話題

話題

とっても気になる、世界で最も速い車8種をご紹介します!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、8 Fastest Cars In The World | As Of 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

404 views

読了時間 : 約6分59秒

自動車の卓越性は異なる方法で測定されたとしても、人々は最もスピードを気にします。

 

 

世界中には約10億台もの車があり、特にインドと中国では、急激に台数が増えています。しかし速度の面では、少しのブランドだけが、並外れたパフォーマンスを実現しています。

 

 

今のところ自動車産業は、新しい技術の実装か、それと共存させることに焦点を置いています。例えば、メルセデスAMGプロジェクトは、信じられないほどのレーストラックパフォーマンスと、模範的な効率性を備え、実用的なフォーミュラ1ハイブリッドパワーシステムを結合することを目標にしています。

 

 

以下は、より速いスピードを出せる公道生産車のリストです。このリストには、改造車やコンセプトカーは含まれていません。また、メーカーが主張している速度の数値に制限しました。

 

 

8.Rimac C Two

 

 

 

 

2018年のGenevaモーターショーでの、Rimac C Two

 

 

最高速度:258mph415/h

本体価格:2,100ドル

ユニット:150

 

 

Rimac C Twoは、クロアチアの自動車メーカーであるRimac Automobiliによって製造された電気自動車です。現在、世界市場向けの公認手続き中で、2020年に販売が始まる予定です。

 

 

この車は、4つの水冷式永久磁石同期電動モーター(各車輪に配置)で動いています。また、120kWhのリチウムニッケルマンガンコバルト酸化物電池があり、30分以内に80%まで充電できます。

 

 

主張される出力1,914 HPおよびトルク1,696ポンドフィートで、Rimac C Twoは、わずか1.85秒で0-60 mphから、11.8秒で0-300 km/hになります。また、同社はWLTPサイクルで最大範囲341マイル(550 km)であることを宣伝しています。

 

 

さらに、自動車にはレベル4の自動運転、高度なドライバー支援システム、および顔認識ロック解除技術が搭載されています。それにより、電気自動車とスポーツ車両方のセグメントにおける、絶対的なゲームチェンジャーになる可能性を持っています。

 

 

7.Bugatti Veyron 16.4 Super Sport

 

 

 

 

最高速度:267.85mph431.07/h

本体価格:200万ドル

ユニット:30

 

 

Bugatti Veyron 16.4 Super Sportは、エンジン出力の増加と空力パッケージが改善された、Bugatti Veyron 16.4よりもよりパワフルで、速度が早いバージョンのものです。

 

 

クアッドターボエンジンは、6400rpm1,184HPのパワーと、5000rpm1,106ポンドフィートの最大トルクを実現し、わずか2.5秒で0-100 km/hの速度で走行します。

 

 

電子スピードリミッターをオフにすると、最高速度が267.8mphに達します。これにより、Super Sportは発売時(2010年)に、世界最速の生産ロードカーになりました。デフォルトでは、タイヤが分解するのを防ぐために、スピードが機械的に258mph415/h)までに制限されています。

 

 

2010年と2011年に同社は、合計で30ユニットを製造しました。しかし、Super Sport World Record Edition5ユニットに制限されています。これら5つのバージョンには、独自の黒色露出カーボンボディ、オレンジホイール、オレンジボディディテールがあり、電子スピードリミッターはありません。

 

 

6.Hennessey Venom GT

 

 

 

 

最高速度:270.49mph435.31/h

本体価格:125万ドル

ユニット:13

 

 

テキサスに拠点を置くヘネシーパフォーマンスエンジニアリングは、2011年から2017年の間に、Hennessey Venom GTのすべてのユニット(7クーペと6スパイダー)を製造しました。

 

 

20142月にHennessey チームは、フロリダにあるNASAのスペースシャトル着陸滑走路の、2.3マイル限というられた距離で、最高速度270.49 mphを記録しました。

 

 

この車は7リットルのツインターボチャージャー付きGM LS7 V8エンジンを搭載しており、6600rpm1,244HP4400rpm1,155ポンドフィートのトルクを発揮します。カーボンファイバーホイールとボディワークにより、2,743ポンドの縁石重量があります。

 

 

車両の最速版であるVenom GTカップルは、3台に制限されています。また、メーカーが生産を発表した後、すぐに完売しました。

 

 

5.Koenigsegg Agera RS

 

 

 

 

最高速度:277.87mph447.19/h

本体価格:2,100万ドル

ユニット:25

 

 

Koenigsegg Agera RSは、2015年のGenevaモーターショーで紹介されました。Agera RAgera S.の機能が結合しています。

 

 

新しい機能強化には、高度な軽量遮音、トラックに最適化されたフロントスプリッター、高度なダイナミックアンダーボディフラップシステム、ダウンフォースを追加する動的アクティブリアスポイラー(155mph992lbs)が含まれます。

 

 

5リットルのツインターボチャージV8エンジンは、従来のポンプガソリンで1,160HPを提供し、オプションの1メガワットパッケージ(11台の車に含まれる)は、エンジンの出力を1,341 HPに高めます。

 

 

2017年、Agera RSは世界最速の生産車となり、最高速度の直線速度285mph458km/h)と、双方向の最高速度278mph447km /h)を記録しました。

 

 

4.Koenigsegg Jesko

 

 

 

 

2019年のGenevaインターナショナルモーターショーにおける、プレ生産モデル

 

 

最高速度:300mph482.8/h

本体価格:2,800万ドル

ユニット:125

 

 

2019年のジュネーブモーターショーで発表されたKoenigsegg Jeskoは、E85バイオ燃料で1,600HP、通常のガソリンで1,280HPに達することができます。創業者の父親である、ジェスコ・フォン・ケーニグセグにちなんで名付けられました。

 

 

新しく設計されたエンジンの中核は、世界最軽量のV8クランクシャフトです。平らな180度クランクシャフトの重量は、わずか12.5キログラムです。Jesko8500rpmのパワーを、より効率よく生み出します。

 

 

エンジンは、“Light Speed Transmission”という名前のまったく新しい、9速マルチクラッチトランスミッションと組み合わされています。21のギアの組み合わせと7つのクラッチを備えているため、ドライバーは比率を乱すことなく任意のギアにジャンプできます。シフト時間の幅は、2030ミリ秒です。

 

 

その空力設計は、アクティブなトップマウントのツインステップリアウィング、アクティブで独立したフロントアンダーボディエアロインレットを備えた、拡大フロントスプリッターを特徴としています。

 

 

同社は、Jesko125ユニットだけを生産します。Jeskoが正式に発売される前に、90ユニットが心安まる価格であるにもかかわらず、すでに売られていました。

 

 

3.SSC Tuatara

 

 

 

 

ーティーモードのSSC Tuatara|クレジット:SSC North America

 

 

最高速度:300mph482.8/h

本体価格:1,700万ドル

ユニット:100

 

 

SSC Tuataraは、SSC North Americaが製造した高性能スポーツカーです。SSC Tuataraは戦闘機の性能と空力の影響を受けて、強度とシンプルなデザインの両方の感覚を刺激します。

 

 

車の名前は、生きている動物の中で最も速く進化するDNAを持つことで知られている、ニュージーランド固有の爬虫類にちなんで付けられています。

 

 

Tuataraは、6.9リットルのツインターボチャージV8エンジンを搭載する予定でしたが、後に8800rpmの高いレッドラインを達成するために、エンジンを5.9リットルに減らしました。出力は、E85燃料で1,750HP91オクタン燃料で1,350HPです。

 

 

カーボンファイバー製のボディ、最も低い抗力係数(0.279)、および積極的な50ミリ秒シフト用に構成された7速ロボット化トランスミッションにより、SSCは量産車の速度記録に新しいベンチマークを設定することを目指しています。

 

 

2.Bugatti Chiron Super Sport 300+

 

 

 

 

画像著作権:BugattiYouTube

 

 

最高速度:304.77mph490.48/h

本体価格:3,900万ドル

ユニット:30

 

 

20198月、プロのレーシングカードライバーであるアンディウォレスは、Chiron Super Sport 300+の試作前プロトタイプで最高速度を達成しました。

 

 

この車は、1,578HPのクアッドターボチャージャー付きW16エンジンを搭載しています。標準のBugatti Chironとは異なり、最高速度を上げ、ギア比を高め、ギア比を長くし、カーボンファイバーボディを生かした特殊なペイントスキームを採用しています。

 

 

フロントバンパーとリアバンパーの両方が、高速での空力特性に最適化されており、車の全長が9.8インチ長くなっています。

 

 

安全のために、最高速度が機械的に261mph420/h)に制限されています。しかし同社は、Ehra-Lessienトラックで最大限の性能を発揮したい所有者向けに、車をカスタマイズします。。

 

 

同社は30ユニットを製造し、2021年半ばに販売する予定です。

 

 

1.Hennessey Venom F5

 

 

 

 

最高速度:310.7+mph500+/h

本体価格:1,800万ドル

ユニット:24

 

 

新しくHennessey Special Vehiclesヘネシースペシャルビークルズは、Hennessey Venom F5という名前の高性能スポーツカーを発売する予定です。F5という名前は、藤田スケールにおいて最も強い台風であるF5台風の名前を参考にしたものです。

 

 

V8アーキテクチャに基づいて、エンジンは8000rpm1,817馬力と、1,193ポンドフィートのトルクを供給します。一対の精密ボールベアリングツインターボチャージャーと、クランクシャフト、ピストン、コネクティングロッド、カスタムエンジンブロックなどの軽量コンポーネントが装備されます。

 

 

エンジンは、プレナムとシリンダーヘッドの間にインタークーラーを配置します。これにより、空気密度と出力効率が向上します。また、8000rpmのレッドラインであっても、合成モーターオイルがエンジンの中心部を常に流れるようにする、多段ドライサンプ給油システムを備えています。

 

 

同社の創設者兼CEOであるJohn Hennesseyによると、Venom F5の全身(炭素繊維製)は、車を310.7 mph500+ km / h)以上の速度に推進するように設計されています。

 

 

Venom F5は、20208月のモントレーカーウィークに、ウズラで発売されます。同社は、アメリカのマーケットと国際マーケットに向けて、12ユニットを製造しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ