話題

話題

エリア51についてあなたが知らないこと

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Area 51: Things You Din’t Know
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

42 views

読了時間 : 約3分2秒

数十年間、エリア51は世界で最も謎に包まれた軍事施設です。宇宙からの物体との関連性など多くの陰謀説が囁かれてきました。この記事にはあなたがまだ知らないかもしれないいくつかの事実を紹介しましょう。

 

エリア51はネバダ試験訓練場内のエドワード空軍基地の分遣隊です。CIAによると、公式の名前はホーミー空港(ICAO:KXTA)およびグルーム湖です。

 

第二次世界大戦中

第二次世界大戦中、グルーム湖の周りの飛行場、インディアンスプリングス空軍補助飛行場としても知られており、爆撃や砲兵の練習として使われていました。爆弾は未だに近郊エリアで見ることができます。戦争の後、アメリカ軍によって廃止されました。

 

どのように名前がつけられたのか

エリア51は原子力委員会(AEC)によって、地域のグリッド番号システムによって名付けられました。パラダイスランチもしくはザ・ランチとしても知られていました。

 

起源とU-2

エリア51はアメリカ中央情報局のリチャード・M・ビッセルによって1955年に戦略偵察機、ロックヘッドU-2の開発を目的として再び復活しました。それ以来、グルーム湖とその周辺のエリアはロックヘッドA-12やF-117のような多くの近代・高テクノロジー航空機のテストや開発プロジェクトのための場所として位置付けられています。

 

アメリカ政府の立ち位置

これらの本格的な設立以来、アメリカ政府は公式に時々グルーム湖周辺の施設の存在を忘れ去ってきました。米国地質調査所(USGS)の地図だけが長い間使われなくなったグルーム鉱山を表示していました。よりエリア51の秘密性をより維持するため、ネバダ州運輸局はこのエリアを制限し、ネリス制限空域と言及しました。

 

CIAが公式にU-2とA-12オックスカートプロジェクトの記録を公式に発表したのは、2013年7月のことでした。これによりエリア51の存在が公に知られるようになりました。このレポートは情報公開法の要請によるものでした。

 

超高セキュリティエリア

周辺に住んでいる住人やエリア51について知りたがる人に対して、エリア51はあらゆるタイプの地上、空域両方の近代セキュリティを保持しており、常に24時間周囲を監視していることは衆知の事実です。国民に対してだけでなく、通常の軍の出入りも制限されています。エリア51は「カモドュード」と呼ばれる特別にトレーニングを受けた軍によってパトロールされています。

 

十数台以上の監視カメラがエリア全体を監視しており、他にも高性能の機械が小さな侵入さえも察知すしエリアを守るために設備されています。しかし、なぜエリア51はこのような高セキュリティを必要とするのでしょうか。軍事基地として機密があり、調査や開発のために利用されていることは確実ですが、なぜアメリカはエリア51について沈黙を貫き、常に問題を抑制しようとするのでしょうか。

 

エリア51と月との関連性は?

エリア51に関して沢山の陰謀説がある中で、エリア51で月面着陸が実際は撮られたという説もあります。この説を証明する証拠となる映像がいくつかあります。

UFO

1950年後半、1960年代アメリカ上空で発見されたUFOのほとんどはにU-2によって報告されています。エリア51内での宇宙人の存在や宇宙船に関する多くの噂があります。しかし、噂は未だに証明されていません。

 

コミュニケーション制限

十分なコミュニケーションは主要な監視システムや防御プログラムなどにおいて重要な側面でありますが、エリア51は世界でも珍しい外界とコミュニケーションができないエリアでした。役人や働いてる人は敷地外の人の誰とも連絡を取ることを許されていません。全エリア携帯の電波は無効で、携帯で発信や受信ができなくなっています。

 

地上だけでなくエリア51の空域周辺もコミュニケーションを制限されています。どんな高度からもラジオによってエリア51の中に入りこむことはできなくなっています。敷地内だは内外のコミュニケーションに高技術のラジオ通信機のようなものが使われているのではないかという予測はされています。

 

エリア51の設備

エリア51の設立以来、地元政府は上記の推測を完全に否定することによって、問題を発散させるか、それを抑制してきました。しかし、今は様々会社を含めて2000人以上の人が施設で働いています。

 

オーロラ機(神話)

オーロラは超音速航空機で伝えられているところでは、エリア51内でコントロールされています。オーロラが飛行したりアメリカによって制作されたといった実際の証拠はありませんが、この航空機の存在に関する噂は沢山あります。オーロラは1980年中旬偵察機として作られたとされています。

 

この航空機の存在は「アビエーション・ウィーク」で”オーロラ”という項目が1985年のアメリカの予算に含まれており、黒い航空機に455ドルもの予算を割り当てたというニュースを記載した雑誌が発売された1990年三月に初めて公になりました。1994年後半には、スカンクワークスの前所長ベン・リッチがオーロラという項目はステルス爆撃機B-2スピリットの予算コードだと説明しました。

 

過去何年もアメリカとイギリス間でこの音速偵察機の存在について多くの主張がなされています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ