話題

話題

2019年版 世界最大の航空機ランキングTOP13プラス1 デザインにも注目したい巨大飛行機

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 Biggest Airplanes in The World | 2019 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

396 views

読了時間 : 約9分57秒

米国連邦航空局(FAA)と欧州航空安全局(EASA)の規定によると、大型航空機は最大離陸重量または質量が5,700 kgを超える航空機とされています。 

 

また、マルチエンジンヘリコプターも大型航空機として定義することができます。

 

ただし、重量・長さ・およびその他のいくつかの仕様も、航空機のサイズを測定するためにきわめて重要です。 これらの重要なパラメータをすべて考慮に入れて、世界で最大の13機の航空機のリストをまとめました。

 

 

13. Tupolev Tu-160

 

 

 

 

初飛行:1981年12月18日

翼幅:55.7メートル

長さ:54.10メートル

生産機数:36機

 

 

Tupolev Tu-160はソビエト時代の超音速戦略爆撃機で、史上最も速く最も重い航空機です。 

 

飛行中にその形状を変え、速度を犠牲にすることなくより多くの重量を運ぶことを可能にした、可変翼設計をしています。

 

4基のKuznetsov NK-32ターボファンエンジンを搭載し、それぞれが245 KNの推力(アフターバーナー付き)を生み出します。

 

全長(54.10 m)は北米のXB-70 Valkyrieよりもほんの数メートル小さいです。

 

ロシア航空宇宙軍のもとで運用されているのは、現在運用中のTU-160が16台だけです。

 

 

12. McDonnell Douglas KC-10 Extender

 

 

 

 

初飛行:1980年7月12日

翼幅:50.41m

長さ:55.35メートル

生産機数:60機

 

 

McDonnell Douglas KC-10 Extenderは、現在就航中の最大の空中給油タンカーです。 

 

そのデザインはMcDonnell Douglas DC-10ワイドボディ旅客機をベースにしており、いくつかの特別な変更が加えられています。

 

手荷物室のメインデッキの下にある追加の燃料タンクは、KC-10の総燃料161,480kgを格納しています。これは、KC-135ストラトタンカーの容量のほぼ2倍です。

 

機体の後方にrigid centerline fuel boomとflexible drogue-and-hose systemの両方を備え、貨物輸送能力もあります。

 

ほとんどのKC-10タンカーは軍用で(アメリカ空軍とオランダ空軍)、民間によって運用されているものはほとんどありません。

 

 

 

11. Antonov An-22

 

 

 

 

初飛行:1965年2月27日

翼幅:64.40 m

長さ:57.9メートル

生産機数:68機

 

 

Antonov An-22は世界最大のターボプロップ機です。 

 

戦略的な空輸機として、ソビエト時代の多くの軍事および救援任務で広く使用されてきましたが、今日では6機だけが運用可能です。

 

短く舗装されていない滑走路から動作することが可能な、二重反転プロペラを搭載した4つのターボプロップエンジンを搭載しています。

 

これは、ソビエト空挺部隊(空挺部隊)を輸送するために特別に設計されたもので、一度に290人の乗客を運ぶことができます。 

 

An-22はまた、最大4台のBMD-1歩兵戦闘車両を収容することができます。

 

724人の乗客を運ぶことができるAntonov An-22航空機の民間バージョンも過去に提案されたことがありますが、実現には至りませんでした。

 

 

 

10. Boeing 747-8

 

 

 

 

初飛行:2010-2011年

翼幅:68.4 m

長さ:76.3メートル

生産機数:130機

 

 

ボーイング747-8は747シリーズの中で最大の旅客機で、世界で最も人気のあるコマーシャルジェットの1つです。 

 

オリジナルの747と比較して、747-8は胴体を長くし、翼を再設計し、そして新しくより強力なエンジンを取り付けました。

 

全長76メートル以上、最大離陸重量472,000 kgのボーイング747-8は、米国で設計された旅客機の中で、おそらく最大かつ最も重い商用旅客機で、 世界最長の航空機です。 

 

貨物輸送機の747-8 Fは137,700キロの総容量を誇っています。

 

ルフトハンザ、大韓航空、ブリティッシュエアなどを含む多くの人気のある旅客および貨物航空会社は、747-8をかなりの数保有しています。

 

 

9. Aero Spacelines Super Guppy

 

 

 

初飛行:1965年

翼幅:47.62メートル

長さ:43.84メートル

生産機数:5

 

 

現在は機能していないAero Spacelinesは、特大貨物の輸送向けの巨大な胴体を備えた、独自の航空機を製造することで有名でした。 

 

その製造機種の一つ、スーパーグッピーはまさにモンスターであり、未だ活躍中です。

 

スーパーグッピーは、2つのバージョンが開発されました。 

 

最初のものを作るために、エンジニアはすでに開発済みだった重量級のC-97J Turbo Stratocruiserの胴体を使用し、貨物庫が全長28.8 mに達するよう設計し、フロア寸法は変えませんでした。

 

スーパーグッピーの2番目のバージョンはゼロから作られました。 

 

これにより、より多くの貨物スペースと、改良されたより強力なエンジンで、飛行機をより効率的に設計することに成功しました。

 

 

 

8. Boeing C-17 Globemaster III

 

 

 

初飛行:1995年9月15日

翼幅:51.75メートル

長さ:53メートル

生産機数:279機

 

 

ボーイングのC-17 Globemaster IIIは、現在おそらく世界で最も強力な空軍を持つ各国で運用されている、最大の戦術的・戦略的エアリフターの1つです。 

 

航空機は1990年代初頭にMcDonnell Douglasによって最初に開発されましたが、1997年の合併後、ボーイング社はC-17プロジェクト全体を統括しました。

 

航空機は比較的小さい滑走路(3,500フィート)から、さらに未舗装の滑走路でも動作するように設計されています。 

 

C-17 Globemaster IIIの可搬質量は約77,520 kgですが、最大離陸重量は265,350 kgに近く、M1 Abramsの主力戦車、装甲車、砲兵などの超重戦闘機を収容することができます。それは一度に130以上の軍隊(サイドウォールシート)または102の空挺部隊を運ぶのに十分な容量と言えます。

 

 

 

7. Airbus Beluga

 

 

 

初飛行:1994年9月13日

翼幅:44.84メートル

長さ:56.15メートル

生産機数:5機

 

 

Belugaという愛称で知られるエアバスA300-600STは、ワイドボディA300-600航空機を高度に改良したバージョンで、他の航空機や他の型にはまらない貨物の大きな部品を運ぶように特別に設計されています。

 

エアバスベルーガは、その名前から容易に認識できるように、形状がそっくりであるベルーガクジラから名付けられました。

 

カーゴデッキの総容量は、実際にはAntonov An-124とLockheed C-5 Galaxyの総容量を上回っていますが、その積載量はたった47トンに制限されています。

 

Belugaの5つのユニットはすべてAirbus Transport International(Airbus Corporationの子会社)によって運営されています。

 

1995年の発売以来、エアバスベルーガは繊細で大きな絵、衛星、無人ATV、ヘリコプター(無傷)、国際宇宙ステーション用のモジュールなど、いくつかの注目すべき貨物を輸送してきました。またエアバスベルーガの後継モデルであるベルーガXLは、2016年に発表され、現在試験段階にあります。

 

 

 

6. Boeing 747 Dreamlifter

 

 

 

初飛行:2006年9月9日

翼幅:64.4メートル

長さ:71.68メートル

生産機数:4機

 

 

1990年代後半、ボーイング社は低燃費で長距離に適した、中型の航空機を開発する必要性を感じました。 

 

その結果、現在世界中で多くの人気のある旅客機で使用されているボーイング787ドリームライナーの開発に成功しました。

 

ボーイング社は従来の製造工程ではなく、世界中の下請け組立会社やサプライヤーから航空機の大型部品を輸入し、ワシントン州エベレットの自社工場で最終組立を行うことにしました。 

 

製造プロセスをスピードアップするために、4つのボーイング747-400を再設計して、787 Dreamlifterに作り変えました。

 

最大積載量は113,400 kg、貨物収容量は1,840立方メートルで、Dreamlifterは現在、すべての航空機の中で2番目に大きい貨物室(Beluga XL以降のみ)を保有しています。

 

 

 

5. Lockheed C-5 Galaxy

 

 

 

初飛行:1968年6月30日

翼幅:67.89m

長さ:75.31メートル

生産機数:131機

 

 

最大積載量は143トン。ロッキード社のC-5ギャラクシーはまさにモンスター航空機です。 

 

C-5ユニットはそれぞれ、一度に6機のAH-64アパッチ攻撃ヘリコプターまたは5機の中型装甲車両を収容するのに十分な貨物スペースがあり、アメリカ空軍の戦略作戦にもはや欠かせない存在となっています。

 

1990年代後半、米国空軍、特にAir Mobility Command(AMC)は、新しいオートパイロットシステム、航空電子工学、および外枠設計を含むC-5の大規模な近代化プログラムを開始しました。

 

2006年には、信頼性向上と再設計プログラム(RERP)の下で、いくつかのロッキード社C-5ギャラクシーがアップグレードされ、新しいGeneral Electric CF6-80C2エンジンが装着されました。すべての近代化されたC-5は正式にC-5Mスーパーギャラクシーと名称指定されています。

 

航空機の貨物エリアの上部には、アッパーデッキを設置しています。コックピットとシーティングエリアがあり、70人以上の乗客を収容することができます。

 

 

 

4. Antonov An-124 Ruslan

 

 

 

初飛行:1982年12月24日

翼幅:73.3メートル

長さ:68.96メートル

生産機数:55機

 

 

Antonov An-124は、1970年代後半にAntonov State Company(以前のAntonov Design Bureau)によって設計された、超重量輸送機です。 

 

An-124は1984年に発売されてから約30年間、運航中の最も重い貨物航空機であり続け、現在も活発に運行されている最大の軍用輸送機の一つです。

 

Antonov An-124の近代化された派生機種は150トンの積載量を持ち、またアッパーデッキで90人近くの乗客を収容することができます。 An-124の貨物スペースはロッキードC-5ギャラクシーより約20%大きいです。

 

 

 

3. Airbus A380

 

 

 

初飛行:2005年4月27日

翼幅:79.75メートル

長さ:72.72メートル

生産機数:235機

 

 

エアバス社は1994年に野心的な数十億ドル規模のプロジェクト(A3XXと命名し数年後にA380に改名)を立ち上げ、当時航空機市場を支配していたボーイング社の747旅客機と直接競合しました。

 

計画が完成した2005年に、エアバスは一度に525人もの乗客を運ぶことができる巨大な二階建ての航空機になりました。

 

それは今日に至るまで世界最大の旅客機として記録を保持しています。

 

 

2. Antonov An-225 Mriya

 

 

初飛行:1988

翼幅:88.4メートル

長さ:84メートル

生産機数:1機

 

Antonov An-225は、おそらくこれまでに飛行に成功した中で世界最大の航空機です。 

 

この巨大な6エンジンの飛行機は、特にソビエト宇宙ミッションのためにブランクラスの宇宙探査機を空輸するために(ソビエト時代の間に)ウクライナに本拠を置くAntonovデザイン局によって開発されました。

 

An-124 Ruslanをベースにした、1988年に製造された最初で唯一のAn-225は、現在Antonov Airlinesによる運用で特大の有効搭載量を運搬しています。

 

2004年、An-225は247,000kgまたは247トンの商業積載量を運ぶ史上初の飛行機となりました。 今でもなお、189,980キログラム以上の重量の単一アイテムを空輸する能力において世界記録を保持しています。

 

この巨大な航空機は、非常に大きな貨物を長距離輸送するために広く使用されてきました。2010年、An-225は全長42.1 mの風力タービンブレードをはるか中国からデンマークに届けました。

 

 

1. Stratolaunch

 

 

 

翼幅:117メートル

長さ:73メートル

最大 離陸重量:589,670キロ

 

 

空中から宇宙ロケットを打ち上げるためにScaled Compositesによって設計されたStratolaunch航空機は現在その試作段階にあります。

 

首尾よく完成した場合、Stratolaunchは世界最大翼長の飛行機になるでしょう。これはPaul AllenのStratolaunch Systems用に開発されました。

 

航空機は合計6つのエンジンを動力とし、2つのフロント/ノーズギアと一緒に12のメインランディングギアを持っています。 

 

Stratolaunchの長さ117mの翼幅は、Hughes H-4 Herculesのそれを超えていますが、双胴体設計だからこそ可能な設計と言えます。

 

高度35,000フィート(成層圏)までロケットを運んでから、宇宙に打ち上げる計画となっています。

 

 

Beriev Be-2500

 

 

長さ:123メートル

翼幅:156メートル

最大離陸重量:2,500,000キロ

 

 

1970年代に開発された実験用地面効果翼機であるBartini Beriev VVA-14に触発されて、Beriev社は大陸間の海路でにおいて従来の航空機としても地面効果翼機としても使用可能な、水陸両用輸送ジェットBeriev Be-2500を発表しました。

 

完成した場合、Beriev Be-2500は世界最大の飛行機になるでしょう。 航空機の現在の設計は6つのターボファンエンジン(それぞれ172KNの推力)を搭載しています。 

 

2007年の見積もりによると、プロジェクト全体の費用は約10~150億ドルになります。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめタグ