プログラミング

プログラミング

スマホアプリの2つの種類「ハイブリッド」と「ネイティブ」について理解していますか?

463 views

この記事を読んでいるとき、モバイルアプリを使用している可能性がありますね。ハイブリッドとネイティブの2つの最も一般的なタイプのモバイルアプリを使用している可能性もあります。

この記事では、その2つのアプリの区分についてご紹介しましょう。

 

 

ネイティブアプリ

ネイティブアプリケーションは、特定のオペレーティングシステム用に構築されたアプリであり、iOSとAndroidのApp StoreとPlayストアからそれぞれダウンロードできます。

iOS / iPhoneアプリは、通常、Swift(またはObjective C)という言語を使用して作成され、AndroidアプリはJavaを使用します。

 

ネイティブモバイルアプリを使用する際のユーザーの視点の主なメリットは3つあります。

 

・パフォーマンスがはるかに優れています。アプリをナビゲートするのがはるかに速く、ユーザーのタップに即座に反応します。

 

・ネイティブアプリは、オフラインでの使用(WiFiや携帯データを介してインターネットに接続されていない)をサポートする機能を備えていますが、ハイブリッドアプリでは一般にインターネット接続が必要です。

 

・ネイティブアプリは、カメラ、GPS、マイクなどのデバイスのハードウェア機能に無制限にアクセスできますが、ハイブリッドアプリはこれらの機能のすべてをサポートしていません。したがって、これらの機能を後から追加したいなら、ネイティブアプリははるかに将来性があります。(たとえそれらを今含めたくない場合でも)

 

ネイティブアプリを作るために会社に依頼した場合、2つの別々のアプリ(iOSとAndroid用)を作成する可能性があります。これは、AndroidとiOSのユーザーがデザインやレイアウトに関して異なることを期待しているため、ユーザーエクスペリエンスの観点からは素晴らしいことです。したがって、ネイティブアプリを構築する際には、iOSとAndroidの両方のプラットフォームに対応してより良いUXを提供し、最終的にユーザーの期待を満たすことができます。

 

 

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリケーションを使用する唯一の主な利点は、一般的にJavaScriptである単一の言語で開発されるため、安価で迅速に構築できることです。

つまり、Web開発者は専用のアプリ開発者を雇うことなくハイブリッドアプリを構築できます。より安価な開発が可能なので、これは問題ありません。しかし、予想通りこれは通常、アプリ自体の品質に悪影響を及ぼします。

 

ネイティブアプリは2つに分かれています(iOS用とAndroid用)。同じハイブリッドアプリのiOSとAndroidのコードは共有されています。つまり、ハイブリッドアプリは個々のオペレーティングシステムに対応していません。したがって、私たちはネイティブアプリで可能なUXへの細かい期待をうまく果たすことができません。

では、ハイブリッドアプリはいつ役に立つのですか?

 

通常、あなたのアプリが次の基準のいずれかと一致する場合は、ネイティブに移行することをおすすめします。

 

・アプリは中〜高レベルの複雑さ

・多数のユーザーがいる

・将来、さらに多くの機能をアプリに追加する予定である

・アプリは、デバイスのハードウェア機能(カメラやマイクなど)にアクセスする必要がある

 

アプリが信じられないほどシンプルである(言い換えれば、特別な機能を持たない情報やパンフレットのアプリ)、または予算が非常に低い場合は、ハイブリッドアプローチを検討しても良いでしょう。

しかし、ネイティブアプリと同じレベルのクオリティをハイブリッドアプリで実現することは不可能だと私たちは真剣に考えています。私たちはまた、 “Quality is First”(ここでのコアの価値観を参照)を信じています。

2種類のアプリを適切に使い分けましょう。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

※本記事はMobile Apps: Hybrid vs. Nativeを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ