プログラミング

プログラミング

古いWordPressウェブサイトを現在も活用する方法を紹介!レガシーウェブサイトのメンテナンス法

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Tips for Maintaining a Legacy WordPress Website
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

349 views

読了時間 : 約4分40秒

テクノロジーがどこまで進んだかを測定する最良の方法の1つは、レガシー製品を使用することです。これは、コンピューターやスマートフォンなどのデバイスにも当てはまります。また、Webサイトにも適用されます。

 

たとえば、最近作成したWordPressウェブサイトと10年前のウェブサイトを比較してみましょう。見た目と内部の両方で、多くの違いに気付くでしょう。今までの進歩を感謝する気持ちにさせてくれるはずです。

 

私は、このプロセスをよく辿っている自分に最近気付きました。2010年代初頭に私がつくったいくつかのウェブサイトは、現在も使用されています。これらのインストールを最新の状態に保つ以外に、私の仕事の一部は、放棄されたプラグインを置き換え、新しい機能に改造することです。

 

その経験は興味深いものでした。これらの過去のプロジェクトは異なる視野を提供するだけでなく、挑戦的でもありました。私が何をしたのか、なぜそれをしたのか、そしてどう物事を前進させ続けるのか、理解する必要があります。クラシックカーを走らせ続けるのと似ています。

 

従来のWordPressウェブサイトを維持するには、細部にまで注意を払う必要があります。そうすることで、あなたの古いサイトが順調に進んでいることを確認するための裏技を、いくつかここで紹介します。

 

放棄されたプラグインとテーマに気をつけて

古いWordPressウェブサイトで見られる最も一般的な問題の1つは、放棄されたソフトウェアの使用です。当時は許容できるソリューションであったプラグインとテーマは、もはや活発に開発されていない可能性があります。これは、機能とセキュリティ両方に対するリスクです。

 

アイテムが放棄されたかどうかはどうやって知るのでしょう?公式のWordPressテーマまたはプラグインリポジトリからきている場合は、通常、“WordPressの3つの最新メジャーリリースでテストされていません”というメッセージが表示されます。これは、開発者がプロ​​ジェクトを完全に手放したことを保証するものではありませんが、確かな指標になるはずです。

 

アイテムが公式リポジトリからのものでない場合は、少し調査が必要になります。変更ログ(できればリリース日が含まれている)またはサポートフォーラムを検索してみてください。 1年以上更新や作成者フォーラムの回答がないものは、ホコリまみれになっているものが多いです。

 

ほとんどの場合、放棄されたプラグインは置き換える必要があります。ただし、必ずしも大きな緊急事態ではありません。それほど多くのことを行わない単純なニッチなプラグインは、複雑なプラグインよりも長く存続できる可能性があります。あなたのベストな判断力を行使して、使えそうな代概案についても考えてみましょう。

 

テーマも異なります。場合によっては、マスターを通過しない古いスクリプトを置き換えたり無効にしたりする必要があります。

 

とにかく、これらのアイテムがどんな状態であるか知ることが重要です。今日は動いていても、明日は違うかもしれませんので。

 

 

旧式JavaScriptは問題あり

WordPressはjQuery JavaScriptライブラリと一緒になっています。これは、ウェブサイトで特殊エフェクトやその他のUI関連の機能を活用するのに最適です。ただし、新しいバージョンが含まれると、一部の古いスクリプトは廃止されてします。

 

これは大変です。たとえば、WordPress 5.6についてくるjQueryのバージョン変更により、特に古いプラグインやテーマで、多数のJavaScriptエラーが発生しました。非推奨になった特定のコードはサポートされなくなりました。したがって、開発者は各事例を探し出して修正しなければなりません。

 

これらのアイテムを修正しないままにしておくと、フロントエンドとバックエンドの両方でバグが発生する可能性があります。 jQueryエラーは、他のプラグインの機能を妨げる傾向があり、プラグインがまったく機能しなくなる可能性さえあります。

 

差し迫ったWordPressライブラリの変更をリアルタイムで把握しておくことには、常にメリットがあります。しかし、レガシーサイトを扱う場合は本当に不可欠です。しばらく更新されていないアイテムは、破損する可能性があるからです。

 

したがって、WordPressコアとjQuery自体の変更ログを確認することが重要です。さらにその更新は、生産サイトに適用する前に、試行環境で更新をテストしてください。これにより、いくつかの深刻な使用上の問題からあなたを守ることができます。

 

 

コードを取り除く前に調査する

何年も前にウェブサイトを構築した場合でも、別の開発者から受け継いだ場合でも、疑わしいコードに遭遇するかもしれません。テーマテンプレート内のスニペット、またはあいまいなプラグインである可能性があります。

 

これが、プロジェクトを記録しておく理由です。ただし、その記録がないと、特定のアイテムがなぜ含まれていないか不思議に思うしかないのです。ただの悪いくせだった?それともこのコードはまだ目的を果たしているのでしょうか?

 

プラグインを非アクティブ化し、コードを削除するのは大丈夫に思えるかもしれませんが、まず最初に調査を行ってください。役に立たないと思ったものを投棄して、それが何かしらの機能を補助していたと後でわかった私自身の事例は、数え切れません。その結果、結局元の状態に戻すことになるのです(バックアップも必ず保管してください)。

 

この調査はすべてアイテム自体によります。プラグインの場合、ウェブ検索は大きな助けになります。スニペットの場合は、コードを分析して、その機能を理解してください。いずれにせよ、確実に理解してテストを行うまでは、本番サイトでは何も触れないようにしましょう。

 

 

失われた機能を探す

ウェブ上で物事は急速に変化します。したがって、古いウェブサイトには、いくつかの重要な機能が欠けている可能性があります。遅れを起こすか、それ以上に最悪のものです。

 

このリストの2つの最大項目は、アクセシビリティと応答性の高いスタイリングでしょう。 2010年に構築されたWebサイトでは、これらのことが考慮されていない可能性があります。

 

たとえば、いくつかの古いプロジェクトでは、プラグインを使用して別のモバイルテーマを提供している、ということがわかりました。この方法は特に悪いことではありません–そして十分に上手く機能していました。しかし、古いデスクトップテーマでさえ、小さな画面でうまく機能するように改造することができます。 CSSやテンプレートの再構成も必要ですが、デザインし直す予算がなければ、こちらを実行する価値はあると思います。

 

アクセシビリティを最新の状態近づけるには、多くの手動および自動テストが必要になる場合があります。ウェブサイトが色のコントラスト比、読みやすさ、キーボード対応のナビゲーションなどの基本をカバーしていることを確認する必要があります。画像上のALT属性を利用することも重要です。

 

使用するリソースが限られている場合でも、これらのカテゴリーで少し努力するだけでプラスの影響を与えることができます。

 

 

古いWordPressウェブサイトを再び(ほぼ)新しくする

何年も前に構築されたウェブサイトが機能し続けていることは、WordPressとその生態系の両方にとっての功績です。関連するコードとスタイルの多くは、想像以上に回復力があります。

 

それでも、時間が止まることはありません。テーマ、プラグイン、スクリプトは、維持されなければ最終的に壊れてしまいます。これらのアイテムの開発者が、最新の標準に対応していることを私たちは期待することもできます。しかし、時にそれは私たちの仕事になります。

 

レガシーサイトのお世話をしている方へ―心配することはありません。少し宿題をして潜在的な問題に注意を払うことで、まだまだユーザーに優れたエクスペリエンスを提供できるのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ