プログラミング

プログラミング

今さら聞けないプロキシサーバ/その定義と活用方法まで説明します

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What Is A Proxy Server? Definition and Usage
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

212 views

読了時間 : 約5分46秒

・プロキシサーバーは、ユーザーとインターネットの間のゲートウェイとして機能します。リソースサーバーから実際のIPアドレスを隠し、プライバシーを追加します。

 

・主にフィルターのバイパスと検閲に使用されます。

 

・企業や組織に所属したことがあるなら、プロキシサーバーを使用したことがあるのではないでしょうか。これは、データ漏洩やさまざまな種類の詐欺を回避する最も一般的な方法です。

 

 

「プロキシ」はどういう意味なのでしょうか?どんな機能を果たしているのでしょうか?また、さまざまな種類のプロキシを使用する利点は何なのでしょうか?

 

多くの人はプロキシを使用し、開いているWiFiネットワークでの安全性を高めたり、Webサイトのコンテンツのブロックを解除したりします。

 

しかし、多くの人はプロキシサーバーの目的を本当に理解していません。実際には、プロキシサーバーはWebサイトのブロックを解除するだけではありません。

 

この記事では、さまざまな種類のプロキシサーバーについて、オンラインプライバシーとセキュリティの観点からそれらに期待できることを説明します。基本から始めましょう。

 

 

プロキシとは?

インターネットに接続されているすべてのデバイスにはIPアドレスがあり、インターネットサービスプロバイダー(ISP)によって割り当てられます。オンラインで誰かと接続したり、Webサイトにつながると、アクセスしたWebサイトやISPによってアクティビティが追跡されます。

 

デバイスのIPアドレスにより、ウェブサイトはあなたの場所を簡単に特定できます。ユーザーはその機能にかなり満足していますが、一部の人々は個人データをお金かのように扱います。過度のユーザープロファイリングや位置追跡を好まない人もいます。

 

幸い、個人のオンライン活動を隠す方法はいくつかありますが、そのうちの1つは、プロキシとも呼ばれるプロキシサーバーを使用することです。

 

定義:

プロキシサーバーは、ユーザーとインターネット間のゲートウェイとして機能します。それはあなたに代わってウェブサイトと通信します。プロキシを使用すると、オンライン要求が再ルーティングされます。これは、インターネットトラフィックが、要求されたURLに向かう途中で中間サーバーを通過することを意味します。

 

その後、データは同じサーバーを介して(要求されたURLから)返され、デバイスに転送されます。

 

このプロセス全体を通じて、プロキシは実際のIPアドレスをリソースサーバーから隠し、プライバシーのレイヤーを作ります。ただし、ユーザーのIPアドレスを非表示にするだけでなく、より多くの機能があるプロキシがあることも知っておく必要があります。

 

プロキシサーバーの最も一般的な用途7つ

1.ファイアウォール

ネットワークとインターネットの間のバリアとして機能します。着信および発信ネットワークトラフィックを監視し、特定のセキュリティルールに基づいてデータパケットをブロックまたは許可するネットワークセキュリティデバイスと考えてください。

 

たとえば、ファイアウォールを構成して、信頼できないファイルやマルウェアへのアクセスをブロックできます。

 

通常、ファイアウォールはプロキシサーバーでホストされており、ネットワークに到達する前に着信トラフィックを分析してブロックや承認をします。

 

2.フィルターと検閲を回避する

WebサイトがIPベースのジオロケーションを使用してサービスを特定の国に制限している場合、他の国にあるプロキシを使用してサービスにアクセスできます。Webプロキシは主に政府の検閲を回避するのに使用され、2%のインターネットユーザーだけがその迂回ツールを使用しています。

ネットワーキングでのプロキシ設定の図

 

 

3.キャッシング

プロキシサーバーは、頻繁にアクセスされるデータを一時的に保存して、将来再びアクセスするのを簡単かつ高速にします。これにより、帯域幅の使用量と待ち時間を削減しながら、パフォーマンスが大幅に向上します。

 

4.エラーの修復

プロキシは、データの一般的なエラーを修復し、アクセシビリティの問題を修正できます。たとえば、BikiniProxyはバグの多いHTMLやJavaScriptコードをすぐに書き換えて、ブラウザーで発生しているエラーを修復します。

 

5.インターネット接続の共有

一部の企業や組織では、プロキシサーバーを使用して、単一のインターネット接続を通じてデバイスを集めています。これはWiFiルーターを介して行うこともできます。

 

6.セキュリティ

プロキシはネットワークアドレス変換を使用して、企業の内部ネットワークのセキュリティを強化します。ローカルネットワーク上のユーザーとマシンから匿名でリクエストを出します。部外者がネットワーク上の特定のデバイスにアクセスしても、そのデバイスを見つけるのは非常に困難です。

 

7.翻訳

翻訳プロキシは、世界中の聴衆のためにWebサイトのエクスペリエンスをローカライズするために使用されます。実装すると、元のコンテンツの言語が訪問者の母国語に翻訳されます

 

 

プロキシの種類とその利点

要件に応じて、フォワードプロキシとリバースプロキシの2種類のプロキシから選択できます。どちらもインターネット向けプロキシですが、実装方法は異なります。

 

フォワードプロキシ

フォワードプロキシ(オープンプロキシとも呼ばれます)は、ユーザーのデバイスとパブリックの送信先サーバーの間の任意の場所に存在します。インターネット上の任意のソースからコンテンツを取得するために使用でき、すべてのインターネットユーザーがアクセスできます。

 

フォワードプロキシはさらに2つのグループに分類できます。

・透過型プロキシ:

追加のセキュリティやプライバシーを提供しません。1つを使用すると、リソースサーバーはプロキシ経由でデータを要求していることを通知でき、元のIPアドレスも取得できます。このタイプのプロキシは、主にコンテンツのフィルタリングまたはキャッシュの目的で使用されます。

 

・匿名プロキシ:

プロキシサーバーとしてのIDを公開しますが、元のIPアドレスは公開しません。オンラインプライバシーをある程度制御したい場合は、これらを使用できます。さらに、定期的に新しいIPアドレスを変更することにより、プロキシの使用を隠す優秀なプロキシがあります。

 

 

リバースプロキシ

リバースプロキシは、クライアントに代わって1つ以上のサーバーからデータを取得します。その後、データはクライアントに返され、プロキシサーバー自体から送信されたように見えています。この方法では、クライアントは元のサーバーに関する情報を取得しません。

 

クライアントの代わりに動作するフォワードプロキシとは異なり、リバースプロキシはサーバーの代わりに動作します。プライベートネットワークのファイアウォールの背後に配置するだけで、Webサーバーの攻撃をブロックしながら、パフォーマンスと信頼性が向上します。

 

 

欠点

プロキシには限界と欠点があります。たとえば、

速度が遅い:プロキシは最近アクセスしたウェブページのキャッシュを保存しますが、インターネットトラフィックを再ルーティングするため、接続が遅くなる可能性があります。

 

限定的なプライバシー保護とセキュリティ:プロキシはファイアウォールをホストし、IPアドレスを隠しますが、一部はトラフィックを暗号化しません。つまり、同じネットワーク上の他のユーザーがあなたのオンライン活動を盗視する可能性があります。これを回避するには、HTTPS暗号化をサポートするプロキシを使用していることを確認してください。

 

ログインや機密情報の入力が必要なWebサイトでは、プロキシを使用しないことを強くお勧めします。

 

制限付きアクセス: 軽い閲覧と基本的な娯楽にのみ適しています。たとえば、政府によってブロックされているYouTubeビデオやサイトにはアクセスできるかもしれませんが、すべてのWebサイトに対して同じことを行うことはできません。

 

さらに、Webプロキシは通常、限られた場所に限られたサーバーを提供します。また、一部はプラットフォームに依存しているため、1つのプロキシを選択してすべてのデバイスをカバーすることはできません。

 

不安定性:プロキシが堅実なパフォーマンスを提供することはできません。無料のアカウントを選択した場合は、サービスの中断、速度の問題、突然の切断が頻繁に発生すると心づもりしていて下さい。

 

 

プロキシとVPNの違いは何ですか?

VPNとプロキシサーバーはどちらもユーザーIDを保護し、地理的に制限されたコンテンツへのアクセスに最適ですが、VPNはプロキシよりも効果的で安全です。

 

VPNはオペレーティングシステムレベルで機能します。つまり、VPNからのものであれ、バックグラウンドアプリケーションからのものであれ、すべてのトラフィックをリダイレクトします。また、デバイスとインターネット間のトラフィックを暗号化します。

 

多くのVPNは、128ビットまたは256ビットのAESメソッドを使用してデータを暗号化し、安全に接続されているVPNクライアントとサーバーのみがコンテンツにアクセスできるようにします。

 

この暗号化は、ISPによるインターネットアクティビティの監視を防止するだけでなく、アクティビティを追跡しようとする可能性のある政府の監視や攻撃者からも保護します。全体として、VPNは究極のオンラインプライバシーとセキュリティを提供します。

 

多くのプロキシサーバー接続は解放され、より頻繁に落ちますが、通常、VPNは有料で信頼性は高くなります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ