話題

話題

PR

地理を正しく認識していますか? 愉快なNG集13選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 Amusing Geography Fails
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

413 views

読了時間 : 約5分48秒

「世間は狭い」、つまり世界は小さいと言われることがよくありますね。ところが、実際には、世界はとても大きいのです。196カ国(国連認定)、無数の都市、そして常に進化し続ける地政学がある中で、「地理」を把握しておくことは少し難しいかもしれません。

 

ただ、時には、あまりにも分かりやすい間違いが発生し、その認識不足が愉快にさえ感じられることもあるのです。この記事では、思わず笑ってしまう、他愛のない地理の間違いをご紹介します。

13. CNNがトリポリの位置を間違える

2011年、リビアではカダフィ派と国民移行評議会がトリポリで軍事衝突し、カダフィ派が首都を制圧しようとしたため、国際放送の注目の的になっていました。

 

この件に関するCNNの最新情報で、問題となっているリビアの首都トリポリが誤ってレバノンの上に表示されました。リビアは北アフリカの国であり、レバノンは西アジアに位置する国です。

12. フォックス・ニュースがエジプトの地図を間違える

2011年、フォックス・ニュース【米国のニュース専門放送局】が公開した中東の地図画像をめぐって、ソーシャルメディアが爆発的に盛り上がりました。その地図は、西アジアまたは中東のイラクがあるべき場所に、アフリカの国であるエジプトがあることを示していたのです。

 

このニュースの焦点は、この画像がもともと2年前に流布されたものである、ということでした。結論から言うと、これはフォックス・ニュースの正当な間違いかもしれませんが、きっと前代未聞のことでしょう。

11. スポーツ界で国歌斉唱の間違い

発展途上国、かつ地理的にさほど重要でない国の国民である場合、時にきまり悪く感じてしまうかもしれません。ほとんどの人は、地図上であなたの国の位置を特定できないだけでなく、他の国籍の人と混同してしまうことが多いのです。

 

そんなきまり悪い出来事が、2015年に中国で開催された全国陸上競技選手権大会で起こりました。ウクライナの選手がウズベキスタンの国歌をバックに金メダルを受け取る羽目になったのです。

 

また、セルビアのノヴィ・サドで開催されたユース・ジュニア欧州サンボ選手権のメダル授与式では、アゼルバイジャンの選手がアルメニア国歌を聞きながら金メダルを受け取らなければなりませんでした。アルメニアとアゼルバイジャンは、20年近く戦争状態にあるのです。

 

両国には少なくともちゃんとした国歌はありますが、カザフスタンの場合はどうでしょう。2006年に映画「ボラット」が公開されて以来、メダルの授与式では、この映画に登場する「偽の国歌」でカザフスタンのアスリートを称えたり恥をかかせたりすることが繰り返されてきました。

10. チェチェンかチェコか

ボストン爆破事件(2013年4月15日発生)がチェチェン共和国出身のテロリストによって行われたというニュースが流れるとすぐに、人気のソーシャルメディアサイトはチェコ共和国に対する嫌悪感や悪意のあるコメントで溢れかえりました。これは大間違いでした。

 

チェチェンは東ヨーロッパの最南端に位置するロシアの州です。一方、チェコは中央ヨーロッパの国です。

 

9. ウェストボロ・バプティスト教会は抗議する国を間違えた

米国のカンザス州を拠点とするウェストボロ・バプティスト教会は、ヘイトスピーチ、非常識な行為、軍の葬儀の妨害で広く知られています。彼らはまた、同性愛者に寛容な法律を持つ米国や他の国々に対して、最も恐ろしい方法で抗議しています。

 

2015年にアイルランドが同性婚を合法化した際、この教会はほぼ即座に抗議を決定しました。早速、アイルランドとアイルランド国旗をバカにするつもりで、動画を公開したのですが、ちゃんと下調べをせず、間違った国旗を選んでしまったようです【右側の写真の中央にあるのはコートジボワールの国旗】。

 

アイルランドとコートジボワールは、色を反転させただけで、ほぼ同じ国旗を使用しています。とても似ているため、見分けがつきにくいのです。そこで、ウェストボロ・バプティストは、誤ってコートジボワールを選んでしまったのでしょうが、次に起こったことは予想通りでした。

8. あるエンジニアの地理的なミスが、家族に数百万の損失をもたらした

CERN【ヨーロッパ合同原子核研究機構】で初のコンピュータ・タッチスクリーンの技術を開発したことで有名なエンジニア、マイケル・クロウリー=ミリングは、2012年に数百万ポンドを残して亡くなりました。遺言では、「英国内」の財産はすべて王立協会に寄付されることになっていました。

 

残念ながら、彼の財産のほとんどは、ジャージー島【英仏海峡】とマン島【アイリッシュ海】にあります。英国の保護下にありながら、両島は王室属領【英国には含まれず、それぞれ独自の憲法の下で政府を持つ】です。

 

遺族はこの間違いに気付いた後、100万ポンド相当の海外資産を請求し、王立協会との間で法廷闘争が繰り広げられました。

 

最終的な判決により、遺族はすべてのクロウリー氏の富を王立学会に送らなければなりませんでした。

7. CNN、ウクライナをパキスタンへ移動

2014年、ウクライナの東南部に位置するドンバス地方で続く戦争についてのニュース放映中、CNNは視聴者に視覚的な補助を提供するために便利な地図を作成しました。残念なことに、その地図はヨーロッパではなくアジア地域にズームアップされており、パキスタンまで含まれていました。

 

CNNが重大なミスを犯したのはこれが初めてではありません。同じ年に、ロンドンを英国の誤った地域に配置した独自バージョンの地図を作成し、2013年には香港を南米に配置しています。

 

別件で、CNNのミス以前のことですが、ワシントン・ポストがアメリカ人に、ウクライナが地図上のどこにあるかを尋ねる調査を行いました。ほとんどの人が「パキスタンの近く」と答えていました。

6. ベネズエラ人とペルー人を混同

2007年、アメリカのディック・チェイニー元副大統領は、テキサス州ダラスでの外交演説で、ベネズエラのウゴ・チャベス元大統領を批判して「ペルーの人々にはもっと良い扱いを受ける権利がある」と述べました。

 

さらに、「ペルーの人々は、そのリーダーシップにもっと良いものを求めるべきだと思う。しかし、それは明らかに問題であり、彼らが自分たちで解決しなければならないことだ」とも述べました。ちなみに、チャベス氏は社会主義思想と反米思想を持ち、ブッシュ政権で最も不人気な人物の一人でした。

5. オバマ元大統領、フォークランド諸島に関して失言

フォークランド諸島は南大西洋に浮かぶ群島で、東フォークランド島、西フォークランド島、その他776の小島からなる総面積12,000平方キロメートルの島々です。

 

この島々は、長い間、アルゼンチンと英国の間で紛争になっています。正式には英国海外領土であり、英国が統治しています。アルゼンチンでは、フォークランドはスペイン語で「ラス・マルビナス」と呼ばれ、国家の重要な一部と見なされていますが、その主張は英国によって拒否されています。

 

ともあれ、2012年にコロンビアのカルタヘナで開催された米州首脳会議で、オバマ元大統領はフォークランドをスペイン名で呼ばず、インド南岸に浮かぶ環礁群「モルディブ」と呼んだのでした。

4. リック・ペリーの愉快な地理学

2011年、テキサス州の前知事リック・ペリーは、リオ・グランデ川を挟んでテキサス州エルパソの南に位置するメキシコの都市フアレスを「米国で最も危険な都市」と認定しました。これがペリー氏の大失言だというならば、もっと大きな失言があります。

 

同じ年に、グリーンエネルギー政策を批判する際、まったく新しい国家を誕生させたのです。演説の途中、彼はありもしない国家を作り出すという失態を演じました。その発言は、「ソリンドラという国に行ったのは5億ドル以上だと言いたい」というものでした。

 

ソリンドラとは、実は太陽光発電の会社で、5億ドル以上の連邦融資保証を受けた後に倒産しました。

3. ニカラグアが誤ってコスタリカへ侵入

これは地理的な失策ではなく、領土破壊のデモンストレーションだったのかもしれません。ニカラグアの軍司令官エデン・パストラはコスタリカ領に侵入し、領内のコスタリカ国旗を撤去するよう軍に命じたのです。重要なのは、この侵攻が誤ったグーグルマップに基づいて行われたことです。

 

それがきっかけで、この隣国同士の間で5年近くも不満が続きました。この紛争は、2015年12月、国際司法裁判所(ICJ)が紛争地域はコスタリカに属すると判断し、ようやく決着がついたのです。

2. スロバキアはスロベニアではなく、またその逆も然り

多くの人がこの2つの国を混同しています。いずれも東欧に位置し、かつては共産主義政権に支配された国です。独立以来、様々な国際的行事で、気まずい思いをしてきました。

 

1999年、元大統領で当時テキサス州知事だったジョージ・W・ブッシュは、スロバキアの記者に「私がスロバキアについて知っているのは、テキサスに来たあなたの外務大臣から直接聞いたことだけだ」と言って、ヒヤリとなった場面がありました。実はブッシュが会ったのはスロバキアの外相ではなく、当時のスロベニア首相だったのです。

 

2004年、スロベニアはうんざりして、現在のアイデンティティ危機を解決するために、国旗のデザインを変えることを検討し始めたほどです。行ったこともない国のことを何度も連想されたら、どんなに屈辱的でしょう。

1. アレッポって何?

真面目な話、アレッポとは何なのでしょう? アレッポはシリアの代表的な都市のひとつなので、どこにあるのか、という質問が正しいでしょう。しかし、第29代ニューメキシコ州知事ゲイリー・ジョンソンにとってアレッポという都市は確かに意識外にありました。

 

MSNBC【米国向けのニュース専門放送局】で、戦争で引き裂かれたシリアの都市の難民の危機に対処する方法について問われた際、ジョンソン氏は「アレッポとは何か」と言ったのです。MSNBCのコメンテーターが、本気で言っているのかと確認したところ、本当にその都市を認識していなかったということでした。コメンテーターからアレッポについて説明を受けたものの、挽回するには遅すぎました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ