話題

話題

自分の発明が原因で亡くなった、残念な発明家10人

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10 Popular Inventors Killed By Their Inventions
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

163 views

読了時間 : 約3分35秒

発明家になるには、一見無用なモノの束と、新しい想像力、そしてリスクを冒す度胸が必要です。それなのに、発明家が自分の創造が元で亡くなるとは、なんとも皮肉な話ですね。人類の歴史を変えた発明もあれば、悲惨な結末を迎えた発明もあります。

 

発明家は、良いアイデアを思いつき、それを理論から現実のものにしなければなりません。時には物事がうまくいかなかったり、思い通りに機能せず計画とは正反対に働いたりすることもあります。この記事では、技術を向上させようとするあまり、自らの発明によって命を落とした10人の発明家を取り上げます。

10. マックス・ヴァリエ

画像出典:wikipedia

 

マックス・ヴァリエは、1895年2月9日生まれのオーストリアのロケット工学の発見者です。彼は最も有名な発明家、科学者の一人として記憶されています。1930年1月25日、液体エンジンによる5分間の飛行に初めて成功しました。1930年4月19日、アルコールを燃料とするロケットカーがテスト走行中に爆発。事故から28日後の1930年5月17日、彼はこの世を去りました。その後、ヴァリエの設計を改良し、発展させたものが彼の後輩によって開発されています。

9. ホレス・ローソン・ハンリー

画像出典:wikipedia

 

1823年6月20日、テネシー州生まれ、アメリカ内戦中の船舶技師。19世紀半ばに発明した初めての手動潜水艦は、彼の名前にちなんで名付けられました。最初の2回は失敗し、3回目でついに潜水艦を自費で作りました。1863年10月15日、この潜水艦は沈没し、ハンリーを含む8人の隊員が死亡しました。

8. フランツ・ライヒェルト

画像出典:wikimedia

 

1879年にウィーンで生まれ、1898年にパリに移住しました。フランスの仕立て屋で、パラシュート服の発明者とも言われています。最初に設計したパラシュート服は約70kgでしたが、後には25kgになりました。1912年2月4日、エッフェル塔からの飛び降りを許可された彼は、自分の設計をテストするために、地上から57mの高さがある1階から飛び降ります。飛び降りた直後、パラシュートは半分開いたような状態で彼を覆ったまま、凍りついた地面に墜落しました。すぐに近くの病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

7. アレクサンドル・ボグダーノフ

画像出典:wikipedia

 

アレクサンドル・ボグダーノフは、1873年8月22日にロシア帝国(ポーランド)で生まれたロシアの哲学者、医師、SF作家です。「輸血によって人間の老化を食い止めることができる」という理論を提唱したことでも知られています。1925年に設立した輸血研究所は、後に彼の名を冠しました。彼は、あるボランティアに実験を始め、視力回復をはじめ、様々な好結果に満足しました。ある日、マラリアと結核に感染した学生の血液を自分の血液に輸血しました。自身は亡くなってしまいましたが、その学生は病気から完全に回復しました。

6. オットー・リリエンタール

画像出典:wikipedia

 

1848年5月23日、ドイツに生まれたオットー・リリエンタールは航空学の先駆者であり、「グライダー王」とも呼ばれました。多くの鳥、特にコウノトリを研究し、その翼の空気力学的な構造を発見しました。グライダーでの飛行回数は2000回を超え、総飛行時間は5時間でした。1896年8月9日、彼はグライダーのテストを開始します。4回目の挑戦でグライダーは操縦が難しくなり、約15mの高さから落下してしまいます。その翌日、首の骨折により死亡しました。

5. ヘンリー・フルース

画像出典:wikimedia

 

ヘンリー・フルースは1851年、英国ウィルトシャー州マールボロ生まれの潜水技師です。1878年、リブリーザーと呼ばれる特許を許可された。これは、50%の酸素が供給される呼吸袋にゴムマスクを接続し、苛性カリ溶液に浸したロープに二酸化炭素を接続したものです。彼は、水槽の中で1時間過ごしたり、外洋で水深5.5メートルまで潜ったりして、この装置をテストしました。高圧の酸素は人体に有毒であるため、純酸素により死亡しました。

4. ウィリアム・ブロック

画像出典:wikipedia

 

ウィリアム・ブロックは、輪転印刷機で印刷業界に革命を起こしたアメリカの発明家です。彼はいつも機械仕掛けの機械を設計したいと思っていました。1849年には、穀物用ドリルを発明し、フランクリン研究所から賞を受けました。彼が発明した印刷機は、1時間に12,000枚のページを印刷することができ、その後、1時間あたり30,000枚まで改良されました。1867年4月3日、ベルトを蹴って滑車に乗せようとしたところ、機械に足を挟まれ、4月12日、足を切断する手術中に死亡しました。

3. ヴァレリアン・アバコフスキー

画像出典:wikipedia

 

ヴァレリアン・アバコフスキーは1895年10月5日、ラトビアのリガで生まれました。航空機のエンジンを搭載した高速鉄道車両「エアロワゴン」の発明者として知られています。当初はソ連軍の兵士を乗せるために設計されたものでした。1921年7月24日、トゥーラ州からモスクワに戻る途中、高速で脱線し、アバコフスキーら6人の関係者が死亡する事故が起きました。その後、エアロワゴンの設計は改良され、鉄道車両と航空機のエンジンを組み合わせた車両に多く採用されました。

2. マイケル・デイクル

画像出典:Telegraph

 

イギリスのAVCEN社は、短距離離着陸が可能なジェットポッドを開発しました。中距離のエアタクシーとして使用することを想定しているものです。最高速度は時速550kmで、離陸に必要な距離はわずか125m。2009年8月16日、ジェットポッドの創始者であるマイケル・デイクルは、自作機の初飛行に臨みます。4回目の離陸の際、ジェットポッドは走行に支障をきたして墜落し、彼は死亡しました。

1. マリー・キュリー

画像出典:wikimedia

 

マリー・キュリーは、史上最も有名な物理学者、化学者の一人です。女性初のノーベル賞受賞者であり、2つのノーベル賞を受賞した唯一の女性であり、パリ大学の教授になった最初の女性でもあります。彼女は、放射能の理論、ラジウムとポロニウムという2つの元素を共同発見しました。1934年7月4日、放射能による貧血のため亡くなります。彼女は、放射線の健康被害を真摯に受け止めず、安全対策もせずにすべての作業を行ったのでした。

おすすめ新着記事

おすすめタグ