話題

話題

ホームレスの子どもの自殺予防のため、開発されたAIについて徹底解説!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、AI-Based Tool Aims To Prevent Suicide Among Youth
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

367 views

読了時間 : 約2分6秒

・新しい人工知能装備ツールは、限られたリソースを使用して、ホームレスの子どもの自殺を防ぎます。

 

 

・このツールは、実際のソーシャルネットワークの情報を利用します。

 

 

・このツールは、ホームレスの子どもの自殺を約20%減少させました。

 

 

1960年から1980年の間に、若者の自殺率が300%に増加しました。例えばオーストラリアでは、15歳から25歳の人々の死亡の2番目の原因として、自殺があげられます。

 

 

アメリカでは、若者の死亡の3番目の原因が自殺です。疾患コントロール・予防センターによると、2007年から2017年の間の1024歳の自殺率が、50%上昇しています。ホームレス評議会の国民健康管理リポートによると、ホームレスのうち半分の人々が、自殺を試み、または自殺を考えているようです。

 

 

この問題に対処するために、アメリカの研究チームは、死亡のリスクを下げるための、人工知能装備モデルを開発しました。このモデルは若者をターゲットとしており、現実のソーシャルネットワークの情報を使用しています。

 

 

丈夫なグラフのカバー

 

 

家族や親戚、友人を気にかけられるよう、戦略的に配置された人々のネットワークを作ることによって、必要な時に助けることができます。研究チームは、そのためのアルゴリズムを発明しました。

 

 

実際のソーシャルグループを分析し“ゲートキーパー”として最適な個人を訓練します。“ゲートキーパー”は、グループ内の自殺兆候を特定し、それに応じて対応することができます。

 

 

AIは、限定されたリソースを考慮し、最大人数の人々が監視されいる状態を、確かなものにします。このシナリオは、隣接ノードをカバーできるグラフでノードのサブセット(ゲートキーパー)を選択する問題を表します。

 

 

この研究で開発されたモデルは、現実の不確実性に対処するのに十分なほどの、賢さを持ち合わせています。例えば、ネットワーク上のある個人が、ゲートキーパーのトレーニングを受けられないのであれば、アルゴリズムは、丈夫なノードカバーを生成します。

 

 

研究員たちは、ロサンゼルスで、若者やホームレス個人のネットワークを確認しました。そのうち50%が、自殺を考えていたのです。限定されたリソースにおいて(ゲートキーパー)、新しいモデルは、この脆弱な集団に対し、自殺予防トレーニングを効率的に増やすことができます。

 

 

政策立案者(イニシアチブの資金を決定する人物)が、自殺予防トレーニングを受ける必要がある人物の、最低人数を決定する際にもこれは役立ちます。ネットワーク上の人物のなかには、少なくとも、トレーニングを受けた家族や親戚、友人がおり、対象人物が自殺をしないように気を付けています。

 

 

 

 

クレジット:PA画像

 

 

究極の目標は、ホームレスの若者を守るために、公平なAIを組み立てることです。既存のアルゴリズム(カスタマイズせずに実装する場合)では、人種間で保護率が60%違うという、差別的な結果が出ました。

 

 

一方で新しいアルゴリズムでは、ホームレスの若者の脆弱なグループによる偏りを、20%にまで減らすことができました。

 

 

研究チームは、公平性の制約がある丈夫なカバーについて更に調べることに、価値があると思っています。数多くの課題を提起し、計算困難な問題に対処し、コンピューターサイエンスの分野を前進させ、科学のリスク管理の境界を押し広げます。

 

 

それに加え、自殺という発想や死を予防するために、AIは、自然災害の中でも使用できるようになるでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ