話題

話題

PR

Google社がこれを開発? 意外な未来プロジェクト、トップ15

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Top 15 Unbelievable Google’s Future Projects
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

501 views

読了時間 : 約6分9秒

Google X labは、2010年の設立以来、ダイナミックかつ迅速にテクノロジーの革命的な飛躍の前例となるような新しいモノを創ってきました。

 

【Google X Labとは、Googleにおける開発プロジェクトのうち、特に未来的な技術の開発に取り組んでいる部門の呼び名で、現在はAlphabetの子会社】そのビジョンは無限であり、定義することはできません。小さなコンピュータ・プログラムから人工知能まで、今後数十年の間に私たちが使うものをピンポイントで研究することに、より多くの時間を費やしています。

 

この記事では、現在の検索エンジンやアンドロイド・プラットフォーム、地図などについて語るのではありません。未来を探りたいのです。Googleは今後数年間で何を発表する予定なのでしょうか? 15の意外なGoogleの未来プロジェクトをご覧ください。

 

15. 試験管ハンバーガー

オランダのマーストリヒト大学のチームが、すべて実験室で生産されたハンバーガーを発表しました。このプロジェクトは、Googleの共同創業者であるセルゲイ・ブリン氏の支援を受けたものです。5年間の実験の結果であり、33万ドル【約4千5百万円】の費用がかかっています。さらに、このプロジェクトは、この最初のハンバーガーにとどまらず、他の広がりも含めて、総額は99万5千ドル【1億3千7百万円】近くになる見込みです。将来的な肉不足の問題に対して、これは解決策になるかもしれません。

 

14. 気候変動保険

Googleは、The Climate Corporation【クライメート・コーポレーション】のような保険を販売する会社に投資しています。ある年から別の年への天候の急変する条件は、農家にとって最大の課題です。Googleは、作物が自然によってダメになる確率を計算する気候変動技術のスタートアップに、総額4200万ドルを投資したのです。

 

13. グリーン・エネルギー・プロジェクト

Googleは、自然に優しい資源を効率的に使用し、再生可能な電力をサポートしています。これは、間接的に、Google製品のいずれかを使用している場合、次世代のために自然資源を保護することを意味します。グリーン・エネルギー・プロジェクトには、すでに10億円が投じられています。Googleのデータセンターは、できるだけエネルギーを使わないように設計されており、実際、電子機器を100%リサイクルし、太陽電池と風力エネルギーで電気を作っています。

 

12. 新薬

Googleは工学のプロジェクトに興味があるだけでなく、生物学的な分野にも足を踏み入れています。病気と戦うための新しい方法を生み出そうとしているのです。Google社のiPierian社は、細胞の再プログラミングを利用して、病気を攻撃する新薬を作り、別のAdimab社は、新しい抗体の発見を早めるために斬新な方法を用いています。

 

Google社が設立した研究開発会社Calicoは、老化とそれを遅らせる方法に焦点をあてています。同社はまた、新しい治療法や療法によって、癌のような加齢に関連する病気に対抗するために取り組んでいます。

 

11. リフトウェア

 

リフトウェアは、パーキンソン病などの筋力障害のある人に最適な、自己安定式のハンドルです。自動的に安定させるため、装着した器具の揺れが利用者の手の70%以下に抑えられます。

 

リフトウェアは、ハンドルと器具の2つのパーツで構成されています。両者を接続した瞬間に自動的に電源が入ります。どのようなスプーンも装着して使用することができ、とても軽くて小さいので、どこにでも持っていくことができます。

 

10. スマートコンタクトレンズ

世界では19人に1人が糖尿病を患っていると言われています。糖尿病患者にとって、糖度の急激な上昇や急降下は危険なため、24時間体制で監視する必要があります。些細なことのように思えますが、糖分分析のために何度も血液を採取する必要があるのです。そのため、血液を採取するために何度も指を刺すことになり、かなり邪魔になるし、痛みも伴います。

 

Googleのスマートコンタクトレンズ【スマートデバイスとしての機能を持つコンタクトレンズ】を使えば、涙からグルコース【血糖】の値を測定することができます。これは、2層のソフトレンズ素材の間に取り付けられた小さなワイヤレスチップと小型化されたグルコースセンサーを使用しています。研究者は、血糖値が正常範囲を下回ったり上回ったりしたことを示すために点灯する小さなLEDライトを組み込むことも試みています。

 

9. Project Era

Project Eraは、モジュール性の高いスマートフォンを構築するためのオープンなハードウェアシステムを開発することを目的としたイニシアチブです。カメラ、ディスプレイ、CPU、予備バッテリーなど、お好みのスマートフォン部品を搭載するための構造フレームが含まれます。

 

これにより、個々のモジュールのアップグレードが可能になり、より長いライフサイクルを提供し、電子廃棄物を減らすことができる可能性があります。また、部品が壊れたからといって、スマートフォン全体を買い換える必要もなくなります。Googleは、フレーム、ローエンドCPU、ディスプレイ、バッテリー、WiFiをセットにした50ドル以下のスターターキットを販売する予定です。

 

8. 空中風力タービン

Googleの秘密研究所の所長であるアストロ・テラー氏は、ラリー・ペイジCEOからMakani Powerの承認を得ました。Makani Powerは、凧のように地面に繋がれている固定幅の飛行機で風力発電を起動します。最新の試作機Wing7はカーボンファイバー製で全長26フィート、4つの発電用プロペラを搭載し、800フィート【約244メートル】から2000フィート【約610メートル】の高さで境界を越えて飛行し、基地局に電力を送ります。【2020年2月、MakaniはGoogleの親会社であるAlphabetによって閉鎖されました】

 

7. 自動運転車

画像出典:Wikimedia

 

Googleでは、自動車は単に移動のためのものではなく、アルゴリズムやキャッシュ、データの力を借りて解決すべき問題であると考えています。現在このプロジェクトは、スタンドフォード人工知能ラボのディレクターであるセバスチャン・スラン氏が率いています。車には、7万ドルのレーザーレーダーシステムを含む15万ドルの機器が搭載されています。64本のビームレーザーによって、周囲の詳細な3Dマップを生成することができます。この地図とHDの世界地図を組み合わせて、高度なデータモデルを作成し、自動運転につなげるのです。

 

6. プロジェクト・ルーン

人口の約3分の2がインターネットを利用していません。このプロジェクトは、そのような人々を世界とつながるようにするものです。基本的に、これは宇宙の果てまで移動する気球のネットワークで、すべての地方や遠隔地への接続を提供します。気球は風によって成層圏を移動し、高さを上げたり下げたりして操縦することができます。ユーザーは、屋根に取り付けられた特別なインターネットアンテナを使用して、このネットワークに接続することができます。【2021年に完全停止となりました】

 

5. Project Tango

Project Tangoは、スマートフォンやタブレット端末に、私たちの周りの世界の空間認識をもたらすことを目的とした3Dマッピングプロジェクトです。プロトタイプは、デバイスの3Dモーションを追跡し、その周囲の3Dモデルをリアルタイムに作成するAndroidスマートフォンのようなものです。このデバイスは、すべての情報と詳細を3Dでキャプチャします。たとえば、部屋に入り、ビデオを撮ると、部屋の正確な寸法、ドア、テレビ、テーブルの上にあるあらゆるものを教えてくれるでしょう。【2018年3月1日に終了しました】

 

4. ホームオートメーション

何年もの間、私たちは、到着すると自動的にロックが解除されるドア、冷蔵庫自体が食品を注文する等についての話を聞いてきました。Googleも同じようなことを望んでいます。その新しいAndroid Homeプラットフォームは、扇風機、コーヒーポット、電球、その他スイッチで制御できるすべてのものに接続されています。しかし、まだ始まったばかりで、プロジェクトの期限も決まっていません。Androidスマートフォンを使って、家全体をコントロールすることができるようになれば、とても面白いですね。

 

3. 初の月面着陸

Google Lunar X Prizeは、宇宙財団が主催し、Googleがスポンサーとなっているプロジェクトです。2015年末までに月面の500m以深に探査機を着陸させることができれば、民間機関や団体に3000万ドルの賞金が贈られます。探査機は、HD画像や動画を含むデータを地球に送り返さなければなりません。この目的は、月面着陸によってもたらされる重要なデータや火花を回収し、民間の宇宙探査を奨励することにあります。【2018年3月末に「勝者無し」という形で幕を閉じました】

 

2. 未来を予測する

GoogleとCIA【米国の中央情報局】は、未来のウェブ監視に多くの投資を行っています。両者が投資したRECORDED FUTUREは、リアルタイムでウェブを監視し、利用可能なすべてのデータを使って未来を予測します。ウェブサイト、ソーシャル・ネットワーキング・サイト、ニュース、検索エンジン、ブログなどからの膨大な情報に目を通し、出来事と組織との関連性を見出すのは言うまでもありません。

 

1. ロボット

ニューヨークタイムズ紙によると、Googleは秘密部門(Google X)を運営しており、その中にはロボットがねぐらを支配する非公開の場所の研究所も含まれているということです。しかし、シリコンバレーの地下でロボットを作っているという証拠はありません。Googleは、お茶を入れたり、データを印刷したり、ある場所から別の場所に物を移動したりといったあらゆる種類の基本的な作業を行うボットを作ろうとしているだけで、エンジニアに大きな快適さと柔軟性を与え、リモートで効率的に作業し、より高度な作業に集中できるようにするものです。

 

グーグルは、水面下でもっと多くのことを行っています。ボストンダイナミクス社(国防総省仕様の高度なロボットを製造)を含む、少なくとも7社のロボット企業を買収しています。また、個性を持ったロボットを作り、ロボット軍団を制御する特許を取得することにも成功しています。彼らは、互いに対話し、サーバーからデータをダウンロードし、さらに多くのことを行えるマシンを作ろうとしているのです。

 

たとえば、自動運転で走る車が、お互いにコミュニケーションを取りながら、ルートを決め、交通整理をし、衝突を回避する姿を想像してみてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ