その他

その他

【IoT】スマートホームの課題と未来【サムスン社員が語る】

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、A look at Samsung's strategy for streamlining the smart hom
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

148 views

読了時間 : 約4分0秒

スマート製品は暮らしにゆとりを与えてくれますが、同時に多くの課題を抱えてもいます。サムスンの部長であるBill Leeが、その課題を解決するためにブランドがとる戦略について語ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、サムスンの個人向け電化製品と家電小売担当部長のBill Leeは、午前4時45分に目を覚まします。ベッドから降りると、モーションセンサーが近くのスマートプラグにシグナルを送り、床を温めるセラミックヒーターのスイッチがオンになります。

 

 

彼はこれらの製品に約110ドルを費やし、それらを組み合わせる様々な方法を試してみました。彼はまた、ほとんどの消費者がスマートな製品を協調させてIoT(Internet of Things)を十分に活用することができていないことに気が付いています。

 

 

Worldwide Business Researchで開催されたFuture Stores Seattleの基調講演を務めたLee氏は、「スマートフォンで、来訪者を確認できるドアベルを想像してみてください。 そして、誰かがドアの向うにいる時に赤いランプを点滅させることができる、同じ環境に設置されたドアベルを想像してみてください。眠っている赤ちゃんがいたり、あるいは大切な荷物が届くので、視覚的なサインを見逃したくなかったりするでしょう。」

コネクテッド・ホームの課題とチャンス

国際データ・コーポレーション(IDC)によると、昨年のIoTへの支出は世界全体で6,740億ドルに達しました。 IDCは、この数字は2018年末までに14.6%増加し、2020年には1兆ドルに達すると予測しています。

 

 

Lee氏の意見では、IoTに対する主な批判は、「高い共依存性」があるということに向けられています。WiFi接続と、スマートフォンにオペレーティングシステムの最新バージョンがインストールされているかどうかが、ユーザーエクスペリエンスを左右してしまうのです。

 

 

「良い知らせは、すべてのスマートアイテムにアプリケーションがあることです。」Lee氏はさらにこう付け加えます。「悪い知らせは、すべてのデバイスがそれぞれ独自のアプリケーションを持っていることです。」

 

 

ほとんどのスマートフォンは未使用のアプリでいっぱいであるという課題があります。 Lee氏は、米国の全世帯の71%が少なくとも1つのサムスンのデバイスを所有していると言われています。 27%には少なくとも3つあります。サムスンがスマートホームデバイスとIoT用のオープンプラットフォームであるSmartThingsを買収した時には、そのデバイスを合理化することが目指されていたのです。

 

 

SmartThingsのアプリでは、モーションセンサー、鍵、電気コンセント、スピーカー、サーモスタット、ガレージのドア開閉機など、さまざまなスマートデバイスを制御、自動化、監視することができます。

 

「これにより、すべての商品をつなぎ合わせてまとめることができます」とLee氏は言います。 「たとえば、冷蔵庫にはカメラが搭載されていて、中に入っているものに関する情報をどのデバイスにも送れるので、鮮度を維持できます。

 

あなたの家の床を1平方インチ単位で完璧に網羅できるロボット掃除機もあります。これは、天井の表面積に基づいてアルゴリズムを開発することによって動作し、これは、床よりも異常が発生しにくいのです。

 

 

 

 

 

IoTがキッチンなら、サムスンはシェフ

インターネットは、普通の消費者が個人向け電化製品についてより多く学ぶ機会を提供してくれました。リー氏は、ソーシャルメディアは世界最大のフォーカスグループだと指摘します。 Twitterの調査によると、中小企業(SMB)をフォローする人たちの69%が、プラットフォーム上で見たという理由で商品を購入したことがあると言います。 Instagramでは、最もフォロー数が多い2つの消費者ブランド、NikeとVictoria’s Secretには1,350万人のフォロワーがいます。

 

 

サムスンのマーケティング戦略では、顧客がどこに住んでいるのかだけでなく、どこで働いているのかも重要です。

 

 

「K-Cupは、基本的なビジネスにまつわる困難な状況に取り組んでいた2人の起業家によって生まれました。オフィスの休憩室のコーヒーポットを新鮮で暖かく保つにはどうしたらよいのでしょうか。「コーヒーを淹れて、それをそのまま放っておくわけにはいかないのです。」とLee氏。「彼らは消費者でとどまらず、驚くべきトロイの木馬になると分かっていたビジネスの道へと進みました。それゆえに、今や各家庭に本当に沢山のK-Cupがあるのです。

 

 

消費者はスマート製品を見つけたとしても、それらはシームレスでかつ、ハードウェアとアプリのバランスを保っている必要があります。Lee氏はもちろん、たった1つのアプリだけでそういった経験がさらに良くなると考えています。彼はまたIoTをキッチンに譬え、そしてサムスンはシェフになることを望んでいると言います。

 

 

「シェフが高品質の食材を組み合わせて、それら単体よりもより良いものを作り出すような、高いレベルの準備が必要です。」と彼は言います。 「私たちサムスンは、娯楽性、快適さ、安全性を提供する責任があり、私たちはその責任を軽く見てはいません。」とLee氏は語りました。

 

 

 

※本記事は、A look at Samsung’s strategy for streamlining the smart homeを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ