プログラミング

プログラミング

最も革新性のあるAIスタートアップ

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、19 Most Innovative Artificial Intelligence Startups
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

134 views

読了時間 : 約7分52秒

人工知能の会社は世界に沢山存在しています。バーチャルアシスタントから不正検知まで様々な進化がと共に、AIは近年大きな発展を遂げています。ファッション、銀行、小売りなど全ての企業がAIを使ってサービスをより良く革新的にしています。

 

アップル、Google、インテル、サムスン、セールスフォースなどのテクノロジー大手はAI企業の買収競争を行っています。2012年以来、AIアルゴリズムを利用した200以上の小さい企業が買収されました。2017年の第一期だけで30社が買収されています。

 

人工知能の需要、これらのテクノロジー大手による買収や投資によって、AIスタートアップの成長は過熱しています。この記事では、将来世界をより良くする可能性のあるAIスタートアップをリストにしました。

 

19位 Mad Street Den

本社はカリフォルニアとチャンナイにあるMad Street Denは小売りの未来を再検討したいます。この企業は世界を観察し理解するために機械を学習させ、顧客の好みを学ぶために人々や彼らの好みのスタイルを識別しています。

 

この企業は150万ドル以上の資金調達を行いました。神経科学者、スタンフォードの深層学習とデータサイエンティストの専門家、MSFT研究所とともに、イギリス、アメリカ、インドへサービス提供をしています。

 

18位 Sigtuple

Sigtupleは医療データを効率的に可視化する「モンタナ」とい名前のAIプラットフォームを構築しています。注力しているのは放射線科、病理学、眼科での異常検知のための医療画像の分析です。目的は可視化できるデータの人力での調査を自動化させることです。つまり、診察の精度を向上させます。

 

Sigtupleは600万ドルをFlipkart、 Sachin Bansal,、Binny Bansalの創設者やAccel Partnersのベンチャーキャピタルを含む12の投資家から資金調達をしています。

 

17位 Sensely

 

Senselyは家から患者と病院間のやり取りをリアルタイムで可能にさせます。ビデオゲームのような看護師のアバターが話します。このバーチャル医療アシスタントは患者の状況を調査し見通しを立てるためのリモート診断ツールを備えています。

 

Senselyは12の投資家たちから600万ドル調達しました。彼らはこのプラットフォームを患者の症状や行動だけでなく、気持ちにも反応させるためにMindMelds,、Affectiva、 Beyond Verbalなどの人工知能を統合することに注力しています。

 

16位 Casetext

 

Casetextは法律コミュニティの専門家による分析に裏打ちされた高度な情報サービスを介してお客様により良いサービスを提供できるようにする弁護士向けに特別に設計されています。CARAの安全なシステム内に訴状を取り込むだけで、AIと機械学習のシステムがアメリカの法律の全てのデータベースを調べ、数秒で類似ケースを出してくれます。

 

Casetextは今や法律情報ソースの最大手の1つで200万ドル以上の資金調達をしています。アメリカ、連邦政府の法律、数百の法律企業、非営利、内製の法律部門のCasetextのライブラリーにアクセスする人は毎月100万人を超えています。

 

15位 6Sense

 

6SenseはCiscoやHPなどの会社の売上予想を行います。かれらの目的は、営業やマーケティングチームが買い手の要望やタイミングを完璧に可視化するのを助けます。非公開のネットワークを利用して誰が購入したのか、何を購入しようとしてるのかを予測します。

 

このサンフランシスコの会社は6の投資家から4000万ドル以上の資金調達を行い、予測モデルのトップにいます。2016年1月には年間経常収益の300%の成長を発表しました。同年には、B2Bの売上を予測するための特許保護機械学習手法を取得しました。

 

14位 Mintigo

Mintigoのマーケット予測プラットフォームは数千以上の企業から大量のデータを収集します。従業員の雇用傾向や財務、利用されてる技術、購買意欲、使われているマーケティングチャネルの情報などです。ビッグデータの力と予測分析を統合することで、販売チームは理想の見通し、リード育成のためのパーソナライズされたコンテンツ、売上サイクルを短くする考察が分かるようになります。

 

13位 X.ai

 

GoogleNow、Siri、CortanaやEchoのようなヴァーチャルアシスタントがどんどん便利になる一方で、世間の注目を集める人工知能、機械学習、言語処理が囲い込みをしている開発の平行線が進行中です。

 

ニューヨークを拠点にしたX.aiはバーチャルアシスタントによってユーザーが他人と会議を設定するのを助けるBotを開発しました。彼らは世界中の11の投資家たちから3400万ドル以上の資金調達をしました。彼らは企業価値の詳細は明かしていませんが、信頼できる情報元では今は約1億ドルの価値があるとしています。

 

12位 CrowdFlower

 

CrowdFlowerはデータサイエンスチーム向けに必要なヒューマン・イン・ザ・ループプラットフォームです。チームがデータを収集し、整理し、分別するのを助けるととによりデータを便利にすることに注力しています。このプラットフォームは簡単に配備できる人間によってラベル付けされた学習データとヒューマン・イン・ザ・ループの工程を統合し未構築のデータから価値あるデータを企業が構築するのをサポートします。

 

本社はサンフランシスコにあり、トリニティー、キャンバス、マイクロソフトのベンチャーに支援されたCrowdFlowerは20の投資家達から3800万ドル以上の資金調達をしています。Fortune 500のデータサイエンスチームや、さまざまな業界で急速に進化しているデータ主導の組織にサービスを提供しています。

 

11位 Arria

 

Arriaは複雑なデータソースから情報を取り出し、自然言語にするAIソフトウェアです。このプラットフォームは広範囲の顧客の要望に対して構築され、その技術をプレパッケージのSaas製品やSDKとして提供しています。

 

Arriaは2013年12月に株式公開し合計4027万ドルの資金調達をしています。ArriaはIBMワトソンやデジタル製品で企業の財務業務の自動化を助けているGenepactとパートナーシップを結んでいます。

 

10位 Leap Motion

 

Leap Motionは仮想現実や他のプラットフォーム向けの3Dモーションコントロール技術を開発しています。この珍しい手の形状検出デバイスはバーチャルや拡張現実に入り新しい世界と関与します。3つの赤外線LEDや2つのモノクロIRカメラを使うことで、デバイスは1メートルの半球領域を観測できます。

 

この企業は数千のユニットをこのデバイスのためのアプリ開発に興味のある開発者に配付しました。2016年2月、彼らは手形検出のために開発されたコアソフトウェアの重要なベータ版の更新版をリリースしました。今までに、Leap Motionは9の投資家達から4400万ドル以上の資金調達を行っています。

 

9位 Persado

Persadoは行動を引き起こす文章と画像の正確な結合を作り出す認識コンテンツプラットフォームです。これは従来のメッセージ生成の裏のランダムプロセスを排除してます。このプラットフォームは、行動を起こさせる明確なトリガーとなる唯一の洞察を提供しながら、大規模な観客とコミュニケーションする有効性を増加させる「スマートコンテンツ」を持っております。

 

Persadoは5の投資家達から合計6600万ドルの資金調達を行いました。アメリカンエキスプレス、マイクロソフト、ベライゾン、マーカス、その他大手ブランドは1億ドルの増収と、マーケティングキャンペーンを通じて平均49%のコンバージョン率をアップを果たしました。

 

8位 Vicarious

 

Vicariousは、人間の脳のように考え学ぶソフトウェアを構築するための脳の理論化された計算原理を使っています。この企業はセグメンテーション、認識、シーン解析のような視覚の問題に注力しています。その基礎となる枠組みは生成的確率論的モデルの利点と深いアーキテクチャを組み合わせています。

 

この企業は、マーク・ザッカーバーグ、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、アシュトン・カッチャーやサムスンのような大企業から7000万ドル以上の資金調達を行っています。

 

7位 Quid

 

Quidは戦略的質問に答える手助けをするために取集した情報を検索、分析、可視化するAIプラットフォームです。数億のドキュメントを通じてパターンを発見するために記載された言語を表現する意見やアイディアを摂取します。Quidの可視化ツールはデータを解釈し、好きなようにデータ検索と相互作用を簡単にします。

 

このサンフランシスコをベースにしたスタートアップ企業は7000万ドル以上の資金調達をしました。それは現在、戦略、開発、技術、革新的な企業や防衛、化学、エネルギー、車のようなすばやく変動する業界などで利用されています。

 

6位 Banjo

Banjoはイベントやリアルタイムでのニュースのデータを分析します。この企業はソーシャルディスカバリーアプリとして会社を始め、今日では全く異なるものに進化しています。Fox、BBC、NBCのようなNewsの組織はFaceBookやTwitter上のトラクションを収集する前のニュースへ彼らのネットワークでのソーシャルコンテンツを強化するのにBanjoを使っています。

 

Banjoのインサイトは緊急対応要員を支援するためや運用条件を改善するために使われています。この企業は合計12100万ドルの資金調達をしました。彼らはエンジニアやデータサイエンティストを雇用するために新しい資金のいくつかを利用すると発表しています。

 

5位 InsideSales.com

 

InsideSales.comは神経溶解薬、AIにサポートされた販売促進プラットフォームを作るために合計20100万ドルの資金調達をしました。100億以上の販売取引知識ベースを利用するので、神経溶解薬は300%接触率を増やすことができるいつ人々が彼らの電話に回答しやすいかを教えてくれます。当たり前ですがSalesforceとMicrosoftが開発者です。

 

これらWebサイトは画期的なテクノロジーを使い高パフォーマンス営業チームを作り、チームワークをよくすると述べています。彼らは外部や内部のデータソースを使用した予測分析やゲーミフィケーションのような堅実な機能でこれらを裏付けしているそうです。

 

4位 iCarbonX

2015年10月に設立された中国のスタートアップ「iCarbonX」は今までに60000万ドル近くの資金調達をしました。彼らの目的は生物学的、心理的、行動データ、インターネットそれぞれの融合に基づいたデジタルライフのエコシステムの開発です。彼らは最先端のデータマイニングと機械分析技術を使った健康予測と分析を提供する予定です。

 

持続的成長とiCarbonXのデータベースの選択制で、このヌル方法論は健康的な生活にとってのおすすめを提供する最初の知的デジタルガイドを開発します。

 

3位 UBTECH

 

2012年に設立された中国のスタートアップ企業UBTECHロボティクスはより知的で人間にやさしい方法で、ロボットを全世帯に提供し日常生活に取り込むことに注力しています。彼らは1億ドルの評価を獲得しています。

 

彼らは家での生活を快適にするためのお高さ17インチのAlpha 2というヒューマノイドを開発しました。写真撮影や、電話、メッセージ読み上げ、メールチャック、送信ができ、さらにWifiに接続された装置のコントロールができます。このロボットはプログラミングができオープンソースのオペレーティングシステムで動き、知的音声や知覚的システムを命令の受取りやタスク実行を行っています。

 

2位 BenevolentAI

 

BenevolentAIはイギリスのスタートアップ企業で、AIを使って薬を市場により早く出すことを目指しています。彼らは、NVidia DGX-1の深層学習スーパーコンピューターを買った最初のヨーロッパの企業です。彼らの深層学習アルゴリズムは既にアルツハイマー向けの2つの新しい潜在的な薬を開発しています。アメリカの製薬会社の1つは800千万ドルで契約を結びました。

 

現在の彼らの価値は1億ドルを超えています。彼らは、研究者達が新たな発見や、科学者たちが利用できる全てのデータにアクセスし利用する方法の再定義を可能にする最新のプラットフォームを開発中です。目的は、最高の科学者を特徴づける革新的なプロセスをサポートするための、人間の判断を補強することです。

 

1位 Zoox

Zooxは自動電気自動車を開発し、市場にサービスを出すエコシステムをサポートするロボット企業です。 彼らは、リリースの具体的期限を発表していませんが、「自動車開発5年プログラム」と呼んでいます。

 

Zooxはティム・ケントリ―とジェシー・レヴィンソンによって設立され、最初の製品をリリースする前ですでに、1.5億どるの価値があるとされていました。メンローパークを拠点とするスタートアップ企業は、すでに100人以上の従業員を雇っており、数人はアップルやアルファベット、テスラのような大企業から来ています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ