プログラミング

プログラミング

【開発者向け】2020年度版iOS用エミュレーターベスト6

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、6 Best iOS Emulators Of 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

209 views

読了時間 : 約5分17秒

iOSエミュレーターは、iOSデバイスのハードウェアを複製するプログラムです。なので、iPhoneやiPadのアプリやゲームをWindows、Mac、Linuxなどで動かす事ができます。

 

 

違う方式のエミュレーターがいくつもありますが、目的は大抵同じです。それは、効率的にハードウェアやソフトウェアを複製するという事です。

 

 

エミュレーターを作る事は一般的になってきています。特にアプリケーションやゲームの分野では一般的です。iPhoneとiPadのユーザーが急速に増えたので、iOSとiPadOSのものをデスクトップで動かすエミュレーターの需要が高くなってきています。

最近では、インターネット上にたくさんのiOSエミュレーターがあり、色々なプラットフォームで簡単に動かす事ができます。私達は、アプリ開発者が iPhone用アプリやゲームをMacとWindowsのパソコンでテストするために最適なエミュレーターをいくつかまとめました。

 

 

これらのツールは、iOSアプリの開発者を対象にしています。しかし、今のデバイスで遊べないゲームをしたい人にも使えます。

 

 

 

 

 

6. iPadian

 

 

プラットフォーム: Mac | Windows
価格: 20ドル

利点: ウェブ用アプリがいくつか入っている

 

 

あまり聞きなれないiPadシミュレーターですが、簡単に使えるものを探している人にはこれです。 iPadian の目的は、全てのアップル社の製品を自由に使えるようになる事です。これを使うと、デザインや見た目などの基本的な部分が、アップルのものとそっくりになります。

 

 

これは、AppStoreでインストールする事はできません。iPadianは独自にお店を作っていて、ブラウザ、メールソフト、ソーシャルネットワーク、写真、音楽などもあります。 全体的に、iPadianは iOSと同じ動きをします。

 

 

 

 

 

 

 

5. AltStore

 

 

プラットフォーム: iPhone
価格: 無料

利点: iOSのアプリやゲームが全て動く

 

 

AltStoreは、任天堂エミュレーターを内蔵したもう一つのAppStoreです。単純に、あなたがApp Store以外からiOSアプリをインストールするためのものです。

 

 

AltStoreからインストールしたアプリはAltServer (デスクトップアプリ)に入ります。そこからAltServeriTunes WiFiと同期します。

 

 

AltStoreは、有効期限切れで使えなくなるのを防ぐために、バックグラウンドで定期的に更新しています。開発者が、 Deltaと呼ばれる古い任天堂エミュレーターを刷新しました。これで、 Game Boy Advance、Super Nintendo、N64のゲームを  iPhoneで遊ぶ事ができるようになります。

 

 

コントローラーとその他必要なものが内蔵されています。もし、古いゲームが好きならば、これが気にいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

4. BrowserStack

 

 

プラットフォーム: ブラウザ
価格: 無料 | 月59ドル

利点: 同時に複数のデバイスでテストできる。セットアップする必要がない。

 

 

BrowserStackは、iOSデバイスのものをウェブサイトやモバイルアプリでテストする為のものです。最新のiOSバージョンのものを、ブラウザで簡単にアクセスできるようになります。

 

 

デバイスのログ、、ネットワークのログ、ブラウザのコンソールを使って、あなたのアプリやウェブサイトをデバッグする事ができます。さらに、毎回スクリーンショットを撮ったり、録画したりする事もできます。

 

 

一度BrowserStack App LIveにログインすると、ダッシュボードでテストの結果を見る事ができます。Appstoreからアプリをダウンロードするか、コンピュータからアップロードする事ができます。

 

 

テストを自動化するために、オプションでBrowserStackを with test automation frameworks such as AppiumやXCUitestなどのテスト・オートメーション・フレームワークと連結させる事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

3. Xamarin (Microsoft Visual Studio Plugin)

 

 

プラットフォーム: Mac | Windows
価格: 無料

利点: 90% のiOS、Android、macOSのネイティブコードを共有できる

 

 

 

iOSアプリの発達を考えると、開発者はObjective-CかSwift を使うと考えられます。しかし、もっと使いやすく効果的なモバイルアプリを作る方法があります。Xamrinがその一つです。

 

 

Xamirin はマイクロソフトの製品です。オープンソースプラットフォームで、iOSアプリ用に、 apps with C# と.NET.で作られています。

 

Visual Studioでプラグインすると、 Xamirinはより効果的になります。Core ML、ARkit、Touch ID、Siri Shortcutsなどの重要なiOSツールに繋げる事ができます。

 

 

エラーと履歴をXamarinの中に記録しておくができます。なので、アプリの動きを確認しやすくなります。There is also a large community of Xamarin利用者のコミュニティーがあり、問題をすぐに解決する事ができます。

 

 

 

 

 

 

2. Xcode Simulator

 

 

プラットフォーム: Mac
価格: 無料

利点: iOS用に開発しているものをまとめられる

 

 

 

The Xcode simulatorは、 Mac上で  iPhone、iPad、Apple Watch用のアプリを開発したり、動かしたりする為のものです。 タップする代わりに、マウスとキーボードで動かします。

 

 

これはアップル社の製品なので、Macユーザーには最適の iOSエミュレーターです。Apple WatchやApple TVも含めて、全てのアップル製品で動かす事ができます。なので、全てのデバイスで、あなたが作ったアプリのレイアウトを確認するのに最適です。

 

 

試験用のデバイスとソフトウェアは、それぞれ別のファイルに保存されます。これらの構成とファイルは、全ての実験するデバイスに入っています。しかし、全てすぐに見る事ができます。

 

 

 

 

 

1. Appetize.io

 

 

プラットフォーム: ブラウザ
価格: 無料 |月40ドルから

利点: ソフトをインストールする必要がない。全てのシステムで動く

 

 

 

Appetize.ioは、ブラウザでモバイルアプリを動かす事ができます。簡単に使う事ができます。アプリをアップして(.appを含む.tar.gz や .zipの圧縮ファイル )、オンラインで実験したアプリを、メールにリンクを送ります。iframesを使って、HTMLコードにアプリを埋め込むことができます。これは、プレゼンやマーケティング用のデモ版を表示するのに役立ちます。オプションのネットワークトラフィックに繋げると、ログをデバッグしたり、録画したりすることもできます。

 

 

ソフトウェアは、自分が好きなように変更する事ができ、個人のクラウドやデータセンターで使う事ができます。

 

 

今まで紹介したものは、どの世代のiPhone、 iOSにも対応しています。 無料トライアル期間は100時間です。 プレミアム版では、ダッシュボードに統計を入れたり、制限にかかりそうな時にアラートが鳴るように設定したりする事ができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ