話題

話題

PR

他よりも優れている世界の25の強力な国のメガリスト

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、25 Most Powerful Countries In The World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

443 views

読了時間 : 約8分12秒

完璧な国はありません。それが現実です。 しかし、他よりも優れている国があることも事実です。そこで今回、世界の25の強力な国のメガリストを作成しました。さまざまな国をランク付けするためのパラメータはたくさんあるので、それらに基づいて各国を評価し、ランク付けを試みました。

 

25. インドネシア

 

年間GDP: 9320億ドル
ビリオネアの数: 20

 

読者の多くは、このリストにインドネシアを見つけて驚くかもしれませんが、実際ここにあるに値します。 IMFによると、インドネシアは世界で16番目に大きな経済(名目上)を持ち、購買力平価で7番目に大きな経済を持っています。

 

最近、UNCTADは、2017年から2019年にかけて、インドネシアを投資先として4位にランク付けしました。 2016年、インドネシアは総GDPのほぼ1%を防衛に費やしています。 また、世界で10番目に大きい現役軍人を持っています。

 

24. パキスタン

 

年間GDP:3040億ドル
ビリオネアの数: データなし

 

パキスタンの経済は、名目GDPが42番目に大きく、世界で25番目に大きい(PPPによる)です。 パキスタンの年間GDPの55%以上は、進化するサービス部門です。 年間予算は99億ドル(2016年)で、世界で7番目に大きな軍隊を持っています。 パキスタンはまた、南アジアで2番目に大きく、イスラム国家で唯一、核弾頭を保持している国です。

 

23. スウェーデン

 

年間GDP: 5170億ドル
ビリオネアの数: 31

 

IMFの予測によると、スウェーデンは2016-17会計年度に世界で23番目に大きな経済を持っています。 スウェーデンには14,000人の小さな軍隊があると言われていますが、HDIインデックスでリードしており、他のヨーロッパの大国と強い関係を持っています。 また、Saab GroupやIndustrigruppen JASなど、世界をリードする武器会社の本拠地でもあります。

 

22. ポーランド

 

年間GDP:4770億ドル
ビリオネアの数: 4

 

ポーランドは第二次世界大戦中に甚大な被害を受け、16日間でナチスドイツとソビエト連邦の両方に侵略されました。 しかし、彼らは奇跡的に生き残りました。 近年、ポーランドには世界で5番目に大きな軍隊があり、2016年の年間支出は97億ドルです。また、防衛産業も成長しています。

 

21. スペイン

 

年間GDP: 1.23兆ドル
ビリオネアの数: 25

 

スペインは1982年からNATOに加盟しており、国際安全保障活動が積極的な国です。 経済は14番目に大きく、国防費は17番目に大きく、軍隊は世界で42番目に大きいです。 スペインは、イスパノアメリカおよびフィリピンとの特別な関係を維持しています。

 

20. ブラジル

 

年間GDP: 1.8兆ドル
ビリオネアの数: 43

 

ブラジルは、総面積も人口も世界で5番目に大きい国です。 ブラジルの経済は急速に成長しており、2016年の時点で名目GDPで9番目、購買力平価で8番目に大きい国です。また、地域大国としての地位も確率しています。 一部の報告によると、新興の世界的大国としても特定されています。 SIPRIによると、2016年にブラジルは防衛に約228億ドルを費やしています。

 

19. オランダ

 

年間GDP: 7620億ドル
ビリオネアの数: 10

 

オランダは先進国の1つであり、何世紀にもわたってヨーロッパ経済において特別な役割を果たしてきました。 スイス国際経営開発研究所によると、オランダには高いレベルの経済的自由があり、世界で5番目に大きな競争経済です。 オランダは地球上で26番目に大きい軍事予算があり、2016年には防衛に92億ドルを費やしています。

 

18. イラン

 

年間GDP: 4120億ドル
ビリオネアの数: データなし

 

イラン・イスラム共和国、またはイランは、経済的にも軍事的にも、西アジアで最も強力な国です。 イランは、名目GDPは世界で29番目に大きく、PPPGDPは世界で18番目に大きいです。 イランは年間GDPの3%を防衛に費やしていますが、独自の軍事機器や装備の開発をしており、有能な自立した防衛産業があります。

 

17. アラブ首長国連邦

 

年間GDP: 4070億ドル
ビリオネアの数: 5

 

アラブ首長国連邦の経済は、豊富な石油埋蔵量によって支えられています。 WTOによると、2009年、UAEの経済の85%以上が石油の輸出でした。アラブ首長国連邦は他のOPEC諸国と広範な国際関係を持っており、湾岸協力会議(GCC)の創設メンバーでもあります。 2016年、アラブ首長国連邦は軍事予算に220億ドル近くを費やしています。

 

16. サウジアラビア

 

年間GDP: 6370億ドル
ビリオネアの数: 10

 

総面積でみると、サウジアラビアはアジアで5番目に大きい国であり、アルジェリアに次ぐアラブ諸国で2番目に大きい国です。 サウジアラビアは、1940年から米国と強力な外交関係を築いています。また、湾岸地域で軍事的に重要な役割を果たしています。 この国は、GDPの最も高い割合を他のどの国よりも防衛に費やしています。

 

15. スイス

 

年間GDP: 6640億ドル
ビリオネアの数: 36

 

スイスは中立国で有名です。 NATOの一部でも、EUの加盟国でもありませんが、ヨーロッパで影響力のある国の1つです。 IMFによると、スイスは世界で19番目に大きな経済があります。 内陸国のため、スイスには海軍がありません。

 

14. オーストラリア

 

年間GDP: 1.25兆ドル
ビリオネアの数: 33

 

IMFによると、オーストラリアは世界で13番目に大きな経済(名目)があります。 支出は、国防部門が7番目に大きく、国防予算は243億ドルです。 場所が孤立しているため、防御が重要になっています。

 

近年、オーストラリアの対外関係は、アメリカとの新しい条約、特にANZUS協定によって後押しされてきました。 また、アジア太平洋との強力な関係を発展させるためにさまざまな協定を締結しており、それらの中でASEANと太平洋諸島フォーラムは特に重要です。

 

13. トルコ

 

年間GDP: 8610億ドル
ビリオネアの数: 29

 

トルコの地理的位置は、近年の地政学で注目されている話題の1つです。 それはロシアと主要なNATO紛争の焦点でした。 NATOの重要なメンバーであるため、いくつかの大国からいくつかの経済的および軍事的支援を受けています。 トルコは世界で17番目に大きな経済と18番目に大きな国防予算があります。 また、カタール、シリア、ソマリア、バシカ(イラク北部)にいくつかの軍事基地があります。

 

12. インド

 

年間GDP: 2.45兆ドル
ビリオネアの数: 101

 

インドは7番目に面積が広く、2番目に人口の多い国であり、世界最大の民主主義国です。 2016年、IMFは、インド経済を名目GDPで世界第7位、購買力平価で第3位と発表しました。3番目に大きな軍隊と増え続ける軍事予算により、インドは今後20年から30年、あるいはそれよりも早く世界のリーダーになると予想されています。 ロシアとの強力な軍事関係に加えて、インドはアメリカやフランスとも強力な防衛関係を築いています。

 

11. イスラエル

 

年間GDP: 3390億ドル
ビリオネアの数: 18

 

イスラエルには、長く周囲のイスラム諸国を巻き込んだ紛争の歴史があります。 この状況から、イスラエルの法律では、レバノン、イラク、イラン、スーダン、シリア、サウジアラビア、イエメンはすべて敵国であり、違う考え方を持っているとされています。 イスラエルは小さな国であるにもかかわらず、強い特殊部隊を育てています。 2016年、イスラエルは総GDPの5.8%を防衛に費やしています。

 

10. 韓国

 

年間GDP: 1.49兆ドル
ビリオネアの数: 38

 

韓国の主な強みは、188カ国以上との強固な国際関係にあります。 この国は1991年から、国連の重要な加盟国でもあります。主に隣国の北朝鮮との関係から、年間予算368億ドルの強力な軍隊を維持しています。 また、さまざまな方法で国を支援している武器産業があります。

 

9. カナダ

 

年間GDP: 1.53兆ドル
ビリオネアの数: 39

 

カナダは、居住可能な土地が北米で2番目に広い国です。 1931年にイギリスから独立しましたが、1982年になって初めて完全に独立しました。それ以来、カナダは世界的なプレーヤーになるために努力してきました。 カナダは世界で10番目に強い経済力があり、2016年の軍事予算は155億ドルです。

 

8. イタリア

 

年間GDP: 1.85兆ドル
ビリオネアの数: 42

 

イタリアは世界で8番目に大きく、ユーロ圏で3番目に大きな経済があります。 イタリアの主な強みは製造業にありますが、料理とファッションでも有名です。 地理的位置が経済成長と政治力の鍵になっていますが、近年、多くの代替交易路が整備されているため、減少しています。 イタリアは総GDPの1.5%近くを軍事費に費やしており、2017年度の軍事費は279億ドルにのぼります。

 

7. 日本

 

年間GDP:4.93兆ドル
ビリオネアの数: 33

 

日本は面積が小さいかもしれませんが、世界で11番目に人口が多く、1億2700万人が住んでいます。Bloomberg Innovation Indexによると、世界で最も革新的な国で2位にランクされています。 日本は世界第4位の経済大国(PPP)であり、総軍事費で第8位の国です。

 

6. フランス

 

年間GDP: 2.42兆ドル
ビリオネアの数: 38

 

フランスは長い間、ファッション、芸術、哲学、科学の中心地でしたが、軍事大国でもありました。 フランス軍は世界で最も強い軍隊であり、数え切れないほどの戦争に勝ちました。

 

また、19世紀初頭のフランス帝国の拡大にも重要な役割を果たしました。 現代のフランスはかつての栄光にすがっているだけではありません。 IMFによると、フランスは購買力平価で世界第6位の経済大国であり、EU諸国の中で第2位の経済大国です。 また、世界で主要な防衛および航空宇宙産業があります。

 

5. イギリス

 

年間GDP:2.6兆ドル
ビリオネアの数: 54

 

イギリスはかつて東から西へ、北から南へとほぼ全世界を支配していました。 なので、「太陽が沈まない帝国」というフレーズが大英帝国を表すために一般的に使用されていました。 今日、イギリスは主に経済的および軍事的目的でアメリカおよびフランスと強い関係を持っています。

 

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、イギリスは世界で7番目に大きな軍事費を抱えており、GDP全体の2%を占めています。 GDP(名目)に基づくと、イギリスは世界で5番目に大きな経済があり、ドイツに次ぎヨーロッパで2番目に大きな経済があります。

 

4. ドイツ連邦共和国

 

年間GDP:3.36兆ドル
ビリオネアの数: 114

 

いずれにせよ、ドイツは長年にわたってヨーロッパの政治的および経済的メカニズムの中心的な存在でした。 近年、最も強力な2つの条約、NATO(北大西洋条約機構)とEU(欧州連合)の不可欠な部分を担っています。 ドイツは、米国、中国、インド、日本に次いで、PPP(購買力平価)で5位にランクされています。 年間の軍事費は8番目に多いです。

 

3. 中華人民共和国

 

年間GDP: 11.8兆ドル
ビリオネアの数: 319

 

中国は世界で最も経済が急速に成長しており、人類の歴史の中で最大の経済の1つです。 多くの専門家は、いつの日か中国経済は現在のアメリカの財政状態を追い抜くでしょう、そしてそれはそう遠くないと言っています。 中国の主な強みは、膨大な人口と大規模な労働力にあります。 中国人民解放軍は200万人以上の現役軍人を擁する、世界最大の軍隊です。

 

2. ロシア連邦

 

年間GDP: 1.28兆ドル
ビリオネアの数: 96

 

ロシア連邦、またはロシアは、総表面積が世界最大の国であり、地球の居住可能な土地の1/8以上をカバーしています。 また、人口は9番目に多く、人口は1億4600万人近くになります。 20年以上の間、ロシアはソビエト連邦の主要な部分であり、アメリカと対立している間、世界の超大国であり続けました。 ロシアの経済は、主にその膨大な天然資源で、石油と放射性鉱物が最も重要な役割を果たしています。 また、世界で2番目に大きな武器輸出国でもあります。

 

1. アメリカ合衆国

 

年間GDP: 18.46兆ドル
ビリオネアの数: 565

 

アメリカが世界で最も強力な国であるという事実は疑いの余地もありません。 アメリカは、地球上で2番目に大きく、最も進んだ軍隊を持っています。 さらに、アメリカは人間開発指数で10位にランクされており、購買力平価指数では中国に次いで2位になっています。

 

アメリカはまた、さまざまな経済的および軍事的条約を通じて世界で強力な政治的存在感を維持しており、NATOはその1つです。 最近、特定の国と激しい競争をしていますが、さらに10、2年世界をリードし続けても、驚くことではありません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ