マーケティング

マーケティング

銀行を味方にしよう! 中小企業やスタートアップ企業に最適な8行【2022年版】

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、8 Best Banks For Small Business and Startups In 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

259 views

読了時間 : 約12分28秒

法人向け銀行口座は、企業経営者や起業家がビジネス関連の財務をより効率的に管理できるようにするための特別な銀行口座です。また、法人向けのデビットカードやクレジットカードなどの重要なサービスやツールを利用することができ、より優れた報酬システムや簡単なローン、融資枠なども提供しています。したがって、適切な銀行を選択することは、あらゆるビジネスを円滑に進めるために非常に重要です。

 

中小企業にとって理想的な銀行は、それぞれのニーズや業界によって大きく異なります。企業経営者は、利便性のために同じ銀行の金融サービスや商品をまとめて利用することが多いですが、異なる金融機関の専門的な商品を利用することを否定する理由はありません。この記事では、ビジネス用のニーズに最適な大手銀行、地方銀行、オンライン銀行をご紹介します。

 

1. カードサービスに最適な「チェース銀行」

チェース銀行のロゴ|画像提供:Wikimedia Commons

 

長所
✔3種類の法人向け当座預金口座
✔手数料が無料の取引は無制限
✔リターンの多い法人向けクレジットカード
✔全米で16,000台のATMと4,700の支店が利用可能

 

短所
✖毎月15ドルの手数料
✖無料の電信送金はない
✖月間20回の現物預金の手数料が無料

 

チェース銀行は、総資産が3兆ドルをはるかに超える(2020年現在)金融サービスの巨人である、JPモルガン・チェースのリテール・商業銀行部門の子会社です。米国内最大級の商業銀行として、中小企業向けに様々な金融商品やサービスを提供することを専門としています。

 

この銀行では、企業の規模に応じて、3種類の法人向け当座預金口座と2種類の法人向け普通預金口座を用意しています。これらの口座は、チェースの他のサービスと連動させることで、よりよい財務管理が可能です。

 

しかし、チェース銀行が他の商業銀行と比べて際立っているのは、優れたクレジットカードプログラムです。合計6枚の法人向けクレジットカードを提供しており、そのうち3枚は広く普及している「インク」ラインのカードで、残りの3枚は共同ブランドのカードです。キャッシュバック、ボーナスオファー、ポイント還元は、業界でもトップクラスです。

 

さらに、全米に16,000台以上のATMと4,700の支店があり、世界100カ国以上で事業を展開しています。

 

2004年、チェースはBank One Corporationを買収し、米国最大のクレジットカード発行会社となりました。現在では、8,300万の有効口座数(2020年)を有し、大手のクレジットカード会社の中で第2位となっています。

 

チェース銀行の法人向け口座およびクレジットカードの主な特徴

 

・法人向け当座預金口座では、毎月のサービス料が15ドルからとなります。無料にするオプションもあります。

 

・電子マネーでの入金は手数料なし、対面での入金は20回まで可能です。

 

・請求書の支払いにチェース・オンライン・バンキングを利用できます。

 

2. 支店へのアクセスとビジネスローンに最適な銀行「ウェルズ・ファーゴ」

ノースカロライナ州ダーラムにあるウェルズ・ファーゴの支店|画像提供:Ildar Sagdejev/Wikimedia Commons

 

長所
✔法人向け当座預金口座のオプション
✔ATMからの引き出し手数料が無料
✔全米で13,000台以上のATMが利用可能

 

短所
✖月額最低10ドルのサービス料
✖100回または250回の取引後、取引ごとに0.50ドルの手数料がかかる(口座によって異なる)
✖米国内のウェルズ・ファーゴ以外のATMからの引き出しには2.50ドルの手数料がかかる

 

ウェルズ・ファーゴは、総資産が2020年には約2兆ドルに達した、米国第4位の金融サービス会社です。組織としては、米国の金融安定化に不可欠で重要な銀行として認識されています。

 

この銀行は、子会社を含めて、コミュニティ・バンキング【比較的小規模な地域金融機関】、ホールセール・バンキング【大企業などを対象にした大口の金融業務】、資産と投資の運用管理、の3つのセグメントに大別されます。全米に約5,129の支店を持つ米国最大の支店網を有しており、少なくとも銀行業務の一部を対面で行いたいと考えている中小企業やベンチャー企業の経営者にとっては理想的な銀行です。

 

同行は、通常の支店とは別に、住宅ローンや借り換えに特化した住宅ローン専門支店を約2,000店舗運営しています。また、運営するATMの数は現在13,000台で、国内最大級の規模となっています。

 

最近の一連の問題や不祥事により、多少の失速はありましたが、ビジネスローンにおいて最も競争力のある資金調達手段を持つ、ビジネス向けの銀行であることに変わりはありません。また、SBA 7(a)ローンを最も積極的に取り扱っている国内10行のうちの1行であり、伝統的な大手銀行の中では最も積極的に取り扱っている銀行です。

 

SBA 7(a)ローンとは、米国内の適格な中小企業に付与されるローンで、米国の中小企業庁が保証しています。

 

ウェルズ・ファーゴは、3種類の法人向け当座預金口座、3種類の法人向け普通預金口座、3種類の高額リターンの法人向けクレジットカードを提供しています。

 

ウェルズ・ファーゴの当座預金口座と普通預金口座の特徴

 

・最も基本的な法人向け当座預金口座は、設立したばかりのビジネスに適しており、毎月10ドルのサービス料がかかります(回避できる)。法人向け当座預金口座の維持費は、中間層で25ドル、最上位層で75ドルとなっています。

 

・3つの法人向け当座預金口座は、手数料期間ごとに一定額の取引が無料になるほか、オンラインおよびモバイルバンキング機能、ゼロ・ライアビリティ【不正被害から保護するためのポリシー】のデビットカードを提供します。

 

・標準的な法人向け普通預金口座は、「ビジネス市場金利貯蓄」(月額サービス料5ドル)と「ビジネス・プラチナ貯蓄」(月額サービス料15ドル)の2種類があります。前者は利益の少ない小規模ビジネスに、後者は利益の多いビジネスに適しています。どちらも、最低開設預金額は25ドルです。

 

・3つ目の普通預金口座タイプは「ビジネス・タイム口座」と呼ばれ、毎月のサービス料が無料で、最低開設預金額が2,500ドルの固定金利預金口座です。

 

3. 大量の預金や取引に最適な銀行「キャピタルワン」

バージニア州のキャピタルワンの建物|画像提供:Bloomberg Finance LP

 

長所
✔2種類の法人向け当座預金口座のオプション
✔手数料無料の取引回数に制限なし
✔70,000台以上のATMでのデビットカード利用が手数料無料
✔無料のオンラインおよびモバイルバンキング

 

短所
✖法人向け普通預金口座のオプションがない
✖米国内の一部の州でのみ利用可能
✖国際電信送金の手数料が高い
✖支店に直接出向く必要がある

 

Capital One Financial Corporation(通称キャピタル・ワン)は、米国最大級の金融サービス企業です。「Fortune 500」【フォーチュン誌が年に1回発表する、米国の上位500社のリスト】では99位、「働きがいのある会社100」では9位にランクインしており、世界で最も革新的な銀行のひとつとして広く知られています。米国外では、英国およびカナダにおいて、自動車金融およびクレジットカード事業を展開しています。

 

この銀行は、主にクレジットカードや自動車ローンなどの消費者向け銀行サービスを提供していますが、その商業銀行プログラムの中には、中小企業に適したものもあります。

 

法人向け当座預金口座には、Spark Business Basic CheckingとSpark Business Unlimited Checkingという2つのオプションがあります。どちらの口座も、一般的な商業銀行にはない手数料無料の取引を無制限に行うことができます。

 

その他の特典として、オンラインおよびモバイルバンキングでの簡単な資金移動や、キャピタルワンとATMネットワーク、Allpoint、MoneyPassが運営する7万台以上のATMを手数料なしで利用できます。

 

キャピタルワンの支店数は、米国内の他の大手実店舗型銀行と比較して大幅に少なく、米国東海岸の8つの州に限られています。また、サービスを受けるためには、実際に支店に足を運ぶ必要があります。

 

キャピタルワンの法人向け当座預金口座の特徴

 

・Spark Business Basic Checkingでは、月に5000ドルまでは現金預け入れ手数料が無料、それ以降は1000ドルごとに1ドルの手数料がかかります。The Spark Business Ultimate Checkingでは、現金預け入れ手数料が一切かかりません。

 

・Spark Business Basic Checkingでは、国内での電信送金の場合、着信時には15ドル、発信時には25ドルの手数料がかかります。海外への電信送金については、どちらの口座でも着信時に15ドル、発信時に45ドルの手数料がかかります。

 

・毎月の口座サービス料は、Spark Business Basic Checkingが15ドル、Spark Business Ultimate Checkingが35ドルです(回避可能)。両口座の最低開設額は250ドルです。

 

4. ヨーロッパの中小企業およびスタートアップ企業に最適な銀行「HSBC」

長所
✔申し込みが簡単で早い
✔アプリで簡単に管理できる
✔最大3万ポンドの当座貸越資金(承認が必要)
✔複数の支払い方法を選択可能(BACS、EFT)

 

HSBCは、世界で最も認知度の高い金融サービス機関の一つです。ヨーロッパでは第2位、世界では第6位の資産規模を誇り、その額は3兆ドルに迫ります(2020年)。

 

同行は、あらゆる規模の企業に包括的な銀行サービスを提供しています。スタートアップ企業、中堅企業、大企業に合わせた法人向け口座のほか、外貨や機関投資家の資金を管理するための専門的な法人向け口座も提供しています。

 

HSBC Kinetic Current Accountは、スタートアップ企業や中小企業の経営者が、アプリを使ってスマートフォンからすぐに財務管理を行うことができます。簡略化された内訳と見通しで、ビジネスのキャッシュフローを監視することができます。この法人向け口座にはデビットカードが付属しており、アプリで管理することができます。

 

世界各地で事業を展開しているため、世界中のどこからでも、より速く、より安全に、そしてより競争力のある方法で、様々な通貨での支払いを行うことができます。また、別の貯蓄口座、クレジットカード、最大3万ポンドの当座貸越資金を申請することができます。

 

5. 中小企業に最適なオンライン銀行「NBKC」

カンザス州オーバーランドパークのNBKC銀行本部

 

長所
✔法人向け口座の月額維持費が無料
✔開業資金や最低残高の要件なし
✔取引回数が無制限
✔国内での電信送金、支払い停止指図、当座貸越の手数料が無料
✔米国およびプエルトリコにある32,000台以上のATMを利用可能
✔他の銀行のATM手数料を最大12ドルまで払い戻し可能

 

短所
✖ミズーリ州とカンザス州以外に支店の実店舗がない
✖海外への電信送金には、送受信ともに45ドルの手数料がかかる。国内電信送金の発信は5ドル
✖新規口座への入金は5日遅れとなる。口座開設から90日以内の国際電信送金は不可

 

中小企業の経営者で、不要な手数料を削減し、支店に直接出向く必要のない金融サービスプロバイダーを探しているなら、NBKC銀行がお勧めです。

 

NBKCは本格的なデジタル銀行で、個人や中小企業を対象に、普通預金、クレジットカード、住宅ローンなどの金融商品を提供しています。また、ミズーリ州とカンザス州にいくつかの実店舗があります。

 

同行は、中小企業向けに、月々のサービス料や最低残高が不要で、取引回数に制限のない無料の当座預金口座(Business Account)を提供しています。さらに、小切手の入金や請求書の電子決済も追加費用なしで利用できます。また、高利回りの法人向け普通預金口座を並行して開設することも可能です。

 

NBKCの法人向け口座があると、法人向けデビットMastercardが無料で発行され、全米32,000台以上のMoneyPass ATMで取引手数料なしで利用可能です。さらに、他の銀行のATMを利用した際に発生する手数料が月に最大12ドルまで返金されます。

 

NBKCはまた、現金や財務管理、効率的な債権回収、ACH(Automated Clearing House【自動資金決済センター】)送金による払い出し、不正行為からの保護など、いくつかのビジネスソリューションを提供しています。

 

中小企業やスタートアップ企業に最適なデジタルの法人向け口座

 

6. 中小企業向けローンに最適な「OnDeck Capital」

画像提供:OnDeck.com

 

長所
✔早くて簡単
✔平均的な信用偏差値(最低600点)が必要
✔常連の顧客にはより良い借り入れ率を提供
✔ビジネス上の信用度を高めることができる

 

短所
✖金利が高い
✖個人保証が必要
✖毎日または毎週の固定金利
✖繰り上げ返済の際の金利還元がない
✖特定のビジネスには適さない

 

OnDeck Capitalは、ニューヨークを拠点とする融資会社で、世界中のオンライン中小企業にローンや信用限度額を提供しています。独自に開発したソフトウェアを使用して、融資を行う前に潜在的な顧客の信用力を分析・判断します。

 

OnDeck は現在、2種類のビジネスローンを提供しています。OnDeck Term Loanは、5,000ドルから250,000ドルの現金を最長18ヶ月間で返済する1回限りのローンで、事業拡大やその他の大規模プロジェクトに最適です。

 

もう一つのOnDeck Line of Creditは、6,000ドルから100,000ドルまでの金額を12ヶ月間の返済期間で利用できる融資枠です。

 

従来の銀行に比べて、OnDeck ははるかに迅速で柔軟なローンを提供しています。ローン申請は数分で最終決定され、承認されると1日以内(OnDeckによる)にすぐに利用できるようになります。しかしながら、これらのローンは高額です。このタームローンのAPRは11.89%から99%で、これには処理手数料と月々の維持費が含まれています。

 

7. アジアにおけるデジタルバンキングに最適な「Aspire」

画像提供: aspireapp.com

 

長所
✔最低預金額ゼロの無料口座
✔年間維持費なし
✔50種類以上の通貨で送金・受取が可能(多通貨口座は不可)
✔一般的なビジネス用途との統合が容易

 

短所
✖ATMでの引き出しや小切手での入金ができない

 

Aspireは、シンガポールを拠点とするデジタル銀行、あるいはネット銀行で、中小企業向けに様々な金融サービスを提供しています。オールインワンの法人向け口座、無料または低価格の仮想コーポレートカード、効率的なクレジット機能などを提供しています。

 

同行の法人向け口座は、最低預金額の設定がなく、年間維持費もかからないため、無料で開設できます。世界中のどこにいても、50種類以上の通貨(Wiseがサポート)で、比較的低い為替手数料で支払いのやり取りができます。シンガポール国内のある銀行口座から別の銀行口座へのオンライン資金移動は、FASTとGIROを使って無料で行えます。

 

海外への送金には中堅企業向け市場またはインターバンクのFXレート、海外からの送金にはロイターの通貨レートと0.5%の手数料がかかります。

 

Aspireの最も優れた点は、Xero、QuickBooks、SAP businessなどの会計ソフト、SkypeやPayPalなどの支払い処理、Google Payなどのモバイルウォレットなど、複数のサードパーティ製アプリケーションとの統合が迅速かつ容易にできることです。

 

企業経営者は、従業員に無制限の仮想カードを無料で発行することができます。また、カードの使用状況をリアルタイムで確認したり、使用限度額を設定したり、カードを凍結したりすることもできます。

 

8. Holvi

画像提供: holvi.com

 

長所
✔すべてのビジネス財務のための単一ダッシュボード
✔効率的な請求書発行と会計機能
✔Holvi Proを使用すると、追加料金なしで3枚の名刺を作成できる
✔付加価値税(VAT)の残高を追跡可能
✔安全で保護された支払い

 

欠点
✖月額費用がかかる
✖500回の送金後、1回の送金につき0.25ユーロの手数料がかかる
✖追加のデビットカードは1枚につき3ユーロ/月かかる
✖ATMからの現金引き出し額の2.50

 

Holviはフィンランドのデジタル銀行で、中小企業の様々な銀行業務のニーズを支援し、それらを一つの屋根の下で管理することを専門としています。欧州経済地域(南東ヨーロッパの一部の国を除くヨーロッパの大部分を含む)で事業を展開しています。

 

多くのネット銀行やデジタルのみの銀行とは異なり、Holviのサービスは無料ではありません。口座の種類は、Holvi Lite(月額6ユーロ)とHolvi Pro(月額12ユーロ)の2種類から選ぶことができます。前者は、法人向け口座やデビットカードなど、ビジネスを継続するために必要な銀行サービスを利用することができます。

 

Holvi Proには、合理化された請求書発行と会計の機能が搭載されており、経費の追跡、迅速でエラーのない支払いの促進、VATの追跡が容易になります。

 

Holvi Business Debit Mastercardは、経費を会計報告書に自動同期させたり、カードが使用されるたびにリアルタイムで通知したりすることで、ビジネスの経費を効率的に管理することができます。また、月額3ユーロ/枚の手数料でカードを追加発行できるオプションもあります。

 

よくある質問

中小企業のための銀行はどうやって選べばいいですか?

商業用の銀行口座を選ぶには、個人用の口座よりも多くの検討と計画が必要です。中小企業向けの銀行を選ぶ際にまず考慮すべき最も重要な点は、ご自身の短期的および長期的な目標です。スケーラブルな法人向け口座は、ビジネスの成長に伴う銀行業務のニーズを満たすのに適しています。

 

また、会計や決済のプラットフォームなど、既存のビジネスツールやサービスとの互換性も重要な要素です。

 

他にも、銀行の専門性、料金体系、顧客サポートの充実度、その他のメリットなどを考慮する必要があります。

 

中小企業にとって、信用組合と銀行はどちらが最適ですか?

信用組合は、経済的利益を共有する人々のグループが所有・運営する非営利の金融組織です。また、組合員が簡単に利用できるローンやその他の金融サービスを提供しています。

 

法人向け口座を開設する際には、それぞれの優先順位に応じて、信用組合と伝統的な銀行のどちらかを選ぶことができます。より高い金利と低い手数料で柔軟な銀行ソリューションを探しているのであれば、信用組合が適しているかもしれません。信用組合は利益を追求せず、税金を免除されているため、既存の銀行よりも低い金利で債権を提供することができます。

 

ただし、ほとんどの信用組合は、その規模の小ささから、基本的なビジネスバンキングやローンサービスしか提供していません。また、大手銀行のような総合的なデジタルプラットフォームや実店舗を持たないのが現状です。

 

多くの中小企業の経営者にとって、従来の銀行サービス(充実したサービスを提供)と信用組合(低金利、手数料)の両方を利用することが有益です。

 

LLCに最適な法人向け銀行口座とは?

米国では、LLC(有限責任会社)のメンバーは、法人向け銀行口座を別に開設する必要は法的にはありませんが、開設するのが一般的です。その第一の理由は、責任の保護のためです。

 

LLCの規模や具体的なニーズに応じて、バンク・オブ・アメリカ、チェース、バークレイズ、ウェルズ・ファーゴなどの大手銀行や、BlueVineやNovo Online Bankingなどの小規模でデジタル専用の銀行を利用することができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ