouTubeサムネイルのベストプラクティスは以下の通りです。

 

・印象的な色(テキストまたは背景)

・動画のタイトル(またはベネフィット)を強調する太字のテキスト

・人または何らかのアクション

 

以下は、Upright Fitnessの例です。

サムネイルは、ブランドのアイデンティティを確立し、チャンネルに必要なプロっぽさを与えるために重要です。

 

タグ

タグは、YouTube SEOの側面では些細な部分であり、視聴者が目にすることはまずありません。

 

ただし、これは、動画に大量のタグを詰め込む必要があるという意味ではありません。

 

タグの背後にある概念は単純です。動画に説明的な用語のタグを付けることで、YouTubeが視聴者に関連するコンテンツを推奨するのに役立ちます(「DIYジーンズ ユーズド加工」または「ユーズド加工ジーンズ はさみ」と考えてください)。

 

YouTube自体は「最適」と見なされるタグの数を指定していませんが、タグは5つぐらいがほとんどのチャンネルにとって良いようです。

 

もし見本となるようなタグがどんなものか興味があったり、ライバルたちが使用しているタグを確認したい場合は簡単です。動画に移動し、ページソースを表示(CTRL+U)してから、「キーワード」を検索(CTRL+F)してタグを見つけるだけです。

3. 動画内でのエンゲージメントを高め、コンテンツを外部で宣伝する

まとめとして、プラットフォーム上とプラットフォーム外の両方で動画のエンゲージメントを高めるための、それほど技術を必要としないYouTube のSEOのヒントについて見ていきましょう。

 

動画内でのエンゲージメントの要求

ほとんどすべての検索アルゴリズムの場合と同様に、閲覧数、クリックや新規購読者数などの「一般的なエンゲージメント」は、コンテンツのパフォーマンスにとって効果的です。

 

視聴者の反応を得るためにできることなら何でもプラスです。そのためのいくつかのヒントは次のとおりです。

 

・コメント、「いいね」、チャンネル登録をお願いすること(恥ずかしがる必要はないですが、視聴者を不快にしてはいけません)

・何らかの行動を促すフレーズを動画に含める(例えば質問を投げかける、など)

・動画の説明の最初の行に行動を促すフレーズや質問を追加する

 

ちなみに、いいねやコメントを必死に頼み込む必要はありません。最初または最後にさっと言及するか、視聴者の邪魔にならないよう動画内で促すぐらいで大丈夫です。以下は、Emergency Awesomeの例です。

YouTube以外でコンテンツを共有および宣伝する

視聴者にあなたのYouTubeコンテンツを紹介するということは、できるだけ多くのチャンネルで一貫したプロモーションを行うことを意味します。これには以下が含まれます。

 

・サイトやブログ投稿内に動画を埋め込む

・メールマガジン購読者への動画コンテンツの宣伝

・ソーシャルメディアで動画を共有する

 

最後のポイントは重要です。動画コンテンツはソーシャルメディアを介してよく機能します。だから、企業は最新の動画をTwitter、Facebook、LinkedIn、Pinterestで何度も何度も共有しているのです。

 

4. アナリティクスを見て、何が上手くいっているか(何が上手くいっていないか)を把握する

YouTube SEOの最後の部分は、結果の分析です。

 

YouTubeアナリティクスを通じて、コンテンツのパフォーマンスを評価でき、SEOに関して何が上手くいっていて、何が上手くいっていないかが分かります。

 

たとえば、YouTubeダッシュボードから次のことがわかります。

 

・ランキングに入っているキーワードは何か

・どのタイプの動画が評価されているか (ハウツー動画なのかまとめ動画なのか)

・評価されている動画の長さ

・最も多くのトラフィックとプラットフォーム外のエンゲージメントをもたらす動画はどれか

YouTube SEO戦略の方向性を知りたい場合は、あなた自身が今まで辿った履歴を知る必要があります。あなたのデータに基づいて、新しいトピックやキーワードを探ることができます。

 

YouTube SEOの知識を実践する準備はできましたか?

動画のSEOと最適化は、ロケット科学である必要はありません。上記のヒントと原則に固執することで、リーチを拡大するために動画を最適化するにあたって、すでにライバルたちを出し抜いています。そして覚えておいてください。動画コンテンツはソーシャルメディアで最も共有されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ