プログラミング

プログラミング

Reactの開発環境を構築できるおすすめReact開発ツール9選 ユーザーインターフェイスを作成

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Top 9 React Development Implements
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

235 views

読了時間 : 約4分1秒

Reactは始まって以来、JavaScriptアプリケーションの最前線を走っています。 Facebookから生まれたReactは、非常にユーザーフレンドリーなソフトウェアであり、ウェブアプリケーションのユーザーインターフェイスの効率と美しさを最大限に引き出すことに役に立つものです。

 

Reactには再利用可能なコンポーネントシステムがありますが、最も印象的なものの1つは、サードパーティのツール、ライブラリ、および拡張機能の大規模なネットワークです。開発者は誰でもReactシステム用のプラグインを作成することができ、その後React suiteを使用する人なら誰でも使用することができます。これらのツールで最適なものを見つけるのは難しい場合があります。そのため、ここでは、利用できるReact開発ツールトップ9をご紹介します。

 

1. React Studio

 

Reactを通して実行される作業の大部分は、ある程度のコーディング能力、少なくともある程度の経験を必要とします。しかしながら、React Studioは、コーディングに関する知識、高度なビジュアルデザインを行う能力、および効果的なコンポーネントの使用およびアプリケーションフローと組み合わせる能力を持っていない人にも使えるものです。

 

React Studioでは、統合された描画ツールとファイルのインポート機能を実際に利用することができ、すべてが内蔵のモバイルビューアを通して見ることができます。

 

2. React Sight

 

React Sightは、Reactアプリの1つの構造を表現する非常に役に立つ視覚化ツールです。「React Sightは、Google Chromeの拡張機能であるReact Developer Tools for Chromeと組み合わせることで、快適なブラウザからコンポーネント階層を表示することができます」と、BritStudentとWriteMyxのウェブ開発者であるChristine Payne氏は語っています。これは開発しているものがなんであれ、その明確さを高める本当に便利なツールです。

 

3.  React Boilerplate

 

React Boilerplateは、Reactプログラムに付属している非常に使いやすいツールの1つです。これは一種のスターターキットで、オフラインでの開発とパフォーマンスに重点を置いて、新しいプロジェクトをすばやく設定することができます。

 

スケーラビリティが高く、Reactの最新JavaScript機能およびプラクティスを完全にサポートしている多用途のアドオンです。Boilerplateは、非常に効率的で有用なソフトウェアで、利用ユーザーを沢山を持つ最も有名なReactアドオンの一つです。

 

4.  REACTIDE

 

ReactideはReactソフトウェア用の独自スキンで、それ以外の場合は専用IDE(統合開発環境)として知られているものです。最も人気のあるReactツールの1つで、このソフトウェアで利用可能な最初の専用IDEともされています。

プラットフォーム間で機能し、独自組み込みNodeサーバーとブラウザーシミュレーターを使用して、Reactコンポーネントをライブにレンダリングする機能を持っています。これは非常に便利な追加機能で、これに加え、Reactideは、アプリケーションの展開時にステートフローを視覚化する機能も持っています。これらすべてが、Reactプロジェクトのための素晴らしいツールになるはずです。

 

5. React Cosmos

 

Cosmosは、エキサイティングなReactツールを作るスイートの1つです。その基本目的は、コンポーネントの分離と再利用を行うためのコンポーネントのフォーマットです。 「React Cosmosは、アプリケーションコンポーネントを取得して、各コンポーネントを他のコンテキスト設定や状態でそれを再利用できるようにスキャンを行います」と、Autralia2WriteおよびNextCourseworkのテクニカルライターであるGlen Alvarado氏は説明しています。その他は、レビューではなくリアルタイムでアプリの状態を確認できるようにするモックアップを作成することです。

 

6. REACT STORYBOOK

 

React StoryBookはCosmosとの類似点をいくつか持っています。両方ともスピードと使いやすさのために最適化されているという点です。StoryBookはユーザーインターフェイスコンポーネントのためのものであり、ライブラリのような設定を提供し、コンポーネントを個別に閲覧したり、さまざまな状態を表示したりできます。

 

また、アプリ内に組み込まれているコンポーネントを確認したり、コンポーネントをテストしたりすることなく、リアルタイムで開発することもできるのです。また、Cosmosと同様、各コンポーネントを分離することで、他のページやアプリケーションで簡単かつ迅速に再利用できるようになります。

 

7.  BIT

 

BitはReactで最も広く知られているツールで、特にコラボレーションとアクセスの容易さを高めるのに最適なソリューションであると言われています。さまざまなアプリでコンポーネントを再設定する必要がなくなり、外部ライブラリからそれらを整理して、個人やチームが閲覧できるようにすばやく簡単にアクセスができるようにします。

 

ライブラリの視覚化機能によって、ユーザーはすべてのコンポーネントコードのリアルタイム効果をみることができます。作業している特定のアプリ要素を選択することも可能です。Reactプログラムへの非常にユーザーフレンドリーな追加機能です。

 

8.  CODESANDBOX

 

CodeSandboxはReact用のツールですが、VueやPreactなどの他のオンラインエディタ全般にも使うことができます。本質的にはブラウザに組み込まれたもので、その目的は開発者が独立したURL内で、オンライン状態で開発できるようにすることです。ReactとあわせてReactアプリを構築するのにも役立ちます。

 

9. React Bootstrap

 

Bootstrapはすでにそれ自体で開発ツールとして広く使用されているので、React BootstrapはReactの領域内で、使い慣れたコンポーネントライブラリを使用することを可能にしてくれます。このアドオンの更新は、通常、Bootstrapの進捗状況からは少し遅れていますが、すぐに追いつくことができます。

 

結論

 

今回ご紹介した多種多様で多彩なReactツールの中から、アプリケーション開発時に最も役立つものが見つかるはずです。今回数々のものをご紹介しましたが、さらに先にまだまだ見つかるものがあるでしょう。

 

 

<このページはMereheadの記事を翻訳して掲載しております。翻訳元の記事はこちらから確認することができます。>

おすすめ新着記事

おすすめタグ