話題

話題

【2020年版】最高のビデオチャットアプリ

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Best Video Chat Apps As Of 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

359 views

読了時間 : 約8分50秒

ビデオテレフォニーの開発は19世紀後半に始まりましたが、このテクノロジーは1930年代になって初めて一般に利用可能になりました。初期のデモンストレーションはいくつかの世界博覧会で行われ、郵便局のブースに設置されました。

 

1990年代に、より強力なCPU、高度なビデオコーデック、および高帯域幅の通信サービスが登場したことで、ビデオ電話は、インターネットが利用できる世界のほぼすべての場所のユーザー間に低コストのカラーサービスを提供し始めました。

 

今日、私たちはスマートフォンを使用して、正面カメラと5Gテクノロジーを宣伝され、人々が最小限のコストで瞬時に通信できるようにしています。高品質のビデオ通話はとても簡単に使用できます。

 

AppstoreおよびPlaystoreには、特に親戚や友人が町や海を越えて住んでいる場合に非常に役立つ大量のVoIP(Voice over Internet Protocol)アプリが用意されています。

 

以下に、実際の会話の感覚を提供する最高のビデオチャットアプリを示します。それらはすべて無料で使用できます。

 

12. Kik

プラットフォーム: Android | iOS
長所:内蔵Webブラウザー、メッセージを自動的に消去する
短所:適切なセンサーシステムがない

 

Kikは、ビデオチャットとコンテンツ共有機能を備えたフリーウェアのインスタントメッセージングアプリです。WhatsAppやGoogle Duoとは異なり、登録に電話番号は必要ありません。

 

IDとしてユーザー名のみを使用して、メッセージ、スケッチ、ステッカー、絵文字、ビデオ、モバイルWebページを交換し、1対1のビデオチャットまたは最大6人の友達とのグループビデオチャットを開始できます。

 

このアプリは匿名性を維持することで最もよく知られていますが、親のコントロールのメカニズムと匿名性の機能が弱いため、未成年者にとって安全ではないと批判されています。

 

11. FaceTime

プラットフォーム: Mac | iOS
長所:インストールではなく、連絡先を整理しやすい
短所: Appleデバイスでのみ使用可能

 

AppleユーザーはビデオメッセージングアプリFaceTimeに精通しているため、ビデオ通話を開始したり、ビデオ通話に参加したりできます。

 

ビジネスの観点から見ると、iOSとMacのユーザーは簡単に相互にコラボレーションしたり、1対1でディスカッションしたり、仮想グループ会議を開催したりできます。

 

FaceTimeの主な利点は、Appleデバイスとの統合、ビデオ品質、および実行されていなくても通話を受信できることです。すべてのAppleデバイスが付属しているため、手動でインストールする必要はありません。AppleIDを入力するだけで準備完了です。

 

音声通話を行ったり、一度に最大32人でビデオ通話をグループ化したり、エフェクトを使用してアニメーションを作成したり、ステッカーを置いたりして楽しむことができます。すべてのFaceTime通話は、電話アプリの最近の通話リストに統合されます。

 

10. Glide

プラットフォーム: Android | iOS
長所: Android WearおよびApple Watchで利用可能
短所:音質があまり良くない

 

グライドは、テキストメッセージの利便性とビデオチャットの表現力を兼ね備えています。テキストメッセージを送信するのと同じように、4GまたはWiFiを介してすばやくビデオ通話を行い、短いビデオクリップをライブストリームでブロードキャストできます。

 

送信する前に動画を確認するか、タップしてライブ配信することができます。あなたのビデオメッセージを美しく見せるためのたくさんのユニークなフィルターがあります。

 

受信者は、ビデオメッセージを即座にまたは後で表示して返信することができます。メッセージはすべてクラウドに保存されるので、いつでも見ることができます。

 

全体的に実際の瞬間が起こったときにそれを共有するのにきちんとしたアプリです。

 

9. IMO

プラットフォーム: Android | iOS | Mac | Windows
長所:大きなファイルを送信する
短所:デスクトップバージョンの機能が少ない

 

Imoは、ユーザーをめぐって競合する多数のメッセージングアプリに数えられます。これにより、ユーザーは4GまたはWiFiを介して無制限の音声およびビデオ通話を行うことができ、信じられないほど大きなビデオ、音楽、およびPDF(最大10 Gb)を送信できます。

 

Imoのモバイルバージョンは、テキストメッセージ(大量のステッカーを使用)、HDビデオ通話、グループビデオ通話、高速写真とビデオ共有をサポートしています。

 

同社はネイティブデスクトップクライアントを提供していますが、モバイル版のクライアントほど完全には機能していないようです。このサービスのアプローチはモバイルファーストのようです。

 

ビデオ通話に加えて、プロフィールを作成して、背景、モットー、音楽ウィジェットで飾ることができます。このアプリには、さまざまな場所から人を見つけて友達を作ることができるチャットルームも付属しています。

 

8. Viber

プラットフォーム: Android | iOS
長所:固定電話と携帯番号への格安通話
短所:迷惑な広告

 

Viberは世界のいくつかの地域で最も人気のあるメッセンジャーの1つですが、常にWhatsAppやFacebook Messengerの陰になっています。

 

最大250人のメンバーが参加できるグループチャットを開いて、非常にクリアな音声通話やビデオ通話を行ったり、友達や同僚に追いついたりできます。すべての情報はエンドツーエンドの暗号化で保護されています。

 

チャットであ​​なたのあらゆる感​​情を表現するための35,000以上のステッカーと無限のGIFがあります。

 

会話内のすべてのメッセージに対して、自動消滅タイマーを使って秘密のチャットを開始することもできます。タイマーが期限切れになると、アプリは受信者の電話からメッセージを自動的に削除します。

 

また、Viber Outの低コストの国際通話サービスを使用して、固定電話、携帯電話、またはインターネットに接続していない人々に電話をかけることもできます。

 

7. JusTalk

プラットフォーム: Android | iOS
長所:いたずら書きとアプリ内ゲーム
短所:ログイン中に頻繁にハングアップする

 

JusTalkは無料の高品質ビデオ、音声、およびグループ通話アプリです。

 

これはユーザーに対して1対1の通話または最大50人のメンバーグループ通話を行うことができるシンプルなインターフェースを備えています。

 

グループ通話は簡単に制御できます。ユーザーはミュート、新しい参加者のブロック、誰の画面も拡大しながら、同時にビデオ、画像、テキストを送信できます。

 

あまり知られていませんが、このアプリは非常に信頼性が高く、ビデオ通話中の落書き、ステッカーの送信、写真の共有、通話の録音、ゲームのプレイなど、数十の楽しい機能が満載です。

 

6. Discord

プラットフォーム: Android | iOS | Mac |Windows | Linux
長所:ブラウザーで使用でき、無制限のユーザーには無料
短所:一部の機能はプレミアムバージョンでのみ使用可能

 

Discordは、ゲーマー向けに特別に設計された、クロスプラットフォームのテキスト、ボイス、およびビデオチャットアプリです。メッセージボード、VoIPチャット、ビデオ会議システムの機能を1つのツールに組み合わせて、モバイルやデスクトップのリソースを占有しないようにします。

 

Discordを使用すると、サーバーを起動して、考えられるあらゆるトピックについて志を同じくする人々と通信できます。プライベートチャット、グループチャット、ビデオ通話、画面共有はすべて完全に保護されています。

 

Discordはリリース以来、大幅に改善され、現在は2億5000万人以上のユーザーがいます。

 

アプリのプレミアムバージョン(Discord Nitro)の月額料金は5ドルで、高品質の画面共有や大きな画像のアップロード(8MBから50MB)など、いくつかの機能的な特典があります。

 

5. Signal

プラットフォーム: Android | iOS | Mac | Windows
長所:広告なし、トラッカーなし
短所:お友達の多くはおそらくこのアプリを使用していません

 

Signalは、忠実度の高いメッセージを送受信し、HD音声/ビデオ通話に参加するのに最適なアプリです。その高度なプライバシー保護テクノロジーは、すべてのメッセージと通話を安全に保ちます。

 

遅いネットワークでも、オーディオとビデオの品質は素晴らしいです。アプリは、可能な限り最も制約の多い環境で動作するように最適化されています。

 

Signalは最先端のエンドツーエンドの暗号化を使用していますが、メッセージを暗号化するだけではありません。また、誰がメッセージを送信したかを含む、実質的にメタデータ全体を隠します。

 

これは、受信者だけが誰にメッセージを送信したかを確認できることを意味します。Signalは送信中のメッセージを覗いたり、遮る方法がありません。

 

また、Signalはオープンソースソフトウェアであるため、だれでもコードを分析して、アプリが開発者の主張と同じくらい安全であることを確認できます。他の大企業がそれを許可することを考えたことはないでしょう

 

4. WhatsApp

プラットフォーム: Android | iOS | Mac | Windows 
長所:広告なし、通話のデータ使用量を削減
短所:仮想アシスタントなし、顔フィルターなし

 

Whatsappは、世界中の20億人を超えるユーザーをつなぎます。彼らはテキストや音声を介して通信することができます。他の人気のインスタントメッセンジャーと同様に、WhatsAppのビデオ通話は堅牢で機能が豊富です。

 

チャット画面で最近のチャットまたは連絡先リストにジャンプすることにより、ビデオ通話を開始できます。ビデオ通話アイコンをタップするだけで通話を開始できます。着信音が鳴り始めると、画面に黒いオーバーレイが表示され、通話相手のプロフィール写真が表示されます。

 

通話に応答すると、新しいボタンが画面に表示されます。これらのボタンを使用して、ミュート、カメラの前後の切り替え、通話の終了を行うことができます。さらに、音声通話中の場合は、電話を切ることなく、通話インターフェイスのボタンをタップしてビデオ通話に切り替えることができます。

 

3. Skype

プラットフォーム: Android | iOS | Mac |Windows| Xbox
長所:通話の安定性は優れています
短所:リソースを大量に消費するツール

 

kypeは、インターネットを介してスマートフォン、ラップトップ、Xbox Oneコンソール、およびスマートウォッチ間で音声通話とビデオチャットを提供することに特化しています。

 

主に、クライアントとのビデオ相談、画面共有、インタビューの実施など、いくつかの目的でビジネスで使用されます。

 

このサービスでは、わかりやすくするために独自のコーデックを使用しています。同社は近年、チャット体験を改善していますが、多くの人はそれがメッセージングアプリとして使用できることを知りません。

 

ユーザーは、写真、ビデオ、ファイルを送信し、グループメッセージングに参加できます。また、絵文字やGiphyやウェブからの画像で自分を表現することもできます。

 

Skypeは、ビデオチャット、電話会議、一度に25人までの画面共有を無料でサポートしています。また、人工知能を使用して背景をぼかします。これは、奥行きを感知するWebカメラを持たないユーザーにとって便利な機能です。

 

2. Facebook Messenger

プラットフォーム: AndroidiOS

長所:偏在するアダプション、チャットボットのサポート
短所:ユーザーはFBエコシステムに関連付けられています

 

当初は2008年にFacebookチャットとして開発された同社は、2011年にメッセージングサービス用のスタンドアロンアプリをリリースしました。

 

このアプリでは、音声通話やビデオ通話に加えて、テキスト、画像、オーディオ、ビデオ、ステッカー、GIFを送信できます。たくさんの3D拡張現実効果があり、写真やビデオに追加して楽しむことができます。

 

グループビデオチャットでは、一度に最大6人のユーザーを表示できます。6人を超えるユーザーがビデオチャットに参加すると、話しているメインユーザーが画面上に表示されます。最大50人のユーザーが通話に参加できます。

 

このアプリは、安全なチャットと通話のために、複数のアカウントと256ビットのエンドツーエンド暗号化の使用をサポートしています。PayPalアカウントまたはデビットカードを追加することにより、メッセンジャーで友達とお金を送金したり受け取ったりするオプションもあります。

 

おそらくFacebook Messengerの最も優れた機能は、その完全な遍在性です。他のアプリとは異なり、あなたはサインアップするためにあなたの親戚や友達に勧めたりする必要はありません。

 

1. Google Duo

プラットフォーム: Android | iOS
長所:完全無料のHDビデオ通話サービス
短所:時々(非常にまれに)通話が接続できない

 

2016年にリリースされたGoogle Duoでは、高解像度(720p)でビデオ通話を発信できます。

 

低帯域幅ネットワーク向けに最適化されており、QUIC over UDP を使用します。携帯電話ネットワークとWiFiネットワークを自動的に切り替え、ネットワークを定期的に監視して、ビデオ品質をさらに最適化します。

 

このビデオチャットアプリには、低照度モードと呼ばれる独自の機能があり、不十分な照明条件を自動的に検出し、写真を調整してフレーム内の顔を照らします。

 

「ノックノック」というもう1つの便利な機能により、ユーザーは応答前に発信者のライブプレビューを確認できます。

 

アプリは電話番号に基づいているため、連絡先リストから誰にでも電話をかけることができます。グループ通話は最大8人をサポートし、すべての通話はエンドツーエンドの暗号化によりプライベートのままです。

 

さらに、Duoは非常にシンプルなインターフェースを備えています。ベルも口笛もありません。ただ起動するだけで素晴らしく機能します。

おすすめ新着記事

おすすめタグ