話題

話題

2020年完全版―金融界最大ヘッジファンドTOP 12

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Largest Hedge Funds In The World | 2020 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

162 views

読了時間 : 約7分55秒

ヘッジファンドの歴史は、1920年代の強気市場まで遡り、プライベートパートナーシップ資産のために裕福な投資者たちが運用継続支援を提供していた時代が始まりです。20年代半ばを通して失敗/成功を経て、ヘッジファンド業界は1990年代の株式市場のブームにより再び復興を遂げました。

 

シンプルに株を売り買いする以外に、現代のヘッジファンドには預金、合併鞘取引、固定収入、クオンツ、マルチ戦略、ディストレス証券など様々な投資戦略が含まれるようになりました。ヘッジファンドは、クライアントに手数料を払ってもらい資金をつくる仕組みで、それには管理料と運用料が含まれます。業界平均は2%から20%と言われています。

 

2008年までには、ヘッジファンド業界全体の管理下全資産は193兆ドルにまで到達しました。しかし、その年の経済危機と信用縮小により、彼らの運用資産残高(AUM)の大部分が失われ、取り戻すのには約2年もかかりました。2017年の終わりには、320 兆ドル相当の運用資産残高が業界によって報告されています。

 

以下、世界最大のヘッジファンドトップ12をリスト化し、さらに彼らの投資戦略と運用資産残高の簡単な紹介をまとめました。

 

 

12.バウポスト・グループ(Baupost Group)

 

 

創立者:セス・クラーマンとウィリアム・プアビュー

AUM:289憶ドル

 

バウポスト・グループは、1982年にウィリアム・プアビュー、ジョーダン・バルーチ、ハワード・スティーブンソン、そしてアイザック・アウアバックの4人の共同出資者によって創立されました。その後、セス・クラーマンが加わり、現在は社長として会社を管理しています。価値志向型投資者として、クラーマンは“次のウォーレン・バフェット”とも呼ばれています。

 

ボストンを拠点としており、バウポスト・グループでは、セス・クラーマンのリーダーシップ下での危機管理法が有名であり、価値志向型投資を規範として取り入れた世界最大のヘッジファンドとなりました。

 

その他の大きなヘッジファンドや投資管理会社の多くとは違い、不動産を除いてほぼすべてのアセット区分に投資している中、バウポストは借入資本(借りたお金)を利用していません。

 

 

11.アダージ・キャピタル・マネジメント(Adage Capital Management)

 

創立者:ロバート・アチンソンとフィリップ・グロス

AUM:320憶ドル

ヘッジファンドの世界で、アダージ・キャピタル・マネジメントは少なくとも2つのことで有名です:

 

・ハーバードやノースウェスタンなどアイビーリーグの大学から基本財産基金を管理している

・特定の共通水準を下回る結果だった際、投資者の手数料を返金している(S&P 500)

 

アダージ・キャピタル・マネジメント(拠点ボストン)は、S&P 500を打ち勝つたび投資者利益の20%を手数料として徴収しており、従来のヘッジファンドが自身の市場成績に関係なく18-20%を請求しているのと比べると、正反対なのです。2001年の始まりから、2002年と2008年の2度のみ投資者に返済しています。

 

 

10.シタデル( Citadel)

 

創立者:ケネス・C・グリフィン

AUM:320億ドル

危機管理法で有名

 

シタデル合同会社の創立者兼取締役は、当時の雇い主そして指導者であったフランク・メイヤーの経済的援助と共に1990年に会社を立ち上げました。彼らは2年ほど厳しい年を過ごし、人気度そして年間AUMの著しい上昇を目撃することとなります。

 

しかし経済危機の打撃を受け全ては一転し、その他の金融会社と同じくまっこうから影響を受けてしまいました。その後経済暴落の中、予期せず著しい損失を受け、会社は今まで以上に危機管理に集中することを決めました。

 

シタデルは、どんな危機の可能性をも避けるため、監視するだけでなく資産や投資金に無限数のテストを課すことのできる危機管理センターに専念しています。2008年の暴落後、会社の危機管理に対するしつこい努力は彼らの成功のカギとなっています。

 

読んでみましょう:26 Worst Stock Market Crashes In History

 

 

9.スカルプター・キャピタル・マネジメント( Sculptor Capital Management)

 

 

創立者:ロバート・シャフィール

AUM:333億ドル(2019年)

 

スカルプター・キャピタル・マネジメント(オクジフ・キャピタル・マネジメントが以前の名前)は、専用と日和見クレジット、マルチ戦略そして不動産資産を含む様々なクレジット資産を積極的に管理する、オルタナティブ資産運用管理の主な会社の一つです。

 

さらにこの会社は制度上クレジット戦略を取り入れ、それを通してジャンク債、借入資本利用ローンそして投資適格クレジット[BBB(S&P)より高い信用貸し付け格付けでの契約]などの複数のクレジットクラスに投資しています。

 

スカルプター・キャピタルはニューヨーク市を拠点とし、その他にも業務オフィスを、ヒューストン、ロンドン、ムンバイ、香港、北京に設けています。

 

 

8.デビッドソン・ケンプナー・キャピタル・マネジメント(Davidson Kempner Capital Management)

 

 

執行長:アンソニー・A・ヨセロフ(経営管理員)

AUM:340億ドル(2019年)

 

デビッドソン・ケンプナー・キャピタル・マネジメントは、初めはM.H.デビッドソン&カンパニーと名付けられ、1983年にマービン・H・デビッドソンにより創立されました。トーマス・L・ケンプナージュニアが1984年に会社に参加した際、新たに命名されました。彼は、2004年に経営管理員として任命されています。

 

このニューヨーク市を拠点としたヘッジファンドは、ディストレス証券、合併鞘取引、長期的/短期的普通株、クレジット、そして転換社債鞘取引戦略に最優先に集中した投資決定を行い、市場の逆分析に頼る方式を取っています。

 

 

7.エリオット・マネジメント・コーポレーション(Elliott Management Corporation)

 

 

創立者:ポール・シンガー

AUM:377億ドル

ディストレス証券への投資で有名

 

エリオット・マネジメント・コーポレーションは、ニューヨーク市を拠点とする通貨、産業、そして普通株やその他の投資対象を専門とするヘッジファンドです。ソブリンや公債を含めたディストレス証券に投資していることでもよく知られています。

 

エリオット・マネージメントの創立者兼共同経営者ポール・シンガーは、もしかすると世界で一番恐れられる金融管理者の一人として尊敬されています。株主の行動主義や倒産寸前の会社に投資するなど、彼の大胆な投資戦略から“ハゲワシ資本家”の名を得ることになります。

 

時々、ポール・シンガーと彼の会社は国際レベルでマスコミの注目を集めています。2002年に起きた、アルゼンチンのソブリン債務不履行が挙げられます。さらに2007年には、コンゴ共和国の銀行債務不履行から回復しようとしていた最中に、エリオット関連者が国内の贈賄を偶然にも露出してしまった事件もありました。

 

 

6.ミレニアム・マネジメント(Millennium Management)

 

創立者:イスラエル・イングランダー

AUM:387億ドル

 

ミレニアム・マネジメントは現在、世界7番目の最大ヘッジファンドです。アメリカの投資家イスラエル・イングランダーにより、1989年に2百万ドルをわずか超えるほどの着手金で創立されました。苦難の出発後、会社は素早く名声に昇りつめました。

 

年来ミレニアム・マネジメントは、転換裁定取引などの様々な投資戦略を習得しています。転換裁定取引内では、投資家が会社の株価と転換社債、合併鞘取引間(これは2つの合併会社の株を売り買いすることを含む)での価格差を利用しています。

 

インスティテューショナル・インベスターマガジンによると、イスラエル・イングランダーは2017年に9憶7千5百万ドルを稼ぎ取り、ランキング5位のヘッジファンドマネージャーとなっています。

 

 

5.JPモルガン・アセット・マネージメント(JP Morgan Asset Management)

 

委員長/CEO:ジェイミー・ディモン

AUM:477億ドル

 

JPモルガン・チェイスは、現在“バルジ・ブラケット”の名で世界トップ10に入る銀行を持ち、クライアント層には事実上全ての経済的、銀行業サービスを提供しています。

 

銀行のヘッジファンド部門は、ハイブリッジ・キャピタル・マネジメントか、1995年に設立されたJPモルガン・アセット・マネジメント(JPAAM)を通してサービスを促進しています。

 

読んでみましょう:18 Best Investing Books You Should Read

 

 

4.ツー・シグマ・インベストメンツ(Two Sigma Investments)

 

 

創立者:ジョン・オーバーデック、デイビッド・シーゲル、マーク・ピカード

AUM:6百億ドル

 

2001年に創立され、リストの中ではツー・シグマが一番新しいヘッジファンドです。しかし比較的に経験は浅いですが、自身の自動投資システム/A.I.や機械学習を利用する貿易戦略を通じて、より経歴の長い他社と比べてもさらに高い成績を上げています。

 

2014年にツー・シグマが新しいマクロ資金のために集めた330億ドルは、2008年の恐慌以来最大の資金獲得になりました。彼らは、技術会社のように、貿易のアルゴリズムを開発するため様々なクラウドソーシングオプションを活用しています。

 

“ツー・シグマ”という珍しい名前は、シグマという数学上ワードの二分法を示していて、小文字のシグマ、σが投資回収の落ち着きのない性質を代表し、大文字のシグマ、Σが総体を表しています。

 

 

3.AQRキャピタル・マネジメント(AQR Capital Management)

 

創立者:クリフ・アスネス、他3名

AUM:6百億ドル

オルタナティブ投資戦略で有名

 

AQRキャピタル・マネジメントは、投資家のために従来の投資機会とオルタナティブな機会どちらも提供する、世界で最大のクオンツヘッジファンドの一つです。この会社はポートフォリオ多様化を強調し、価値、守備、キャリー、モメンタムなど複数の投資形式を一緒に活用していることで有名です。

 

AQRは2008年の世界経済危機後、オルタナティブ投資信託会社の市場性を上げるため活躍しました。3人の億万長者、クリフ・アスネス、デイビッド・カビラー、ジョン・リウそしてその他主要メンバーにより大部分が管理されています。

 

 

2.ルネッサンス・テクノロジーズ(Renaissance Technologies)

 

 

創立者:ジェームズ・ハリス・シモンズ

AUM:1千百億円

 

ルネッサンス・テクノロジーもまた、ニューヨーク市を拠点とするクオンツヘッジファンドであり、1982年にジェームズ・ハリス・シモンズにより創立されました。彼は、冷戦中に暗号解読者として務めた有名な数学家としても知られています。

 

この会社は、巧妙に開発されたクオンツモデルや投資アルゴリズムに注目した統計貿易を強みとしています。クオンツ貿易の提議者の中でも最初に出てきた会社の一つであり、この専門業界では調査員たちが何十年にも亘る財政データを分析し、様々な経済そして金融市場の流行を予測するため重要な情報を抜き出しています。

 

メダリオン・ファンド、ルネッサンスが提供する最高級の資金は、1988年の開始から年間にすると約40%もの返済を手数料後に生産しています。しかし、このファンドは社員のみ利用可能です。

 

 

1.ブリッジウォーター・アソシエーツ(Bridgewater Associates)

 

 

創立者:レイ・ダリオ

AUM:1千6百億円

リスクパリティ、毎日の観察で有名

 

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツは1975年にレイ・ダリオが当時住んでいたマンハッタンのアパートで創立されました。初めの頃は、様々な協会型クライアントに他では手に入らない経済内部情報を提供する助言サービスとして会社が機能していました。

 

1980年代と90年代を通しては、国際契約やインフレ連動債、そして通貨オーバーレイなどの専門業界で新しい基準を立ち上げました。さらにブリッジウォーターは、Pure AlphaやAll-Weatherファンドを含む、型にはまらない投資戦略を複数に亘って開拓しました。

 

国際的なマクロ戦略に注目し、この会社は通貨換算率、国内総生産率、インフレまたその他の事実を心において賭けを行っています。2018年には、S&P 500より高い成績を残しているだけでなく、その他の主要な基準指標や競合他社の水準までも超える結果を残しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ