話題

話題

【AI】世界最高峰の科学技術研究所15選【Googleまで】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Best Science And Technology Research Labs In The World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

222 views

読了時間 : 約7分15秒

研究室というのは私たちの社会の向上のために不可欠なものです。複雑な問題を解決することにより、さまざまな分野で新しいより良い進歩を開発する役割を担っています。

 

この問題は、国の防衛、情報技術、エネルギー危機、宇宙、科学のあらゆる分野の進歩に寄与していることでしょう。以下に、世界で最高の15の科学技術研究所をご紹介します。

 

15.スカンクワークス

スカンクワークス組立ライン

設立:1943

Skunkworksは、ロッキードマーティンのAdvanced Development Program(ADP)の公式の別名です。 「Skunkworks」という用語は、エンジニアリング、ビジネスオペレーションで広く使用されており、より大きな組織内の小規模な自律型企業を指しています。

 

これは、U-2(高度偵察機)、SR-71ブラックバード、F117ナイトホーク、F-22ラプター、F-35ライトニングIIなど、有名なロッキード航空機の設計と開発を担当しています。

 

その他のSkunkworksプロジェクトには、高ベータ核融合炉があります。

 

 

 

14.ボーイングファントムワークス

ボーイングX-51 Waverider、無人研究スクラムジェットの芸術的概念

 

ボーイングファントムワークスは、ボーイング社の防衛部門の非常に高度機密研究部門です。主に米軍向けの最先端の戦争装備と技術開発に焦点を当てています。

 

この組織は、航空宇宙メーカーのマクドネル・ダグラスによって設立されました。合併後の1996年にボーイングの管理下に置かれました。

 

 

 

13. SRIインターナショナル

カリフォルニア州メンロパークにあるSRI国際本部

設立:1946年

収益:5億4000万ドル(2014年)

 

SRIインターナショナル研究所は、イノベーションを促進し、カリフォルニアのメンロパーク地域の経済発展を支援するために、スタンフォード大学の評議員によって設立されました。

 

SRIは、材料化学、生物医学、地球科学、経済開発、エネルギー研究、コンピューティングや国防などの分野に焦点を当てています。この研究所は、仮想パーソナルアシスタントであるSIRIの開発で広く知られています。

 

同研究所は、政府および民間機関向けの幅広い研究開発プロジェクトを実施しています。

 

 

 

12. パロアルトリサーチセンター

カリフォルニア州パロアルトのゼロックスPARCへのメイン入口画像提供:ウィキメディア・コモンズ

設立:1970年

レーザープリンター、イーサネット、PCがない生活を想像できますか?無理ですね。感謝すべきなのは、伝説のパロアルトリサーチセンター(PARC)です。

 

Xerox CorporationのR&D部門として1970年に設立された後、それはすぐに現代のIT産業の原動力となりました。その発明の多くは、長い間業界標準として機能してきました。

 

現在、リサーチセンターでは、メタマテリアルやクリーンテクノロジーとともに、UIデザイン、デジタル製造、ユビキタスコンピューティングに関するさまざまな研究を行っています。

 

 

 

11.アルゴンヌ国立研究所

ゼログラディエントシンクロトロンのコッククロフトウォルトンジェネレーター。

設立:1946年

年間予算:7億6,000万ドル

 

シカゴ市のすぐ外にあるアルゴンヌ国立研究所は、米国で最初の国立研究所であり、中西部地域全体で最大のものでした。

 

研究施設は当初、原子炉に関するエンリコフェルミの研究に基づいて構築され、米海軍が最初の原子力船を取得するのに貢献しました。

 

研究室の核ミッションが1994年に終了した後、エネルギー、持続可能な開発、再生可能エネルギーなどの他の研究分野に主な焦点を移しました。

 

 

 

10.ブロードインスティテュート

設立:2004年

 

Broad Instituteは、マサチューセッツ州ケンブリッジにある生物医学、ゲノム研究のための非営利組織です。 MIT、ハーバード大学、ハーバード大学の病院と共同研究を頻繁に行っています。

 

長年にわたり、Broad Instituteはさまざまな治療薬を開発し、遺伝子と癌に関する広範な研究を行ってきました。また、革新的なCRISPRテクノロジーにも関与しています。

 

現在、同研究所は12校近い教授陣を擁し、MITとハーバード大学から約195人のアソシエイトを擁しており、世界最大のゲノムシーケンスラボの本拠地です。

 

 

 

9.フラウンホーファー協会

画像提供:マイケルクレイマー

設立:1949年

年間予算:21億ユーロ

フラウンホーファー協会は、ドイツ全土に所在する合計69の第一級ドイツ研究所の組織です。この機関は、応用科学のさまざまな分野を専門としています。

 

フラウンホーファー協会の最も注目すべきプロジェクトの1つは、MP3圧縮アルゴリズムです。また、人気の高いビデオ圧縮規格MPEG-4にも大きく貢献しました。組織には、米国に5つの運用研究センターがあり、アジアには3つあります。

 

 

 

 

8. Googleでの研究

「Google Brain」が導入されてから1年後の2012年以来、GoogleはDNNresearch、DEEPMIND、ダイアログフローなどのAIとディープラーニングのスタートアップを買収して、進行中の研究プログラムを進めています。

 

最大のテクノロジー企業であるG​​oogleの目標は、情報を収集して顧客が利用できるようにすることで社会利益をもたらすように迅速なイノベーションをすることです。しかし、研究開発が2つの異なるものである他のほとんどの企業とは異なり、Googleはハイブリッドアプローチと呼ばれるものを選択しました。

 

長年にわたり、「Google Brain」チームは、セキュリティと暗号化、言語翻訳、ロボット工学の分野でかなりの成功を収めてきました。現在、このテクノロジーは、Androidの音声認識、G +写真検索、YouTubeのおすすめ動画など、複数のGoogleプラットフォームで利用されています。

 

他の研究分野は、データマイニングとモデリング、並列計算、電子商取引、暗号化、音声処理です。

 

 

7. リゴ

高度なLIGO検出器の簡略図

 

レーザー干渉計重力波天文台=LIGOは、2015〜2016年に重力波を目撃した最初の天文台(おとめ座天文台とともに)になって以降歴史を築きました。2017年8月に、2つの中性子星の衝突によるものを含む、合計5つの重力波を検出しました。

 

LIGOを知らない人にとっては、宇宙の重力波を検出する目的の大規模な天文台でした。運用開始後、LIGOは全米科学財団(NSF)から資金提供を受けた最大級の野心的なプロジェクトになりました。

 

 

6.中国科学院

設立:1949年

中国科学院=CASは、経済、社会開発、さらに重要なことに科学に関する問題について政府に助言サービスを提供する国家科学シンクタンクとして機能しています。これは世界最大の研究機関であり、中国全土の114の研究所で6万人を超える研究者が働いています。

 

Natureとその関連ネットワークで発表された研究論文の総数に基づくと、中国科学院は、2014年に 2回、2015 年に再び、世界をリードする研究組織の中で1位にランクされました。

 

 

5.フランスの代替エネルギーと原子力委員会

画像提供:cea.fr

設立:1945年
予算: 58.2億ドル

 

CEA(French Alternative Energies and Atomic Energy Commission)は、政府が資金を提供するフランスの研究機関であり、健康、IT、防衛の分野で幅広く活動しています。アメリカのDOE(Department of Energy)に相当するフランスです。
この組織は、集積回路の製造、津波の伝播、原子炉の設計に携わっています。

 

2016年、ロイターはCEAを世界の25人のグローバルイノベーター(政府機関)の1つに選びました。

 

 

 

4.ベル研究所

設立:1925年

ベル研究所は、世界で最も影響力のある民間の研究機関の1つです。この歴史的な研究所は、アレクサンダーグラハムベルが電話という彼の計り知れない貢献でフランス政府から50,000フラン(現在の市場では約27万ドル)のボルタ賞を獲得した後、1880年代に最初に設立されました。

 

長年にわたり、ベル研究所は人間の生活のあらゆる分野に多大な貢献をしてきました。電波天文学における重要な進歩から、トランジスタからUNIXオペレーティングシステム、そしてCやC ++などのプログラミング言語まで。ベル研究所で行われた作業に対して13のノーベル賞が授与されたことをご存知でしょうか?

 

1925年以降、4つの異なる企業がBell Labsに支配的な関心を持っていました。2016年、ノキアはフランスを拠点とするグローバルな電気通信会社アルカテルルーセントSAを166億ドルで買収  し、ベルラボの唯一のオーナーとなりました。

 

 

 

3.ローレンスバークレー国立研究所

1938年のサイクロトロンのマグネットヨークに関するバークレーラボのスタッフ画像提供:バークレーラボ

 

設立 1931年
年間予算:$ 803百万(2016)

 

1950年代に設立されて以来、バークレー研究所は物理学の主要な研究センターの1つであり続けています。また、コンピュータサイエンスからバイオサイエンス、エネルギーサイエンスまで、あらゆる主要な科学分野で多様な研究プログラムを実施し続けています。

 

ローレンスバークレー国立研究所の注目すべき科学的成果は、反陽子の重要な観察と多くの超ウラン元素の発見です。
これまでのところ、バークレー研究所に関連する12人の研究者がノーベル賞を受賞しました。これには、アメリカの核物理学者アーネストローレンスや化学者の元T.リーがノーベル賞を受賞した最初の台湾人となりました。

 

ラボは、米国エネルギー省との連邦契約に基づいてカリフォルニア大学によって管理されています。ラボ全体が80ヘクタール(200エーカー)に広がり、バークレーヒルズには70を超える建物があります。

 

 

2. CERN

CERNのメインサイト

設立:1954年

 

CERN(ConseilEuropéenpour la RechercheNucléaire)は、世界最大の粒子加速器を運用するヨーロッパの研究機関です。CERNの主な焦点は素粒子物理学です。宇宙で観測可能な最小の粒子とそれらの基本的な相互作用を調査しています。反物質とWボソン、Zボソンの発見に取り組む大型ハドロン衝突型加速器で有名です。

 

CERNがワールドワイドウェブの発祥の地であることをご存じない方も多いでしょう。すべては、1990年に伝説的なティムバーナーズリーとロバートカイリアウによるINQUIREというプロジェクトから始まりました。その後、ハイパーテキスト対応の研究者たちがファイルを共有するというコンセプトが生まれました。

 

 

 

1.ロスアラモス国立研究所

設立年:1943年
予算:22億ドル

ニューメキシコ州のロスアラモス国立研究所は、米国エネルギー省の国立研究所の研究コンポーネントです。マンハッタン計画の下で核兵器に取り組むために特別に設立されました。このラボは、プロジェクト全体を通して、調整が行われる本社として使用されました。

 

その後、冷戦中、ロスアラモスはバークレーとともに新種類の爆弾を担当しましたが、戦後、両方の研究所は民間人の向けに焦点を合わせました。今日、ロスアラモスは世界最大の研究機関の1つであり、核融合、ナノテクノロジー、スーパーコンピューティング、宇宙探査などの分野で学際的な研究を行っています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ