デザイン

デザイン

【AR(拡張現実)アプリ】AppleのARキットについて徹底解説!開発方法からアプリまで

596 views

読了時間 : 約5分43秒

新しいARKitバージョンがリリースされました。拡張現実のプラットフォーム戦争で、AppleはAR業界をリードするのでしょうか?

 

AppleのARKitは、昨年6月のWorld Wide Developers Conference(WWDC 2017)で公開されました。それ以来、私たちの開発者コミュニティは、インタラクティブな拡張現実アプリケーションの開発にますます忙しくなっています。

 

最近、アップルはARKitバージョン1.5を発表しました。より良い拡張現実のモバイルプラットフォームを求めることはできませんでしたが、アップルはヒーローデバイスを作ることで知られています。

 

 

アップルの焦点

ティム・クックは非常に多くの質問を受け、彼ははぐらかした部分もありました。しかし、現時点では拡張現実は非常に充実しており、未知の領域に多くの扉を開く段階にあると答えました。彼はさらに、ARチームに多くの素晴らしい人物を擁していること、Mike  Rockwellが率いる、新しいARコンセプトを先駆けて、アップルはARをリードする立場にいるとしました。

 

彼はまた、ARが顧客の経験にどのように価値を追加するかについても話しました。彼によると、ARはこれまでになくユーザーエクスペリエンスを向上させます。

 

次のセクションに進む前に、拡張現実が何であるかを知りましょう。

簡単に言うと、拡張現実はデジタル世界と物理世界の組み合わせです。 ARプラットフォームとAR統合デバイスのおかげで、実世界にデジタルオブジェクトを配置し、携帯電話やタブレットでデジタルオブジェクトを操作することができます。 Appleはこの目的のためにARKitを開発しました。

 

 

具体的にARKITとは?

ARKitはAppleが導入したiOSデバイス用のARプラットフォームです。最近のARKitバージョンのリリースでは、AppleはiOS 11の一部としてそれを統合しました。簡単な言葉で言えば、ARKitアプリケーションを作成して実行できる開発者用ツールです。

 

 

ARKITはどのように働く?

根本的に、ARKitはiPhoneのカメラを使って環境を描いています。最も重要な機能の1つは、壁や床の位置を認識することです。それは空間の幾何学を確立するのに役立ちます。

 

興味深いのは、ARKitが環境を分析して処理する方法です。3つの主な機能があります。

 

1.ワールド・トラッキング

ARKitは、Visual Inertial Odometry(VIO)を使用して世界を理解しています。

これは、物理的な世界に対するデバイスの位置と方向を理解するための機能です。

 

それは、

・トゥルーデプスカメラから画像を取り込み、

・デバイスのモーションセンサーから受信したデータとともに使用する

 

これは、ARKitが1つの場所にデジタルオブジェクトをドッキングすることを可能にするものです。そのため、あなたが移動しても、それらは所定の場所に留まります。

 

2.環境感知

簡単に言えば、これは平面検出です。ARKitが環境の属性とプロパティを決定できるようにするものです。それで、それは床とテーブルの表面のような平面を正確に理解し、マッピングします。

 

3.明かり推定

適切な量の光を当てることは、デジタルオブジェクトの現実のレベルにとって非常に重要です。ARKitは軽量アプリケーションを非常に正確なレベルまで評価しています。既存の環境にどのような照明条件が存在しても、ARKitは、物理世界に配置するデジタルオブジェクトに同じレベルの光を適用します。

 

ハイパフォーマンスハードウェアレンダリングの最適化

アップルのデバイスに関する良い点は、拡張現実感アプリケーションで動作するように最適化されていることです。最適化された拡張現実感を得るために、外部で何も設定する必要はありません。 ARでサポートされているデバイス(記事の後半で説明します)には、ARKitアプリケーションの処理可能なハードウェアが付属しています。

 

 

アップルの対象デバイス

最大の疑問は、自分がARKitを使うことができるかでしょう。

IPhone 6s以上とMacBookを所有している場合は可能です。

バイオニックプロセッサA9、A10またはA11を搭載したモバイルデバイスは、アップルのARKitと互換性があります。

 

ここにリストがあります。

  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 plus
  • iPhone X
  • iPadプロモデル(9.5,10.5,12.9)
  • 7インチのiPad(2017)

 

さらに、あなたがARアプリケーションをコード化するARKitと互換性のあるMacコンピュータが含まれます。

 

  • MacBook(Late 2009またはそれ以降)
  • MacBook Pro(2010年半ば以降)
  • MacBook Air(2010年後半以降)
  • Mac mini(2010年半ば以降)
  • iMac(2009年後半またはそれ以降)
  • Mac Pro(2010年半ば以降)

 

これは基本的にOS Sierra 10.12.4を搭載したすべてのAppleデバイスです。

 

 

ARKITを使ってARアプリを作成する方法

最初のステップ:モバイルデバイスにiOS 11をダウンロードします(まだ持っていない場合)

2番目のステップ:アップルの開発者アカウントに登録する必要があります。また、通常のアカウントを無料/有料の開発者アカウントにアップグレードすることもできます。

最後のステップ:MacコンピュータにXcodeバージョン9をダウンロードします。注意としては、Xcodeには多くのスペースが必要です。(ダウンロード時には4.9GB、解凍後は9.76GB)

 

 

なぜこれらのすべてをダウンロードするの?

Xcodeはコーディング環境です。

iOS 11は、ARKitアプリを実行するために必要なモバイルOSです。

Xcodeを開き、モバイルデバイスをMacデバイスに接続し、ARKitアプリケーションの作成を開始します。

 

最後に、Content Technologyというオプションがあります。これは、グラフィックレンダラーがどのようなものを選択したいのかを意味します。

3つのオプションがあります。

SceneKit – 3Dオブジェクトを作成する場合に使用します

SpriteKit – 2Dオブジェクトを作成する場合に使用します

Metal – 複雑なシーンを作成する場合に使用します

 

UnityやUnreal Engineのような他のサードパーティのARKitアプリケーション開発ツールを使用することもできます。

 

 

ARKITは他のプラットフォームとどのように違う?

GoogleのARCoreとAppleのARKitのどちらが優れているか、それはもう少し時間を要する議論です。

 

ARKitが最初に来てGoogleがARCoreでフォローアップしなければならなかったので、AppleのARKitはその間により成熟するという利点があります。さらに、Googleは何百万人ものユーザーにARCoreを提供するよう働きかけていますが、AppleのARKitは既に何百万人ものiPhoneユーザーやiPadユーザーが利用できます。

 

 

ARCoreとARKitの違い

少なくとも現時点ではそれほど多くはありません。

両方のARプラットフォームは、環境感知、光の推定、モーショントラッキングの役割を果たしますが、アップルのハードウェアに関しては、Appleが実際に実行します。

iPhoneのカメラは、詳細な画像をキャプチャする際に非常に優れています。それだけでなく、フロントカメラには最初にデプスセンサーが搭載されています。

 

ARKitとARCoreの戦争で誰が勝つのかはまだ分かりませんが、GoogleのARCoreがAndroidのエコシステムのセグメンテーションに成功するまで、AppleのARKitは間違いなくリードするでしょう。

 

 

 

ベストAR KITアプリ

1:IKEA App

このARアプリであなたの家に仮想家具を置いてテストしてください。

 

2:The Machines

魅力的な戦いにあなたを連れて行く完全に没入型のゲームです。あなたのベースをセットアップし、すべての攻撃を準備します。空間オーディオ機能、詳細なバーチャルコンテンツ、そして魅力的な敵を取り入れて、今までにないリアリティを体験してください。

 

3:STACK

3Dボックスを積み重ねるシンプルで楽しいゲームです。平らな面を見つけ、高い得点を得るために挑戦してください。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事はApple’s ARKit for All — What is Apple ARKitを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ