その他

その他

【2019年版】頭の中を整理して生産性をアップ!仕事に使えるメモアプリ15選

本記事は、15 Best Note-Taking Apps Of 2019 To Boost Your Productivity
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    210 views

    読了時間 : 約7分7秒

    高校生でも、民間企業のインターン生でも、どんな分野の経験豊富なプロフェッショナルの方であっても、メモを取ってその日の重要事項を書き留める必要が出てきます。メモを取るという習慣は今に始まったものではなく、何百年も前からアイデアを伝える方法として実践されています。ですが、メモを取る行為は今、以前よりも重要性が増してきています。

     

    デジタル化が進む以前は、メモ帳がありました。しかし、スマホやPCの台頭によりペンや鉛筆にとって代わる新たな強力なツールが登場してきました。

     

    スマートなメモアプリのおかげで、仕事やスケジュールは確かに変化しました。さらに、クラウドコンピューティングの台頭により、いつでもどこでもメモにアクセスできるようになりました。しかし、すべてのアプリが同じ機能を備えているというわけではありません。それぞれに長所と短所があります。

     

    今回は、15個のメモアプリを厳選いたしました。1日の仕事を助けてくれる最高のアプリを見つけてみてください。

    15. ColorNote

    価格:無料

    プラットフォーム: Android

     

     

    ColorNoteはシンプルかつ効率的なAndroid用メモアプリです。このアプリを使えば、やることリストの管理やメモを書くのとも簡単にできてしまいます。メモのタイプは2種類あります。テキストタイプとチェックリストタイプです。テキストタイプはワープロと同じような機能で、文字の制限はありません。

     

    チェックリストモードでは、買い物メモなどを管理することができます。メモを色で分けて管理することもできます。ColorNote上のメモはすべて、世界中の企業で使われているAESという技術によって暗号化されます。

     

    14. CintaNotes

     

    価格:無料、39ドル/年

    プラットフォーム: Windows

     

    CintaNotesはマイクロソフトのメモアプリです。CintaNotesを使えばネット上のテキストや資料、画像をキャプチャすることができます。メモはタグをつけて管理することができます。タグ付けするのが面倒くさい、と思った方も、心配はいりません。ユーザー定義のルールに基づき、自動でタグ付けも行ってくれます。

     

    必要とあらば、メモ帳全体を暗号化することもできます。自動バックアップ機能もありますが、こうした機能はほとんど有料版のものになります。

     

    13. Write

     

    価格:9.99ドル

    プラットフォーム:Mac、iOS

     

    構文強調、タグ、複数のモード、画像への対応など、メモアプリにあるべき理想的な機能がすべて備わったアプリです。このアプリの機能で優れているのは何といっても文書の長さに関わらずスムーズにスクロールしてくれるところです。

     

    メモを画像や表と一緒に完全にフォーマットされたHTMLにエクスポートすることも可能です。さらに、メモを書く速さや文字数などを分析し、文書の統計もとってくれます。

     

    12. Laverna

     

    価格:無料

    プラットフォーム:ブラウザ、Mac、Windows、Linux

     

    商用アプリよりもオープンソースの方がお好みですか?オープンソースのメモアプリがあったら試してみたいですか?それなら、ぜひLavernaを試してみてください。JavaScriptベースで、高度なマークダウンエディターを搭載し暗号化にも対応しています。登録なしでアプリを使用できます。

     

    メモはすべてブラウザのlocalStorageやindexedDBといったデータベースに保存されるので、さらに安心です。クラウドとの同期も可能ですが、現在はDropboxとRemoteStorageにのみ対応しています。

     

    11. ClevNote

     

    価格:無料

    プラットフォーム:Android

     

    ClevNoteは1日の重要な仕事を管理するのに役立つアプリです。シンプルで使いやすいインターフェイスになっています。メモを取るだけでなく、パスワードや銀行口座、ウェブサイトのパスキーを管理するのにも役立つアプリです。たとえば、スーパーで買い物するときに買うものを覚えておくときなどにも使えます。

     

    ClevNoteは軽いアプリで、スマートフォンに負荷もかかりません。AESによって重要な個人情報は暗号化されます。リマインダー機能や、Googleドライブによるバックアップ機能も備えています。

     

    10. Any.Do

     

    価格:無料、2.99ドル/月

    プラットフォーム:ブラウザ、Android、iOS、Chrome App

     

    Any.Doは世界中で人気のタスク管理用アプリです。いろいろと便利な機能がありますが、その中にはメモ機能もあります。使いやすく、柔軟で、より効率的にタスクや、やることリストを管理できます。

     

    有料版はより柔軟で高機能です。チームメンバーと共有するタスク数の制限もなく、データのアップロード制限も1.5MBから100MBに増加します。有料会員になれば位置情報に基づいたリマインダーを設定したり、アプリのテーマを変更したりもできます。

     

    9. Nimbus Note

     

    価格:無料

    プラットフォーム:ブラウザ、Android、iOS、Windows

     

    Nimbus Noteがあれば何かを忘れる心配はありません。Nimbus Noteはシンプルで効率よくメモを管理するための強力なアプリです。このアプリではメモを取ったり、やることリストを管理したり、ウェブサイトを保存して簡単に他人と共有できます。付属のスキャナー機能で画像や手書きの文書をスキャンすることもできます。

     

    セキュリティの問題もあるため、メモやファイルはローカル管理による暗号化システムですべて守られます。

     

    8. DropBox Paper

     

    価格:無料、8.25ドル/月~

    プラットフォーム:ブラウザ、Android、iOS

     

    DropBox Paperはこの分野では割と新しい方のアプリですが、Microsoft OneNoteやGoogle Docsのような大手競合相手にも匹敵するといわれているアプリです。チームでの作業を楽にしてくれるのがこのアプリ。簡単に文書を編集しチームのプロジェクトを管理することができます。

     

    つまり、DropBox Paperは文書を共有したり管理したりするためのオンライン版ワープロなのです。シンプルなデザインと自動化機能で、文書の管理ではなく仕事に集中できます。無料版には最大2GBのストレージが付いてきます。

     

    7. Box Notes

     

    価格:無料、5ドル/月~

    プラットフォーム:ブラウザ、Windows、Mac

     

    共同作業は多くの業界で必要です。もし共同作業をする機会が多いのであれば、個人用のメモアプリでは不十分なこともあります。チームとリアルタイムで共同作業できるようにする必要があります。この問題を解決してくれるのがBox Notesです。

     

    メモを取るだけでなく、ビジネスレビューを作成して共有することもBox Notesなら可能です。最大20人のユーザーがツールを同時に使用することができます。

     

    6. Zoho Notebook

     

    価格:無料

    プラットフォーム:Android、iOS

     

    Zoho Notebookはメモややることリストをきっちり管理するための無料個人向けアプリです。このアプリを使えば、メモに画像や、音声ファイル、PDF、チェックリスト、スプレッドシートなどあらゆるものを添付することができます。

     

    アプリに保存したものはすべてカラフルなカードや付箋の形で保存されます。今後必要になった時のために、こうしたカードをグループにまとめておくこともできます。メモはアプリから簡単に検索でき、接続しているすべてのデバイスとクラウドを通じた同期も可能です。

     

    Zoho Notebookにはブラウザ版やタグ付け機能は備わっていません。

     

    5. Google Keep

     

    価格:無料

    プラットフォーム:ブラウザ、Android、iOS

     

    シンプルでアクセスしやすいメモツールをお探しでしたら、Google Keepがおすすめです。Google Keepにはメモや画像、一覧、音声といったあらゆるものが追加できます。日々の仕事用にリマインダー機能を使うこともできます。

     

    Google Keepではラベルや色によってメモを整理できます。Google NowなどのGoogleサービスとの連携で、あらゆる場所からメモへのアクセスが可能です。

     

    Googleのサーバー上で動いているので、セキュリティはあまり大きな問題にはなりません。全体的には、モバイル端末でメモを取るには最適なアプリですが、PC重視の方にはあまりお勧めできません。

     

    4. Simplenote

     

    価格:無料

    プラットフォーム:ブラウザ、Android、iOS、Windows、macOS、Linux

     

    その名のとおり、Simplenoteはわかりやすくてシンプルなメモツールです。必要な機能をすべてそろえ、無駄な機能を排除したメモアプリを求める人のために作られたアプリです。

     

    タグによってメモを効率的に整理し、ピン機能で一番重要なメモをチェックリストの最上部に固定することもできます。もちろんリストを同僚や友人と共有することも可能です。

     

    3. OneNote

     

    価格:無料

    プラットフォーム:Android、iOS、Windows、macOS

     

    メモアプリといえばマイクロソフトのOneNoteは欠かせません。ここ最近では、OneNoteは世界中の何百万人というユーザーに利用されています。OneNoteでは、手打ちのメモの保存や、表の作成、ウェブページ、音声クリップ、画像などの保存ができます。

     

    メモはフォルダごとに分けて保存することで簡単に整理できます。共有フォルダに入っている文書に関しては共同編集も可能です。OneNoteはほぼすべてのメジャーなプラットフォームで独立したアプリケーションとして利用できます。OneDriveからのアクセスも可能です。

     

    2. Bear

     

    価格:無料ベーシック版、1.49ドル/月

    プラットフォーム:ブラウザ、iOS、macOS

     

    Bearはメモ同士をリンクさせることで整理でき、文書の本文を作ることもできる強力なメモアプリです。ハッシュタグを使って効率よくアイデアをまとめることもできます。メモはすべて移植可能なプレーンテキスト形式で保存されます。メールアドレスやURLは自動的にハイライトしてくれます。

     

    Bearには優れたマークアップエディターも搭載されており、20以上のプログラミング言語をハイライトできるので、デベロッパーがコードを書くのにも使えるわけです。テーマもたくさんそろっているので、仕事がはかどるデザインに変更することができます。

     

    基本的な機能を使うには無料版で十分ですが、より高度な機能を使うには有料版へのアップグレードが必要です。

     

    1. Evernote

     

    価格:34.99ドル/年

    プラットフォーム:Android、iOS、Chrome OS、Windows、macOS、Blackberry OS

     

    世界で一番強力なメモアプリは、Evernoteかもしれません。ただ、安くは上がりません。基本的な機能に限定された無料版もあるのですが、仕事で使うのには制限がありすぎます。とにかく、Evernoteには音声やテキストでメモをする機能や、ネット上のページや画像をクリップして簡単に共有できる機能があります。

     

    Pro版のユーザーなら無制限にデバイスを同期でき、月に最大20GBのデータを新規作成できます。EvernoteにはWebクリッパーという機能もあり、Web上のあらゆるものをキャプチャすることができます。

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ