プログラミング

プログラミング

2021年ウェブサイトビルダーTop5

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、5 Best Website Builders to Use in 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

122 views

読了時間 : 約8分52秒

今日において、webサイトを持つことは贅沢ではなく、必要条件です。どんなニッチビジネスであっても、オンラインでwebサイトを取得する必要があります。

 

ウェブサイトを構築するのは困難な作業で、時には少し圧倒された感じになります。必要条件であるという理由だけで、ウェブサイトを作成したいとは思わないでしょう。

 

ブランドのビジュアルやイデオロギーを美的に表現し、優れたバックエンド構造によってサイトを支えるよう心がける必要があります。ホームページを作るための技術を身につけなければならない時、多くの人が不安になります。

 

コーディングは、数日または数ヶ月で学ぶことができるものではありません。ビジネスのオーナーとして、やるべきことは他にもあります。その為、コーディングについて学ぶのに多くの時間を投資することはできません。

 

それに、Webデザイナーを雇うのは高くつきます。Webデザイナーに頼まない場合、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えは簡単です:信頼できるウェブサイトビルダーを使用しましょう。ウェブサイトのビルダーは、コードの書き方を学んだり、プロのウェブ開発者を雇うことに多額の現金を費やしたりすることの葛藤を理解しています。

 

そのため、コーディング、UX、デザイン、インターフェースなど、ウェブサイト制作のすべての要素を扱うプラットフォームを提供することで、市場に対応しています。

 

ウェブサイトビルダーは、数回のクリックでゼロからあらゆるデザインを作成することができます。最高のウェブサイトビルダーにたどり着くには、さまざまなパラメータを見て、何がウェブサイトビルダーを良いものにするのかを理解する必要があります。:

 

 

1. 価格:

 

 

ウェブサイトビルダー市場では競争が過熱しています。これを利用して、お金のためにも価値のあるウェブサイトのビルダーを探しましょう。

 

無料ドメイン、ビジネスメール、標準機能などの特定の機能は、各ウェブサイトビルダーがどれだけ顧客に提供しようとしているのかを理解する上で、重要な役割を果たします。

 

 

2. カスタマーサポート:

 

 

ウェブサイトビルダーの売りの一つに、使い勝手の良さがあります。当然のことながら、反応の速さと親しみやすいカスタマーサポートは必須条件です。

 

したがって、必要なときにサポートが利用できるよう、使いやすいインターフェイスと24時間365日のカスタマーサポート、またはそれに近いものを用意するべきです。

 

 

3. 使いやすさ:

 

 

ウェブサイトビルダーの目的は、すべての人のためにウェブサイトを作成するプロセスを容易にすることです。効果的なウェブサイトビルダーは、全くの初心者と非技術的なユーザーにとっても使いやすいものでなければなりません。

 

ウェブサイトビルダーは、ドラッグ&ドロップ式のビルダー、カスタマイズオプション、強力な編集ツールを備えている必要があります。

 

 

4. デザインと機能:

 

 

効果的なウェブサイトビルダーには、プロ仕様のテンプレートや、Google Analyticsなどのサードパーティのマーケティングツールなどの重要な機能を追加できる柔軟性が必要です。

 

 

5. データーの所有権と将来性:

 

 

最後にどのウェブサイトビルダーを選んだとしても、規約と条件が明確であるか、データを所有していることを述べているかどうか確認するべきです。プラットフォームを変更したい場合は、ポータブルです。

 

上記をパラメーターとして、中小企業のオーナー、起業家や他のすべての人々が2021年に使用すべき5つの最高のウェブサイトビルダーについて紹介していきます。:

 

 

1. Squarespace:

 

 

Squarespaceは、ウェブサイトビルダーにしては比較的新しいプラットフォームです。2004年1月に開始しました。短いスパンで、SquarespaceはWordPress、Shopify、そしてこのリストで説明する他のウェブサイトビルダーの中で有名になりました。

 

Squarespaceは、オールインワンのプラットフォームとして知られており、競合他社に比べてより優れたブログツールを持ち、受賞歴のあるカスタマーサポートを提供しています。

 

また、100以上の柔軟なテンプレートがあり、モバイルデバイスに完全に適応しています。  Squarespaceは市場の可能性とニッチを明確に理解しており、ブログ、オンラインストア、ポートフォリオなどのウェブサイトビルダーとして活躍しています。

 

Squarespaceでは、ウェブサイトにコンテンツを追加するのがとても便利です。また、ドラッグ&ドロップツールでアイテムを移動させ、数分でレイアウトを作成することができます。

 

ウェブサイトにオンラインストアを追加するには、Eコマースプランを選択することができます。Squarespaceのeコマースインターフェイスは、簡単にPOSシステムを統合しながら、注文、在庫、割引を管理することができます。

 

さらに、Squarespaceには非常に便利な拡張機能があり、ユーザーはこのプラットフォームで構築されたウェブサイトをさらにカスタマイズすることができます。これらの拡張機能は、ビジネス、金融、フルフィルメント、配送、販売、マーケティング、製品、在庫のための拡張機能を含む様々なカテゴリで利用可能です。

 

プランの価格帯についてですが、個人のウェブサイトであれば月額12ドルから、ビジネスのウェブサイトであれば月額18ドルの基本的なプランからです。電子商取引のウェブサイトであれば、基本的なプランは26ドルからで、より上のプランであれは40ドルの費用がかかります。これらの月額料金は、初年度無料でドメイン名登録ができる1年契約に基づいています。

 

Squarespace eCommerceのとしての支払い方法は、Apple Pay、Stripe、PayPalがあり、顧客にとってより柔軟性のあるものとなっています。

 

2.WordPress

 

 

WordPressは最も人気のあるウェブサイトビルダーの一つです。現在、世界中のウェブサイトの33%を占めています。先に進む前に、重要な違いについて説明すると、コンテンツ管理システムであるWordPress.orgと、単なるブログホスティングサービスであるWordPress.comは全くの別物です。

 

WordPress.orgは、ユーザーにWordPressの機能へのフルアクセスを提供しており、このプラットフォームは、何年にもわたって大きく成長、拡大してきました。

 

現在、あらゆるウェブサイトを構築する能力を持っている、オープンソースのプラットフォームです。誰でも無料でダウンロードして使うことができます。

 

WordPressの「自由」な側面は、「自由」についてです。サービス違反や検閲でサイトを停止されることなく、誰にも邪魔されることなく、サイトを自由に使うことができます。

 

また、制限なく自由にウェブサイトをカスタマイズする事ができます。ただし、ドメイン名とウェブホスティングの登録が必要です。条件にもよりますが、追加料金が発生する可能性のあるプレミアムWordPressテーマやアドオンを購入しなければならない場合もあります。

 

WordPressの最大のメリットは、その人気の高さにあります。プラットフォームとしての可能性を拡げるために作成された、サードパーティ製のアドオンやプラグインが多数あります。また、ユーザーがeコマースストアをセットアップするのに役立つwoo-commerce(同社のeコマースプラグイン)もあります。しかし、ビジネスプランにアップグレードするまで、任意のプラグインを追加することはできません。

 

価格設定の話をすると、WordPress自体は自分でインストールして、別途ホスティングを購入すれば無料です。しかし、WordPress Premiumを利用したい場合は、個人サイトに必要な基本的なものをカバーするために月額4ドルかかります。

 

プレミアムプランは、eコマースがついている為、月額45ドルまで上がります。WordPressウェブサイトのために、プロのウェブサイトデザイナーを雇う場合、費用は1000ドルまで急騰する可能性があります。

 

 

3.Shopify

 

 

Shopifyは、Eコマースウェブサイトとオンラインストアに特化した、Eコマースウェブサイトビルダーの一つです。50万以上のビジネスをカバーし、100万人のアクティブなユーザーがいる強豪です。すでに400億ドルの価値のある製品がShopifyプラットフォーム上で販売されていると推定されています。

 

完全にホスティングを行なってくれる、便利なプラットフォームで、更新、バックアップ、ソフトウェアの管理について心配する必要がありません。

 

Shopify Paymentsとして知られている、統合された支払いオプションを提供しています。これにより、ユーザーはオンラインストアですべてのクレジットカードの支払いを受け付ける設定をすることができます。また、サードパーティの支払いゲートウェイを追加することができます。

 

Shopifyは、完全な在庫管理、強力な統計、無制限の製品、簡単なマーケティングソリューションを所有しています。様々なデザインとテーマを選択することができます。

 

さらに、コードを書く必要はありません。Shopifyは、直感的で操作できるドラッグ&ドロップ式のインターフェースを採用しているので、eコマースストアの設定が簡単にできます。また、WordPressのための柔軟な統合オプションもあります。Shopifyの利点を追加したい、WordPressのウェブサイトを持っている場合、それが可能になります。

 

他のウェブサイトビルダーと比較してShopifyが直面している唯一の問題は、他のウェブサイトビルダーと比較して、過度に価格が高いことです。Shopifyから他のプラットフォームにウェブサイトをシフトしたい場合、多くのサポートを提供していません。基本的なプランは月額29ドルからで、アップグレードしたい場合は79ドルまで上がり、最高額のプランは、全体で299ドルかかります。

 

 

4.Wix

 

 

Wixのウェブサイトビルダーは、中小企業や多くの個人にとって理想的なウェブサイトビルダーです。主に使いやすさに焦点を当て、ウェブサイトを簡単に構築するための機能とテンプレートがついています。

 

Wixには500以上のウェブサイトデザインテンプレートがあり、ユーザーはすぐにデザインプロセスを始めることができます。ドラッグ&ドロップ式のビルダーは、万人向けではないかもしれませんが、確実に仕事をこなすことができます。Wixはクラウドベースのウェブサイトビルダーです。

 

Wixには、Wixの人工知能ウェブサイトビルダーを強化するADI(Artificial Design Intelligence)ツールがあります。このツールは、顧客の要件を学習し、収集した情報を使用してニーズに合わせたウェブサイトを作成します。そのため、顧客は質問に答え、その入力に基づいてアルゴリズムを使用し、可能な限り最高のウェブサイトを作成します。

 

ドメインをWixのウェブサイトに接続するのは比較的簡単で便利です。Wixはeコマースもサポートしています。しかし、これはWixの得意分野ではない為、一部のユーザーは、電子商取引のウェブサイトにはWixを使用しない方が良いと感じています。

 

Wixには無料の基本プランがありますが、帯域幅とストレージが限られています。ユーザーの中には、プレミアムプランにアップグレードする前に、Wixの無料のウェブサイトプランで、ウェブサイトがどのように見えるか確認するには十分ではないかもしれません。

 

コンボプランは月額13ドルと非常に安く、さらに2 GBの帯域幅で、中小企業のオーナーにとっては十分なものでしょう。無制限プランは、無制限の帯域幅を提供した最初のプランであり、このプランは価格に見合う価値があります。月額17ドルで、リスト上の他のウェブサイトビルダーよりも少し高価にはなります。

 

他にも、プロ、VIP、ビジネス、VIP、およびエンタープライズプランがあります。

 

 

5.Duda

 

 

Dudaは、450,000以上のビジネス使用している小規模なウェブサイトビルダーです。Duda第一の目標は、創造的でわかりやすいデザインを通して、ウェブデザインのプロセスを苦痛のないものにすることです。

 

インターネットに接続するだけで始められます。コーディングスキルを知っている必要もありません。自身の好みに合わせて編集できる様々なテンプレートや、画像、テキストを追加し、新しいページを作成、ウィジェットを作成することができます。ホスティングもしてくれるので、ウェブサイトが機能する、さまざまな場所を調整する必要はありません。

 

かなり使い勝手が良く、無料トライアルにサインアップすることも簡単です。メールアドレスとパスワードの登録のみで、数分以内にサイト構築を開始することができます。また、ドラッグ&ドロップツールを利用しています。テンプレートはSquarespaceほど柔軟ではないので、テンプレートの編集自由度はあまり高くありません。

 

Dudaは、より構造化されたガイドラインのために創造性の自由を諦めることを気にしない人にとっては、素晴らしいウェブサイトビルダーです。  Eコマースのサポートは最も安いプランでも提供されています。30以上の支払いオプション、自動化された税金計算、デジタルダウンロード、および他の必要不可欠なサービスをサポートしています。

 

Dudaはコストパフォーマンスが非常に悪いため、ほとんどの人はこのウェブサイトビルダーを選びません。月額14ドルからで、最高額のプランは月額74ドルまで上り、年の請求額が18ドルのSquarespaceと比較したときに、単純に意味がありません。また、数百ものウェブサイトを作成する必要がある企業のためのエンタープライズプランもあります。

 

 

これらは2021年ウェブサイトビルダーTop5です。パラメータを設定し、ウェブサイトに何を期待するかを確認しましょう。

 

そして、それを最も効率的に実現するためのホームページビルダーを選びましょう。圧倒的に他のものよりも優れているウェブサイトビルダーはありません。個々のユーザーとその要件に次第です。

 

Squarespaceのようなウェブサイトビルダーが市場に出回るようになったことで、WordPressやShopifyのような大手に盲目的に頼らなくてもウェブサイトを作ることができるようになり、ユーザーにとって選択肢が増えました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ