話題

話題

世界が破滅する?失敗に終わった科学実験8選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、8 Scientific Experiments That Could Have Destroyed the World | Hoaxes
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

78 views

読了時間 : 約3分42秒

偉大な科学的発見には、必ずその背後に、発見に生涯をかけた科学者の存在があります。地球上の生命の秘密を明らかにしようと、人類は常に新しい実験に挑戦し、宇宙を探求しています。 その中には、研究者が危険要因を見誤り、失敗してしまったものもあります。私たちの母なる地球が経験した危険な実験がたくさんあります。

 

もちろん、地球を破壊した人はいません。このリストには、世界を滅ぼすというデマ(数少ない理論に基づく)を作り出した主要なウイルス実験が含まれています。

 

8. 水星・火山プロジェクト

Project Mercury and Volcano

画像元: Wikimedia

 

1978年の「環境改変技術の軍事的またはその他あらゆる敵対的使用の禁止に関する条約」により、自然を破壊するすべての実験が禁止されました。 1987年から1992年にかけて、ソビエト連邦は水銀と火山という2つの計画を秘密裏に進めていました。地震や火山噴火を起こすことができる「地殻変動兵器」と名づけられました。

 

ロシア科学アカデミーの元メンバー、アレクセイ・ニコラエフは、これは破壊的な地震発生兵器であると言っています。ある情報筋によると、1987年にキルギスで3回の水銀プログラムのテストが行われ、1992年に火山のテストが行われました。第二次世界大戦中、英国は地震爆弾を収納する倉庫を設計した。

 

7. シーラス作戦

Operation Cirrus hurricanes

画像元: Wikimedia

 

シーラス作戦は、GE社、アメリカ陸軍、アメリカ空軍、海軍研究所の協力で行われました。 1940年代後半、アメリカの研究者たちは、ハリケーンの進路をそらす実験を試みました。大西洋の西側から向かってくるハリケーンに、約82kgの砕いたドライアイスを投下しました。すると、ハリケーンが向きを変えるという、予想外の反応が見られました。それが誤ってジョージア州の小さな町に衝突し、犠牲者が出て、支出損害は2億ドル以上となりました。 その後、国連の環境改変条約により、今後天候を変えるような実験は一切禁止となりました。

 

6. 量子ゼノン効果

Quantum Zeno Effect

画像元: Wikimedia

 

長年にわたり、科学者たちはダークマターと呼ばれる反重力物質を探し求めてきました。このプロジェクトでは小さな成果がありました。量子ゼノン効果とは、動いている粒子を連続的に観測すると、決して減衰しないというものです。科学者ローレンス・クラウスは、観測されたダークエネルギーがブラックホールを作り出し、宇宙を破壊する可能性があると主張しました。

 

1990年代後半には、宇宙空間で物質を燃やす実験が行われ、ダークエネルギーが発見されました。量子ゼノン効果の限界にどこまで近づけることができるかは、研究者にとってまだ未解決の問題です。

 

5. 大型ハドロン衝突型加速器

Large Hadron Collider画像元: boston

 

大型ハドロン衝突型加速器は、世界最大の粒子衝突型加速器です。欧州原子核研究機構が1998年から2008年にかけて建設しました。100カ国以上から集まった1万人以上の科学者や技術者がこのプロジェクトに参加しました。周囲27キロメートル、地下175メートルにあります。90億ドル以上かかる最も高価な科学機械の一つです。

 

この衝突型加速器によって、陽子はブラックホールのミクロのサイズを作り出すことができますが、サイズが小さいため蒸発してしまいます。多くの科学者は、この実験によって世界が滅亡すると考えました。また、この実験によって大きなブラックホールが発生し地球全体が破壊されるという、証明することができない仮説も多く言われました。

 

4. スターフィッシュ・プライム

Starfish Prime

画像元: Wikimedia

 

スターフィッシュ・プライムは、宇宙空間から400km上空で行われた核実験です。1962年7月9日、原子力委員会と国防省原子力局の協力のもと行われました。アメリカは、新しく核ミサイルを破壊する方法を探すために、ある実験を行うことにしました。爆発力はTNT1.4メガトンに相当します。 爆発後、地球の磁場の周囲に高エネルギー電子放射帯が作られました。地球の磁気圏層は太陽風から私たちを守っています。 その磁気圏を消磁し、太陽電池アレイや電子回路を破壊して7基の衛星が故障しました。その後5年間、スターフィッシュ・プライムの影響が残りました。

 

3. トリニティ・テスト

Trinity Test

画像元: Wikimedia

 

トリニティは、1945年7月16日にアメリカ軍が行った核ミサイル実験の一つです。これが核爆弾の最初の爆発でした。 この爆弾は21キロトンのTNTの爆発力を発生させました。この爆発は、通信システムを破壊する強い電磁パルスを放出しました。エンリコ・フェルミは、原爆が強い反応を起こし、地球の大気を完全に変化させ、すべての生物を死滅させる可能性があると発表しました。しかし、彼の予想は外れました。 現在、この場所は国の歴史的建造物に指定されている。

 

2. SETI

SETI

画像元: Wikimedia

 

地球外知的生命体探査(SETI・The search for extraterrestrial intelligent)とは、SETI研究所が行っている科学実験です。 地球外知的生命体の集団探索活動です。 現在の研究では、地上と宇宙にある望遠鏡、大型電波望遠鏡、分散コンピューティングを使用しています。

 

1896年、ニコラ・テスラは、電波信号が宇宙人とのコンタクトに使えると考えました。その後1899年に、彼は火星からと思われる信号を観測しています。 このようなプロジェクトで、宇宙人の文明に注目し、地球を攻撃してくる可能性があると言う人もいます。この研究については諸説あり、現在も科学者たちが研究を続けています。

 

1. コラ・スーパーディープ・ボアホール

Kola Superdeep Borehole - Experiments That Could Have Destroyed the World

画像元: Wikimedia

 

コラ・スーパーディープ・ボアホールは、地球上で最も深い人工的な拠点です。1970年5月24日、ソ連はロシア北西端のコラ半島でこの穴の掘削を開始しました。地殻をできるだけ深く掘り進むことが最終目的でしたが、到達したのは12,262メートルでした。地下15kmでの作業は、摂氏300度の環境下での作業になるため、プロジェクトは中止されました。

 

当時、科学者たちは、この実験が地球を破壊するほどの高指数の地震波を発生させると予測していました。 このプロジェクトは未完成に終わりましたが、深さ7kmで玄武岩という新しい種類の岩石が発見されるなど、多くの理論が解明されました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ