マーケティング

マーケティング

【トレンド】あなたのマーケティング戦略をパワーアップさせるYouTubeに関する40個の統計と事実

Sprout Social

本記事は、 40 YouTube stats and facts to power your 2020 marketing strategy
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

245 views

読了時間 : 約8分0秒

YouTubeは、単なる動画投稿サイトではなくGoogleに次いで2番目に訪問者の多いサイトです。

 

 

15年というとYouTubeの成功には十分な時間であったと思われるでしょうが、プラットフォーム自体はローンチの1年後である2005年の時点で急速な成長を見せていました。2006年の7月までに、オンライン上の動画視聴の60%を占めていました。

 

 

ですので、何かのやり方の動画を見たい・もしくは単に時間をつぶしたいそのどちらであってもYouTubeは最適です。プラットフォームが有名になったことで、あなたのマーケティング戦略に欠かせなくなったはずです。

 

 

YouTubeに関する統計を知ることが必須で、特に人口統計とユーザーデータが重要です。下記の40個のYouTubeに関する統計を是非あなたのマーケティング戦略の2020年版に組み込んでください。

 

 

You1ubeに関する人口統計

YouTubeの人口統計や使用法を知ることはプラットウォームのポテンシャルを知ることができ、ターゲット顧客にアプローチしやすくなります。どれだけYouTubeが人々のオンライン生活に影響を与えているか確認してみてください。

 

 

 

1 、今や毎月2億ものYouTubeユーザーがいて、2018年の公表の数値より5%も増えています。これは最大級のプラットフォームだと言えます。そしてあなたのビジネスがニッチな内容であるかどうかに関わらず、マーケット戦略に組み込むことが重要となります。

 

 

 

2、もし圧倒的多数のユーザー数だけでは納得感がないのであれば、このプラットフォームが18歳から49歳のユーザーの間でケーブルTVよりも確実にアプローチできていることを認識すべきです。

 

 

3、Netflixに続き、YouTubeは18歳から34歳の間でTV画面で動画を視聴しているプラットフォームであると言えます。

4、YouTubeは、ティーンエイジャーにアプローチできる完璧なプラットフォームで、15歳から25歳の間で81%のアメリカのインターネットユーザーが使用しています。

 

 

 

5、おもしろいことに、YouTubeは他の年齢層にも人気があります。26歳から35歳の71%のインターネットユーザー、また36歳から45歳の間の67%、また46歳から55歳の66%、また56歳以上の58%のユーザーに人気があります。

 

 

 

6、このプラットフォームは、80の異なる言語でアクセスできることを達成しました。事実、YouTubeは100の国でローカルバージョンをローンチしています。

 

 

 

7、仮にあなたが一国レベルでマーケティングを行いたいとしても、そのアメリカでの最大の視聴者数によってYouTubeは最適なプラットフォームであると言えます。Alexaによると、15.2%のサイト訪問者はアメリカの人であるとわかっています。

 

 

YouTubeユーザー統計

8、YouTubeの動画に関する統計によると、YouTubeをTV画面で見るスタイルが人気になってきているとわかりました。2019年の3月より、ユーザーは2.5億時間以上をTV画面で見ていて、39%も去年より増加しています。これらの数値はGoogleの有料チャンネルとYouTubeを含んでいます。

 

 

 

9、この新しい傾向にも関わらず、モバイルでの視聴はYouTubeユーザーの70%をも占めています。

 

 

 

10、YouTubeユーザーはエンゲージ率が高く、毎日平均で1億時間も視聴されています。

 

 

 

11、500時間以上の動画が毎分アップロードされており、これは2014年から40%は増加しています。

 

 

 

12、平均のユーザーは11,50秒毎日プラットフォームに使っていて、6.740ページも見ています。

13、YouTube動画の統計によると、音楽動画は視聴者に一番愛されています。事実、トップ30の最も視聴されている動画は、6.6億回再生された“Despacito”を含め音楽動画です。

 

 

 

14、マーケッターやクリエイターは他の種類の動画も作成できるので心配無用です。商品レビューやハウツーもの、Vlogなど人気の動画種類です。

 

 

 

YouTuberの統計と事実

トップYouTubeチャンネルの統計は、どのYouTuberがこのプラットフォーム上で影響力を持っているか知ることができます。このデータを使って、あなたのインフルエンサーマーケティングとパートナーシップ戦略2020年版の内容を練っていきましょう。

 

 

 

15、 YouTubeチャンネルの統計は、2020年1月の1.2兆人の定期視聴者によってTシリーズが最も人気のあるチャンネルであることを示しています。この2018年のフェイク定期講読者論争によって20万人の定期購読者を失ったにも関わらずです。

 

 

 

16、ビデオゲームコメンテーターのPewDiePieは約1兆人の定期購読者によって2位につけています。

 

 

 

17、しかし収益の話となると、YouTuber統計とデータは子供が大きな影響力を持っていることを示しています。最も稼ぐYouTuberは8歳のRyan Kaji君で、2018年から2019年の間で2600億ドルも稼いでいます。

 

 

 

18 ,Dude Perfect は2位につけていて、2000億ドルを稼いでいます。5歳のAnastasia Radzinskayaは、1800億円稼いでいます。

 

 

 

19、前述のトップYouTuberのPewDiePieは今や7位につけていて、Markiplier と組んで1300億円を稼いでいます。

 

 

20、美容分野では、インフルエンサーのコンテンツが視聴の60%占めていて、39%はブランドのものです。残りの1%は出版系のコンテンツです。

YouTubeのマーケティング統計

YouTubeの人口統計、使い道の統計データはとても便利で、マーケッターが一番必要としているのは、広告とマーケティングに関するデータです。

 

 

 

21、マーケッターは動画のコンテンツを強く要求してくる割に、YouTubeの存在をなおざりにします。Sprout Social によると、最近のソーシャルトレンド上ブランドのLive動画を顧客は見たがっているのにも関わらずたった24%しかYouTube Liveを戦略に入れていないことがわかりました。

 

 

 

22、あなたがより多くのYouTubeインフルエンサーのマーケティングキャンペーンの動画を見ているのには理由があります。人々はプラットフォーム上のクリエイターの大ファンで、彼らのコンテンツを続けてみる傾向があります。事実、70%以上のユーザーは2017年から2018年の間にインフルエンサーコンテンツにエンゲージしています。

 

 

 

23、同時に人々は、消費行動のために、YouTubeを見ているこおとがわかりました。どの商品
を買うべきかという動画の視聴率が2倍の伸びがありました。

 

 

 

24、YouTubeは、70%のマーケッターの投票によるとインフルエンサーマーケティングにとって近年二番目に有名なソーシャルメディアチャンネルであることがわかりました。また
YouTubeは、Instagramの投稿やストーリーに次いで三番目に効果的なインフルエンサーマーケティングのフォーマットであると言えます。

 

 

 

25、Youtubeでマーケティング動画を作成する際には、作品の質がとても重要です。しかし視聴者との関連性がその1.6倍も重要です。視聴者は自分の興味のあるものに関連する動画を見たいと思っています。その旨をぜひ2020年の動画マーケティング戦略に組み込んでみてください。

 

 

 

YouTube広告統計データ

27、有料のソーシャルメディアに関しての話になった際には、YouTubeは、48%のマーケッターが使っている、三番目に人気のプラットフォームとなっています。

 

 

 

28、動画の前のスキップ可能な動画広告が最も効果的であると29%のマーケッターが答えています。

29、当然、78,8%のマーケッターはYouTubeは最も効果的な動画プラットフォームであり、58,5%を占めるFacebookを超えています。

 

 

 

30、 このプラットフォームはデジタル動画広告の27,1%を占めており、62%のマーケッターはよりYouTubeでの動画広告を増やしていこうと考えています。

 

 

 

31、アメリカ単独で、2019年度4,96億ドルの広告収入があり、2020年には5.47億ドルの収入になると言われています。

 

 

32、これらの数値はブランド戦略のためにショートサイズの広告の70%が使われており、それらの伸びを見ると納得できるものです。

 

 

 

33、事実、90%のYouTubeの動画広告はブランドのイメージ戦略に貢献しています。

 

 

 

34、よりインパクトがあるのは、Google Preferred adで、それはYouTubeの影響力のあるコンテンツと共にブランドメッセージを伝えてくれるものです。

 

 

 

35、TrueView adsはユーザーが見たいと思う広告を決めさせる点でとてもインパクトがあります。10人のうち8人はTrueView adsをメインの広告として気に入っています。そして、10人のうち9人はrueView adsがよい視聴環境を提供してくれると言っています。あなたにとっても、見たい広告のみに料金が発生することは良いことでしょう。

 

 

 

B2BマーケッターにとってのYouTube統計

YouTube統計が用途や人口統計に集中しているにも関わらず、B2Bマーケッターに関してはプラットフォームとしての活用を思いとどまらせています。もしあなたが、正しい戦略を実行したならば、YouTubeはB2B顧客に対しても魅力的にアプローチできるパワフルなプラットフォームです。

 

 

 

以下のB2BYouTube統計データを見て、2020年度のマーケティングの材料にしてください。

 

 

 

36、B2Bマーケッターの中では動画はトップ5の最も使われているコンテンツタイプで、彼らのうち71%が使用しています。YouTubeはあなたのB2Bマーケティング戦略の一部になり得ます。

 

 

 

37、YouTubeはオーガニックコンテンツマーケティングにおいて4番目によく使われているソーシャルメディアプラットフォームで、53%のB2Bマーケッターが利用しています。

 

 

 

38、有料のソーシャルメディアにおいて、YouTubeは最もよく使われているプラットフォームの中でランク5位に位置しています。B2Bマーケッターのうち11%は有料コンテンツの宣伝の為に使っています。

 

 

 

39、ウェビナーは、その情報の豊富さとパーソナルさによって、B2Bビジネスで成功するために最高のトップコンテンツと言えます。よって、もしまだウェビナーを使っていないのなら、2020年度のマーケティング戦略に組み込んでみてください。

 

 

 

40、事実、2018年から2019年の間に、64%のB2Bマーケッターは、ウェビナーやライブストリーミングのような音声もしくは動画コンテンツを増やしています。

 

 

 

YouTube統計データの大部分を占めるもの

これらの重要なYouTube統計データは、B2BやB2Cマーケッターにとってどれだけ影響力のあるプラットフォームであるか示しています。あなたの若年層の顧客にアピールするには、YouTubeは十分に影響力を持っており、どの年齢グループにもアピールできます。

 

 

 

視聴者はブランドの関連動画を見るのを楽しみにしているので、あなたの2020年のマーケット戦略にYouTubeLIveを入れましょう。もしプラットフォーム上で有料広告を出す予定なら、投資した金額に見合うようにGoogle Preferred やTrueView adsを使いたくなるでしょう。

 

 

 

今まで紹介したTouTube統計データの中で、気になったものはありましたか?Sprout をTwitter でフォローして、ソーシャルメディアのマーケティングトレンドを確認してください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ